やまと

ラーメンとソースカツ丼を一緒に食える店が多いというのが全国的に珍しいところ、それが岡山。しかし、その組み合わせを更に上回る、考え方によっては反則スレスレとも思えるような店が岡山市内中心地にあるのです。岡山では超有名な歴史あるラーメン屋、それが「やまと」なのです。

岡山駅から徒歩でもバスでも行ける中心地、表町商店街にまずは向かいましょう。そこのど真ん中にある天満屋に付いたら、表町商店街の1本東にあるオランダ通を北に3分ほど進みます。するとラーメンドンブリとナイフ&フォークが一枚の看板に並んで描かれているという不思議なお店「やまと」に到着するはず。この看板に偽りなし。なんと「やまと」ではラーメンと洋食が同時に楽しめる店なんです。

メニューは中華そば(650円)、五目そば(750円)、やきめし(650円)というラーメン系メニューと、カツ丼(700円)という岡山系メニュー、さらにハヤシライス(700円)、オムレツ(600円)、タンシチュー(1100円)などの洋食メニューが混在。グラスワイン(300円)なんてものまであります(誰が注文するんだ?)。
普通、ラーメン屋にはいるとスープの香りがプ〜ンとして食欲が湧くことが多いのですが、ここは違います。ドミグラスソースの強烈な香りが鼻にに突き刺さってきて、違和感を感じてしまうこと必至。客層はラーメニスト以外にも家族連れ、カップル、サラリーマンなどバラバラ。意外にお年寄りが多いことも驚きですが、ここに「やまと」の歴史を感じることができるのでしょう。お客さんのほとんどが中華そばを注文、若い人はカツ丼もセットで食べている人が多いようでした。
「中華そば以外にいろんなメニューやりすぎ。絶対美味なわけないわ」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。しかし、ここはいい意味で例外です。魚系和風ダシの旨味がジワ〜っと口中に広がるスープは”華麗”という言葉が相応しいでしょう。岡山風中華そばのポイントとなるいい部分だけを強調したような印象を受ける、食べた瞬間にうまいと思える味です。麺はやわらかめ、岡山ではやわらか麺が普通のようです。チャーシューには洋食屋としての顔が現れています。ポークソテーやトンカツに使うと思われる厚めの豚肉がチャーシューとして入っているのです。味付けはチャーシューと言うほど染みこんでいないのですが、それだけに素材のよさがわかりやすい、これもお店の狙いなのでしょうか。チャーシューに慣れてしまった私には、ある意味新鮮に感じられる美味肉でした。

1杯を通して満足いく味です。そこらへんのラーメン専門店を超越した中華そばの味は「やまと」が軽い気持ちでラーメンを扱っているのではないという意志がしっかりと出ています。今回は洋食メニューはパスしたのですが、きっと美味なはず。上々な空間で上々な洋食を、そして中華そばを食すというのもいいものですね。岡山の宙を華やかに舞う「やまと」の一杯、これは美味。

公式ホームページはこちら

 

やまと  やまと
 11時〜15時、16時〜19時  火曜定休
  行列率・・・中高

美味美味 ☆☆☆☆☆