プッタネスカ(娼婦風)
艶っぽい?
ちゃぶ評イタリアの香り
満腹度普通
難易度やさしい
調理時間15分
ご紹介-

「娼婦風」という名のパスタ。その由来については諸説あるけれども、黒オリーブとアンチョビの味を利かせたトマトソースです。材料は全て缶詰で足りるのでいつでも作れて、しかもうまい。ただのトマトソースよりはずっとイタリアンな気分が味わえる。

たわごと:なんで「娼婦風」なのだろう。


材料

2人分
スパゲッティ(1.6mm)200-300g
一握り
オリーブオイル小さじ1
トマト缶1缶
にんにく1片
唐辛子1本
アンチョビ4枚(フィレ缶)
つな缶小1缶
ケッパー15粒くらい
黒オリーブみじん切り 10粒
丸のまま 5,6粒
オリーブオイル大さじ3
ローリエ2葉
少々
こしょう少々

手順

  1. 材料をきざむ

    ケッパー(ケイパー) オリーブびん



  2. 炒める

    フライパンで、オリーブオイルに、にんにく(みじん切り)を入れて弱火にかける。にんにくに泡が出てきた辺りで唐辛子を入れてしばらく。ここから、一気に、アンチョビ、つな、ケッパー、オリーブ(丸とみじん切り)を放り込んで軽く炒める(20秒くらい)

  3. トマト缶をいれて煮込む

    ホールトマト缶を、トマトをつぶしながらいれて、ローリエを加えて、そのまま10分ほど中火で煮込む。あるいはトマトソースを作っておいてこれを足してもよい。塩こしょうで味を整えておく。

  4. パスタをゆでる

    スパゲッティは、鍋にたっぷりの熱湯を沸かし、その中に一握りの塩と、小さじ1のオリーブオイルを加えて、パッケージのボイルタイムより1分間短くゆでる。アルデンテを目指す。くわしくは「ぱすたをゆでる」

  5. パスタと合わせる

    茹であがったパスタをフライパンに入れて、全体をあおって全体に味をまわす。水分が足りないときは茹で汁を足す。皿に盛って完成。

TIPS & 皆様からのご感想 ご意見ご感想お待ちしております。ここからどうぞ。


このページの写真およびレシピの著作権は私に属しますが、自由に改変転載を行って頂いて構いません。その場合念のためご一報ください。
1998/10/19 ちゃぶち