▲メニューへ戻る

松茸と鶏のオイルソース
秋の芳香
ちゃぶ評きゃー松茸よっ
満腹度普通
難易度簡単
調理時間15分
ご紹介-

秋の松茸。最近は中国産・韓国産なら安いもんで、今回使ったのは1本250円(ただしダイエー優勝セール)。まぁ肉を一つ買ったと思えば悪くなかろう。で、具は淡白なささみ肉とインゲンを合わせて、軽くコンソメでつないだ。ぶわわっと広がるキノコの香りは、アサリにも似てイタリアンによく合うのです。

材料

2人分
スパゲッティ(1.7mm)200-300g
1つまみ
オリーブオイル小さじ1
松茸2本(半分薄切り、半分微塵切り)
ささみ肉2本
インゲン10本くらい
コンソメスープ100cc
にんにく1片
オリーブオイル大さじ2
塩・こしょう適量

手順

  1. 松茸

    中国産でも立派なもんですね。国産の方がずっと香ばしい香りになるが(ちょっと生臭いのは輸送の問題だろうか?)、パスタに使うには充分です。いや、国産のでパスタソースにしたら私は許さないよ、うん。
    半量をスライスして松茸の断面を綺麗に。残りをみじん切りにしてソースに強い味をつける。

  2. 材料を刻む

    ささみ肉は削ぎ切りに。インゲンは1/2くらいの長さに切っておく。

  3. コンソメスープを作る

    まぁ、固形ブイヨンでよろしいんじゃないでしょうか。

  4. スパゲッティをゆでる

    スパゲッティは、鍋にたっぷりの熱湯を沸かし、その中に一つまみの塩を加えて、パッケージのボイルタイムより1分ほど短く茹でる。芯が消える手前のアルデンテ! くわしくは「ぱすたをゆでる」

  5. 材料を炒める

    オリーブオイルをしいてニンニクを丸のまま軽くつぶして火にかける。鶏肉をざっと炒め火が通ったら、松茸のみじん切り・スライス・インゲンを加えて全体を軽くあおる。
    油が回ったらコンソメスープを入れて、塩・コショウで味を引き締める。

  6. ゆであがったスパゲッティをあわせる

    スパゲッティの湯を切り、先ほどのフライパンへ。ざっと全体をあわせて味を見て、塩・コショウをして完成。簡単でしょ。
    すでにこのときに立ち上る松茸の香りにくらくらっとくるはず。

TIPS & 皆様からのご感想 ご意見ご感想お待ちしております。ここからどうぞ。


▲メニューへ戻る

このページの写真およびレシピの著作権は私に属しますが、自由に改変転載を行って頂いて構いません。その場合念のためご一報ください。
2000/10/8 ちゃぶち