9/1

シャチ王

今日で期が変わるということで、退職の手続きやら、新入社員さんのオリエンテーションやら、受け入れ手続きやら、色々と雑務が多い。早いところ、全部この手の仕事を庶務の人に投げられるようになると良いなぁ。


千代田王

ブウ*氏をはじめとして、みんながデジカメを持っているというのにおいらだけデジカメ不所持なのはいかがなものか、そろそろデジカメも出揃ったことだし、いい加減、買ったほうが良いだろう、ということで、デジカメ購入を検討。まず、「大きい奴は持ち歩かないから、スリムタイプ」というのが条件。それから、「どうせなら300万、400万画素ぐらいの良い奴」というのが二つ目の条件。それでリストアップしたのがペンタックスオプティオS、カシオイクシリムEX−Z3、キャノンIXYデジタル400の三台。オプティオとイクシリムは300万画素で、OEMだから中身はほとんど一緒。どっちが良いかなーっていうと、写真を撮るだけなら値段の安いオプティオ、アルバム機能とか、クレードルとかがついていて使い勝手がいいのはカシオ。あと、周辺機器もイクシリムなら色々ついてくる。

IXYはいわずと知れたキャノンのデジカメの看板ブランドの一つ。ネックは重いことと、値段が高いこと(^^; ビックカメラの店頭でこれらをチェックしてみたけど、どれもなかなかに魅力的。さぁ、困った。ということで、困ったときはネットの評判のチェック。まずは価格ドットコムでざーーーっと評価をサーベイ。すると、どうもオプティオの評価が芳しくない。よく壊れるとか、音がうるさいとか・・・。ってことは、やっぱ、IXYなのかなぁ、ということで、今度は値段のチェック。

ネット上は確かに安いんだけど、どうせならすぐ欲しいよなー、と思い、ちょっとだけなら高くても我慢しよう、ってことで、なぜかラオックスでIXY400を購入。

さて、早速使わなくちゃ、と思ったら、カバーが付属していないことに気づいた。ということで、カバー(ソフトケース)も購入。さて、撮るぞ、撮るぞ、撮るぞ。何を撮ろうかなー。

ってことで、今後、このページは画像満載になる可能性大(^^;

9/2

ブウ*

荒川沖の「きらく」で一杯。以下評価。

きらく

東京トンコツ

荒川沖

つくば市松野木西山99-29

6/ABB

麺はやや平たい中位の太さの縮れ麺。腰もあるし、スープの絡みも良好。スープはトンコツベースで背脂が浮いている東京トンコツタイプだが、醤油味というよりは塩味に近い。トンコツ独特のマイルドさがあり、程よくまとまっている。「これは!」という感動はないが、このレベルのスープを飲ませてもらえるならリピートしたくなる。チャーシューもそれなりに美味しいもので、チャーシューメンで700円なら納得。

9/3

千代田王

椎名林檎のCDシングルを大量に入手。ラッキー。アルバムには入っていないものが色々あるんだなー。知らなかった。

9/4

ブウ*

つくば山のふもとにある支那そばやの支店で一杯。以下評価。

支那そばやつくば店

東京(支那そばや系)

つくば市小田4687-1(場所はここら辺

6/BAB

麺は細めのほぼストレート。スープの絡みは良好だが、これは細麺だからある意味当たり前。細い麺の真価が問われるのはコシだが、こちらは食べ始めは適度、食べ進むと緩くなる。また、かん水臭が時々感じられるのが気になる。これは麺を寝かせる時間が短いせいだと思うのだが、コシ、かん水臭と、細麺独特の欠点がそのまま出ている点はまだまだ改善の余地があると思う。スープは塩しかなかったが、鶏がらベースのスープにねぎや海老の風味を加えたもの。こちらの完成度はさすがに高く、文句なしのA評価。チャーシューは味付けは良いのだが、肉質に問題ありの印象。もうちょっと良い肉を使えないのかな、と残念に思うこと約10分。でもまぁ、味は良いからB評価でも良いか、の結論。しかし、なんで醤油はないんだろう・・・・

9/5

千代田王

千代田区じゃなくて、朝霞のそば屋の紹介。新しくできたお店は「ほ庵」。蕎麦は「絶品」というところまでは行かないけど、定番のてんぷら、鴨料理など、そこそこの味。営業時間は11:30〜15:00および17:30〜21:00。毎週火曜日と第二水曜日がお休み。東弁財3−17−16。一本気のそばなので、ラーメンが行列していたら、こちらに逃げるというの一手。

9/6

千代田王

小机(新横浜から横浜線で一駅いったところ)の味楽で一杯。どんなところなの?という問い合わせが多いので、ウェブで軽く紹介しちゃおう。

お店の外観はこんな感じ。

今日の料理はこっちに載せておこうかな。→味楽の9月のコース

9/7

千代田王

この間の蕎麦屋でランチ。まーまーかなぁ。

9/8

千代田王

久しぶりにアイボを起動。なんか、調子が悪い。最初、ちょっと動いたんだけど、首ががくんと落ちたと思ったら、そのままぐしゃっとつぶれてしまった(^^; なんか、力尽きたって感じ。何はともあれ、病気のようなので、ちょっとドック入りさせないと駄目だな。

9/9

横浜王

ドラゴンズ山田監督、実質上の解任。まぁ、なんかぱっとしなかったから、仕方ないところ?


千代田王

火星が月のすぐそばに。ということで、ちょっとデジカメで撮影。

ちょっとぶれちゃってるけど、ま、仕方なしー。

9/10

横浜王

セネガル×日本は新潟で。ということで、テレビ観戦。うーーーーーむ。ジーコ、解任か?


千代田王

石原都知事、田中外務審議官をつかまえて「爆弾仕掛けられても当たり前」とのこと。このおじさん、大丈夫かな?

9/11

千代田王

井上、世界柔道でオール一本勝ち。さすが。ところで、今日は中秋の名月。ということでデジカメで撮影を試みたんだけど、さすがに中秋だろうが、なんだろうが、大きさは変わらない(^^; ということで、どうも迫力不足なので、サッカー観戦用に持っている双眼鏡にレンズをくっつけて撮影してみた。ちょっとピントがぼけちゃってるけど、まーまーじゃん。これなら、この間の火星の写真も双眼鏡を使って撮れば良かったなぁ。

で、Dr.コトーの最終回。こちらはなんか、あっという間だったね。原作がかなり長めなところを無理やりワンクールに押し込んだので、話もいろいろ混ざっちゃってて、内容的には原作よりかなり落ちちゃってる印象。でもまぁ、仕方ないか。

それでもって、ニューヨークの同時多発テロから2年。

9/12

千代田王

池袋の繁華街のど真ん中のバーで一杯。バイオインダストリー協会の人とちょっとした密談。

9/13

千代田王

丸ビルの混雑も大分収まって来た感じなので、36階だかにあるフランス料理屋、「モナリザ」で夕食。夕方の皇居がばっちり見えちゃってて、「へー、こんなの見せちゃって、良いの?」って感じだったんだけど、初めて見た光景だったので、「よし、撮影」と思ったら、店員さんから「あ、お客さん、皇居の撮影はご遠慮ください」と注意されちゃった。やっぱ、駄目なのか(^^; ということで、デザートだけ撮影。

料理も撮れば良かったんだけど、食べるのに一生懸命だったよ(^^; ということで、食事の前に撮影した夕景の写真を載せておこう。

9/14

千代田王

昼ごはんを食べに行ったロイヤルホストのテーブルに、クリを使ったデザートの写真が・・・。これが、非常に美味しそう。しかし、ちょっと最近車通勤のせいでオーバーウェート気味。仕方がないので、写真だけ撮って食べた気になることに(^^;

しかし、折角ここで取得カロリーを抑えたというのに、コンビニで見つけたハーゲンダッツの季節限定「カスタードプリン」味のアイスを食べちゃったので、なんだかなー。

9/15

千代田王

映画館で見損ねたエックスメン2、仕方がないのでDVD購入。しかし、今日は見る暇が無いので、後日。ところで、今日気がついたのは、ターミネーター3が今週末までということ。やばいじゃん。明日見に行かなくちゃ。

9/16

千代田王

ターミネーター3、鑑賞。もう、今週末までだからネタバレでもいいよね(^^; この映画、本当にこれでいいの(^^;?何も解決してないし、何もやってないじゃん。それなら、最初からシェルターに入って、戦争が起きるまでじっとしておけばよかったじゃん。それで、世界滅亡後の映画をターミネーター4として作るわけ?あれ?それがマトリックス?うーーーーーーむ。ま、映像は楽しめたけど、それにしてもなぁ。大体、T−Xは、T−1000より弱くなってない(^^;?

9/17

千代田王

自民党総裁選、いよいよ終盤。どう考えても小泉圧勝。興味は小泉に負けた後、亀井がどうするか。普通に考えれば離党だと思うんだけど、きっとそんなことにはならないんだろうな。

9/1

千代田王

久しぶりに虎ノ門で飲み会。ということで、新潟屋に行ったんだけど、18時前だというのに満席。いつになったら空きますかってきいたら、20:30ぐらいとのこと。仕方がないので鳥助へ。ま、鳥助も仕方なく行く店じゃないんだけど、今日は一緒に飲む相手が日本酒党だったので、ホントーは新潟屋に行きたかった。ま、次は、ってことだね。

9/1

千代田王

思い立ってからかれこれ10年近く?ようやく念願だったホワイト餃子へ。そうか、これだったのか、伝説のホワイト餃子。この店を教えてもらったのはまだ横浜に住んでいた頃。わざわざ保土ヶ谷とか、そっちの方まで食べに行ったのに、休みだか、閉店だかで食べられなかったのが昨日のよう・・・ってことはないのだが(^^; そんで、感想だけど、まーまーかな。なんでにんにくを使わないんだろう。うーーむ。ま、いっか。もう行かないかな(^^;

9/20

横浜王

清水エスパルス相手にマリノス完勝。ここ数試合、奥、遠藤、久保が不在で非常に苦しい戦いだったわけだけど、その間に使っていた若手が良い経験を積んだみたい。サブのメンバーが後半途中に投入されるときちんと役割を果たしていて、チームとして機能してきた感じ。いままで「選手層の厚さ」がないチームだったけど、かつてのアントラーズのような雰囲気が出てきた。いよいよ、常勝チームへ変貌を遂げるか????

9/21

千代田王

朝霞の蕎麦屋「かつみや」でそばを一杯。

△渋い店構え
△店の中も渋い
△これは3味盛り。これにてんぷら、鴨の塩焼きをつけて超満足。
9/22

千代田王

小泉改造内閣発足。幹事長に安倍をおいて、みんながびっくりしている隙に国交省に石原前行革相を置き、竹中は留任。経済相に中川をおいてタカ派の数をさりげなく増やすあたりも抜け目ない(^^

ま、他の誰がやってもだめなんだから、好きなようにやってよ、って感じですか(^^?

9/23

横浜王

我がマリノス、あろうことか神戸相手に引き分け。しかし、今日のウイングスタジアムのピッチは酷いね。よくあんなところでサッカーの試合をやらせたものだ。神戸市、やる気が無いならチームを持つのなんて辞めちゃえば良いのに。何のためにワールドカップをやったんだろうね。

9/24

千代田王

長いこと現役だったグラマンF−14(トムキャット)が引退。初飛行は1970年の12月だったはずだから、もう30歳以上。これで空対空戦闘機時代の終了ってことか?これからはボーイングF/A−18Eスーパーホーネットが搭載されることになるんだろうけど、うーーーーん、トムキャットの方が格好良いぞ。なんか、残念だな。

9/25

千代田王

バイオベンチャー、「リバネス」の社長丸氏、および池上副社長と虎ノ門で飲み会。「次は合コンやろうね」ということで解散。やっぱ、若い人との飲み会は楽しいねぇ。

9/26

シャチ王

来週重要な商談があるので、それに向けて事前打ち合わせを実施。社内不一致があると面倒なので、非常に根本的なところから意思統一。


千代田王

何気なくテレビを見ていたら、経済省に在職していたときの同僚の補佐の福島君が「朝まで生テレビ」に出演していたので、そのまま最後まで鑑賞。役どころは「官僚を辞めて政治家を目指す若手」の一人。面白い奴なのでもうちょっと発言機会を与えてあげればと思ったけど、ま、まだまだパーソナリティが周知されていないから、あまり前面に出られないのは仕方がないところかな。それでも「私は内閣府に居たから知っているが、小泉首相は官僚の作った資料を読んでいるだけ」といった発言で存在感を示していたのはさすが。今後の活躍が楽しみ。

9/27

横浜王

我がマリノス、ガンバ相手に新横浜でナイター。オフサイド気味に飛び出した久保が確実に決めてリードすると、以後はパスミスありつつもなんとか無失点で終了。勝ったのは良いけど、内容的にはどうなのかなぁ。もうちょっと、なんとかなったんじゃないかなぁ。

9/28

千代田王

今月のパーティは毛蟹&ウニ。「こんなに食べきれるかなぁ」と思っていたけど、意外とあっさりと完食。ところで、うちのパーティに来る人はみんな会社を辞めるんだけど(みんなって言っても、まだ四人だけど)今日、また一人カミングアウト。来年1月末付けで退職する旨、上司に報告したらしい。

9/29

千代田王

スピリッツで連載されていた「J.boy」が最終回。しかし、例によって尻切れトンボ。能條純一の漫画って、どうしてどれもこれもラストがつまらないんだろう。月下の棋士、哭きの竜、翔丸・・・・なんか、どれもこれも自己満足に浸っておしまいって印象。

ラストがつまらないといえば、「ショコラ」も酷い出来。窪之内英策は「ツルモク独身寮」で見事な大団円を描ききったのに、ショコラは連載再開後、ずーーーーっと暗いトーンで展開して、最後にお茶を濁しただけの終わり方。もう、途中で描く気がなくなっちゃったのを編集者が無理やり描かせてしまったような感じ。作品に対する作者の愛情が感じられない。

スピリッツの不調はこれだけにとどまらない。「ロープボール」も酷い漫画。絵が下手だし、あまりにも奇をてらったコマ割りは不快の領域。この漫画が打ち切りになるのは全くやむをえないところ。「東京エイティーズ」も意味不明の漫画。今30代半ばのサラリーマンをターゲットにして懐古主義的な漫画を見せたいのかもしれないが、あまりにもずさんな時代考証は実際の30代からみると滑稽。「日露戦争物語」は最近読んですらいないし、文字ばかりの「美味しんぼ」も読むのに疲れてしまう。

とすると、何を読むのかといえば安心して読める浦沢直樹、意外なアプローチが新鮮な「ホムンクルス」、馬鹿らしさが継続している「殴るぞ」と「気まコン」。あ、そうそう、馬鹿らしいっていえば「高校アフロ」や「つゆダク」の馬鹿らしさも見逃せない。週刊文春的なアプローチがなんとも言えない「寸前爆発」と画力で圧倒する「オメガトライブ」といったところか。まぁ、読める漫画が半分ぐらいあれば、マシなほうなのかなぁ。

9/30

千代田王

経済産業省に居たときに一緒に補佐をやっていた渡辺氏と池袋で飲み会。今は飛行機の製造を企図しているとのことで、なかなかに忙しそう。