おいしかった  『おいしかった!』 > 東海北陸の『おいしかった!』
東海北陸の『おいしかった!』

店名に振られたマークについて
 ◆◆◆  ここだけのために出かけられる ◆◆  はまった!    お気に入り
 ex. ◆◇◇  ここだけのために出かけられたこともあったが、いまは「お気に入り」
 ex.   この色はラーメン以外の食べものです

 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県 富山県 石川県 福井県 にジャンプ


静岡県
 ◆◆ 麺 まるい らーめん 600円 伊豆箱根鉄道駿豆線大場駅から徒歩15分
'04.6 目を引くのはバラロールのチャーシュー。巨大です。魚の香るスープは、毎日食べても飽きない雰囲気。麺は、もちっとした太めのもの。海苔を巻いて食べると家系っぽさを感じるところは、スープの豚が結構濃いことを暗示していると思います。

 ◆◆ あまからや[閉店/神奈川に移転] スパイス醤油ラーメン 700円 沼津駅から車で5分
'01.7 第一回ラーメン登竜門の優勝店。もともとカレー屋として開業。スパイス醤油ラーメンは優勝した時のラーメンです。ココの売りのひとつが「無化調」らしいのですが、スパイスを使っている事もありスープに弱さは見当たりません。スパイスは味的にはインドカレーっぽい効きかたをしています。麺はスープに負けない加水率高めの太いストレートなもの。チャーシューもやわらかく香り良くおいしいです。味玉は見た目ほど味は濃くなくバランス良いです。色物系ということで評価を「好き」としましたが、醤油ラーメンでも同じ印象が持てるのであれば評価アップします。

 ◆◆ やくみや 特製塩麺(太麺) 600円 東海道線沼津駅から車で10分
'04.6 スープは油浮きがかなり多いものの、かなりすっきりとした印象。ただし、あっさりなのに深い、です。そして、かなり良かったのが麺。これ、太麺で正解でした。もっちりとして、食べ応えあります。具材もチャーシュー2枚、味玉半分、メンマ、たっぷりのネギとワケギと充実。

 ◆◆ らぁめん大山 とんこつ+煮玉子 600+100円 東海道線富士駅から徒歩25分
'03.10 「二郎@町田」の元店長が地元に戻って出店。ラーメンは見た目白濁ですがかなりアッサリ。なのに、頭独特の十分な旨みのあるもので、ニンニクの効いたところは熊本系のラーメンを彷彿させます。

 ◆◆ ○岩ラーメン 手打ちらーめん 600円 東海道線清水駅から徒歩10分
'01.12 本当の店名は○の中に岩の字が入ります。大きな寸胴で見た目きれいに煮込まれていたスープは、動物系+香草のような香りのする複雑な味わい。チャーシューの周りには粗挽き黒胡椒が。手打ちの太い縮れ麺とスープがベストマッチです。

  一元 中華そば 500円 東海道線清水駅から車で10分
'01.5 スープはあっさりした醤油味。特筆すべきは麺の細さ。乾麺かと思うくらい細いです(本当に乾麺かも知れない)。意外にのびずに食感がよいです。あと、家で作ったような味のする餃子(3ケ500円)はかなり大きいです。話のネタに食してみるのもいいかも。

 ◆◆ 松楽 いしりそば 750円+tax 東海道本線東静岡駅から車で10分
'03.4 地元では「辛いラーメン」で通っているらしい「松楽メン」が有名ですが、気にいったのはこれ。能登産のいしり(魚醤)をタレに使い、かなりの和風かと思いきや、焦がしネギと白胡麻が中華を感じさせます。辛いラーメンを食べた後でも味の輪郭がしっかりとしているのがなんとも印象的でした。塩を使っていない塩ラーメンらしいので興味のございます方は是非。

 ◆◆ 魚がし鮨 回転鮨 2,000円あれば満腹 東海道線静岡駅ビル内
 お皿が2列で回っています。ネタが恐ろしく大きいです。回っているネタもいやな顔せず握ってくれます。近海ものが特に新鮮です。ランチタイムに15分以内で食べると1割引です。ただし、基本的に並ばないと食べられません。同じビル内に握りをやっている同名の店(資本同じ)があるので混んでいるときはそちらが良いかも。

'01.5 相変わらずネタはデカイです。今回、「あぶり鮨」なる新メニューが提案されていました。これも手がかかっている割には安く、もったいない食べ方だとは思いましたがなかなかいけました。

 ◆◆ 入舟鮨 鮨 予算6,000円位 静岡市内に多数あり
 ここの予算は「安い」というポリシーを逸しますが、メニューにないかわったネタを食べられることがあるのでたまに行きます。

 ◆◆ イタリア軒 本店 手打ちラーメン 800円+tax 東海道新幹線静岡駅から徒歩15分
'03.10 出てきたラーメンは大きめの丼にチャーシューが4枚。スープは一口目では結構魚を感じるものですが、次第にこなれてきます。麺はしっかりした食感のプリッとしたもので、白河を太く強くした感じです。中華に使うタイプ(裏が白くないもの)のキクラゲが丸で結構たくさん入っています。食べ終わった瞬間には感動がなかったのですが、後で「良かったなぁ」と思わせるラーメンでした。

 ◆◆ ホワイト・らーめん ラーメン 500円 東海道新幹線静岡駅から車で20分
'02.11 スープがなかなか良いです。ウンチクによると、電子水で鶏がらと昆布を丁寧に煮出すらしいスープは、見た目濁りなく、口に含むとまさに「やさしい」で片付けてしまって全く問題がないと感じる味です。しかしながら、焦がしネギの風味にも負けていません。微塵切りのネギもかなりおいしいです。タレが下の方に仕込まれており、はじめは塩味、次第に醤油味が混じってくるという工夫も。チャーシューは醤油味が強いものですが、なかなかいけます。

  中華そば 蔵 焼津大住店 中華麺 550円 東海道線西焼津駅から車で5分
’04.1 下の「カナキン亭」の系列。スープは背脂が浮くしょっぱめ甘めのもの。看板の「蔵くら麺(キムチと特製スパイス入り)」を食べた後なので細かい部分の記憶が曖昧です。ということで、参考値です。

 ◆◆ カナキン亭 藤枝店 もりつけそば+煮玉子 600+50円 東海道線藤枝駅から徒歩5分
’02.11 ニンニクを感じるつけだれがなかなか面白いのですが、塩味が薄く麺を口にしたときの迫力にかけます。東京のつけめんと同じような食べ方をするのはちょっと厳しいです。麺の食感の良さは満喫できます。

愛知県
 ◆◆ 名古屋駅(立ち食い) きしめん 名古屋駅中央線ホーム端
 幅1cmはあろうかという麺がなぜかクセになってます。食感勝負ですね。鰹節がきいていたような記憶がありますが、ここしばらく食べていないので定かではありません。

 ◆◆ 藤見亭 ラーメン 550円 地下鉄名城線東別院駅から徒歩5分
’02.6 最近復活した「好来」系の店。麺が中太で物凄い弾力のあるもので特徴的です。メンマも歯応えも味も良し。チャーシューは油が独特のにおいがする個性の強いバラロール。スープは、何と言ったら良いのかわからない味。魚が前面に出て来ています。

 ◆◆ 一夜堂 ラーメン 550円 地下鉄名城線東別院駅から徒歩5分
’02.6 醤油が前面に出たスープには名古屋の中では最も関東らしさを感じました、が、やはりここは名古屋、出し汁のような味わいです。麺は極細で歯応えは最後までよいものです。ネギは雑味がなく、水でさらしてあるのかと思いましたが、どうやら種類が違うんでしょうね、歯ごたえの強い、おいしいものでした。トッピングに珍しい「溶き玉子」はふんわりとして良い感じですが、味的には自作のラーメンを思わせるものがありました。バラ肉のチャーシューは味が良くしみていて好きな人が多いのではないかと思います。

 ◆◆ 万楽 ラーメン 550円 地下鉄名城線東別院駅から徒歩5分
’02.6 スープは確かに「薬膳」と言った感じです。厚い油層が覆ったトンコツ醤油で、第一印象は独特のかおりのある家系といった感じです。自家製麺の中太の麺がかなりやわめなので、家系に馴染んだ関東人には合わないかも知れません。ちなみに麺はかためのオーダーもききます(でも、忘れられることもあるみたいです)。チャーシューは脂身のない小さ目のものが数枚。

 ◆◆ 江南 ラーメン 550円 地下鉄名城線東別院駅から徒歩5分
’02.6 麺はかなりの細麺ですが妙にはりがあり、最後まで食感良いです。チャーシューはバラロールの大きいもので、味は薄いですが存在感があります。ネギはこれまでの店と共通の、歯ごたえがあり、スープの邪魔をしない良質のもの。スープは思ったよりも味が濃く、魚を強く感じるもの。何故かとろみがあります。

 ◆◆ 麺なかの ラーメン 550円 地下鉄名城線東別院駅から徒歩5分
’02.6 出てきたラーメンは鰹の香りがむんっと立ち上るもの、まさにうどんテイストでした。麺は恐ろしいほどのはりがあるものです。スープと麺の取り合わせはどうか、といわれればベストとも思えませんが、インパクトは感じられます。東京で流行りのラーメンに似ている、というコメントもみましたが、個人的には全く異質のものと思います。

 ◆◆ きしや ラーメン 700円 地下鉄桜通線今池駅から徒歩10分
’02.6 黄色く澄んだスープは鰹と動物系が良いバランス、麺は平たいやや太めのもので歯ごたえ良いです。チャーシュー2枚はそこそこの味か。そして、実は、メンマが肉厚でかなりいけてました。

 ◆◆ 麺屋 如水 塩かけラーメン 550円 名鉄瀬戸線森下駅から徒歩10分
’03.2 店は結構趣のある構え。高い天井、塗りっぱなしの壁、明るい店内に暗めのカウンター。店主も狙ったような渋めのダンディ。ラーメンでないモノが出てきても不思議ではない雰囲気です。ウンチクによると無化調。でも、スープは旨み豊富で、かつ、キレも持ち合わせたもの。ただ、狙っているのか、かなり塩辛いです。麺は和歌山を思わせる細め長めのもの。評価は辛め。

 ◆◆ 草津亭 塩ラーメン 650円 名鉄瀬戸線守山自衛隊前駅から徒歩2分
’03.2 スープは魚が強く立っていて名古屋っぽい味、ですが、鶏油の香りも効いていて好バランスだと思います。具材は柔らかいチャーシュー、味玉半分、メンマ。それぞれかなり力が入っています。味玉は意外にも濃い目の味つけで自分好みです。メンマは繊維が歯に詰まりそうなイメージの柔らかく大きいもの。麺はシャープな食感が良いです。

  味仙 今池本店 台湾ラーメン 600円+tax 地下鉄桜通線今池駅から徒歩3分
’03.2 ラーメンはかなり小さい器で出てきます。初めは感じなかった辛さも、途中からは「やめてくれ」と言いたくなるほど効いてきます。麺は意外としっかりとしたもので、ゆっくり食べても大丈夫。こういうのもありかな、と感じたのですが、具材のモヤシの臭みとスープの強い旨みがちょっと気になりました。評価はちょっと厳しいかもしれません。

 ◆◆ 呑助飯店 ラーメン油濃厚 500円 地下鉄桜通線今池駅から徒歩5分
’03.7 重油ラーメンという表現が気になっていました。ラーメンはまさしく「油濃厚」。油層は5mmくらいあります。スープを飲もうと思っても、レンゲには必ず半分くらい油が入ります。油の下のスープは実はかなりあっさり目で、魚をほど良く感じるものでした。麺は結構食感強めで、油の強いスープと合っています。体調が悪い時には絶対に食べられません(笑)

 ◆◆ 総本家 好来 松 800円 地下鉄桜通線吹上駅から徒歩10分
’03.2 麺は太めのかなり柔めのもの。スープは形容できない微妙な味。甘味が強いけど、いやみがない味です。また、スープは薬っぽくはないです。少し脂の浮くスープですが、高麗人参酢を入れるとかなりあっさりになります。メンマは独特のニオイを持っています。

 ◆◆ 和田屋 しょうゆらーめん 600円 地下鉄鶴舞線庄内通駅から徒歩5分
’03.2 この店のラーメンも独特の甘味がありました。チャーシューは脂身がほとんどないものですが、絶妙の柔らかさと味。メンマは味濃い目甘めの味つけですが、個性を放っていて良いです。麺はかため中太ストレート、食感良く一気にいけます。

  沖縄そば かまんた[閉店] 沖縄そば 650円 名古屋駅構内
’03.2 それほど期待をせずに食べたのですが、結果、予想を覆すウマサにビックリしました。スープは鰹が効いたややあっさりめのもの。麺はきしめんをイメージさせる形状。評価は少し辛めです。

 ◆◆ こくや 中華そば 塩 700円 地下鉄名城線東別院駅から徒歩10分
’03.2 スープはかなりの和風。鰹と昆布がちょっと威張ってます。スープの量は少なめ。麺の食感は良いです。具材はそれぞれ洗練されたもので、チャーシューと味玉には非のうちどころなし。海苔の香りも良し。ネギはこだわりの2種使い。スープには引き締めるためか唐辛子の輪切り等が仕込まれています。

 ◆◆ 手打中華そば 白水 塩味中華そば 850円 地下鉄名城線矢場町駅から徒歩10分
’04.4 主役の麺はかなり多めで、もちっとして、微妙な弾力が良いです。スープは少し背脂の浮くもので、魚の香りがやさしいもの。動物系も魚もほど良く出ています。バラロールチャーシューはとても大きく濃厚な味。メンマは名古屋に共通の芯の強いもの。

 ◆◆ 三吉 中華そば(塩) 750円 地下鉄名城線ナゴヤドーム前矢田駅から徒歩10分(少し東に移転)
’03.7 味はやはり上の「こくや」に酷似。本家(ここ)の方が鰹等を突出させずにやさしく仕上がっている中にも、きっちりとキレをもっているといった感じ。

 ◆◆◆ はまゐば 塩らあめん 730円 地下鉄鶴舞線いりなか駅から徒歩3分
’04.4 スープは魚と動物が両方負けずに主張するもの。はまりました。また、麺も食感が良く、具材も「三吉」同様全て良く吟味されていると思います。基本は「三吉」と同じ良さを感じるのですが、動物系の強さがある分、こちらの方が好みです。

 ◆◆ らーめんらあめん ラーメン 600円 地下鉄鶴舞線原駅から徒歩10分
’04.4 ラーメンは鶏が前面に出てきますが、多少中華っぽい雰囲気もあります。麺は加水が多そうな、かなり細めの縮れ。具材はチャーシューとメンマ、海苔のシンプルな構成。インパクトとは無縁の味ですが、近所にあれば間違いなく通います。

 ◆◆ 中華そば 八百善 中華そば 600円 名鉄常滑線多屋駅から徒歩5分
’03.7 チャーシューがスゴイ、というウワサのみで行くことにした店。注文は「いくつ?」って訊かれます。メニューは中華そばひとつ。大盛もありません。ラーメンはシンプルなもの。魚を程よく感じるスープにさくっとした麺という、実はこのあたりでは結構ありがちなのでは思わせる構成。でも、キモはやはりチャーシュー。2枚で300g近いもので圧巻です。テイクアウトも可能(笑) 味も大味でなく、飽きずに食べられます。

岐阜県
 ◆◆ 豆天狗 中華そば(並) 600円 高山本線高山駅から徒歩15分
 小魚系のダシがとても効いていて醤油味が濃いスープですが飲み干せます。メンマは甘味があり、麺は細めの縮れ麺で見た目よりもボリュームがあります。メニューはラーメンのみで、店の応対はとても丁寧です。

’04.7 スープはそばつゆに近いイメージ。麺は細縮れで、カンスイ少な目の空気を含んだもの。ぽそったした食感が独特。全体の取り合わせが上手で、そつない仕事に感心します。

 ◆◆ やよいそば 角店 中華そば並盛 600円+tax 高山本線高山駅から徒歩15分
’03.5 ラ博に出店して高山ラーメンを全国区にした店。寸胴の中で既に色のついているスープは、見た目より塩味は抑え目。煮干がいやみなく効いたもので、後味の鶏がここちよいです。これが、非常に細い食感の良い超縮れ麺によくのります。チャーシューはのせる寸前に手切りしたものが2枚、小さいですが脂に頼らず柔らかく仕上がったもので好印象。

 ◆◆/◆◆ 信濃屋 中華そば 800円/ころかけ 600円 中央本線多治見駅から徒歩10分
’03.7 週休3日で昼しか開いていない店。中華そばは、透明度が高い麺はとてもしっかりした食感で、見た目(形状のみ)きしめん、です。スープはあっさりでそばつゆ系、と思ったら、なんと、うどん出汁にラードを加えただけのものみたいです。具材はなし、敢えて言えばネギ。ということで、見た目も食感も、値段もインパクト大。ころかけ(冷やしうどん) は、断面の直径が1cmはあろうかと思われる太めの麺が特徴。見た目より噛み切りやすいのに、適度な弾力性があります。自分的には「中華そば」より気に入りました。

富山県
 ◆◆ はじめ家 チャーシューメン 700円 北陸本線魚津駅から車で10分
’04.7 ラーメンはまさに「直系」と呼べる味。ほぼ「吉村家」の味をを再現していると思います。麺は幅広、チャーシューはスモーキーで分厚いもの。

 ◆◆ 万里 ラーメン(醤油) 700円 富山地鉄稲荷町駅から車で10分
’04.7 今まで体験したことのない微妙な、でも、とてもインパクトのある味です。無化調を謳うスープは強い酸味がベース。一方、こだわりのある醤油の味も強いです。そしてチャーシューは、バラロールなのですが濃い味つけで、焦がしたような酸味がほのかに漂うもの。ほろっととろけて、麺と一緒にかき込むとなかなかです。麺は極太強縮れで、例えると「堀切二郎」の麺を加水とカンスイともに多めにした雰囲気。

 ◆◆ 一心 ラーメン 550円 北陸本線富山駅から徒歩5分
’02.10 無化調を謳う店。アルカリイオン水を使うスープは多少塩気が強いものの、旨みの良く出たもの。スープには「あぶらかす」らしきものが仕込まれています。麺は細いのにとってももちっとしたもので、これまたインパクトがあります。チャーシュー等の具材もいけてます。個人的には、塩味がもう少し抑えられると、より食べやすくなるのでは、と感じました。味の調整が効くみたいですので、次回は味薄めでトライしてみます。

 ◆◆ 大喜 富山駅前店 中華そば並(小) 600円 北陸本線富山駅から徒歩5分
’02.10 西町店との違いはチャーシューの切り方くらいでしょうか。あとは変わらないイメージでした。麺の強さと、それに負けないスープ、うまいチャーシューの取り合わせはある意味絶妙です。でも、メンマはちょっとしょっぱすぎます。自分としては、あのインパクトを味わうだけでも価値ありです。

 ◆◆ 大喜 西町店 中華そば小 600円 市電西町駅から徒歩3分
'01.9 スープは黒っぽく、微妙なところが感じられないくらい塩味濃い目です。その上、大量の粗挽き黒胡椒がトッピングされ味覚をマヒさせます。早速「大喜」の世界へトリップ。いや、これが良い感じです。チャーシューは小さめに切られたもも肉のモノがこれでもかというくらいたくさん盛られています、これもまたうまい。厚めのネギも良いアクセント。スープの色に染まった麺は、太目のこしのあるもので、これまた良いです。メンマは黒胡椒と相俟って絶妙な味なのですが、しょっぱすぎです。全体とのバランスはこれでとれているのかも。確かに麻薬性はありそうです。

'04.7 (この回食べたもの)上とほぼ同じ感想でしたが、チャーシューが角切りからスライスに変更されていました。量は相変わらず途方もないもの。少し薄味、と頼んだスープはそれでもかなり塩辛いです。

  末広軒 手打中華そば並 550円 市電西町駅から徒歩5分
'04.7 鶏がしみじみと香るスープが印象的。麺は空気を含んだ自家製手打。チャーシューはかためですがしっかりとした味のするもの。ミニもあるので、呑んだ後にも良いかもしれません。

 ◆◆ まるたかや ラーメン 550円 北陸本線富山駅から徒歩10分
'01.9 スープはかなりあっさり系で癖がないもの、豚が中心で、チャーシューの近くはチャーシューのかおりが、ネギの近くはネギのかおりが転移して(当たり前ですが)微妙に味わいが変わります。多少塩辛目です。麺は中太で加水率高めのもっちりしたもの。固めで注文しているお客さんもいました。チャーシューはバラのモノが2枚、これはいけます。メンマは味がほとんどしないもの。実は、ニンニクと脂かす(ラードを作ったあまりものらしいです)を入れると味が変わるらしいのですが、最後に脂かすを少しかじってみたのみ。次には固めの麺と共に試してみます。

 ◆◆ 南京千両 本店 ラーメン(並) 530円 富山地方鉄道 不二越駅から徒歩5分
'02.10 あっさりとしたトンコツながら、油には強火で焚きこまれたテイストを感じます。油になにか仕掛けがあるみたいです。 丼に予め張ったスープに麺を入れ、具材をのせてから、その上にまたスープをかけます。タレと油はスープを入れる前に投入。麺は普通の縮れ麺。スープに九州を少し感じました。

 / 九頭龍 石金本店 中華そば 600円/ワンタン 450円 富山地鉄不二越駅から徒歩5分
'04.7 中華そばは思ったより太目の麺に多少驚き。チャーシューはしっかりと味がついたものですが、自慢するだけあります。スープにはちょっと酸味が感じられます。ワンタンは10個入っており、餡はエビ入りで海の香りが素敵です。他の具材は中華そばと全く同じ。コストパフォーマンスはかなり高いです。

 ◆◆ すし玉 回転寿司 予算1,500円位 北陸本線富山駅から車で15分
 遠い遠いもりもり寿司まで行きつけないときにはここに来ます。広い店で店員さんも多く威勢が良いです。うまいネタの傾向はもりもり寿司と同じです、ただしこちらの方が安い。

 ◆◆ 大喜 根塚店 チャーシューラーメン(小) 800円 富山地鉄南富山駅から車で10分
'04.7 ラーメンは他の「大喜」に結構似ていますが、ここはマイルドです。胡椒のプレトッピングもなし。麺はやや平べったく、少しもさっとした食感。機械切りのチャーシューは量は控えめ。また、スープは、少し濁りがあり、やや薄い色です。食べやすい「大喜」とも言えるかも。

  BUGSY ラーメン+煮玉子 650+100円 北陸本線富山駅から車で20分
’03.5 家系ラーメン。スープは結構あっさりしたもの。横浜から直送の麺は結構かため。チャーシューがバラロールの片面を鉄板で焼きタレにつけこんだものでいい味出していました。味玉は固茹でにギリギリならない半熟で、ミルで黒胡椒を振りかけています。香辛料、インテリア等見所の多い店です。

 ◆◆ 大喜21 婦中店 中華そば 600円 高山本線速星駅から車で10分
'04.7 大喜マイルド系と言えるのでは。ただ、スープの色はブラックではなく、デフォで粗挽き胡椒がかかっていないのが大きな違い。メンマはかなりしょっぱく、西町と同じタイプ。また、チャーシューも同じ系統。マイルドとは言え迫力十分、です。

 ◆◆◆ 番やのすし 古沢店 回転寿司 予算1,500円位 高山本線西富山駅から車で10分
’04.7 下の「もりもり寿司」の富山の支店を食ってしまった店。安いネタも手抜きのないもので、正に回転寿司の王道を行く店。もう少し食べてみたいです。

 ◆◆ まるたや ラーメン 450円 北陸本線高岡駅から徒歩10分
'01.11 土曜の夕方なのに店内には数多くのお客さんが。スープは見た目に反して、豚骨のうまみが凝縮されたかなり濃いもの。脂の浮くところは豚ファンにはたまらない味ですね。チャーシューはミニ角煮といった感じで、丼に入れる前にスープで温めて出されていました。麺は中太で歯ごたえのある加水低めのものでスープに合っています。この値段でこの味なら申し分なしです。恐らくまた行ってしまうと思います。

 ◆◆ まるなかや 中華そば 560円 万葉線中新湊駅から徒歩10分
’03.5 閉店した松本で食べたものに、「あぶらかす」でむせそうになるところまでそっくり。松本のものより、麺のかたさ、スープに多少メリハリのある感じがします。

石川県
 ◆◆◆ もりもり寿し 回転寿司 予算2,000円位 北陸本線野々市駅から車で5分
 webで評判を聞き、ギャンブルしてみたら大当たりだった店。10人くらいのお客さんに対して5,6人の板さんが対応しています。日本海側はやはり出世魚がうまいです。ブリ鉄火、ブリトロなんか涙が出ます。サーモントロも素晴らしい。イカ、アジ、イワシ等の近海ものもいけます。

’01.11 意を決して2年ぶりに訪店。改装されて客席が増えた店内に不安を憶えるが、食べて安心、上記感想は全く変わらずでした。回転すし戦国金沢できっちりと支店を展開しているところを見ると、今後も安心して行く事ができそうです。


『おいしかった!』 > 東海北陸の『おいしかった!』
北海道  東北  関東  甲信越
  東海北陸  関西中国四国  九州沖縄