店名・場所・電話番号 評 価 コ メ ン ト
中央区
志成


中央区大手門3−3−24
昼の営業
11:30〜14:30(月〜金)
11:30〜15:00(土)
夜の営業
火・水・木 17:30〜20時
定休日 日曜・祭日
P 有料Pが近くにあり


最高の状態のさぬきうどんを食べたいならこの店。実際に香川県まで行かれて食べれれたかたは判ると思いますが、基本的にトッピングする具は揚げたてではありません。この店は、注文がはいり茹で上げ、天婦羅を丁寧にあげていきます。そのため時間がかかることは了承願います。一度店に行くとそのこだわりがわかると思います。その分値段は若干高くなっています。かけうどん(450円)、ぶっかけうどん(480円)、今回食べたお薦めの野菜ぶっかけうどん(700円)。うどんは、讃岐うどんどくとくな腰・弾力が十分で美味い。天ぷらはサクサク・ホクホクでボリューム満点です。うどん屋でこんな野菜天は食べたことありません。量が足りない方は大盛(150円増)、少なくしたい方は小盛(50円引き)にしてください。天ぷらにこだわりがあり、美味い讃岐うどんを食べたい方は是非行かれてください。(09−08−23)
福岡麺通団



中央区渡辺通4−11−3
092−732−0537
11:00〜24:00
日曜祝日は22時まで
定休日 年中無休


本格讃岐うどん製麺所型セルフスタイルの店が福岡市に登場しました。(2006年5月2日オープン) 讃岐うどんブームの火付け役である田尾和俊さんがプロデュースし、epi編集長の弓削さんが仕掛け人となっている店です。田尾さんは、「恐るべきさぬきうどん」を書かれた方です。自分も以前から福岡にも製麺所型の店が福岡にもあったらいいのになーとずっと思っていて、その店理想の店がやっと登場しました。メニューは冷たいうどんが「ひやかけ」「しょうゆ」「ざる」(以上小290円、大390円)、「冷たま」(以上小340円、大440円)、あついうどんが「あつかけ」(以上小290円)、「かまあげ」「かまたま」(以上小340円、大440円)、「めんたま」(以上小390円、大490円)です。値段も安くメニューも豊富です。これとは別にトッピングも20種類ほどあり迷ってしまいます。システムは、まずうどんを注文し、うどんを受け取ったらてんぷら、おにぎりをいるだけとり、レジで会計をします。席について食べた後に食器を返却口に返します。今回食べたのは「ひやかけ」と「かまたま」。ひやかけはかなりマニアックな方にお薦めのメニューです。麺の腰を感じたい方にお薦めします。「かまたま」は釜揚げうどんに生卵をからめて食べるもので、これは、是非福岡の方に食べてもらいたい一品です。これは、ハマリマス。一度ハマればやめられません。自分は本場讃岐の「山越」でハマってしまいましたが、この店の「かまたま」も充分に美味いです。是非食べてください。讃岐の製麺所スタイルと味を体験したい方は是非行かれてください。かなりお薦めの店です。
(06−05−02)(他多数)


生粉蕎麦 玄


中央区長浜1−2−24
北天神SBホテル1F

092−714−0355
定休日 年中無休

11:00〜21:00


安くて美味いそばが食べたいならこの店をお薦めします。かけそばで290円、ざるそばで290円です。この値段からして味はどうなの?って思うでしょうが十分美味い蕎麦屋と変わらないぐらいです。社員食堂ぐらいの値段で有名店並みの味が味わえます。この店のそばの値段を知らなくて「700円です」って言われても不思議ではありません。一番高いそばでも490円と超リーズナブルです。今回はざるそば(290円)と海老の天ぷら(490円)を食べましたがそれでも780円です。信じられない値段です。天神から10分ほど歩いたことろにあり微妙に場所が悪いですが、歩いてでも行く価値があると思います。一度食べればこの店の凄さが分かると思います。
(料金込みの評価)
(05-06-28)

大木戸


中央区舞鶴2-8-29
092−771−7187
11:00〜17:00
11:00〜15:00(土・祝)
定休日 日曜日
P 無し

本場讃岐うどんの支店です。最近讃岐うどんの店が増えていますが、ここは本物です。かなり太麺でコシがあります。硬いではなくコシが味わえると思います。今回はぶっかけのゴボウ天で大盛り(+100円)を注文した。うどん自体は問題ないがごぼう天が作り置きで熱々でない。昼のピークの時間帯だったのでしょうがないが少しガッカリ。値段は480円前後でやや高めの設定です。あと注文は営業時間が短いこと。19時ぐらいまでやってほしいものです。これでは、昼の時間帯しか食べることができません。味は問題ありません。
(07−10−11)
うどん田


中央区天神4−10−2
092−741−3117
11:00〜15:00
16:30〜20:00
(土曜日は昼のみ)
定休日 日曜日  Pなし

本場の讃岐うどんが味わえる店。福岡ではなかなか味わえないぶっかけうどん(450円)やしょうゆうどん(430円)などが味わえます。ここの店の特徴は麺にあると思われます。麺につやがあり、弾力・コシがあり、はっきりいって美味いです。讃岐で食べた店でいうと上原屋に似ている麺です。個人的な好みでいうと麺がごつごつしているとパーフェクトです。福岡で讃岐うどんが食べたいといわれる方には真っ先にこの店をお薦めします。
(03-02-15)

こがね製麺所



中央区六本松3−9−7
092−714−0346
P なし

本場讃岐うどん屋の支店が六本松に昨年オープンしています。この店はセルフ形式で注文し、料金を支払い、番号札をもらって番号を呼ばれたら自分で取りに行くスタイルである。実際に香川に讃岐うどんを食べに行った事があるがこのようなセルフ形式の店には出会わなかった。本店もこの形式なのかは?である。今回は夕方に行って釜玉とミニカレー丼のセットを注文した。値段は590円と格安。かなりのボリュームである。カレー丼はうどんのダシが効いていると思われスパイシーさなどないが美味い。これだけ食べに来てもいいかも?って思うくらいでした。釜玉は出てきたそのままを食べるとインパクトに欠ける味わいでした。それにダシ醤油をかけると見ちがえるように美味くなる。麺は讃岐うどん独特なコシがあり弾力がある。自分は、混ぜ方が足りなかったのか卵の量が多くなって最後は卵スープになってしまったので注意してください。うどんは290円からあり、子供連れでも問題ないと思います。但し、駐車場はないので近くの100円パーキングに止めてください。
(08−03−14)
うどん杵むら(きむら)(閉店)

中央区警固1−5−29
092−732−3029
11:30〜15:30
17:30〜21:00
定休日 月、第4火曜
Pなし


夜は純米酒や焼酎を飲み締めに美味しいうどんが食べれる店。(自分はお酒が飲めないのであまり関係ありませんが)
まず、ざるうどん(550円)を食べました。麺はほどよくコシがあり歯ごたえ、あと味も最高でした。あまりに美味しいかったためかけうどん(450円)も注文してしまいました。かけうどんになるともう少しコシが欲しい。全体的に値段は高い。
(02−06月ごろ)

五徹(閉店)


中央区伊崎10−39
(中央市民プール前
バス停そば)
092−711−8865
11:30〜15:00
17:00〜21:00
定休日 月曜日
P なし

”やっぱり麺が好き”のへのさん一押しの店。一度行ってみたかったのですが場所が場所なだけになかなか行くことができなかった一軒。今日は大ざる680円を注文した。注文してすぐ出てきた大ざるは見ただけでつやがあり美味しいと分かるものでした(まずは安心)。食べてみた感想は麺がよく冷えていてしこしこして美味しい。食べやすい、値段も安い。食べて1時間経っても美味さが残っている。男性には大ざるでも少し足りないだろう。かえざる300円を注文しておなかいっぱいといったところか。カウンター席10席ほど、テーブル4人席2つ。店に活気があるわけでないがおばちゃんと話しをしていてすごく応援したくなった店。子供連れも可能。(02-08-06)
今日は親子丼とミニおろしそばセット(700円)を注文した。親子丼はやや甘いが美味しい。ミニおろしそばはざるそば同様歯ごたえがあり美味しい。美味しいので、ざるそばを注文しそうになった。ここのそば大好きだ。
(02-09-28)
画像追加(大ざる)(03-01-11)

麺工房なか


中央区大名2−11−10
092−714−0210
11:00〜15:00
定休日 日祝日
席 カウンター15席ほど

博多風?ぶっかけうどんが美味しい店。この店の麺は柔らかく細いのにコシ(伸び)が有るのが特徴です。ぶっかけうどん(500円)とかけうどん(300円)を食べたのですが、断然ぶっかけうどんが美味しかったです。かけうどんにすると麺が細い分物足りなさを感じてしまいます。この麺をぶっかけにすると麺に伸びるようなコシが出て美味しく変身します。本当に不思議なものです。ただ、讃岐のぶっかけうどんとは見た目からちょっと違うような気がします。博多風ぶっかけうどんとでも呼びましょう。店内は15席ほどのカウンターのみで昼のみの営業です。夜に営業が無い為なかなか行くことが出来ない店です。
(03-05-28)
博多さぬきうどん(渡辺通り店)


中央区渡辺通5−13−3
092−713−7972


安くて美味しい讃岐うどんを食べさせてくれる店。
ごぼう天うどんなどが300円で食べれます。福岡では格安です。スープはやや濃いが自分好み。麺はコシがあるというよりやや固いといった感じではあるがこれまた自分好みで美味しい。ごぼう天もまずまず。この値段でこれだけの味なのでお薦めの店です。今まで何度か来たのですが、18:00に閉店するため食べれませんでした。もう少し遅くまでやってください。そうでないとなかなか食べに来れません。
(03-03-19)

数度食べに来ましたが食べるたびに麺の固さが違います。味も毎々変わっています。
(03−11月)

大濠そば喜志屋閉店


中央区大濠2−12−13
092−711−1388
11:30〜15:30
17:30〜20:00
定休日 第3水曜日
P あり

美味しくて量が多いそばが食べたいならこの店。美味しいそば屋は全体的に量が少ないことが多い。しかしこの店はかなり多い。もちろん味も良し。大ざる(800円)を注文したが出てきたものはなんとなく量が多くて美味しくない店を想像させるものだった。が、食べてみると評判通り美味い。量も普通の店よりかなり多い。材料にもかなりこだわりがあるようだ。店内はテーブル4人席2、2人席1、座敷4人席2あり子供連れも可能だ。結構有名人も来ているようだ。
(02-10-26)
最近蕎麦を打っていてここでそば粉を売っているのを思いだしついでに食べに来た。前回と同様に大ザル(800円)を食べたが前回以上に美味く感じる。最近自分が作るまずいそばばかり食べているのでなおさらそう感じるのだろう。帰りにそば粉300g(750円)を買って帰りました。これで美味しいそばが打てるぞ?
(03-07-12)

自分が自宅で打っているそば粉はこの店で買っています。
両国(そば)

中央区渡辺通5−24−37
2F
11:30〜15:00
17:00〜OS21:00
092−713−6821
定休日 水曜日

そば好きに人気の名店。場所が非常にわかりづらい所にあり、10人ほど入るといっぱいになる狭い店です。大ざる(900円)を注文しました。出てきたものは特に普通のもの。食べてみると適度な歯ごたえがあり非常に品がいい。悪くいえばインパクトがない。最後まで空きがこない上品な味でした。(02-10-22)
04−06−26に中央区へ移転しました。移転後はまだ行っていません。
(04-07-01)

武(たける)


中央区渡辺通2−3−33
092−711−0006
11:30〜15:00
(火曜〜土曜のみ)
18:00〜翌1:00
定休日 日曜日
(日月連休の場合は月曜)

沖縄料理を食べたいならこの店。中でも人気なのがソーキそば(600円(夜700円))。麺はもちろん平麺でつるつるとした麺でなかなか美味い。スープは本場沖縄と比べればかなり濃いスープである。沖縄に二度行って数件ソーキそばを食べたがこんなに濃いスープが出たことが無い。もしかしたら福岡の人に合わせているのかも。豚のスペアリブは大ぶりでとろっとしていてかなり美味かった。ごはん(150円)も食べたがこれまた美味かった。店内には島のお酒がずらっとならんでいました。1度もソーキそばを食べたことがない人はぜひ食べてください。店内はカウンターのみ8席ほどです。
(03-04-03)

因幡うどん 渡辺通店

中央区渡辺通2−3−1
092−711−0708
10:00〜21:00
定休日 なし Pなし

冷やしうどん(500円)を食べさせてくれる店。チェーン店全ての店で食べれます。注文は冷やしうどんとかしわにぎり(200円)。冷やしうどんは多くの氷が入った水の中にうどんが入っていて、それとは別に冷たいつゆがあり、そのつゆの中にうどんをつけて食べるものでした。うーん、面白い。この季節(8月)には、また食べたくなるメニューだ。残念なのがここのうどん超やわらかい。こしのあるうどんだったら尚美味しかっただろう。かしわにぎりは美味しかったです。店はテーブル席のみだが子供連れも可能だろう。(コージ)
因幡うどん(僕が食べたのは博多駅地下なので他の支店で同じことをやっているかわかりませんが)に冷やしかけうどんというのがあります。名前からもある程度想像できるのですが、要はうどんつゆ(ざるうどんのような濃いつゆじゃなくて透明のスープです)を冷やしたものに冷たいうどんをつけて食べるという趣向で、なかなか楽しかったですよ。(だいすけさんの紹介)(02-08-21)
(面白い麺としての評価)

博多さぬきうどん

中央区大名1−12−3
092−714−0994
10:30〜19:30
定休日 日曜日 Pなし

イカ素麺といわれている通りコシが強いうどんです。店はカウンターのみで昼は満席でカウンターを囲むように人の列が出来ます。子供連れは無理です。実際に讃岐でうどんを食べたこともありますが、讃岐のうどんよりコシがあると思います。硬いと思う方もいるでしょう。(02−06月ごろ)
手打ちうどん 赤坂(閉店)

中央区大名2−4−30
西鉄赤坂ビルB1
(地下鉄赤坂駅大名
 側階段途中のB1)
092−741−6855
11:30〜21:00
定休日 日曜日 Pなし

手打ちの極太麺の店。この店のお薦めはぶっかけうどん(冷)(380円)です。おろし大根とすりおろしショウガ、天かすをうどんの上にのせて食べる。麺はコシがあり歯ごたえがある。結構美味しい。いなり3個(150円)またはおにぎり(150円)をつけても530円と安い。場所も赤坂駅のところなので便利がいい。(価格を含めてこの評価)
今日はぶっかけうどんを食べずに冷やし山かけうどん(550円)を食べた。うーん、美味い?。非常にこしがあり、無茶無茶極太だ。あごが疲れるほどだ(笑)。博多風がいい人には絶対薦めない。
(価格を含めた評価)
(02-08-26)

七代佐藤養助稲庭うどん


中央区天神1−4−1
博多大丸東館B2
092−737−1740

稲庭うどんを食べさせてくれる店。場所は博多大丸東館B2ととてもいいです。せいろ(ざるうどんの冷)(600円)を食べてみたがこのうどんかなり細いほとんどソーメンと言った方がいいと思う。細いながらコシが強くつるつると滑らかな舌触りで喉越しもいいです。これはうどんと思って食べるよりコシの強いソーメンと思った食べた方がいいと思います。カウンター席中心の店です。
(03-06-02)
早良区
稲穂




早良区野芥3−24−3

11:00〜15:00
土曜祝日11:00〜15:00
18:00〜21:00
定休日 月曜日

P 7台有り

子供達と3人で来て見ました。注文は稲穂カレーつけめん(700円)、軽穂うどんのひや(和風カルボナーラ)(600円)、稲穂しょうゆうどん(ひや)(480円)、かしわごはん(150円)、ミニ牛スジ丼(280円×2)。カレーつけ麺は、ややトロミのあるカレーのつけだれと釜揚げうどんが出てきてつけだれにうどんをつけて食べます。うどんは弾力がありおいしいしカレーのつけだれとの相性もいい。食べ終わった後に別でj注文したかしわご飯(白ご飯に近い)をカレーのつけだれに入れて食べるとこれが美味い。軽穂うどんは、かまたまに近いもので卵をつぶしたらかまたまになります。子供達も満足して帰りました。
(07−12−09)
本場の讃岐うどんのこしを味わいたいならこの店をお薦めします。讃岐うどんについてお品書きにも詳細に判り易く説明が書いてあり、讃岐うどんの「ひやひや」などの意味がわかるでしょう。しょうゆうどん(並)(480円)とあつかけ(あつあつ)(小)(350円)を食べてみました。しょうゆは強引なまでの弾力が味わえあつかけはほどよい弾力と歯ごたえが味わえます。あつかけのだしはかなり濃厚でこれ自体でも美味しいです。本場の有名店に比べると若干ものたりなさはありますが、福岡でこれだけのものを食べさせてもらえて嬉しかったです。問題は値段が高いことです。

(コージ)
(05−02−26)

本場讃岐で修行してきたという大将が手打ちにこだわっています。自分は四国で讃岐うどんを初めて食べた時に感動しました。「これが"コシ"というものなんだ」と。今まで食べた讃岐うどんを謳ううどんはただ麺が固いだけで嫌いだったんです。でも本場で食べて考えが変わりました。稲穂はその時の感動そのままに本場のうどんを味わえました。少々本場に比べれば値段が高いのがたまに傷ですが(^^;)是非一度行ってみてください。おすすめは醤油うどんです
(メールで紹介して頂いた店)
(05−01−27)

もみじうどん


早良区西新5−6−2
092−831−8702
11:30〜24:00
定休日 夜の居酒屋は月曜日

個性的なうどんを食べたいならこの店をお薦めします。まずメニューをみると讃岐うどんっぽいのですが、この店博多うどんみたいですね。今回注文したのは、かま玉カレーうどん(640円)。出てきたものは殆どうどんが見えないほどキーマカレーがかかっていてその上に大量なねぎと鰹節、卵がのっていて豪快。麺はとぅるとぅる麺という胚芽入りの自家製麺を使っていて独特な食感で食べたことないような感覚です。カレー自体はそんなに辛くないですが、辛さ調節の香辛料を持ってきてもらえるのでそれで調整してください。食べている途中で別皿の天かすをかけて食べるとまた別の食感になり美味しくいただけます。メニューがいろいろあるので次回は別のうどんを食べたくなる店です。夜は一杯飲み屋で営業するようですがうどんのみでもOKだそうです。
(08−09−13)(コージ)
最近西新にできた「もみじうどん」というお店ですが。 すごく個性的なうどんを出しています。 ぶっかけとか冷たいうどんも美味しいのですが、釜玉うどんとキーマカレーうどんは、うどんのうどんのカテゴリーを越えた驚きがありました。 麺には小麦の胚芽の粒々が混ざっていて、 食感はつるつるもちもち。 いま完全にハマっていて、 週に何食も食べています。

(メールで紹介して頂いた店)
蕎麦切 倭人

早良区西新1−7−10
(オレンジ通り)
092−833−6065
11:30〜21:00
定休日 月曜日 Pなし


お酒を飲みながらそばを食べたいならこの店。お酒と肴が豊富です。そばはいろいろなところから旬なものを仕入れるため仕入れ先をいろいろ変えれいるようです。席はカウンター席と座敷にテーブル席が4つありました。まだオープンしてから1年ほどなので店内はとてもきれいです。女性も抵抗無く使えると思います。注文はせいろ(ざる)(700円)にしました。出てきたそばは薄い色で自分好み。麺がかなり極細でした。食べてもなかなか美味い。師匠の影響で全体的に関東風に仕上げられているそうです。値段はやや高いような気もしますが居心地のいい店です。(03-04-12)

みっちゃん(閉店)

早良区百道1−4−15
地下1F
092−843−9813
P なし

早良区役所の道を挟んだ前の地下にあるうどん屋。すぐ家の近くでありながらなんとなく入りづらい雰囲気があり今まで敬遠してきました。中に入ってみると店内はかなり広くテーブル席、座敷があり家族連れ、子供連れでも使える作りになっている。注文はごぼう天うどん(500円)にした。ごぼう天は少ないが美味い。うどん自体も口当たりがよく程よい弾力で美味い。スープはあっさりスープ。問題は500円と少し高いことだ。少し入りづらいところはあるが一度行ってみると常連になるかも。
(02-12-08)

うどん吉

早良区高取2−18−16
092−844−0779
11:00〜20:00
定休日 日曜日
P なし

全く無名だが美味しい店。自宅の近所で行きそびれていた。注文はうどんとミニ親子丼のセット(650円)をした。ミニ親子丼をまず食べたが十分美味しい。これはうどんも期待できる。うどんを食べたが自分の好きな讃岐うどんではないがややこしがあり、これが美味い。スープは透明で凄くあっさりしている。他のメニューを見てもざるそばで430円、ごぼううどんで400円と結構安い。席はカウンター席と2人席のテーブル席がある。子供連れはNG。(02-09-21)
多め勢本店


早良区室見1−5−9
(地下鉄室見駅上)
092−846−3001
11:30〜OS20:30
定休日 第1,3月曜日
Pあり

福岡市ではそば職人を多く輩出した名店。それで多め勢で修行したという店が多い。そばの実の皮や甘皮を取り除いたそば粉で打つ麺は、のどごしがよく美味しい。この店のお薦めは、おろしそばです。また、そば作りの教室もやっているようです。(02−06月ごろ)
久しぶりに食べにきました。メニューを見ると以前と変わらず高いざるそばを注文した(840円)。相変わらず美味い。最後に出てくる蕎麦湯まで美味い。しかし、やっぱり高い。値段設定からして高級そば屋って感じなのに接客が全くなっていない。そば教室などもやっているし、お弟子さんの店も非常に多く繁盛しているが肝心の本店がなっちゃいない。非常に残念である。
(05-03-29)
大助うどん



早良区藤崎1−1−4
(地下鉄藤崎駅近く)
092−821−0830
11:00〜15:00
17:00〜OS21:30
定休日 不定 Pなし


とてもコシがあって美味しいうどんです。
自分が注文するのはきつねうどん(530円)です。この店で人気があるメニューはどんちゃん780円です。内容はうどん麺にチャンポンみたいに野菜をたくさんいれているうどんですが自分はまだ食べてません。
大ザルうどん750円を食べました。これもうどんにコシがあるので美味しいです。それにしてもここの大将はいつも忙しそうにしてますね。繁盛しているので人を雇ったらいいのにと思うのは自分だけでしょうか。
(02-08-01)
一番人気のどんちゃん(ミニ)(700円)を食べてみました。まず驚くのがミニでもかなり量が多いこと。とにかくうどんの上に乗っている野菜の量が凄くて麺など見えない。全体のイメージはチャンポンの具がうどんにかかっていると思っていい。具はキャベツ・もやし・あさり・イカなどかなり多い。麺はうどんでかなりコシがあり美味い。スープはうどんのスープがベースになっているようだが上にのった野菜の味がまざっていてなんとも言いがたい味になっている。健康にはいいかもしれないが個人的にはあまり好きではない。ここのうどんは福岡市内でもトップクラスの味なので普通のうどんを食べることを推薦する。
(03-03-13)
ごぼう天うどんを食べました。これで580円は高いと思うが美味いんだな−。やや細い麺で伸びるようなコシがあります。今日は店主以外に店員がいました。やっと雇うようになったのかな。
(03-05-15)(その他多数)
草八(そば)


早良区西新5−15−28
092−843−8711
11:30〜22:00
定休日 なし  P 2台

2003年11月30日にオープンした。小ジャレタそば屋です。ざるそばで700円・大ざるで900円か。どうしようと思いながら大ざるを注文しました。出てきた麺は極細麺で色の薄いもの。食べると喉越しがよく美味い。しかし、極細麺であるため少し物足りないものがある。と言いながらも十分満足でした。つゆは万人受けするようなものでした。メニューを見るとお酒も充実しているし、2階もあるので夜は宴会ができるでしょう。この店商店街から少し奥まったところにあり、イマイチ場所が悪い。この店の前はうどん屋であったがお客さんは少なかった。頑張らないとね。
(04-01-28)

博多区
うどん 平(たいら)
(場所不一致))
博多区博多駅前3−7−10
092−431−9703
11:30〜19:00
定休日 日曜、祭日 Pなし



生海老を使ったえびうどんが美味い店。生海老だけを使ったえびうどんは午前中にはなくなってしまうほど人気。今日は海老うどん(420円)とかしわめし160円を注文した。まず、かしわめしは美味かった。次にスープを飲むと絶妙に美味い。次にえびを食べる。えびも評判通り美味い。最後に麺だがこれは博多風だった。麺は平麺で中は芯があり噛み応えがあるがやや柔らかい。これが讃岐風だったら満点だ。それでもうまいうどんです。博多うどんの中ではトップの店です。
(02-08-22)

信州そば むらた

(場所不一致)
博多区冷泉町2−9−1
092−291−0894
11:30〜OS20:00
定休日 日曜日 P なし


美味しいそば屋でいつも名前が出てくるのがこの店。粉は信州の契約農家で作られたもの、醤油は銚子から、だしは昆布等を5種類ブレンドと材料へのこだわりがあります。
まず出てきたそば茶がうまい。お茶にはほとんど興味がないがこのそば茶はうまい。思わず買って帰ろうかと思った。注文はもり(700円)にした。評判通りうまいがここの店は酒とつまみを食べながら最後のしめにそばを食べる店だなと行ってつくずく思った。接待などに使えそうな店だな、いや使っている人がいた。
(02-11-01)

まんまる はなまるうどん


博多区千代1−2−4
パピヨンプラザ
092−631−1587
10:00〜23:00
定休日 なし P 共有630台

讃岐で主流のセルフスタイルを展開している店が福岡にオープンしました。東京渋谷などでも行列が出来ていて今評判の店です。かけうどん(小)が100円からと格安なのも評判なのでしょう。麺は毎日香川から届けられているようでダシはカツオやサバなどを混ぜた薄味となっています。
今日、注文したのはかけの小(100円)とぶっかけうどん小(280円)といなり1皿(180円)です。かけには薬味もカツオ節、てんかす、ゴマ、しょうが入れ放題だったので少し入れて食べました。味的には麺は結構うまいんだけどスープに旨みを感じることができずものたりなかったです。セルフスタイルとなっていますが自分達がすることはほとんどなく店員がほとんどやってくれます。うちの場合なんかお金がないとき大人2人と子供2人で1000円かからないようにできる店です。この値段でこの味だったら良しとするべきでしょう。ただ、麺好きの方が美味しい讃岐うどんを求めてこの店に来たらがっかりするでしょう。
(値段を考慮した評価)
(02-12-28)

東区
宗右エ門(そば)


東区箱崎2−24−15
092−651−0693
11:30〜15:00
定休日 火曜日、
第3水曜日 P 有り



今までに食べたそばの中で一番美味しいそば屋。のどごし・口当たりがすごくいいのですぐに食べ終わってしまが本当に美味しい。ここの店は量がとても少なく、2人前は食べる必要がある。店へのアプローチに飛び石を配したり店内も和風でモダンな造りとなっていて接待にも使えそうです。地下鉄箱崎宮駅から徒歩5分ほど。子供同伴でも入れると思います。1人2000円ぐらいかかると思います。
今年最後のそば屋は、やはりここ。自分が一番美味しいと思う店です。出てきたせいろう(ざるそば)は量が少ないのに800円もする。でも客がいつもお客さんが多いのはここのそばに魅せられた人が多いからだろう。今日は少し水っぽく感じたがそれでもなんともいえない喉越しがよく美味い。学生なんかには向かない店だ。客層も年配の方や会社のおえらいさんみたいな方が相変わらず多い。
(02-12-28)

地蔵

東区土井1−2−6
092−691−4823
11:00〜15:00
17:30〜21:00
P 有り

東区で美味しいそばを食べさせてくれると評判の店です。その中でも評判が良かった、そば膳(1280円)を注文してみました。これは、そばが4種類御膳に入って出てくるもので天ぷらは揚げたてを出すために注文が入ってから作り始めます。もちろん時間がかかります。実際てんぷらはカリッと揚がっていました。そばも評判通り美味しく頂きました。デザートがついてそば湯も出てきますが、1280円は高いと思います。ざるそばが500円台だったと思うのでそちらのほうがお得だと思います。(08−06−01)
能古うどん

東区東浜1丁目1−1−2F
(ゆめタウン博多店内)
092−632−3135

ゆめタウン博多店内2Fにある能古うどんの店。おろしぶっかけ(550円)とやまかけを食べました。(画像はやまかけです。)おろしぶっかけはつやがある細麺で弾力がある柔らかい麺でかなり美味いです。量はものたりませんでした。やまかけになっても麺に主張があり麺の弾力も十分あり美味しかったです。この店も含めて食堂街はセルフスタイルとなっています。家族連れにお薦めです。(03-05-31)
城南区
大助うどん別府店


城南区別府2−9−24
092ー844−6667
11:30〜15:30
18:00〜21:30
定休日 金曜日
近くに100円Pあり

藤崎の人気店大助うどんの別府店です。存在は知っていたのですが、未食の店でした。近くの100円パーキングに車を止め行ってきました。注文はこぼう天うどんの大盛り(520円+100円)。それプラスこの店のホームページでサービス券を印刷してかしわおにぎりをサービスで頂きました。出てきたものは藤崎店のごぼう店うどんと違ってごぼうが細いような気がしました。揚げ方は同じように思います。麺はやや細めで伸びるような弾力があり非常に美味しいです。これは藤崎店と同じです。大助うどんは福岡市内では1、2を争う自分好みの店です。店内はカウンター席以外にテーブル席が4つほどあります。
(04-07-31)
西区
生粉蕎麦 玄

西区周船寺1−13−10
11:00〜23:00
定休日 年中無休
092−807−1181
P 多数あり


安くて美味い蕎麦を食べるならこの店しかありません。長浜店に続いて2号店として周船寺にできました。値段は、冷たい蕎麦ではざるそばで290円。大盛りはプラス100円。暖かい蕎麦で290円。トッピングは各種100円からです。この値段なのに味はその辺のそば屋とひけをとりません。美味いです。セルフながら蕎麦湯も飲むことができます。店の外見からは安い店とわからないので知らずに入ってきた人はメニューの値段をみてびっくり。食べてびっくりって感じになるでしょう。この店が店舗を増やしてくれると個人的に非常に助かります。(09−10−12)
大地のうどん


西区上山門2−1−18
11:00〜16:00
17:00〜20:00
定休日 水曜日
P 有り

2005年8月に出来た津田屋流豊前裏打会一族の新店。出来たばかりだというのにTVなどにも出ていて既に人気の店である。うちの嫁さんもTVで見ていたようで早速行ってみることにした。津田屋流豊前裏打会はTVで以前見たことはあるが食べるのは今回が初めてでとても楽しみであった。注文はごぼう天(450円)にミニ丼のカツ丼(280円)のセット。注文後にゆで始めるようで出てくるまでに15分ほどかかった。子供達はとても暇そうだった。出てきたごぼう天はうどんの器より大きい超特大。これで450円でいいのーって感じです。ごぼう天はかりかりで美味しく食べるのに一苦労。スープはやさしい感じ(昆布?)でインパクトにかけるが麺が凄い。細麺で伸びのある麺で歯ざわりが非常に良い。初めて食べる食感でかなり美味い。ミニ丼は280円と思えないぐらいボリュームがありかなりお徳です(味は普通)。家の近所だったら間違いなく通う店です。
(05-09-18)

まことうどん

西区姪浜駅南3−1
(高山質屋横)
11:00〜15:00
17:30〜21:30
P 3台

姪浜駅前にあるとても評判の良いうどん屋です。店内はけっこう広くテーブル席やカウンター席、座敷もあり家族連れもOKの店である。但し、店の前に3台しか駐車場が無く、いつも満車状態である。今日注文したのは、きつねうどん(460円)とかしわおにぎり(180円)。かしわおにぎりは注文してすぐ出てくるのでお腹が空いている時にお薦めします。味もなかなか美味いです。注文してから10分ほどかかって出て来たうどんはやや細麺で伸びのある麺で麺に弾力がある。麺自体は柔らかいのですが、この食感が実にいい。スープも飲みやすく美味い。値段は若干高いがそれだけ価値のあるうどんです。ピーク時間帯を避けていくことをお薦めします。(06−06−02)
石臼挽き蕎麦 かず馬


西区今宿駅前1−1−1

092−806−0278
11:30〜14:30
17:30〜22:00
(土曜12:00〜20:00)
(日祝日12:00〜16:00)
定休日 なし
席 22席  Pあり

(閉店中)

粗挽き蕎麦を食べさせてもらえる店です。
実はこの店オープン日(6月6日)に行きそのとき石臼を挽いているのを見て蕎麦を打ちたくなりました。それ以来そばを打っています。今日行った時オープン時に自分がきたことを覚えてくれていて、それからそば打ちのことまでいろいろと教わりました。とても親切に教えて頂き感謝致します。さて、今日は蕎麦比べ(1500円)。内容はニ八蕎麦と十割蕎麦と粗挽き蕎麦です。まず、出てきたニ八蕎麦はシャキシャキとした歯ごたえで喉越しスッキリとしていてとても美味しかったです。最近自分が打った蕎麦ばかり食べているのでなおさらそう感じたのかもしれません。十割そばは、見た目はニ八そばと変わりませんが蕎麦の風味が増しています。その分シャキシャキ感は薄らぎます。最後に粗挽き蕎麦。これは以前食べた蕎麦ですがかなり味が変わっていました。風味が増し、相変わらずの歯ごたえで味も美味しくなっていました。この蕎麦に関しては説明が難しいです。他店では味わうことが出来ないそばと言っておきます。そばつゆもかなり変わっていました。オープン時はかなり辛いつゆでしたがやや辛い程度のつゆになっていました。蕎麦湯もかなりとろとろなものからややとろとろなものに変身していました。どれも万人受けするように美味しく変わっていました。ほんと半年でこんなに変わるものなんですね。ちなみに味覚オンチな自分がこの店で一番美味しいと思うそばは二八蕎麦です。そば粉もここで打っていただけるようなのでまたお邪魔します。(04-01-13)
(04−01−31で一旦閉店)
福岡市外
錦(うどん)


宮崎県宮崎郡清武町
今泉丙5−15
11:00〜14:30
18:00〜麺切れまで
定休日 月曜日
P 有り


美味い・安い・量が多いと3拍子そろった店です。家族4人(うち子供2人)でごぼう天うどん(500円)・かきあげ天ぷらうどん(500円)・丼もの2つを注文しました。うちの子達はうどんやラーメンは1人分食べるのですが、ここは量が多い。やばいと思いました。まず、この店一押しのごぼう天うどんですがごぼう天がデカイ。それが2つ乗っていた。しかも美味い。良い感じに揚がっていて今まで食べたことあるごもう天では一番美味しかったです。うどんの麺は手打ちでしっかりコシのあるものでこれまた美味しかったです。うどんの麺の量は普通の店だったら大盛りぐらいあります。かきあげ天ぷらうどんの天ぷらも美味しかったですが少し油っぽさも感じました。この店、うちの家族だったら3人前注文すれば十分でした。そのため、非常に申し訳なかったですが残して帰りました。宮崎に行かれる際にはお薦めする店です。
(04-02-29)
うどん屋井戸

福岡県うきは市吉井町927
0943−75−3155
12:00〜16:00
定休日 火曜日
P あり

長尾製麺という手延べ素麺の店が手がけたうどん屋です。このうどん屋が非常に評判よく美味しいということで1時間半ほどかけて行って来ました。メニューは4種類しかなく、そのうちかけうどん(300円)とぶっかけうどん(400円)を注文しました。注文後、メニューを見るとかやくご飯(200円)があったので追加しました。まずこのかやくご飯が出てきて美味しかったのでうどんに対する期待が膨らんでいきました。次に出てきた「かけうどん」は麺が太く噛むとぶにゅっとしているが、弾むような弾力はありませんでした。自分の好みとは違い少しがっくり。注文してから出てくるまで15分ほど時間がかかる「ぶっかけ」が食べ終えたぐらいに出てきました。これは、先ほど食べたかけの麺と違って少し細く、噛むと弾むような弾力がありかなり美味しかったです。この店場所についてもうどん屋をやっているような表示が殆ど無く初めて行った方にはわかりずらいと思います。
(05-06-03)
そが泉

太宰府市只越
092−921−8352
10:00〜22:00
定休日 水曜日 Pあり


福岡市近郊では評判のいい讃岐うどんの店です。本場讃岐さながらのうどんを食べさせてもらえます。うどん田と並んでお薦めできる讃岐うどんの店です。今回は家族を連れて行ったため4種類食べることができました。左図の釜玉うどん(390円)・釜揚げうどん(450円)・ぶっかけうどん(490円)・生醤油うどん(390円)です。この中で一押しは釜玉うどんです。簡単にいったらカルボナーラです。生卵が2つ入っていて茹であがった麺にやくみとしょうゆをかけて食べます。生卵はぐちゃぐちゃに混ぜて食べます。茹であがりの麺に玉子の甘味が絡んでうまいです。こちらの麺はぶにゅっとしたコシがあり結構太いです。決して固い麺では有りません。個人的好みとしてはもう少し細いほうが好みです。店内は座敷・カウンター・テーブル席と全てあり50人以上入ります。あらゆる方にお薦めできる店です。
(03-06-22)


讃岐 みのり

福岡県糟屋郡粕屋町
大字酒殿
ダイヤモンドシティー・ルクル
店内1F
092−939−7037

年中無休
P 多数あり

「讃岐の夢2000」が食べたいならこの店で食べられます。「讃岐の夢2000」とは香川県産小麦100%です。現在は国産の小麦粉を使用している店は香川県でも少ないようでとても貴重な小麦粉です。この小麦粉を使用しているっていうことで行って見ました。注文はきつねうどん(600円)と鶏五目おこわセット(870円)。セットのうどんは、南高梅ぶっかけ(冷)うどんにしました。うどんの大盛りは無料なので大盛りにしました。きつねうどんのあげは超特大でしてスープは薄味でした。麺は角が立っていて弾力があり、まずまず美味しかったです。ただ、この小麦粉を使用すると香りがいいと聞いていたのですが香りの良さを感じることは出来ませんでした。ぶっかけうどんはさらに弾力がありましたが、硬いとも思いました。それから全体的に値段が高いです。いい小麦粉を使っているとしてもきつねうどんが600円は高すぎです。
(05−02−06)

三升庵


直方市下境2577−1
0949−28−3088
10:30〜21:30
定休日 火曜日
(火曜日が祭日の場合は
 営業し翌日が休み)
P あり

直方市では一番人気の店。直方市の「四国うどん」が閉店になってからはこちらの店が一番人気となっています。10年前はメニューで梅干うどんが一番人気でしたが、今の一番人気はごぼう天うどん(500円)です。やはり一番人気のごぼう天うどんを注文しました。評判のごぼう天はデカイ。自分が知っているうどん屋の中では一番デカイ。かりかりしていて味もいい。一番人気になるのには納得。ここの麺は手打ちではあるが自分の苦手な典型的博多風うどん。でも弾力がありうまい。直方に言ったときには食べに行ってください。
(03-01-06)

瓦そば たかせ
門司港レトロ店



北九州市門司区港町4−1
海峡プラザ東館2F
093−322−3001
11:00〜22:00
定休日 なし

瓦そばたかせの門司港レトロ店です。本当は川棚まで行って雰囲気を味わってほしいのですが、それが難しく北九州まで行くことがあるかたにお薦めします。店は門司港の海峡プラザの2Fにあり門司港を観光した後などに行くと良いでしょう。店内はテーブル席や座敷がありファミリーや子供連れなどに最適だと思います。やはり瓦そば(1050円)がお薦めですが、苦手な方は鰻めしなどを注文してください。瓦そばの味は茶そばを瓦の上で焼いたものである程度想像はつくと思いますが自分は焦げたところが好きです。食べる時結構こぼれたりするので洋服が汚れないように気をつけてください。瓦そばは名物なので一度は味わってみてください。(04-05-09)
瓦そば たかせ
(本館、新館、別館)
(場所不一致)
山口県豊浦郡豊浦町川棚
5437
0837−72−2680
11:00〜21:00
定休日 木曜日

元祖瓦そばの店。昔はよく行きました。西長戸リゾートホテル(プライベートビーチがとてもきれいなところ)までドライブに行く途中か帰りによっていました。
お薦めのメニューはもちろん瓦そば1000円。熱した瓦の上に茶そばを乗せて出てきます。そばのこげたところが個人的に好きです。具がころころこぼれますが気にしなくていいです。みんなこぼしてます。山口に行かれるときはよって見てください。(02−05月ごろ)




京都郡勝山町松田1215

11:00〜21:00
定休日 無し
P 50台以上

自分が昔から行っている家族連れに超人気の店です。18年前ほどからたびたび通わせてもらっている店でいつも満員の店です。この店兎に角規模がデカイです。駐車場も50台ほど止めれて100人以上入る座敷中心の店内となっています。客層は家族連れ中心で子供も多くいます。カウンター席も8席ほどありその目の前でうどんを打っているところが見れるようになっています。メニューはうどん中心ですが、定食やどんぶりなどもあります。今回はきつねうどん(530円)を注文、麺は讃岐うどんと博多うどんの中間ぐらいです。家族連れにはお薦めしますがうどん好きの方がわざわざ行くほどではありません。
(04-04-10)

ぶっかけ亭

福岡県豊前市
(道の駅しんとみのななめ前)
8:00〜17:30
定休日 水曜日 Pあり

10号線バイパスの道の駅しんとみのななめ前に出来たセルフスタイルのうどん屋です。セルフとうたっていますが水をくむのと食後に配膳を返すぐらいがセルフです。従業員はきびきびしています。行った時ちょうど朝の声だし?を行なっていました。注文はぶっかけの冷(350円)と卵と山芋をトッピングしました。全部で580円しました。麺はややコシがあり量がかなり多いです。福岡市の讃岐うどん屋にありがちな硬いという感覚はありませんでした。かけは食べてないのでどんな感じかわかりません。ぶっかけはお薦めします。かけ250円、ざる400円です。
(03-05-19)
まるよし


福岡県豊前市皆毛
(10号線バイパスグッデイ横)
定休日 火曜日 Pあり

10号線バイパスのグッデイ横(10号線からは30mほど入ったところに出来たセルフスタイルのうどん屋です。2003年3月ごろに出来たばかりなのに昼はかなりの人気だそうです。かけ(180円)・ぶっかけ(300円)・ざるうどん(300円)・鉄火丼セット(ミニうどん付き)(500円)を注文しました。ぶっかけ・ざるうどん共にほどよいコシがありました。子供たちは美味しいと喜んで食べていました。かけはコシがやや弱い気がしました。スープはやや濃いかったです。量は全体的に少ないですが安いですね。店は控えめな店主と女性(母親?)でやっていました。駐車場がかなり広いのも嬉しいですね。
(03-05-19)
お薦めのうどん・そば
トップへ
個人的評価の基準
うどんはコシのある讃岐うどんが好きです。コシがあるのと硬いのは違います。ゆるゆるのうどんは嫌いです。
そばは歯ごたえ・喉越し・風味を重視しています。ぬるぬるしたそばは嫌いです。
中央区 城南区
早良区 西区
博多区 南区
東区 福岡市外