▲メニューへ戻る

ペンネのゴルゴンゾーラソース
こってりとしたコク
ちゃぶ評んーたまらない
満腹度普通
難易度簡単
調理時間12分
ご紹介-

何にも難しいことはありません。小細工はいらない。ゴルゴンゾーラを生クリームで溶かすだけ。これはやはりイタリアの代表の青カビチーズの偉大な力のなせる技でしょう。納豆にもちょっと似た何重にも重なる香りと深い味わいはイタリアンファンを必ず虜にする。ちょっとだけ作ることも可能なので、ワイン(バローロなんかあったら最高)に合わせてどうぞ。

材料

1人分
ペンネ70g
1つまみ
ゴルゴンゾーラチーズ60g
生クリーム100cc
塩・こしょう適量

手順

  1. ゴルゴンゾーラチーズ

    イギリスのスティルトン、フランスのロックフォールと並んで3大アオカビチーズといわれる(私に言わせればNo1だ)ゴルゴンゾーラ。今日本だと大体100gあたり500円くらいかなぁ。結構高いです。
    準備はただ2cm角ほどのサイコロに刻むだけ。
    むむむ、こんな簡単でいいんだろうか。

  2. ペンネをゆでる

    ペンネは、鍋にたっぷりの熱湯を沸かし、その中に一つまみの塩を加えて、パッケージのボイルタイムより1分ほど短く茹でる。芯が消えた瞬間を狙おう。 くわしくは「ぱすたをゆでる」

  3. クリームにチーズを溶かす

    生クリームを鍋にいれ、ごく弱火にかける。でもって先ほど刻んだチーズを入れて、ゆっくりかき混ぜながら全部溶かす。まぁ4分もあれば滑らかになります。

  4. ゆであがったペンネをあわせる

    ゆであがったペンネの湯を切り、ソースに入れて絡める。パスタの茹でる時の塩と、チーズから来る塩で味は大体出来上がっているが、足りないようなら塩と、少々コショウを加えて完成。

TIPS & 皆様からのご感想 ご意見ご感想お待ちしております。ここからどうぞ。


▲メニューへ戻る

このページの写真およびレシピの著作権は私に属しますが、自由に改変転載を行って頂いて構いません。その場合念のためご一報ください。
2000/9/24 ちゃぶち