呉龍

さて問題です。 呉ラーメンとは何でしょう?呉のラーメン屋さんにはどんな特徴があるのでしょう? ・・・、わかりますか? この問の答えは「呉龍」に行けば全てわかるはずです。

呉駅の正面を真っ直ぐ走っている今西通りを進みます。左手にデオデオ呉店、右手に呉市体育館などを見ながら直進し、道が右にカーブしているところの直前、左手に呉龍は店を構えています。呉駅から徒歩10分ほどです。駐車場もありますが、1台分しかないので、ピーク時は避けましょう。

メニューの最初にあるのが冷麺(600円)、昔からある呉のラーメン屋さんの多くでは冷麺も味わえるというのも、呉ならではの特徴でしょう。岩手・盛岡のような冷麺専門店は少ないのですが、味では決して負けていません。その他のメニューは中華そば(500円)、五目麺(600円)、ワンタン麺(600円)、チャンポン麺(750円)、チャーシュー麺(600円)、焼めし(600円)、中華丼(650円)など。ワンタン麺、チャンポン麺も冷麺と同じく、呉のラーメン屋では定番メニューですね。

ワンタン麺を注文。ベースとなっているのは超スタンダードな呉風醤油トンコツ味の中華そばです。白濁スープに固茹で麺、ネギとモヤシとメンマとチャーシューという、まさに呉ラーメンの王道という中華そばに、白いワンタンが浮いているのです。まずはスープから。呉出身の私にとっては、ストライクゾーンど真ん中をズバッと攻められたような美味です。懐かしさはあるのに古さを感じさせない、思わず「これこれ」と言いたくなる嬉しい味です。スープだけを飲むと他のお店よりも少し塩味が目立ちますが、麺のことを考えるとベストなのでしょう。コシが強くスープをよく絡める麺なので、スープの塩味が麺によく付いて麺がいっそうおいしく感じられます。パスタを茹でるときに塩を入れることでパスタ自体に塩味をつけて美味にする、この調理法と呉龍は同じ感覚なのかも知れません。チャーシューなどの具はとてもオーソドックスですが、全て外さない味です。そして真打ち、ワンタンの登場です。呉にはワンタン麺を出すお店が多数ありますが、ここのワンタンはかなり美味。スープを泳ぐワンタンの姿は、まるでクリオネのように美しく、神秘的に輝いて見えます。スープとの相性も抜群で、文句ナシの味です。

呉ラーメンの基本に忠実な味であると同時に、お手本にもなりそうな美味です。教科書のような一杯を堪能してください。呉龍こそ、呉ラーメンそのものなのかも知れません。

 

呉龍  ごりゅう
 11時30分〜18時  月曜定休
  行列率・・・中  (2002.1)

美味美味 ☆☆☆☆☆