十割蕎麦きりとさらしな蕎麦のおはなし
   
     *当店のお蕎麦は、すべてつなぎを使わない
      十割蕎麦となっております。
 
  • 一番粉とは
  • ニ番粉とは
  • 三番粉とは
  • 蕎麦を打つためのお水
     
              十割にこだわる理由
          
    
    
                蕎麦粉は、「蕎麦がき」でも食べられるように熱湯を注いだ
             だけでも食べる事ができます。つまり、十割蕎麦の場合は、
               10秒くらいで茹であがってしまいます。しかし、一般的に
             つなぎとして使われる小麦粉は、うどんのように充分に茹で
             ないと食べる事ができません。                        
                つまり、一般的なお蕎麦というものは、40秒程度茹でた
             だけでは、小麦粉は生煮え、蕎麦粉は茹り過ぎという状態に
             なってしまいます。よく、蕎麦を食べると胸焼けがしたり
             お腹が張る、という人がいますが、こうした小麦粉や蕎麦殻に
             原因があると考えられてもいます。                     
     
    
     
              一番粉とは、
    
     
                蕎麦の実の一番芯にある真っ白い粉だけを取り出した粉を
            『さらしな粉』『御前粉』『芯粉』などと呼び、打ちあがった
             真っ白な蕎麦は『さらしな蕎麦(御前蕎麦)』と呼ばれ、
             昔は御殿様しか口にする事ができなかったといわれる
             お蕎麦になります。香りを楽しむ蕎麦ではありませんが、
             蕎麦本来の甘味とコシをお楽しみ下さい。       
    
                (厳密には一番粉とさらしな粉では製法に違いがあるそうです。)
    
      
    
     
              二番粉とは、
    
     
                蕎麦の実の芯の少し外側部分を挽きこんだ粉を呼び、
                一般的なお蕎麦に近い感じのお蕎麦です。当店の
               『みやび蕎麦きり』は、この二番粉を基本に、当店独自の
                お蕎麦に仕上げてみました。
     
    
     
              三番粉とは、
     
                 一、二番粉よりもさらに外側の甘皮という部分を
                挽いた粉です。 独特の粘りや食感があり、蕎麦の香りが
                最も強い部分です。三番粉を多く挽きこんだ当店の
          『いなか蕎麦きり』は香り高い野趣に富んだお蕎麦に
          仕上がりました。                     
     
    
     
              お蕎麦を打つためのお水は
     
           地元秩父の酒蔵『武甲酒造(株)』様の仕込み水
          (武甲山からの天然伏流水)をわけていただき蕎麦を
           打っております。
    
    






    お蕎麦のお好みはそれぞれかと存じますが、皆様の御来店をお待ちしております。
     
      みやび庵 店主 
    福井雅文







  • -Copyright.2002 monchi. All Rights reserved.-
    --このホームページ上の画像の無断転写等を禁じます--