/1

横浜王

いよいよW杯まであと一ヶ月。決勝のチケットは果たして当選するのか????俊輔の代表入りはなるのか???うーーーーーむ。今月は色々ありそーだなー。

/2

ブウ*

朝霞台の「風風ラーメン」で一杯。以下、評価。

風風ラーメン朝霞台店

九州

朝霞台

0/CCC

麺は中位の太さのややよりが入ったタイプ。やや堅めだがコシがあるというのとは違う。極端に言えば山芋のようなしゃきしゃきした食感で、決して良い感じではない。スープもあまり絡んでこない。スープは豚骨ベースの白湯タイプ。塩などの調味料で味を調えた感じで、350円ぐらいのコンロであたためる冷凍ラーメンのスープを思い出す。別 にまずいわけじゃないけど、わざわざお金をだして食べたいという感じでもない。350円ならもちろん全然文句ないけど、700円ぐらいを払ってこの味だといかがなものか。チャーシューは九州系にありがちなまずいタイプ。脂ばかりなのでお金を積んでわざわざチャーシューを頼むのは無駄 以外のなにものでもない。

味とは関係ないけど、このチェーンは店内に漫画が滅茶苦茶充実している。ラーメンも食べることのできる漫画喫茶(正確には漫画ラーメン屋)だと思えば存在意義もあろうかというもの。そういえばこの店は朝霞の店も志木の方の店も食べてるんだけど、データベースに登録がない。ま、どーでも良いんだけど。

/3

ブウ*

渋谷のはしばやんで「ごま醤油」って奴を一杯。ごま醤油っていうからもっとあっさりしているのかと思ったら、全然。こってりしたしょうゆ味。まぁ、麺もスープもそこそこで、今日の感じだと3/BBCってところ。スープは普通 のとんこつの方がレベルが高い印象。ま、これはともかくとして、相変わらずチャーシューが脂。じゃぁ、注文するなよって全くその通 りで、懲りずに注文する僕も大馬鹿なんだけどさ(^^;。とにかく、あれはチャーシューじゃなくて、脂。もちろん脂を食べたい人もいるだろうから、脂入りラーメンを出していても全然構わないんだけど、それなら脂入りラーメンとは別 にチャーシュー麺を用意して欲しい。なんとかならないのかなー。


千代田王

もう今年のGWは何もしないぞ、というわけで、ひたすらプレステ2のメンテをしてる訳なんだけど、さすがにずーーーーーっと家にいても食べないわけにはいかない。食べないわけにはいかないので外出して適当にレトルト食品とかを買ってきて食べてる。このまま10日間、無駄 遣いして過ごそうと思っていたんだけど、そうもいかなくなってきた。というのは、いよいよお金の手持ちがなくなってきたから。さすがにこのままでは何もできなくなるので、その前に銀行でお金をおろそうか、と、近所のファミマへ。ところがおろせない。なぜなぜ??仕方がないので、駅まで出ていって東三銀行へ。と、なんと今日はキャッシュコーナーまでもがお休み。おーーーーい、このままじゃ餓死するぞ(横浜王注:一日じゃしません)、と思い、近所の銀行という銀行をサーベイしたところ、「本日は当店のカード以外は使えません」という銀行が一つあっただけで、あとは全然だめ。仕方がない、使いたくないけど、こういう時のキャッシングだな、と、カードのキャッシングコーナーに行ってお金を借りようとしたら、なんと、暗証番号がわからない。というか、そもそもこのカード、キャッシングとリボなんていうカード会社を儲けさせるだけのシステムは使いっこない、という理論の元、設定してないんだった。

あーーーーー、一体どうしたら良いんだー、と困っていたところ、目の前に現れたのはなんと郵便局。そっかー、オークションのための送金にしか使っていなかったけど、こんな便利なものがあるんだった。郵便局、今日もちゃんと営業しているじゃん。偉い。やっぱ、民営化しなくて良かったかも(横浜王注:いや、本当は民営化したほうが良いんだけどね。民営化してもGWはちゃんと営業しててね)。ということで、郵便局で8千円をおろして、事なきを得たっす。あーーー、餓死しなくて良かった(横浜王注:繰り返しますが、一日じゃしません)。

/4

ブウ*

渋谷でコカコーラのイベント。ゲームに参加すると参加賞でピンが配布されるので、何度も参加。参加賞だけでも良かったんだけど、タオルやら、Tシャツやら、ゲームやら、沢山ゲット。これ、返すから代わりにピンをくれー(^^;

/5

横浜王

池袋西武でアディダスがイベントをやっているんだけど、そこのゲストに水沼氏が来るのでちょっと見に行ってみた。過去のワールドカップの話や、今度の大会の予想などで約45分。思い出の試合ではイタリアが優勝した大会での決勝戦をあげていたんだけど、その試合でハットトリックを達成したロッシのことを水沼氏は大嫌いだったらしい。で、そのロッシのことを「日本で言えば武田みたいな感じ」と論評。つまり、水沼氏は武田(のプレー)が嫌いらしい(^^; ついでに言うと、ワールドカップの優勝国予想ではアルゼンチンをあげていた。

夜はセリエA最終節。例によって最後でそれまでトップだったインテルが負け、2位 だったユーベが順当に勝利。まさかの、と言いたいところだけど、最近のセリエAでは頻繁にある大逆転劇。

5/6

千代田王

何もしないGWも今日でおしまい。最後を締めくくったのはWOWOWでやっていたハンニバル(^^;。

羊たちの沈黙の続編だけど、前作に比べるとずいぶんとこぶりな印象。まず、女優に華がない。無理矢理ジョディフォスターに似た女優を連れてきたんだろうけど、ただ似ているだけ(^^; 話も起承転結がなく、何が言いたいのかわからない。ただただ残酷なシーンを連発するだけの、B級ホラーって感じ。前作はきちんと犯罪捜査ものになっていて、最後まで緊張感があったのに。評価は☆半分(脳みそを食べるシーンに提供)。

5/7

横浜王

ワールドカップのチケット、新潟での日本開幕戦をゲット。なんか、あまりにあっさり入手できたので拍子抜け。

5/8

横浜王

UEFAカップで小野が在籍しているフェイエノールトが優勝。これって、凄くない???

5/9

ブウ*

麺の坊砦で一杯、以下評価。

麺の坊砦

九州

神泉

渋谷区神泉町20-23

03-3780-4450

8/AB特A

麺は細麺。九州系。スープの絡み、熟成の度合い、コシ、全てにわたって言うことなし。麺堅めでの注文を推奨。スープは豚骨ベースの白湯タイプ。九州系としてはややあっさりしている部類。どんぶりの形が変わっていて、九州系としてはスープがかなり多い。冷めにくいが、細麺がだれる原因にもなるので諸刃の剣。さっさと食べれば問題なし。かなり上品なスープで、ニンニク(クラッシャー利用)や辛子高菜(味はマイルド)を入れると一発でバランスが崩れる。あっさりしているので水の味がするが、水にもこだわっているようで特に問題はない。チャーシューは九州系としてはハイエンドといっても良い出来。

全てにわたってこだわりの感じられる一品。しかし、残念なのは上品すぎること。お好み焼きを食べにフレンチレストランに行くような感じ。もちろん好みの問題だし、上品な九州ラーメンの店があったとしても全く問題ないのだが、独特の豚骨臭がないのはもちろんのこと、豚骨ラーメンの力強さ、無骨さが全く感じられないのは残念な限り。様々なトッピングが机の上にあるのだが、これらはどれを入れてもラーメンの質が下がる。もちろん替玉 をしても悪影響大。料理としての九州ラーメンという意味では十分にアピールするが、九州ラーメンとしてはいかがなものか。庶民が九州ラーメンに何を求めているのか、そのニーズをはずしてしまっている気がする。

 

5/10

千代田王

大学の先輩が別件で会社に来たので、帰りに虎ノ門の鳥助で一杯。いや、やっぱりここの焼き鳥は美味しいね。

5/11

ブウ*

横浜でイベントがあったので、ついでに長野の金子さん、横浜のハミングバードさんとピンズの交換。みんな最近の富士フイルム、コカコーラのピンズ乱発ぶりに食傷気味。野村や東京海上のベニューピンもちょっとイヤなんだけどね。あと、JVCが色々出してるのもちょっとイヤーンな感じ(死語)。日生みたいにちょろいデザインのピン一種類というのも悲しいけど。今一番評価できるのは東芝かな。デザインも良いし、品質も高いし、乱発していない。ちなみにワールドカップ関連のピンはこちらのページからどうぞ。

魔人ブウ*のピンズコレクション

5/12

ブウ*

ピンクラブのサッカーピン、完成。シリアルナンバー入りなので、全部のピンのナンバリングを確認、仕分けして、希望者に希望の番号を割り振っていかなくてはならない。うーーーーん、これが結構面 倒な仕事。ということで、本当はシリアルナンバーを入れたくなかったんだけど、ま、これもサービスの一環か。知り合いの芸能人にピンを配って、テレビで着用してもらおうかな。

5/13

横浜王

神は居た。

Jリーグが始まるよりさらに10年近く前からがらがらの三ツ沢競技場で日産自動車の試合を見続け、ファンクラブにも87年に入会。以来、雨の日も雪の日も試合を見続けて来た。そして、今日、ワールドカップ決勝戦カテゴリー1のチケットが当選。

5/14

ブウ*

香港からピンズを大量に仕入れることに成功。これが、いかにもぱちって感じの安っぽいもの。ま、交換用だからいっか。

ところで、のりや八重洲地下街店で一杯。以下評価。

のりや八重洲地下街店

和歌山

東京

1/CBC

麺はやや細めの加水率やや低めタイプ。スープの絡みが今一つだし、コシも今一つ。スープは豚骨ベースのしょうゆ味。和歌山風で多少魚系の風味があるが、どうも旨みに欠ける。チャーシューもイマイチ。大井町ののりやって、こんな店だったっけ???でもまぁ、これでも行列してるんだから、いっか。もう行かない。

5/15

千代田王

会社のパンフレットを製作していたんだけど、ようやく草案が業者からあがってきた。その日本語が、どうも日本語っぽくない。っていうか、日本語っぽいけど、日本語じゃない。間違いだらけ。どうしたらこういうひどい日本語になってしまうのか教えて欲しい(;_;) でも、文句ばっかりも言ってられないので、しこしこ修正を入れていく羽目に。文章はたった12ページなんだけど、これが辛いのなんのって、これなら英語で書いてもらうか、はじめから全部こっちに任せてもらうかした方が良かった。途中で眼精疲労っぽい頭痛がしてきて、めまいまでしてくる状態。勘弁してくださいよ、あなた何年日本人をやってるんですか、と、泣き言を言いたい気分。あーーー、昔、英語の先生に「英語なんて馬鹿でも出来る。馬鹿なアメリカ人だって、ちゃんと英語を喋ってるじゃないか」と言って、英語の勉強をしなかったことがあるけど、馬鹿なアメリカ人はやっぱり仮定法とか、過去完了とか、できないんだろうなぁ。

5/16

千代田王

アステルがさすがにつながらないので、とうとうケータイに乗り換え。なんか、機能が多すぎてよくわかんねーぞ(^^;

5/17

横浜王

日本代表23人が発表。秋田、中山が選ばれたのはちょっと意外だったけど、おおむね妥当な選択か。マリノスからは結局松田一人という結果 だけど、まぁ、奥はポジション的に苦しいところ。人材が豊富だからね。中沢はフィジカル的には強いけど、やはり松田、中田をサイドに回す以上、ポジションがない感じ。秋田ではなく中沢という選択肢ももちろんあったと思うけど、ま、秋田の経験を買っても不思議はない。個人的には宮本をセンターで使うのをやめて、森岡、松田をセンター要員にするという手もあると思うけど、どちらかしか使えないと言うのは勿体なさすぎる。3バックでやる以上、このディフェンス陣は妥当なところ。ミッドフィールドもまぁ、こんなものか。名波が間に合わなかったのは凄く残念だけど、中田、小野の二枚看板に運動量 のある森島、フィジカルに強い稲本のボランチは今までにない完成度。福西、戸田、小笠原、明神あたりのディフェンシブハーフ陣は名波に比べるとやや見劣りがするけれど、それなりに味がある。アレックスのスピードも魅力。フォワードが一番不安が残るけど、柳沢の調子の波がワールドカップにフィットすれば鈴木とのツートップもかなり期待できる。

世の中的には俊輔待望論があるんだろうけど、やはり痛かったのは今回の膝の怪我。体調が万全でない上に、俊輔不在で行われたノルウェイ戦で完敗。もともとディフェンス能力に不安のある俊輔はこれによってアレックスや小野といったディフェンス能力も高いオフェンシブハーフの下に位 置づけられたんだろう。怪我をせず、ノルウェイ戦にも出場して、試合もそこそこにできていれば選出は堅かっただろうけど、やはりノルウェイに負けて、「本番でもこうなったらまずい」とトルシエが考えても不思議じゃない。しかも体格的に恵まれているベルギー相手にフリーキックで一発逆転というのは考えにくかったんだろう。途中出場で流れを変えるタイプでもないので、やはり中田、小野の二人が万全の状態では落選もやむなしってところ。もちろん選ばれても全然不思議じゃなかったけど。

ただ、まだ大会まではまだ二週間ある。それまでにスウェーデン戦もあり、そこでミッドフィールダーにけが人が出れば(西沢の回復状況が思わしくなければ、中田をトップにして俊輔をトップ下に入れるというオプションもある)入れ替えも十分あり得る。ということで、これで腐らず、万一に備えてきっちり体を作っていて欲しい。っていうか、そういう奴だから、きっちりやってるはず。

しかし、今度の選出はあまりにもバランスが良く、妥当・常識的。ベンゲルあたりが裏で色々アドバイスしてるんじゃないだろうか。

5/18

ブウ*

池袋のワールドスポーツプラザのポスターに「世界のピンズが大集合」の文字。っちゅうことで出かけていったんだけど、世界のピンズはどこにも集合していない(^^; 勘弁してくれよ。

で、昼ご飯、何を食べようかなーと悩んで久しぶりにぶしょう屋へ。もう3年以上食べていない。店はすっかり東南アジア風の雰囲気になっていて大丈夫かなーと思ったけど、前に食べたときより印象が良い。しかもすいてる。良いじゃん。以下、再評価。

ぶしょう屋

7/ABA

麺は相変わらず加水率の高いタイプ。しかし、やや太めの扁平麺は内側でしっかりコシを出している。外側がやや緩めになるため、スープの絡みが良いのが好印象。スープは焦がしネギが前面 に出たタイプでかなり個性的。あまりにも押しが強いので好みが分かれるところだとは思うが、フィットすれば十分楽しめるはず。チャーシューもスープにフィットしていて美味しい。

5/19

千代田王

試しに今日行ったカレー屋さんの地図をGPSを利用して表示してみた。うん、結構便利。GPSケータイ、良いじゃんか。

「ボンディ」の場所はここ

5/20

ブウ*

仕事でちょっと飯田橋に行く用事があったので、帰りに高はしで一杯。以下、再評価。

高はし

九州

飯田橋(地図

4/BBB

麺は中細の縮れ麺。九州系のスープには今ひとつマッチしない感じで、コシも今ひとつ。スープは良く絡む。スープは豚骨ベースの塩味。表面 の脂で食べている最中は気がつかないが、口の中にいつまでも味が残ってしまうくらいに味が濃い。チャーシューは味付けは良いのだが、肉の質が今一歩。まぁ、九州系なら及第点か。前に食べたときに比べると麺は質が落ちて、スープは質が上がった感じ。

5/21

横浜王

W杯まであと10日しかない。

5/22

ブウ*

千駄ヶ谷のコパンで一杯。以下、評価。

コパン

東京

千駄ヶ谷

0/CCC

麺は細めの縮れ麺。コシもイマイチ、スープの絡みもイマイチ。スープは鶏ガラベースのしょうゆ味。どうといって特徴がないスープで、別 にまずいわけじゃないけど美味しくもない。チャーシューはスープとの相性は悪くないと思うけど、これも特筆すべきものでもない。ま、特徴がある分、隣のホープ軒の方がいっかな、って感じ。

5/23

ブウ*

富士フイルムがピンズを配布。目隠し袋の中に入れて、写るんですをおまけにつけて販売。全部で13種類のパズルピン。ということで、試しに12個購入。と、この袋を開けてみたら、なんと7種類までが同じもの。残りの5つも、4つが同じもので、全部で3種類しかない。これって、ちょっとおかしくない?とりあえず、富士フイルムに苦情電話を入れてみよう。

5/24

千代田王

横浜みなとみらいのワールドカップインターナショナルメディアセンターでボランティア。仕事はメディアセンターの中を巡回し、ゴミを拾ったり、ファックスやコピーの使い方を教えたり、その他もろもろ、困ってる人を助ける作業。作業自体は全然楽勝なんだけど、とにかくずっと立ち仕事なので疲れる。これを一日7時間っていうのは結構な重労働。ま、減量 の一環だと思って仕事に励む予定。

5/25

横浜王

国立競技場でW杯前最後の調整試合はスウェーデン戦。ちょっと練習にはレベルが高すぎないか?という気もしたが、その心意気やよし。試合の方は相変わらず決定力不足。前半はペナルティエリアの外からロングシュートをうつばかり。ワントップの柳沢はなかなかシュートチャンスに恵まれず、フランストレーションをためている様子。中田もサポートがあまりなく、やや孤立気味。後半になってツートップになってからは攻撃もちょっと形になってきた感じ。ワントップはベルギー戦を想定してのものだろうけど、ちょっと使えないんじゃないかなぁ。ま、それは良いとして、小野の体調不良がちょっと心配。動きに精彩 を欠いていて、「慣れない右サイドだからかなぁ」と思っていたけど、帰宅してニュースを見ていたら腹痛とのこと。また盲腸じゃないだろーなー(^^;

5/26

ブウ*

北海道在住の知り合いのW杯チケットをゲットしてあげたので、発券しに有楽町へ。マスターカードを使って購入したのにピンをくれないので、「なんでくれないの?」と聞くと、そんな話は知らないとのこと。仕方がないのでマスターカードのHPのプリントアウトを提示してみると、「JAWOCに聞いてくれ」とのこと。こいつら、本当にたらいまわしにしてくれるよなー。JAWOCの服着て仕事してるんだから、自分で聞けよ、って感じ。

5/27

ブウ*

新潟の「だるまや万代店」で一杯、以下、評価。

だるまや万代店

新潟(東京とんこつ?)

新潟→地図はこちら

2/CBB

麺はやや太め。かなり柔らかめだけど、スープの絡みはほぼ標準レベル。別 にまずくはない。スープは豚骨ベースのしょうゆ味で背脂が浮いている。東京とんこつといっても良いと思うのだが、新潟ラーメンを自称するのは魚系の和風だしが強めに効いている点か。ま、東京で同じ味で出していれば普通 に東京とんこつと認識されることは間違いない。和風だし独特の酸味が気にならないわけではないが、ま、そこそこに食べさせる。チャーシューは滅茶苦茶美味しいというわけでもないし、もの凄く個性的というわけでもないのだが、まぁ、美味しい部類。新潟県内でこれがどの程度評価されているのかはわからないけど、少なくとも東京からわざわざ食べに行くレベルではない。

それにしてもこの店、異常に待たされる(^^;

5/28

ブウ*

新潟で二杯目は「かごや」で一杯。以下評価。

かごや

東京

新潟→地図はこちら

1/bcc

麺は中細で、スープの絡みは良いけどコシはない。スープは鳥ガラベース豚骨ブレンドの醤油味。無化調らしいけど確かに味が薄い。しかし化調云々以前にあまりにもスープがぬ るい。これじゃぁ、すっかり興ざめ。チャーシューはシーチキンみたい。悪くないけど良くもない。

5/29

千代田王

「ヴィドック」読了。映画のノベライズということで、非常に小品。読み終わって、「映画で見たかった」と思う内容なので、良い作品なのかも。しかし、これだけ短いと読んだという気がしない。決してつまらないわけではないが、買って読むほどの価値はないかも。ま、暇つぶしにどうぞ(厳密には暇つぶしにもならない分量 だけど)、という意味で☆一つ。

5/30

横浜王

さて、こっそり「チケット購入マニュアル」を公表しよう(今後、徐々にアップデートされる可能性あり)。ここのページを見つけたあなたはラッキーかも。


W杯チケットゲットへの近道(ver.4)

著作:横浜王、千代田王、魔人ブウ*

無断転載、複製をお断りします

リンクするときは千代田王のページへお願いします

W杯チケットの入手方法には様々な方法がありますが、一番可能性が高く、努 力が報われるのがインターネットからの予約です。しかし、様々なハードルがあり、普通 の人が「ちょっとやってみよう」程度のつもりでいると、電話予約と同様、いつまで経ってもチケットゲットは実現しません。その一方で、バイロム社には 相当数のチケットが存在し、下手をすればそれらのチケットはそのまま電子データとして眠ってしまうかもしれないのです。

そこで、以下、ポイントを絞って「近道」をガイドします。自国でのW杯開催は、次にいつあるかわかりません。是非、このガイドを参考にして、見たい試合のチケットを入手してください。

なお、このガイドは僕が個人的にチケットをゲットする経験を通じて得た知見です。これから先、このやり方では取れなくなる可能性もありますので、ご了承ください。実際、ウイルコール(チケットの最終ネット販売)が始まった直後は「英語のサイトからアクセスする」という手段だけで大丈夫でしたが、今では他にも色々なノウハウが必要です。

なお、これは重要なお願いです。ここでチケットの取り方を公開したのは、一人でも多くのサッカーファンが、ワールドカップを生で観戦する機会を得て欲しいからです。ダフ屋まがいなことはもちろん、試しにアクセスしてみるとか、そういった行動も控えて欲しいと思います。本当に「生でサッカーを楽しみたい」という方だけが実行してください。

1 環境整備

1-1 パソコン

僕の自宅からでは、以前は大丈夫でしたが、今はマックではきちんと表示されません。相性が悪いようです。お勧めはwin機です。性能はもちろん 高ければ高いほど良いです。ウインドウを沢山用意して、次から次へと リロードしていくのも一つの手です。

1-2 太い回線

細くても可能性はありますが、途中で早押し勝負の場面があります。この際、回線が太い方が有利だと思います。僕はbフレッツで勝負しています。

2 アクセスするサイト

申し込みサイトはいくつかあります(URLは一緒ですが、サーバーが違ってたりします。直接数字で打ち込む手もありますが、そこまですることもないでしょう)が、現在一番とりやすいのは https://www.fifatickets.com/WillCall/defaultENG.htm

だと思います(6/19更新)。

#WINユーザーであれば、アクセスできるまで自動的に何度も繰り返しごり押しするスクリプトを送付することも可能です。欲しい方は直接メールを下さい。(さすがにもういりませんよね(^^;?(7/1更新))

言語を選ぶことができ、言語によってアクセスの難易度が変わります。また、この難易度は時間によって変動します。この変化には何らかの特徴があると 思われますが、今のところ、個人的には法則を見つけられずにいます。以前は日本語サイトにシステム上の問題点があり、ほぼ確実に日本語ではチケットが取れませんでしたが、今はそんなことはありません。ただ、基本的には英語でアクセスするのが良いと思います。

なお、このサイトは3つのフレームにわかれていますが、一番上のフレームは表示されていなくても問題なく進みます。一方、下の二つは両方とも完全に表示されている必要があります。これらが部分的に表示されない場合は、そこを右クリックして「最新の情報に更新」します。(この作業は頻繁に登場 するテクニックです) また、これも経験則ですが、ブラウザーを沢山開いたり、複数のソフトを 同時に立ち上げたりしていると全くアクセスできなくなることがあるようです。 こうした状態になったら、一度全てのアプリケーションを落としてみて下さい。 それでも駄目な場合、リスタートしてみてください。それでも駄目なら、多分 サイト側の都合なんだと思いますが、このチェックを怠ると「いつのまにか発売されていたのにアクセスすら出来なかった」ということになります。このサイトにアクセスできるかどうかがまず最初のハードルです。

2’ 入力

いちいちカード番号を入力する必要があります。これは結構面倒なので、 AI roboformなどの自動入力ユーティリティを利用することをお勧めします。 http://www.zdnet.co.jp/products/us/internet/airoboform_u.html

2’’ 時間制限(追加記述)

時間制限が15分と設定されました。これはチケットカテゴリー 選択画面 に入ると10分プラスされます。この期限を過ぎると自動的にメインページから飛ばされてしまいます。

3 ベニュー選択画面

表紙でカード番号を入力すると、最初に入るのがこの画面です。チケットが存在している場合、緑色に表示されます。ここで緑が表示されているか どうかは全くの運ですが、おおよその傾向として、夕方3時ごろ、夜8時ごろ、 夜中2時頃に緑になることが多い気がします。また、試合が近づけば近づくほど、緑になる頻度が大きくなります。さらに、試合2時間前なども頻繁に緑になったります。家が近所の人はこの時間帯も狙い目です。ここで緑を見つけるのが二つ目の勝負です。「5分後に緑になるかも」と思うと眠ることも出来なくなりますが、体力の続く限りリロードしましょう。

3’ 緑が無い場合

緑が無い場合、放っておくと15分で別画面に飛ばされてしまいます。これを避ける必要がありますが(別 に飛ばされてもまたアクセスすれば良いんですが、それは面倒ですよね)、これは普通 にリロードするよりも、左下の フレームで右クリックして、最新に更新(右クリックプラスRキー)する方が 効率が良いです。この作業によって、フレーム構造、および上のフレーム の看板が保持されたまま、タイマーと、ベニューのチケット状況がリセットされます。 放っておいても色は変わりません(オレンジ→緑)ので、頻繁にリロードして最新に更新する必要があります。緑が出るまで粘り強くアクセスするのがコツです。

4 チケットカテゴリー選択

ここが本当の勝負です。チケットは大体数枚程度が小出しにされるようです。カテゴリーを何にするか、枚数を何枚にするか、で取れるか取れないかが 決まります。経験的には、

カテゴリー1>カテゴリー3>カテゴリー2

のような気がしますが、良くわかりません。また、枚数は当然少ない方が取りやすいはずです。ただ、僕は3枚以上でチャレンジしたことがないので、よく わかりません。僕の場合、開始直後にまず全てのカテゴリーを2枚ずつ試し、全て駄 目だった場合に全てのカテゴリーで1枚ずつで試し、以後、12分程度まではこれと決めたカテゴリーを2枚で勝負します。さらに残り時間が少なくなってからは枚数を1枚に減らして勝負します。カテゴリー選択では、何を何枚とるかを決めたら、「コンティニュー」ボタンを押します。大抵の場合、「システムビジー」か、「今ありません」になりますが、これで諦めてはだめです。何度も何度もコンティニューボタンを押 してください。こちらは画面をリロードする必要はなく、バイロムのデータベースにチケットが発生すれば、いつでもチケットを確保できます。この 際、毎回毎回コンティニューを押す必要はなく、エンターを押すだけ( メッセージ「そのカテゴリーでは十分なチケットがありません」を消すのに 一度、データ送信に一度の合計2回)で大丈夫です。エンター2度押しで 何度もチャレンジできます。時間は15分。ここで回線の太さが効いて来 ます。

4’ ホットな時間帯

普通の人はこの場面で一度チケットを確保しても、以後のトラブルで最後までいけません。席を仮押さえできる時間は10分なので、画面 に入った直後か、理論上、9分後〜11分後あたりが一番可能性が高くなりま す(下記参照)。

緑点灯→最初の人がチケット仮押さえ→途中でトラブル→チケットはデータベースに戻る(10分後)→緑再点灯(このタイミングが狙い目)

いままでの経験ではつながった直後、あるいは10分後以降が勝負になる印象です。ちなみに、表示されているタイマーは高い頻度で押しているとどんどんおくれてきます。

5 データ入力

ここまで来られればチケットはほぼ手中にしています。しかし、ちょっとしたノウハウが必要で、しかもこのノウハウがないとチケットゲットは絶望的です。それは、エラーが出たときの対処方法。(追加記述:先日まではaltプラス←→でいったりきたりできましたが、今はこのキーが効かないこともあります) とにかく、データを入れたところでシステムビジーになったら、右クリックプラスRキーで最新データに更新します。こちらからはデータ送信されていますから、あとは向こうの回線が空いているときにデータを押し込むだけです。下手にリロードボタンを押したりするといきなり最初のページにも どされますから、これだけは押しては駄目です。システムビジーになった り、データ送信が途中で止まった様子があれば、すかさず「最新に更新」してください。びくともしなければaltプラス←で戻り(ただし、一度だけ)、そこでaltプラス→や、ブラウザーの進むボタン、右クリックプラスRで更新などをやります。時間は10分あるので、諦めては駄 目です。何かおきたら、まずは右クリックプラスRです。特に右上にチケットリザーブ時間のタイマーが出ている間は、諦めては駄 目です。ブラウザーの進むボ タンも含めて、時間内はできる限りのことをします。ここが最後の勝負 で、しかも局地戦です。

5’ データ入力のコツ

住所、名前、パスポートの番号など、一応入力しますが、特に名前や 住所はどんなにいい加減でも大丈夫です。誕生日は1690年とかを 入れるとさすがに「間違ってます」となるので要注意です。他にも、カード の支払い方法など、ラジオボタンをクリックするところがありますが、 不備があると注意されます。つまらないところでシステムに負担をかけて、万一ジャバスクリプトのエラーが起きたりすると困るので、パスポートの国籍、生年月日、カード番号入力はきちんとやりましょう。なお、ここでもai roboformを使う手がありますが、僕はつまらないシステムエラーが 起きると嫌なので手入力しています。 ちなみにこのフェイズ、日本語のサイトから入っていると、入力する項目が増えます。名前を日本語とローマ字と両方入れさせられたりするので、ここでも英語サイトのほうがお勧めです。

6 最後のワンクリック

一番最後に、「これで良いね?じゃ、ここを押して」というボタンを押します。ここで止まることもよくありますが、とにかくここでも止まったら右クリック プラスRで最新に更新しましょう。戦後処理ですね。ここの時間が長ければ長いほど有利になりますので、一刻も早くここのフェイズまで到着するようにしましょう。

7 最終確認

手続き完了の絵が出たら申し込み完了です。約1日程度(追加記述:最近は早くなったみたいです)で2002 FIFA World Cup Ticket Serviceから、「取れてるよ」というメールがきます。手続き完了の絵がでなくてもデータ送信が 完了していれば、チケットが確保できます。完了の絵が出ていなくても可能性はあります(もちろんとれていない場合もあります)。

8 発券(追加記述

キオスクのお姉さんは無責任に「取れていません」と平気で言ったりします。実際、「ありません」と言われて、「いや、そんなはずはない。ちゃ んとデータベースを調べてくれ」と言って確認してもらったら、きちんと取れていた、ということがありました。いい加減な会社なので何が起きても不思議ではありません。確保した座席、最後の画面 、届いたメール など、安全を見込んできちんとプリントアウトしておくことをお勧めします。僕は「調べてみましたが、お客様のチケットは確保できていません。時々、最後の画面 まで行って、メールも来た、といっていて、取れていないことがあります」などと言われましたが、実はきちんと取れていました。こうした無責任な発言は信じてはいけません。ここで発言を真に受けて帰ってしまったら、今までの苦労はパーです。きちんと証拠を取っておけば、公正取引委員会に苦情を言ってみるという手もあります。この際、いかに沢山の証拠を持っているかが勝負になります。

参考:今回のW杯チケット入手実績(全ての正規販売を含む)

グループリーグ

アイルランド×カメルーン(開幕戦) 1枚

イングランド×スウェーデン 2枚

日本×ベルギー 2枚

サウジアラビア×カメルーン 2枚

イタリア×エクアドル 2枚

決勝トーナメント

イングランド×デンマーク 1枚

セネガル×スウェーデン 2枚

イングランド×ブラジル 2枚

トルコ×セネガル 2枚

準決勝 3枚

決勝 4枚

5/31

横浜王

とうとうW杯開幕。開幕したとたんにフランスがセネガルに敗北。シュートを失敗して「いやぁ、まいった、まいった」という感じで笑っていたフォワードも、試合が終わってみれば真っ青。