7/1

千代田王

杉山愛、ウインブルドンのダブルスも優勝しそうだな・・・・・恐るべし。

7/2

千代田王

前の会社の課長が退職するということで、送別会。来年の参院選に出馬するとか、しないとか。

それはそうと、首都高新都心西の料金所で、ETC専用レーンにETC未装着で進入してみた(もちろんわざとじゃないんだけど(^^;)。当然のことながら、ゲートは開かず。「バック禁止」と書いてあるので、「さて、どうしたものかな」とじっとしていると血相を変えた料金所のおじさんがでてきて、「何やってんだ!駄目じゃないか」と怒鳴られた。すいません。でも、普通にお金を払ったら、出してくれた。

7/3

蛇王

いよいよ将棋のHPの製作に着手。ネタはそこそこに溜まっているので、あとはそれを整理するだけ。しかし、問題がひとつ。棋譜を公開したいんだけど、JAVAを使うとマックのOSXとかで未対応だったりする。じゃぁ、誰でも見ることの出来るJAVA Scriptでやろうかな、と思うと、今度は作業が滅茶苦茶煩雑。まぁ、JAVA Scriptでやるしかないだろうなーーーー。うーーーーむ。

7/4

千代田王

森前首相は「子供を生まない女性を国が面倒を見るのは変」とのたまったそうだけど、そんな発言をしている奴に男女から徴収した税金で給料を払うのも変だなぁ。

大体、老人の面倒を見るために子供を作るという考え方がおかしいよね。その調子で子供を増やしていたら、あっというまに人口過密になってしまう。自分たちの老後は自分たちで面倒を見るのが基本でしょう。子供がどんどん増えることを前提とした年金制度、これをまずなんとかしないと。

7/5

千代田王

友達がニューヨークに引っ越してしまうので、送別パーティ。良いなぁ、ニューヨーク。いや、あんまりよくないか(^^;

7/6

千代田王

九州で起きた幼児殺人、報道の歯切れがどうも悪い。また子供の犯罪かな。

7/7

蛇王

とうとう念願のHP完成。「amidalaの雁木研究」はこちら。って、この日記を読んでる人で、将棋のHPに興味のある人なんていないよね(^^;

7/8

横浜王

まだ7月だというのに阪神にマジック点灯。すげぇ。

7/9

千代田王

常磐道を走っていたら、小石が飛んできてフロントガラスに突き刺さった(;_;) 3.6キロの石が飛んでくるよりは良いけど、朝っぱらからかなりブルー。

7/10

シャチ王

会社で今後の方針についてディスカッション。事業の開発動向ももちろんだけど、最大のリスクファクターは別のところに。困ったものだ・・・・・。

7/11

千代田王

前の会社にいたときの取引相手と飲み会。もう完全に利害関係がなくなったので、腹を割った話で終電まで盛り上がった(^^

7/12

横浜王

久しぶりのJリーグ観戦は新横浜で横浜×京都。ごちゃごちゃした混戦から先制を許すも、割と短時間で同点に。しかし、それからが長かった。攻めてはいるものの、あと一発が決まらず、再三のキーパーのスーパーセーブによって「このまま引き分けになるのか????」という展開。しかし、終了5分前に出戻りのユサンチョルの決勝ゴールが決まって辛勝。いやぁ、やっぱり韓国の助っ人は頼りになるなぁ。

7/13

横浜王

ホッシーから突然の電話。何かなーと思って出てみると、「今、新横浜にいるんですよね?」とのこと。「え?それは昨日の話でしょ?今日は家にいますよ?」と返答。すると、「あれ?土曜日は新横浜って話でしたよね?」。以下、ざっと会話の内容を書くと、「えぇ、昨日は新横浜でしたけど、今日は日曜ですから」「あーーーー、そうかぁ、今日は日曜日だったんですね」。はい。日曜日です。ホッシーはフリーターですから、曜日の感覚がないんでしょうねー(^^;

ホッシー、ニューヨークに行っても天然は治らないだろうなぁ。

7/14

ブウ*

わざわざ「食べに来てくれ」とメールまでくれたので、食べてきました、「烏骨鶏ラーメン龍」。以下、評価。

龍(ろん)朝霞店

1/CBC

いわゆる薀蓄系。しかし、店内に書かれている日本語はどうも日本語っぽくなくて、読んでいると頭が痛くなるのでざーーーーっと読んだだけ。さて、肝心の味だけど、麺は細めのストレート多加水。もうちょっと細ければスープの絡みは黙っていてもよくなるんだろうけど、微妙に足りない。コシはイマイチ。スープは鶏がらベースのしょうゆ味。鶏がら中心のところはスープを沸騰させずにダシを取るところが多いけど、ここは沸騰させている様子。味は「まぁ、こんなものかなぁ」って感じ。ま、薬膳ラーメンだし、あんまり味を求めちゃいけないのかも。チャーシューは薬膳ラーメンに入れるのはあんまりじゃないの、って感じの、味も肉質も駄目駄目の一品。ほとんど脂なので非常に体に悪そう。

このレベルで「味はもちろんのこと他のラーメン屋さんにはあまりない”こだわり”に自信をもっておりますのでご興味がございましたら覗いてみて下さい。」と語るのは潔さを感じる。朝霞店なら、近所に「一本気」があるので、是非一度この店で食べてみて、あらためてメールをいただきたいところ(^^

あぁ、余談だけど、「試食歓迎」ってメールに書いてあったけど、もちろん自腹で食べました(^^ 最近、この手の「ただで食べさせるから(試食)、一度来てくれ」っていうメールが時々来るんだよね。ってことは、そういうやり方で成功例があるんだろうね。ただで食べさせてくれるからって出かけていくラヲタもいるんだろうねぇ(^^;

しかし、試食って、何なんだろう。あぁ、映画の試写会と同じのりか。一人1300円のところ、300人招待しても40万円。この人たちの口コミで映画の評判が上がるなら、テレビCMを流したり、雑誌に広告記事を載せるよりずっと安上がり。素人の口コミ情報がネット媒体でばら撒かれるわけだから、お金をかけずに広告したいときは便利なんだろうね。これを真似たのがラーメン屋の試食会か。ただで食べさせておけば、それなりに日本人的な良心が働くから、滅茶苦茶に悪評を書かれる心配はあまりないし。こんなのに参加している奴の評価はあてにならないねぇ(^^; ま、別に良いけど。


横浜王

昨日のホッシーの電話は、「パソコン、何にしたら良いかな」という内容。「やっぱ、白パソでしょ。今なら東芝C8っすよ」と言っておいたんだけど、近所のヤマダ電機では品切れで入荷まで3週間待ちとのこと。3週間後には日本にいないので、横浜駅のヨドバシカメラで確認したところ、在庫アリの返事。それで、ヨドバシに行ったらしいんだけど、そこで店員に「ひとつ古いモデルだけど、こちらの方が性能も良くて値段も安いですよ」とE7を勧められ、言われるがままにそれを購入したとのこと。「E7ならヤマダ電機にもあったかもしれませんねぇ」と思ったけど、一応口には出さず。そのかわりに、「まぁ、パソコンは小さくなると性能は悪くなって値段は高くなりますからね。Eシリーズだと重さが倍ぐらい違うから持ち歩くのはほとんど無理だけど、それが気にならないなら安くてよかったかも」って言っておいた。すると、「ええぇっ!!そうなんですか?全然違うんですか?」っていうから(すでにこの時点で後の祭り)、「カタログデータだと、Cは2.1キロ、Eは3.6キロですね」と教えてあげたら、「どうも帰りに手がしびれると思った」とのこと。

やっぱり、天然はニューヨークに行っても治らないと確信。

7/15

ブウ*

つくばの学園都市にある「李厨房」で一杯、以下評価。

李厨房

中華

つくば市古来295−1

1/CBC

麺は細めの微妙によりが入ったもの。コシが強いとか、スープの絡みが良いとか、それ以前の問題として丸く絡まっちゃっていて、どうにも困ったもの。まぁ、中華料理屋さんのラーメンに求めちゃいけないものなのかもしれない。スープは鶏がらベースのあっさりタイプ。にんにくが強めに利いていることを除けば、わりと良くある中華風。スープ単体で飲めば、割と美味しい部類だと思うのだが、ラーメンのスープとして考えると、ややあっさりしすぎかも。チャーシューはまずくはないけど、美味しくもない。ま、298円のラーメンでここまでできれば大したものかもしれない。っていうのは、あくまでもCP比の話で、美味しいか?といわれれば・・・・・・

7/16

千代田王

見つけたっ!走行距離約4000キロにして、初めて同じ車!名刺交換しようと思ったんだけど、相手は首都高環状線の内回り、こちらは環状線の外回り、ってことで、挨拶できず(;_;)

おーーーーい、どこの誰だかわからないけど、昨日の夕方7時ごろ、首都高環状線の芝公園のあたりを走っていたZ33のサンセットオレンジのあなた!またどこかで会いましょうねーーー!

7/17

ブウ*

牛久の「太昇亭」で一杯。以下、評価。

太昇亭

東京豚骨

牛久

牛久市岡見2109−1

6/BAB

麺は縮れて平たいもの。佐野ラーメンっぽいような気もするけど、まぁ、普通の平打ち麺かな。スープの絡みはイマイチだけど、食感は良い。スープは豚骨ベースのしょうゆ味で、東京豚骨タイプ。東京豚骨としてはかなり強めに和風ダシが利いており、さらにゴマの風味も強い。ちょっと欲張りすぎといった感もあるが、豚骨ベースのスープが土台をきっちりと支えているので楽しめる。チャーシューはやや脂が多いのが気になるが、味はなかなか。

つくば界隈では今のところ一番まともなラーメン。

7/18

千代田王

常磐道下り線の三郷料金所(入り口)のETC専用のゲートにETCカード未装着で進入してみた(もちろんわざとではないのだが(^^;)。すると、当然ながらバーが上がらなかったわけだが、ぶつかるとどうなるのかと思ったら、その遮断機は向こう側にbreak awayされた。うむむ、遮断機は上から降りてくる形式なのに、ぶつかると向こう側にはねられるとは高機能!!しかも、かなり柔らかい材質で出来ているようで、車には全然傷がつかなかった。やるな。

それで、例によって「バック禁止」と書いてあるので、どうしようかなぁ、と思ったんだけど、カードを挿入しても状況変わらないし、後ろには車が詰まっているし、前のバーはなくなってるので行く手を遮るものは何もない状態。「ま、いっかー」ってことで、そのまま前進、目的地までドライブ。

高速を降りるときに、「どうせまたゲートは開かないだろうな」と思って20キロぐらいでのろのろ進入したところ、案の定、バーが開かない。「一体何なんだ!ぷんぷん」という表情で待っていると、今度は料金所のおじさんがとても済まなそうに出てきて、「どうしましたか?」というので、「バーが開きません」と言ったら、「ちょっとカードを下さい」というのでカードを渡すと、なにやらかにやらやっていて、「どこから乗ってきましたか?」というので「三郷からです」っていうと、「入場記録が残ってないですね。処理しておきます」といって、対応してくれた。レシートをくれて、ゲートを開けてくれたので、無事通過。こっちが悪いのにすんません・・・・・

ということで反省しきりで向かったのは新宿の安田ビル。27倍の倍率をくぐりぬけて見事ゲットした試写会のチケットを活用するのが目的(クリス智子さん、ありがとう(^^→クリス智子さんのページはこちら)。

見たのは「10日間で男を上手にフル方法」。恋愛映画なんか見たのは「愛と青春の旅立ち」以来。ラブコメなんて、映画館で見たのは初めてかもしれない。今回も、試写会で当たらなかったら、きっと映画館には足を運ばなかったと思う。内容はそれぞれの思惑を持ちつつ、テンポラリーに付き合うことになったカップルのどたばた。かたや、どうしても10日間で振られたい女性、かたや、どうしても10日間は付き合いたい男性。女性が滅茶苦茶やって、男性が一生懸命がまんする。この、滅茶苦茶やる内容が非常に面白い。「そこまでやるかぁ?」って感じ。個人的には、関係が好転するあたりが背中がむず痒くなるというか、やるなら徹底的に、と思わないのではないのだが、確かに面白かった(^^評価は☆☆(ほしふたつ)。

7/19

千代田王

骨董市を見にビッグサイトへ。これといった収穫もなく、そのままビーナスフォートへ。そこで、あるものに心を奪われたんだけど、「ここは一晩考えてみよう」と思いとどまり、帰宅。


シャチ王

仕事の資料として育毛剤を一通り揃える必要があって、社員に買い物を頼んだところ、「薬局は知っているけど、女性の店員じゃないところを知らない」との返事。そうかぁ、育毛剤を買う人は、店員の性別とか、年齢とかを気にするのか。全然気がつかなかった。

7/20

千代田王

一晩たってもまだ欲しいので、池袋へ。色々な店をあさってみたけど、欲しいものは見つからない。またお台場に行かなくちゃならないのかなぁ。

7/21

千代田王

今日もいろいろと探し回ったけど、やっぱり見つからない(;_;)

7/22

ブウ*

会社から帰るのが遅くなってしまったので、帰り道にある「風の子」で一杯。今日は「とんこつ塩」を頼んでみた。ベースのスープは申し分ないし、麺も以前のようなかん水臭がない。チャーシューは昔どおりなかなかの良品。しかし、あまりにもしょっぱすぎる。どうしてこんなに味の濃いラーメンにしているんだろう。もうちょっと塩分を抑え目にするだけで随分と良くなると思うんだけど、残念。

7/23

ブウ*

荒川沖の「ふじや」で一杯、以下評価。

ふじや

中華

荒川沖

1/CCB

麺は茹ですぎの細麺。茹ですぎたというより、手際が悪くて伸びてしまったという感じだが、まぁ、どっちにしても結果は同じか。スープは鶏がらベースのしょうゆ味で、よくある中華風のもの。どこが津軽風なのか良くわからなかったが、胡椒がすごく利いているのが特徴か。チャーシューだけは普通に美味しかった。

7/24

ブウ*

北朝霞の「はましょう」で一杯。以下評価。

はましょう

がんこ風

北朝霞

5/BBA

麺はほぼストレートの細麺。こしの点では不満が残るが、スープの絡みは良好。スープは豚骨ベースの塩味で、背脂が浮いている。ちょっと食べた感じではがんこの塩からシソの風味を除いたような感じ。ちょっとしょっぱいところも似ている。ややダシが弱いのが気になるが、この程度のものを出してくれるなら合格。チャーシューもがんこ風で美味しい。

店内に蛾が飛び回っていても一向に気にしないなど、「どうなのよ」って感じだったけど、食べてみたら意外にまともなラーメンだったので驚いた。

7/25

千代田王

ちょっと機会があって、羊土社の「バイオベンチャー」誌の、5→6月号を見る機会があった。この中で、編集部企画として「日本のバイオベ チャー一覧」というのがあって、岩田俊幸さんという人が日本のバイオベンチャーの現状について解説を書いていたので、それを読んでの感想をいくつか。

まず、JBAが発表した日本のバイオベンチャー数は334社ではなかったか(誌面では333社)。あ、でも、これは途中でJBAが数字を変えたんだったっけか。

次に「バイオベンチャーの定義に設立から20年未満というのがあると、医学生物学研究所がベンチャーではなくなってしまう」と書いているが、医学生物学研究所の数納さん自身が「うちはベンチャー企業ではない」と公言しており、ベンチャーという言葉から受ける印象からも、設立して20年も経っている会社を含めるのはいかがなものかと思う。

どんどん書くが、「欧米のバイテク企業の統計数字はE&Y社の数字を使うことが多いが、年数、規模の枠もない」という記述はそのまま正しい。しかし、それに対して日本のバイオベンチャーの定義に年
数、規模の枠があるのはどうか、ということになると、論点がずれている。E&Y社の数字は「バイテク企業」であって、「バイオベンチャー」ではない。両者を並べて論じているのがそもそも変だ。大事なことは、定義云々ではなく、E&Yの数字はバイオベンチャーの数字ではないということを認識することであるはず。日本にE&Yの定義をそのまま持ち込めば、キリンだって含まれるのである。これは「バイオベンチャー」の数字ではない。比較したいなら、「日本のバイテク企業」の統計をとる必要がある。ちなみにOECDのバイオ統計に関するミーティングで僕は中小企業の統計もあわせて実施することを提案したんだけど、却下された(^^;

次に「バイオテクノロジー戦略大綱は日本バイオのバイブル」という記述だが、本当に良いものなのか。今やるべきことは、バイオ産業の出口たる、「農業」「医療」「環境」という規制産業をどうしていくか、ってことじゃないかな、というのが僕の考え。バイオ産業を育成するスタンスに立って規制をいじることができれば、いくらでも産業を活性化できるはずでしょ。こういう規制緩和の話がこの大綱には全然含まれていない。

特保が世界に誇るものらしいけど、それもどうかなー。米国とかは企業の自己責任で健康食品を販売するから、基本的にはお上のお墨付きなんていらないんだよね。

「バイオツールを含め特色ある産業育成を目指しているのが特徴」というのはそのとおりだけど、その特徴が良いか悪いかは別問題。ツール産業なんて、日本の現状を見ていても明らかなとおり、ほうっ
ておいても育つ産業。こんなところを支援する意義があるのか?ってこと。まぁ、経済産業省的にはどうしても入れたい項目だろうけど。

トランスジェニックをベンチャーの成功例としてあげているのもやや違和感あり。トランスジェニックはただ株式公開に成功しただけで、他は何もない。株価がさがってくると一生懸命ポジティブな情報を発信して株価安定に努力しているけど、なかなか200円の壁を破れないでいる。この会社、公開したときは220円じゃなかったっけ?あれ?180円だったっけか?(失念(^^;) 大体、理研が大金つぎこんでノックアウトマウスのライブラリーを作りつつあるわけで、これに対してトランスジェニックはどう対抗していくのか。

と、まぁ、文句ばかり書いちゃったけど、当然良いことも書いてある。日本バイオは技術面で遅れているのではなく、産業化で遅れた、とか、ベンチャーキャピタリストのほとんどがBT戦略大綱を読んでないとか、日本は直接金融への理解が社会全体に足りないとか、バイオ産業の立ち上がり状況は大学の先生の意識変化による面が大きいとか、ここら辺は同意。

ま、足を引っ張る気は毛頭ないわけで、より一層の理解を深めて、頑張って欲しいね。

7/26

カンリ王(退位したけど、臨時に寄稿)

ちょっと前に一緒に仕事をしていた経済省の補佐が衆院選に立候補するとのこと。現職も官僚出身なので、差別化はなかなか難しいと思うけど、頑張って欲しいね。

7/27

横浜王

わが横浜マリノスは最終節を前にしてとうとう首位に立ったわけで、いよいよ来月2日には神戸との最終戦を迎える。磐石と思われていたジェフが勝手にこけてくれたおかげで転がり込んだ首位の座ではあるが、久しぶりの優勝のチャンスだけに、なんとしてもものにしてもらいたい。なんといっても、相手は大分に対して8点も失った、あの神戸である。4−0ぐらいでさっくりと勝ってくれると心安らかに梅雨明けの夏を迎えられるのだが・・・・・

7/28

千代田王

知り合いが日本限定100台のフォーカスを買ったんだけど、納車してまだ一月も経たないのに、首都高の料金所でダンプに横からぶつけられて、かなりのダメージを受けたらしい。しかし、廃車にしても、もうその車は完売。こういうとき、一体どうするんだろう。とりあえず、フォーカスは日本では99台限定になるわけだが(^^;

7/29

ブウ*

つくばの「西家(さいか)」で一杯。以下評価。

西家(さいか)

東京西部

荒川沖

7/BAA

店の中にはコーチンだの、モンゴルの塩だの、うんちくが満載の薀蓄系。しかし、ラーメンは意外にきちんとしていて驚いた。スープは鶏がらベースのしょうゆ味で、酸味が感じられるほど和風ダシを強めに利かせたもの。個人的にはそれほど好みではないのだが、味の完成度は高いと思う。麺はやや細めの縮れ麺で、こちらはやや弱さを感じる。自家製麺とのことだが、もうちょっと改善する余地があると思う。チャーシューもなかなか美味しい。全体のバランスが良く、また行きたいと思わせる店。なので、店の前でお昼時に「ラーメン」の馬鹿でかい旗を振るのはやめた方が良いと思う。あれだけで、何かまずそうな印象を受けちゃう(^^;

7/30

千代田王

日々是実験、ということで、ETC実験シリーズ第3弾(だっけ?)。今回は、カードを入れた状態でETCレーンの隣の、通常レーンに突入。これ、間違って、「ピンポーン、カードを認識しました」とか言われて、課金されたらどうすんだー、ってことで、なかなか怖かったんだけど、勇気を振り絞って実行。って、どうしてこんなことするのかって、そりゃ、ETCの前払い割引の割引率(13.8%だったかな?)より、外環道の回数券の割引率(チケットショップで買うと16%)の方が有利だから。それで、恐る恐る通常レーンに飛び込んだけど、センサーは反応せず。やるな、さすがに。これで「ぴんぽーん」とか言われたら、激怒するところだったけど(^^;

7/31

千代田王

知り合いがロンドンに留学に出るので、送別会。なんか最近この手の送別会が多いなぁ。みんな、海外で、良いなぁ。