板さん趣味の部屋(自作陶芸・招き猫) 

板さんの趣味は、陶芸です。
初めは、お店で使う
お皿を作っておりましたが、次に猫の箸置きになり、
いつの間にか・・・
商売繁盛を祈念いたしまして、招き猫がたくさんになってしまいました。
是非、ご覧くださ〜い!

HPには載っていませんが、この他にもたくさんの猫たちがお店に並んでいます。
新作もぞくぞくと焼き上がってきますので、ご来店の際には、是非ご覧ください!

燕ナ新作
フリーキックを蹴る猫


中村俊輔をイメージして作ったのですが
全然似てません!

サッカー日本代表 がんばれー!!

ジャンボ酒を抱えて寝る猫

このページの下の方にある作品の
大きい版です。
違うところは、しっぽがついていることと
酒が焼酎に変わったところ!
体長は、二倍以上になりました。

相変わらず幸せそうですね!
鴛S万円貯まる猫

頭からお金が入れられるようになっている
貯金箱です。
一万円札なら 百枚入ると思います。
五百円玉だと 二十万円くらいで
いっぱいいっぱいだと思います。


下の写真左は、おねだりをするタキシード猫 右は、幸せ家族猫
おねだり猫は、上を向かせすぎて 正面から見ると顔が見えないという欠点が
焼き上がってから判明!!
家族猫は、満足のいく物に焼き上がりました。


猫箸置きを作ってみよ〜!
1.だいたいの形を作り 手足を伸ばす。 2.顔のパーツ しっぽをつける。 3.第一段階 出来上がり

猫箸置きを作る
(形成)

@
初めにどんな猫のポーズを作りたいか
想像し、だいたいの形を決める。
A次に、手足を伸ばし耳を持ち上げ
表面を指の腹で滑らかにする。
目や鼻・しっぽなどをつける場所に
少量の水をつけ、串でひっかいて
柔らかくしパーツをつける。
B第一段階の形成 出来上がり!
乾燥させて素焼きにします。
(絵付け)

C
素焼きになった物に、好きな猫の模様を
描いていく(写真は呉須でアメショウ風)
Dむらなく塗れたら第二段階の出来上がり 
あとは本焼きです。

自分の作品には、上薬を掛けていませんが
掛けると又違った雰囲気の作品が
出来上がると思います。


*上薬を掛けることにより下絵の色が
変わるものもあります。
形成と絵付けの写真は異なった作品です。
焼いたことによって手と首が伸びたわけでは
ありませんのでご了承ください。
4.模様を描く 5.第二段階 出来上がり



(手前) 何か発見した猫

(左) 無防備な猫 

(右) ボ〜っとしてる猫



板さん猫

大磯にある
和食の板前さんがモデル!


ほろ酔い猫

上の猫の妻

親子猫(三毛)

母、昼寝中!
小猫は、遊びたくて仕方ない!

ちなみに、子猫も雌(残念)

遠くを見つめる猫

初めて四本足で立つ大きめの猫を作りました。
か細い足で、この体の重さ、
よく耐えてくれました。

体長25センチ 高さ15センチ

酒抱えて寝る猫

気は、やさしくて力持ち
しかし、お酒が入ると喧嘩っ早い!
おかげで、しっぽがない

体長10センチ

招き猫達 (一部)

お店の顔になりつつある猫達
実際見ていただければわかるのですが
自分の作る猫達には、ある特徴が
あります。 さて、何でしょう?


これからも、新作をドンドン作って
発表していきたいと思ってますので
御期待下さいませ。


ワールドカップ日本代表猫
 
ジュン・ニャカ〜タ 背番号10

現在一番のお気に入りです。
普段は掛けないうわぐすりを使い、
呉須の青を引き出し、ジャパンブルーを
表現しました。

猫箸置き (一部)

五年間コツコツと増やしていきました。
猫のいろいろな格好や表情を
表現してみました。

飾る場所がないので、お宝として
眠っております。


後ろにいるのは、ジャンボ猫
身長50cm 体重8sの貯金箱


 トップ  昼席  夜メニュー(定番)  夜(お薦め)  お飲み物  お店紹介