1/1

横浜王

今年は天皇杯、テレビ観戦。セレッソ×エスパルスというカードなので、普通 にやればエスパルスが勝つのがあたりまえ。

キックオフ後、セレッソが良く攻め込んだけど、攻め込むだけで点にならず、逆に先制されてしまってからはずっと劣勢。2-0になった時点で終わったかと思ったけど、後半にセレッソが意地を見せ、終了間際に同点ゴール。

しかし、 延長戦になってからは地力にまさるエスパルスペース。結局Vゴールでエスパルスが勝利。試合自体は天皇杯決勝としては珍しく面 白い試合だったけど、結果は全然つまらないもの(^^; ま、いっか。

1/2

千代田王

墓参り。

1/3

ブウ*

未整理のピンズが溢れてしまい邪魔で仕方がないので、一念発起(年末にやれよって(^^;?)。島忠にいってレターケースを9つ購入。ラベルをつけて、転がっているピンズをどんどん収納。整理に一ヶ月はかかると思っていたけど、この方法、刺さなくて良いというメリットが絶大で、3時間ぐらいで超高速に終了。これは画期的。やっぱ、ピンズは刺しちゃダメだね。

1/4

ブウ*

野辺山のナイターで大回転の練習。寒い。

しかし、片道3時間かけて、2時間の大回転練習じゃ、ちょっと効率が悪いよなー。もうちょっとなんとかならないものかなー。

1/5

千代田王

ようやく正月休み。

1/6

千代田王

一日休んでリフレッシュしたので、今日は買い物。

DVDやら、ゲーム(この期に及んでドリキャス(^^;)やら、怪しいやせ薬やら、スウォッチのクラブウオッチやらを購入。しかし、一体いつ見たりやったりするんだろう。謎だ。


ブウ*

一本気で冬期限定の「味噌味」を一杯。

うーーーーむ、味噌をかなりおさえめにして「味噌味」というよりは「味噌風味」という感じに仕上げているところが工夫の見られるところ。確かにこれならダシも死なないし、味噌の雰囲気も味わうことができる。しかし、ここまで繊細に仕上げてしまうと、もはやラーメンという感じがしない。

まぁ、これは好みの問題だけど。

1/7

千代田王

新年会は新橋で。例によって馬鹿飲みしてしまい、記憶無し。それでも家に帰れてるところが凄い。人間の帰巣本能というのは凄いね。

1/8

千代田王

二日酔い、というか、朝まで酔っぱらってて、滅茶苦茶辛い。やっぱ、良い年してああいう飲み方はいかんね。

1/9

千代田王

東野圭吾の「超・殺人事件」読了。

この人の本は、まじに書いた本はどうも今一つだと思うんだけど、パロディを書かせると良い味を出す。超長篇小説殺人事件などは期待以上のオチ。他の各短編も良くまとまっていて、読むのに疲れない。あ、一つだけ疲れるのがあるけど、それもまた良し。軽い作品集だけど、評価は☆☆。

1/10

ブウ*

ピンクラブのピンの見本が到着。

1/11

ブウ*

上越国際で国体予選直前キャンプ。さすがにこのキャンプに出てくるような人達はハイレベルで、トップには全然相手にされない。それよりなにより、雨が降っていると言うのにみんなフルワンピなのには絶句。はじめからワンピになることなんか想定していなくて、そもそも着てもいなかったのは僕ぐらい(^^; だって、びしょびしょになって、カビがはえたら嫌じゃん。

1/12

ブウ*

上越国際のキャンプ二日目。今日は昨日と違って割と良い天気。昨日はトップに15秒も差をつけられたけど、今日は5秒ぐらいだ(^^; ワンピになるだけでこんなに違うのか(^^; さらにいえば、みんなせーラとかウェットジェットとかを塗ってたりする(^^;。こちらはブリコの普通 の一番安いワックス。まぁ、これで2秒は違うだろう。あと3秒が技術??? エプソンカップではコンマ差だったのになぁ。

で、午前中でキャンプが終了したので、速攻で帰り支度をして、高速で藤岡経由、佐久から野辺山へ。野辺山のアルペン倶楽部でブーツのチューン。買った当初のブーツは影も形もなくなり、これでぶっ壊れても保険は効かないだろうなーという状態に(^^; しかし、こんなに柔らかいブーツで大丈夫だろうか。

チューンが終わった時にはすでに9時過ぎ。慌てて山を下る。しかし、野辺山の気温は夜の9時過ぎでも0度。こんなにあったかいこともあるんだね。

1/13

ブウ*

折角東京に戻ったので神田に行ってワックスとゴーグルを購入。やっぱ、板は滑らないとね。やっぱ、視界はクリアじゃないとね。しかし、ストラクチャーを入れる時間がなかったのがなんとも痛い。

1/14

ブウ*

一昨々日石打にいて、一昨日野辺山にいて、昨日東京にいたのに、なぜか今日は湯沢にいる(^^; 滑っているか運転しているか寝ているか、という状態。とにかく時間とお金がかかる(;_;)

ということで、今日はルーデンスで冬龍門のレーキャン。ここで教えてもらう内容がもう今までの常識から逸脱の激しいこと、激しいこと。抜重方向、板の状態、体の向き、その他諸々今まで教えてもらったものと気持ちが良いくらいに違う。これって一体どういうこと(^^;????

1/15

千代田王

執筆活動も終盤。何人かの専門家にチェックしてもらった部分を再考。

1/16

横浜王

ジュビロの奥がマリノスに来そう。とすると、俊輔はどこへ??

1/17

千代田王

執筆中の本の付録のネタを集めに九段下へ。科学技術館でやっているDNAモデルを見せてもらったら、これが非常に良い出来。うーーーん、これはなかなか見事だ。

1/18

ブウ*

会社が終わってから上越へ直行。

牧野さんが来ていたのでのんびり雑談をしながらワクシング。今日のお題は「速い人は良く食べる」。俎上にあがったのは神奈川県きっての美人レーサー星川さん。「先週の石井のキャンプで一緒に夕食を食べた時、結構食べていたんですよー、やっぱり、速い人は沢山たべるんですねー」みたいな会話。それからサプリメントやドーピングの話をして、寝たのは3時過ぎだったかな。

1/19

ブウ*

大会初日はマスターズ。雪が比較的柔らかく、それでいて乾燥した感じで、これならストラクチャーが細かくてもいけそう。しかもスタート順が早い。いつもこうならいいんだけどねー。

で、2番スタートで出走して、無事ゴール。1番スタートの牧野さんには3秒近く差をつけられたけど、3位 までは2秒ない。石川さんとも2秒差ぐらい。これなら調子をあげれば結構いけそうじゃん。

1/20

ブウ*

昨日とうってかわって気温が高い。おかげで雪がでろでろ。これじゃ、板がすべんないっす。しかも、今までの神奈川の大会では見たこともないような高速セット。Rが18の板じゃ、このセットはきつい。やれやれーーーって感じでスタートして、トップと大差の爆弾タイム。今日のことは記憶から抹消処分。

1/21

ブウ*

大会3日目は国体予選。天気は雨(;_;)。これじゃぁ、板は全く滑らないはず。しかもスタート時には凄い逆風がゴールから吹き上げてくる状態。運にも見放されてるっす(;_;)

滑ってる最中にも「止まるぅ〜」って感じ。ゴールして、タイムを見たらトップと10秒差のビッグバンタイム。今日のことも記憶から抹消処分。

1/22

ブウ*

昨日よりは4秒速くなった(しかし、凄い波だな)けど、それでも全然ダメ。板のRが小さすぎるのか、ストラクチャーが合ってないのか、とにかく技術云々の前の段階ですでに負けている印象。しかし、これも実力のうち。あと2ヶ月、臥薪嘗胆して練習しまくらねば。

試合が終わった後、表彰式と国体選手選考結果を聞いて、それから国体出場を決めた牧野さん、コンマゼロ数秒の差で惜しくも(本当に惜しい)国体を逃してしまった星川さんと中野屋でへぎそばを食べに行った。

お店には同じく国体出場を決めた北野さんもいて、なんか知り合いはみんな国体を決めたり、惜しいところで逃したりしている中でちょっと取り残された感じ。

ま、それは良いんだけど、先週星川さんがグリーンプラザのバイキングで食べまくっていたという件、あろうことか、牧野さんが星川さんに喋ってしまった(^^; おかげで「あたしが凄い食べるって言ったらしいじゃないですかぁ(--#と問いつめられてしまった。うむむ、美人が怒ると恐い(;_;)

1/23

千代田王

僕の時計、手巻きなんだけど、1日半で止まっちゃう。 前はまめに巻いてたんだけど、最近はだんだんおさぼりになってきた。

#どうでも良いけど、「巻いて痰だけど」とか、「細菌は」とか、 やめてほしい>このIM

それで、止まってしまうのは仕方ないとして、それからは止まる度に時間を合わせていたんだけど、今はそれも 面倒になって、時間も合わせていない。 今、僕の時計では20日の6:25(昼か夜かはわかんない)。でも、それでも全然困らないんだよね。時間が合ってないってことさえ分っていれば。

時計なんて、 ピアスと一緒(ただの飾りで、自分の目に入らなくても困らない)。

1/24

千代田王

昨日の新聞で、野田秀樹が「伝統は保存すると同時に変えていかないと残らないと思う」とコメント。うーーーーん、そうかな?伝統は、残すもの?変えていくもの?文化は変えていかないと価値が下がると思うけど、それと伝統はちょっと別 の次元な感じがするんだけど。

1/25

ブウ*

もう、全然時間がない。何故時間がないかというと、スキーのやり過ぎ。おかげで髪も切ることができない。恐らく4月まで全ての週末でスキー。ということは、4月まで髪も切れない。髪を切るためには有給を取らなくちゃならない。でも、有給を取るなら、髪なんか切ってないで、スキーをしなくちゃ。あぁ、やっぱり髪を切れない。

しかし、そんな状態ではあっても、今日は佐野実氏の渾身のラーメン、一杯3000円を食べに行かなくてはならない。一杯3000円の至福度を測るために、まずは昼間に一食2300円の特ヒレ定食を神田勝漫で食べる。うーーーん、うまい。これよりうまいラーメンなんて、あるのかな。

ということで、ラ博には20:30に到着。道中、「しかしさ、一杯3000円っていうのはチャレンジャブルだよね。」などと会話。

さて、20分ぐらい待たされた後に順番。ようやくありつけた。まず、スープを一口。なるほど、これは美味しい。恐らく、化学調味料は使っていないんだろうけど、無化調ラーメン独特の味のなさが全然ない。きちんと味がある。次に麺を一口。かなり細い麺だけど、コシがあってスープの絡みも良い。確かにこれは絶品だ。その調子で麺を数口食べたあと、今度はチャーシュー。うん、これも味が非常に良い。ただ、ちょっと堅い。これはマイナスポイント。なるほど、これが現在食べることができる佐野流ラーメンの最高峰か、と思いつつ食べていたが、食べているうちにだんだん麺が緩くなってきた。これはまぁ、仕方がないところか。スープが十分に熱いため、どうしても麺がだれるのが早いんだろう。ということで、禁断のラーメン、評価は驚愕の11/A特AA!

勝漫のトンカツと比較してどちらが幸せか、というと、このレベルのラーメンをほとんど食べられないという現状から、禁断のラーメンに軍配をあげたいところ。ただし、誰にでも薦められるかというと、そうでもない。色々なラーメンを食べて、ラーメンのハイエンドがどの辺になるのかを知っている人や、ラーメン屋さんのようにラーメンを作ることを職業にしていて、最終理想型をイメージしたい人とかじゃないと、「こんなのに3000円なんて、馬鹿じゃないの?」って感想だろう。

とにかく、スープの面で現状のハイエンドを味わえただけで収穫だった。同じものにもう一度3000円払うかと問われれば答えはNoだが(別 に不満だったわけではない。一度経験すれば十分で、繰り返し食べる必要がないという意味。抽選なんだから、まだ食べていない人で、食べたいと思っている人が食べるべき)、恐らく佐野氏のことだから、また色々と研究して、さらに高みを目指すに違いない。もっと進歩したものが提供されるなら、また食べにいきたい。

1/26

ブウ*

昨日は横浜に居たが、今日はなぜか湯沢。午前中は大回転、午後は回転の練習。回転の練習は今シーズン初めて。終わったら膝の周囲がちょっと炎症を起こしたっぽい。

夕食がなかったので、先週美味しいという評判を聞いたフラッパーズへ。イタリアンなのに、なぜか和風ガーリックステーキというメニューに呼ばれてしまい注文。まぁ、なかなかかな。東京ならそれほど珍しくないけど、湯沢でこのレベルが食べられるなら満足度高し。

1/27

ブウ*

湯沢のレーキャン二日目。天気は雨。東京は雪だっていう噂なのに、どうして新潟は雨なんだー。天気が悪いので、スラロームは断念。一日大回転。滑ったあと、即帰路へ。途中、前橋の手前で延山に電話。板のチューンが可能とのことだったので、帰りに野辺山に寄ることに。東京でも雪っていうくらいなので、臼田のあたりは結構な積雪。途中、事故ってる車や、車道をふさいでチェーンをつけてるダンプのせいで随分時間を食ってしまったが、19:30頃に到着。板を渡してちょこっとおしゃべりをして、野辺山を出たのは20時。141号を臼田の方に行くと渋滞が予想されたので、そのまま須玉 に抜けて中央で帰宅。家についたのは23時。うーーーー、まじで疲れた。

1/28

千代田王

ようやく執筆活動終了のメドが立った。長かった・・・。

1/29

カンリ王

大橋巨泉氏、議員辞職。自分では無理ということに気がついた点は評価できる。しかし、「議員は辞めるが、色々と意見は言っていきたい」みたいな台詞は馬鹿丸出し。辞めちゃったら、もうその発言には何の価値もないんだってば。

1/30

カンリ王

田中真紀子外務大臣更迭。野上事務次官更迭。この処分はどうにも解せない。野上事務次官の更迭はある意味当たり前。NGOを会議から排除する決定をしたんだから。それに加えて田中真紀子外相を更迭したと言うことは、鈴木議員の圧力があった旨を野上次官から聞いた云々の田中真紀子発言は嘘であると、小泉首相が判断したと言うことか?

それで、これでおしまいなの?小泉の支持率、間違いなく落ちるだろうな。

1/31

ブウ*

久しぶりに石神君と神田で飲み会。もちろん千両箱。久しぶりに爆食してしまい、支払いは12000(;_;)。