焦げや黒ずみをとる知恵

@アルミ鍋の黒ずみは酢でとれる

鍋にいっぱいの水を沸騰させ、そこに大さじ2〜3杯の酢を入れ、数分煮立てて下さい。これでOK!

Aアルミ鍋のこげは洗剤と酢でとれる

台所用洗剤と酢を少量、焦げの部分がひたひたにかくれる程度に入れ、それを火で軽く熱してから天日に干して乾燥させます。
焦げの部分はカサカサになり、古布などで軽くこするだけで簡単にとれるようになるのです。

Bほうろう鍋の焦げは重曹で

ほうろう鍋の焦げを、間違っても強くこすらないこと!
ほうろう鍋の場合は、鍋が熱いうちに湯と小1杯ほどの重曹を入れ、そのまま10分ほど置いてからスポンジで軽くこすりましょう。
焦げがポロリとはがれます_

Cステンレス鍋の焦げは湯で沸かしてとる

ステンレス鍋を焦げつかせてしまったら、水を入れて強火にかけ、約15分間沸騰させます。
その後、火を止めて湯が冷めるのを待ってから、ナイロン製のたわしでこすると、焦げが簡単に取れます。

D鉄鍋の焦げは鍋が熱いうちに処理する

鉄鍋を焦がしてしまった場合は、鍋が熱いうちに水道の水をかけながら、亀の子たわしなどの固いたわしでたたくようにして焦げを落とします。
鍋が熱いうちに処理するのがコツです。

Eフライパンの焦げつきはから焼きしてとる

から焼きをして汚れをやわらかくしてから、竹ベラや金属製のたわしでこそげ落とすようにします。
鉄製のフライパンなどで外側にも油汚れがこびりついていたら、フライパンを新聞紙で包み、戸外の安全なところで、新聞紙に火をつけて燃やします。
こうすると、油汚れがゆるみ、落としやすくなるのです。火事には注意しましょう。

F耐熱のガラス鍋の焦げは熱湯でとる

耐熱ガラス鍋を焦がしてしまった場合は、鍋が熱いうちに熱湯につけ、そのまましばらく置きます。
その後、ナイロン製のたわしでこすると、焦げがスムーズにとれます。

Gテフロン加工の鍋の洗い方

焦げつかないのが特徴のテフロン加工ですが、傷をつけてしまうと、そこから焦げつきが始まってしまいます。
くれぐれも傷をつけないよう注意して扱うようにしましょう。
たとえば、調理には金属製ではなく、樹脂製のターナーや木製のヘラを使い、洗う時にはスポンジのやわらかい面で、こすらずに、なでるように洗います。

H土鍋にヒビが入ったらお粥を煮る

土鍋のヒビは、お粥や牛乳を煮ると直ります。
お粥、牛乳などのタンパク質が固まってヒビをふさぎ、再び使えるようになるのです