癒しを求めているのか。啓蒙を求めているのか。
解答を求めているのか。同意を求めているのか。
それすら私には定かではありませんが、 この場があなたに数秒でも楽しみを提供することを望みます。

あなたの言葉も

- 04/09/22 11:38:32

コメント:
おひさしぶりです。yokoです。
ここのリンクにあるみわさんの日記のところがエラーになってますが、なにかあったのでしょうか。

- 04/07/31 11:55:17

コメント:


- 04/07/31 11:50:58

コメント:
はじめまして、Σといいます。「八の品 『生の豚肉』」を読ませていただきました。そこで、僕の意見を少し。

豚肉には虫がいるから、生で食うなとよく言われます。しかし、そんなことを言ったらどんな肉にだって虫はいるでしょう。では、なぜ豚肉は生で食ってはいけないのか?
ある程度の症状がでる位だったら、昔から、あれよこれよと言われません。
ところが、豚肉には有鉤条虫が存在します。字の通り鉤を持っているので、ひっかかって虫下しを飲んでもでてきません。運が悪ければ、手術しなければなりません。
それと怖いのは、症状が眼球、脊髄、脳等にまで及ぶということでしょうか。死に至ったケースも報告されています。

調理法についてですが、確かに火を通しすぎた肉ほどマズイものはありません。生ハムは旨いです。だけど、生ハムは薄くしてあるので、少ない時間の加熱でいいのです。厚い肉ほど、長い加熱時間が必要なのです。
しかし、どうしても生で食いたいなら食っても現代医学をもってすれば、死ぬことはないでしょう。僕は、生は牛肉をお勧めしますがね。

長々とすいません、では。

- 04/05/02 22:49:31

コメント:
豚の生は食べないほうが良いです
http://www.eiken.city.yokohama.jp/infection_inf/trichinella1.htm


- 04/03/02 11:51:20

コメント:
こんにちわ、ネットサーフィンをしててたまたまみつけました♪千夏といいます♪


吉田さんの書く文章ってとってもおもしろいですね。
深みがあるっていうか、人間の大きさを感じます。
また、ときどき遊びにきますので、 よろしくおねがいします!

あ、私もソフトウェア開発とかやってみたいなぁー
なんてね

- 04/01/21 22:11:32

コメント:
http://www.forth.go.jp/tourist/useful/06_kisei.html
http://takara.ne.jp/oroku/wafuru.html

- 04/01/21 22:10:37

コメント:
http://www.forth.go.jp/tourist/useful/06_kisei.html http://takara.ne.jp/oroku/wafuru.html

- 03/12/06 05:52:57

コメント:
はじめまして大江春泥と申します。

八の品 『生の豚肉』 を拝見させていただいたのですが、豚の寄生虫(人に症状の出るもの)には大きく分けて、3種います。トキソプラズマ、有鉤条虫、旋毛虫です。大学の生物学と、農学で得た知識なので間違いないと思います。牛、鶏などの寄生虫は一定期間冷凍などで死滅させることが可能ですが、豚はそういう処理をしても危険だということです。特に、昔の飼育環境では寄生虫が繁殖しやすかったため、火を通すという習慣が出来上がったと思われます。


- 03/11/12 02:38:57

コメント:

ええと、日記を書いておられるところ、横から失礼します。「(ぱ)」と申します。

「ふぁっきんくっきん」が大変面白かったので、 うちのリンク集からリンクさせていただきました。まずはご報告まで。

それはそうとこの掲示板、タグが有効なようですが、ブラウザクラッシャーとか大丈夫なんでしょうか。



- 03/11/09 22:03:43

コメント:

こんにちは。吉田です。

のんきな日記のつづきです。

レストラン。ここでの「レストラン」という言葉の定義を、 「不特定多数の人々が同一の建物で同時に食事をする場所」とします。

レストランで食事をするときに、気になることがあります。それは、 ひとりの男性とひとりの女性とが同席しているとき、どちらの方が 壁際に座っているのかなということです。

わたしが知っている常識は、すべからく女性が壁際に座るべきだとされています。 でも、これまでわたしが見てきた経験では、必ずしもすべての皆様がこのルールに 従っているわけではないようです。通路側に座って平然としている女性も 多く見かけます。

まず、前提となる常識を理解しましょう。どうして、女性が壁際に座るの?

理由 1: 通路側のほうは人がうろうろと通って落ち着かないでしょ。 敬愛すべき女性を、そんなやかましいところに座らせるなんて、男がすたるわ。

理由 2: 通路側に座っている人は店内のほかのひとに背中を見せるだけだけど、 壁際に座っている人は、店内のほかの方にお顔を見せることになるでしょ。 むさくるしい男のひとの顔より、うつくしくよそおった女のひとを見せるほうが いいじゃない。

理由 3: 通路側に座る人は、誰が店のなかに入ったのか、見ることができないでしょ。 たとえばここで、ナイフを華麗に用いて、時間単位あたりに他の方よりも多くのひとを 殺傷することができる人が店内に入ってきたとしましょう。壁際に座って店内が見渡せる人と、 通路側に座って店内に背を向けている人と、どっちが早く危険に気づいて身の安全を はかることができますか?

わたしが知っている理由は以上のみっつです。ほかにもあるかも知れません。よければ 教えてください。

それにしても、上の理由を見ると、男性に対する女性からの差別が激しいと 申せざるを得ません。 上記の理由が成り立つなら、かよわい男性こそ壁際に座らせるべきなのに。

そう考えると、わたしが日本で食事しているときに見かける光景において、 通路側に座っていらっしゃる女性が多いことは、世の多くの女性が男性の貧弱さに気づいて いただいたのではないかと思わされることが大なりです。

そんな感心をいだいて、わたしはレストランで食事をしています。



- 03/11/04 03:37:41

コメント:

読めねえよ、なんだよ、下の書き込みは。こんなにくっついていると読めないよ。もういちどやりなおし。

こんにちは。吉田です。

わたしは日記を書くことが好きなので、この掲示板を日記として使おうと 思います。あなたはそのことにご不満ですか? 不満ですか。そうですか。 うるせえ、不満だったらほかのページでも見てやがれ。悪いけど、このページは わたしの好きに使わせていただきます。

チェコスロバキアと呼ばれる国の歴史を、あなたはご存知ですか?

わたしは知りません。ほとんど。ぜんぜん。

つぎの質問。

The Beatles っていうイギリスのバンドのことをご存知ですか。 わたしは知りません。そんなには。でも彼らが作った曲をいくつか知っています。 'Yesterday', 'All you need is love', 'Penny lane', 'Something'. けっこう有名な バンドですよ。日本でもそこそこ資料を集めることができます。そういえば、 インドネシアという国に所属するバリ島を訪れたとき、芸術を好むひとたちに音楽会に招待され、 そこで 'Something' をいっしょに歌ったことがあります。おそらくゲルマン民族の ひとたちだと思いますが、イギリス人が作った曲を日本人のわたしといっしょに 歌って何がたのしいのかと不思議に思いつつ、でも楽しいイベントに誘ってもらえた ことに感謝したことを思い出します。

ビートルズ ( The Beatles ) はどちらかというと有名なバンドで、日本でも 彼らのことを知っている人は多いようです。日本人のわたしが一番好きな イギリス人のバンドは Genesis ( ただし Peter Gabriel がヴォーカルを務めていた 1973 年までの時期のことですが ) なのですが、The Beatles は Genesis よりも 多くの日本人に愛されているようです。

つぎの質問。

チェコスロバキアという国と、The Beatles を結ぶものとして、あなたは何を 想像しますか?

正解は、ありません。あなたが想像したものが、あなたにとっての正解です。

わたしにとっての正解は、マルタという名前の女性が "Hey Jude" という曲を 自国 ( チェコ ) の現状に合わせて歌い、結果として 20 年以上も自分の職業、 歌歌いを政府から禁止されたことです。

チェコと The Beatles。

わたしにとって、チェコという国 ( 省略してますけど、正確にはチェコ共和国: 英語では Czech Republic, チェコ共和国の言葉では Ceska Republika というそうです ) から想像される 最初の言葉はカレル・チャペックです。ロボットと山椒魚。人間が、人間以外の存在を前に したときに起こる物語を物語る物語です。

でも、NHK という日本のテレビ局が放映した番組を見て、わたしの記憶でチェコという国を 象徴する記号はチャペックからマルタという女性に代わりました。

マルタ・クビショバ。Marta Kubisova. http://atrey.karlin.mff.cuni.cz/~mj/songs/db/zbytek/HJUDE

'Hey Jude' とはどういう曲でしょう。あなたが日本語を理解できる人なら、 この質問に悩む必要はありません。"Hey Jude" というキーワードを www.google.co.jp に 渡せば、しこたま情報を得ることができます。ねえ Jude, そんなに心配することはないよ。 彼女といっしょにいれたらいいなと思ったことを思い出そうよ。そうすれば今よりましな ことができるよ。

そんな曲です。

わたしは平和な人間です。人を殺したこともないし、死にそうな目に会ったことも ありません。でも世の中には、銃器を眼前にしたひと、うまれて数十日で病におそわれたひと、 自分の好まない制度を強要されたひと、死にたくないのに死ぬことを他者から望まれたひとがいます。

死。

チェコも、ひとびとが死を強要された国だったそうです。数十年前まで。 想像できる時間です。数十年。そんな時代、そんな国で "Hey Jude" は Marta という女性に歌われたそうです。ポピュラーソングとして? そうですね、 もちろん。国歌じゃあないでしょうね。でも、単に楽しみを提供する一方で、 Marta の曲は、死ぬことを強要されたひとびとにとって励ましの曲としても 歌われたそうです。

ねえ、Jude. 彼女と、あるいは彼と、いっしょにいれたらいいなと思ったことを思い出そうよ。

かつて、いっしょにいたいと思ったものへの愛を思い出すこと。それがこの曲が わたしが強いる感想です。

その対象は、ひとりのひとかも知れないし、自分が生まれた国のことかも知れない。 こどものときに手にしていたおもちゃかも知れないし、あなたが一から育てた企業かも知れない。 あなたの孫かも知れないし、あなたの親かも知れない。

なににでもおなじ。

かつて好きだったものが、いまは好きになれずに悩んでいる。好きになれないことに あきらめないで。なにもかもうまくいくことはできない。かつて好きだったことを 思い出して、そのことを助けにして。

そして、もういちど好きになろうとして。

そんな愛情の喚起をわたしは 'Hey Jude' という曲から感じます。Paul McCartney という原作者には あまり興味をおぼえませんが、ひとつの曲が多額の印税 ( お金 ) を生み出すいっぽうで、おなじ曲が 政治のこわれた一国に生まれたひとたちをはげます一助になることにわたしはとても、 おどろきと、「さて、この発見をどう利用してやろうか」との企みとを痛感せずにいられません。

ねえ、Jude. 君は何を得られなくて悩んでいたの? 女の子? 親の愛情? 友達からの賞賛? 充足感?

何を求めているの?

わたしは?

そんなことを考える今日の日付は 2003/11/04 です。



- 03/11/04 03:33:52

コメント:
こんにちは。吉田です。 わたしは日記を書くことが好きなので、この掲示板を日記として使おうと 思います。あなたはそのことにご不満ですか? 不満ですか。そうですか。 うるせえ、不満だったらほかのページでも見てやがれ。悪いけど、このページは わたしの好きに使わせていただきます。 チェコスロバキアと呼ばれる国の歴史を、あなたはご存知ですか? わたしは知りません。ほとんど。ぜんぜん。 つぎの質問。 The Beatles っていうイギリスのバンドのことをご存知ですか。 わたしは知りません。そんなには。でも彼らが作った曲をいくつか知っています。 'Yesterday', 'All you need is love', 'Penny lane', 'Something'. けっこう有名な バンドですよ。日本でもそこそこ資料を集めることができます。そういえば、 インドネシアという国に所属するバリ島を訪れたとき、芸術を好むひとたちに音楽会に招待され、 そこで 'Something' をいっしょに歌ったことがあります。おそらくゲルマン民族の ひとたちだと思いますが、イギリス人が作った曲を日本人のわたしといっしょに 歌って何がたのしいのかと不思議に思いつつ、でも楽しいイベントに誘ってもらえた ことに感謝したことを思い出します。 ビートルズ ( The Beatles ) はどちらかというと有名なバンドで、日本でも 彼らのことを知っている人は多いようです。日本人のわたしが一番好きな イギリス人のバンドは Genesis ( ただし Peter Gabriel がヴォーカルを務めていた 1973 年までの時期のことですが ) なのですが、The Beatles は Genesis よりも 多くの日本人に愛されているようです。 つぎの質問。 チェコスロバキアという国と、The Beatles を結ぶものとして、あなたは何を 想像しますか? 正解は、ありません。あなたが想像したものが、あなたにとっての正解です。 わたしにとっての正解は、マルタという名前の女性が "Hey Jude" という曲を 自国 ( チェコ ) の現状に合わせて歌い、結果として 20 年以上も自分の職業、 歌歌いを政府から禁止されたことです。 チェコと The Beatles。 わたしにとって、チェコという国 ( 省略してますけど、正確にはチェコ共和国: 英語では Czech Republic, チェコ共和国の言葉では Ceska Republika というそうです ) から想像される 最初の言葉はカレル・チャペックです。ロボットと山椒魚。人間が、人間以外の存在を前に したときに起こる物語を物語る物語です。 でも、NHK という日本のテレビ局が放映した番組を見て、わたしの記憶でチェコという国を 象徴する記号はチャペックからマルタという女性に代わりました。 マルタ・クビショバ。Marta Kubisova. http://atrey.karlin.mff.cuni.cz/~mj/songs/db/zbytek/HJUDE 'Hey Jude' とはどういう曲でしょう。あなたが日本語を理解できる人なら、 この質問に悩む必要はありません。"Hey Jude" というキーワードを www.google.co.jp に 渡せば、しこたま情報を得ることができます。ねえ Jude, そんなに心配することはないよ。 彼女といっしょにいれたらいいなと思ったことを思い出そうよ。そうすれば今よりましな ことができるよ。 そんな曲です。 わたしは平和な人間です。人を殺したこともないし、死にそうな目に会ったことも ありません。でも世の中には、銃器を眼前にしたひと、うまれて数十日で病におそわれたひと、 自分の好まない制度を強要されたひと、死にたくないのに死ぬことを他者から望まれたひとがいます。 死。 チェコも、ひとびとが死を強要された国だったそうです。数十年前まで。 想像できる時間です。数十年。そんな時代、そんな国で "Hey Jude" は Marta という女性に歌われたそうです。ポピュラーソングとして? そうですね、 もちろん。国歌じゃあないでしょうね。でも、単に楽しみを提供する一方で、 Marta の曲は、死ぬことを強要されたひとびとにとって励ましの曲としても 歌われたそうです。 ねえ、Jude. 彼女と、あるいは彼と、いっしょにいれたらいいなと思ったことを思い出そうよ。 かつて、いっしょにいたいと思ったものへの愛を思い出すこと。それがこの曲が わたしが強いる感想です。 その対象は、ひとりのひとかも知れないし、自分が生まれた国のことかも知れない。 こどものときに手にしていたおもちゃかも知れないし、あなたが一から育てた企業かも知れない。 あなたの孫かも知れないし、あなたの親かも知れない。 なににでもおなじ。 かつて好きだったものが、いまは好きになれずに悩んでいる。好きになれないことに あきらめないで。なにもかもうまくいくことはできない。かつて好きだったことを 思い出して、そのことを助けにして。 そして、もういちど好きになろうとして。 そんな愛情の喚起をわたしは 'Hey Jude' という曲から感じます。Paul McCartney という原作者には あまり興味をおぼえませんが、ひとつの曲が多額の印税 ( お金 ) を生み出すいっぽうで、おなじ曲が 政治のこわれた一国に生まれたひとたちをはげます一助になることにわたしはとても、 おどろきと、「さて、この発見をどう利用してやろうか」との企みとを痛感せずにいられません。 ねえ、Jude. 君は何を得られなくて悩んでいたの? 女の子? 親の愛情? 友達からの賞賛? 充足感? 何を求めているの? わたしは? そんなことを考える今日の日付は 2003/11/04 です。

- 03/09/02 22:19:43

コメント:
このサイトが続いているかぎり、いつか現れると思ってました。yoko

- 03/08/23 12:54:29

コメント:
あなたがいらっしゃらなかった間も、ずっとここを見続けていました。
ぜひまた、書いて下さい。お待ちしています。

- 03/07/13 17:04:16

コメント:
おひさしぶりです。吉田です。

さいごにここを見てから、二年と半年もたちました。 かつてわたしと遊んでくださった方々はどうしているでしょうか。

2.5 年のあいだ何をしていたか。ささいなことですが、 いろいろありました。親しいひとが死にました。 職場がかわりました。それまで仲よくしていたひとと 会わなくなり、べつのひとと会うようになりました。 そういったことは、機会があれば書いてみましょう。

06/30 にお書きになった方へ。

わたしは不思議に思います。 人と関わることに悩む方が、どうしてわたしの、他人の 掲示板にお書きになるのだろうと。わたしとだったら 平気なのかな。もしそうなら、嬉しいです。人の役に 立てるのは気持ちの良いものですから。

わたしも、一人でいるほうが気楽です。 わたしは自分に甘いのです。ほかのひとたちときたら、 無神経な発言を気楽にしやがって、おまえら、こっちの 気持ちも考えろ、おれはおまえらのことなんか知らない けど、おまえらはおれのことを考えろと。

かつては、そう思ってました。 いまは、少し寛容になりました。

聞き心地の良い発言だけを期待しても、相手が口を すべらせることもあるだろう。なにが聞き心地の良い 言葉なのかを決めることさえむずかしい。ところで 自分の発言も、相手を怒らせたり傷つけたりしている のではないか。

だからわたしは考えを変えました。今日言われたあの 台詞にはむかついたけど、しかし、なんであやつは ああいうことを言うかね。それに、なんであたしは こんなに腹がたつのだろう。どういう指摘だったら 腹がたたないだろう。詩的な台詞なら許せるか。

そんなふうに原因や対策を考えるようになりました。 正解などない、思索の遊びです。『ふぁっきんくっきん』も、 そうです。なんでこの料理に不満を感じるのか。 自分ならどうしたいか。

そうするのが、わたしの性格にあっているようです。

自分のことばかり書きました。「もっと楽に楽に」と お書きになっていますが、楽になろうと全力を尽くす くらいなら、全身全霊で必死に悩んでみるのも良いのでは ないでしょうか。悩むことのできない人には得られない 成長の機会です。少なくともわたしは、そのような ことを深く考えられるあなたのことが好きです。

- 03/07/13 17:03:24

コメント:
書き方を 忘れてしまいました。

テストさせてください。こんにちは。

- 03/06/30 16:57:43

コメント:
人との関りについて悶悶とします。 一人で生きてきたわけではないし、これからもそうはできないことは分かっています。 人と関らないほうが穏やかでいられるのです。 誰からも傷つけられず、誰も傷つけず。 人が発した何気ない言葉に敏感になりすぎる傾向があります。自分の発した言葉に後悔します。 もっと楽に楽にと分かっているのですが。。。

- 03/05/22 11:50:11

コメント:
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

- 03/05/22 11:49:27

コメント:
だまされました。

- 02/10/18 15:57:26

コメント:
私は××××しかありません

こんなのって・・・


- 02/09/06 17:05:59

コメント:


- 02/08/22 20:13:28

コメント:
写酌失酌実酌識柴叱捨蒔を検索したら、この文に出会いました。
吉田さんは、男の人なのかな。女の人なのかな。
私もこの映画が大好きです。
15年位前に一度見て、その後も、VIDEOを買って何度か見ました。
でも私の周りには知ってる人が誰もいないから、寂しいです。

- 02/06/30 17:34:15

コメント:
こんにちは○○です



- 02/06/30 17:33:28

コメント:
生の豚肉には有鉤嚢虫や旋毛虫といった寄生虫が感染している恐れがあります。
有鉤嚢虫は元来沖縄を除いて日本には分布していないのですが、
戦後輸入ブタなどが増加するに伴い、日本でも最近感染症例が増加していますので注意が必要です。
腸壁を食い破って組織内に侵入し、しかも脳・脊髄・眼球に寄生する事があるので症状は重篤です。
旋毛虫も日本では分布しないと言われてきましたが、
1974年にクマの生肉を食べ集団感染した例が挙がりました。
獣肉の生食で感染します。
牛や馬とは違いブタは雑食ですので、この寄生虫を持っている危険があるわけです。
感染すると腸壁を食い破り組織内に侵入して筋肉内で大量に増殖するので、心筋などに寄生すると心不全で死亡します。
牛や馬なども寄生虫を持っていないとはいえませんが、
ブタの持っている寄生虫はそれらとは比べ物にならないほど重篤な症状を示すわけです。
アニサキスは治癒が比較的容易なのです。
鎮痛剤などを投与して放置していても、1週間ほどで虫体は死亡し、吸収され症状はなくなります。
アニサキスと比較してもらいたくはありません。
あなたはブタに感染している寄生虫の名前は知られていないなんておっしゃっていますが、ただの勉強不足に過ぎませんね。
因みに、加熱された寄生虫の焼死体を経口摂取しても寄生虫小に感染する事はありません。
生食した場合に感染するのです。
勉強不足を棚に上げ、さも知ったかのように語ってもらいたくありませんね。豚肉は充分加熱調理しましょう。


- 02/06/30 17:32:32

コメント:
生の豚肉には有鉤嚢虫や旋毛虫といった寄生虫が感染している恐れがあります。
有鉤嚢虫は元来沖縄を除いて日本には分布していないのですが、
戦後輸入ブタなどが増加するに伴い、日本でも最近感染症例が増加していますので注意が必要です。
腸壁を食い破って組織内に侵入し、しかも脳・脊髄・眼球に寄生する事があるので症状は重篤です。
旋毛虫も日本では分布しないと言われてきましたが、
1974年にクマの生肉を食べ集団感染した例が挙がりました。
獣肉の生食で感染します。
牛や馬とは違いブタは雑食ですので、この寄生虫を持っている危険があるわけです。
感染すると腸壁を食い破り組織内に侵入して筋肉内で大量に増殖するので、心筋などに寄生すると心不全で死亡します。
牛や馬なども寄生虫を持っていないとはいえませんが、
ブタの持っている寄生虫はそれらとは比べ物にならないほど重篤な症状を示すわけです。
アニサキスは治癒が比較的容易なのです。
鎮痛剤などを投与して放置していても、1週間ほどで虫体は死亡し、吸収され症状はなくなります。
アニサキスと比較してもらいたくはありません。
あなたはブタに感染している寄生虫の名前は知られていないなんておっしゃっていますが、ただの勉強不足に過ぎませんね。
因みに、加熱された寄生虫の焼死体を経口摂取しても寄生虫小に感染する事はありません。
生食した場合に感染するのです。
勉強不足を棚に上げ、さも知ったかのように語ってもらいたくありませんね。豚肉は充分加熱調理しましょう。


- 02/06/30 17:28:11

コメント:
生の豚肉には有鉤嚢虫や旋毛虫といった寄生虫が感染している恐れがあります。有鉤嚢虫は元来沖縄を除いて日本には分布していないのですが、戦後輸入ブタなどが増加するに伴い、日本でも最近感染症例が増加していますので注意が必要です。腸壁を食い破って組織内に侵入し、しかも脳・脊髄・眼球に寄生する事があるので症状は重篤です。 旋毛虫も日本では分布しないと言われてきましたが、1974年にクマの生肉を食べ集団感染した例が挙がりました。獣肉の生食で感染します。牛や馬とは違いブタは雑食ですので、この寄生虫を持っている危険があるわけです。感染すると腸壁を食い破り組織内に侵入して筋肉内で大量に増殖、心筋などに寄生すると心不全で死亡します。 牛や馬なども寄生虫を持っていないとはいえませんが、ブタの持っている寄生虫は比べ物にならないほど重篤な症状を示すわけです。 ので、豚肉は充分加熱してから食べましょう。 アニサキスは治癒が比較的容易なのです。鎮痛剤などを投与してほおって置いても、1週間ほどで虫体は死亡し、吸収され症状はなくなります。アニサキスと比較してもらいたくはありません。 あなたはブタに感染している寄生虫の名前は知られていないなんておっしゃっていますが、ただの勉強不足に過ぎませんね。 因みに、加熱された寄生虫の焼死体を経口摂取しても寄生虫小に感染する事はありません。生食した場合に感染するのです。 勉強不足でさも知ったかのように語ってもらいたくありません。豚肉は充分加熱調理しましょう。

- 02/06/30 17:27:09

コメント:
生の豚肉には有鉤嚢虫や旋毛虫といった寄生虫が感染している恐れがあります。有鉤嚢虫は元来沖縄を除いて日本には分布していないのですが、戦後輸入ブタなどが増加するに伴い、日本でも最近感染症例が増加していますので注意が必要です。腸壁を食い破って組織内に侵入し、しかも脳・脊髄・眼球に寄生する事があるので症状は重篤です。 旋毛虫も日本では分布しないと言われてきましたが、1974年にクマの生肉を食べ集団感染した例が挙がりました。獣肉の生食で感染します。牛や馬とは違いブタは雑食ですので、この寄生虫を持っている危険があるわけです。感染すると腸壁を食い破り組織内に侵入して筋肉内で大量に増殖、心筋などに寄生すると心不全で死亡します。 牛や馬なども寄生虫を持っていないとはいえませんが、ブタの持っている寄生虫は比べ物にならないほど重篤な症状を示すわけです。 ので、豚肉は充分加熱してから食べましょう。 アニサキスは治癒が比較的容易なのです。鎮痛剤などを投与してほおって置いても、1週間ほどで虫体は死亡し、吸収され症状はなくなります。アニサキスと比較してもらいたくはありません。 あなたはブタに感染している寄生虫の名前は知られていないなんておっしゃっていますが、ただの勉強不足に過ぎませんね。 因みに、加熱された寄生虫の焼死体を経口摂取しても寄生虫小に感染する事はありません。生食した場合に感染するのです。 勉強不足でさも知ったかのように語ってもらいたくありません。豚肉は充分加熱調理しましょう。

- 02/06/01 08:01:29

コメント:
こんにちは、○○です



- 02/04/16 05:05:09

コメント:
お元気ですか

- 02/02/02 21:46:03

コメント:


- 01/12/09 20:24:37

コメント:
同姓同名の貴殿へ元気か。

- 01/12/03 21:35:48

コメント:
なかなかおもしろい! もっと貴方の言葉が聞きたいです。 靖子



- 01/10/12 21:23:54

コメント:


- 01/10/08 13:15:01

コメント:
初めまして、花村です。
全部のページを読んでから、発言したかったのですが、
社長に呼ばれて、時間切れ。
ですから、主旨を読み違えていたり、理解が不充分なままの事も有ると思います
再訪した時に、続きを読んで、訂正する事も有るかと思います。
前置きが長くて、すみません。

1.全体の印象
一つの物事には、色々な視点からの見方がある。
よって、公平と言う言葉は、一言で定義する事はできない。
その全てを、紹介することは不可能だが、できるだけ、近づこうと努力している。
しかし、自分の立場は、きちんと表明しようとしている。
その事から、考えると言う行為を喚起(少し大げさな表現ですが)している。
このサイトは、そういう目的で、立ち上げられたと感じました。
このことが、誤っていなければ、私がしてみたかった事と、同じだな。実際に、やってしまう所がすごい。他の沢山の人にも、このサイトを 知ってもらいたい。

2.趣味
ほとんど共通。料理・掃除については、クローンを見ているみたいで、親近感と共に、奇妙な感じ。個々の感想に付いては、次回の書きこみに。

3.信仰
自分は八百万信仰です。いままで、そういう人に会った事が無いので、ビックリしました。少し自分の信仰について書きます。
魂が宿るというのは、自分の思い入れと、どれだけ大事に感じているかの度合いによる、相対的なものだと思う。だから、自分のコンピュータは、単なる物だとは思えないし、台所のコンロも、近くを流れる川にも神というか精霊というかは、居ると感覚が言う。強い思いは、力を持ち得る。だから、他人が、どんなに神を説いても、自分の神とはなり得ない。でも、その人にとっての、神ではあると思う。

3、コーヒー賛歌
自分も、粉から入れるというと、お金が有るから、と言われる。でも、計算すると缶コーヒーのが絶対高い。ちなみに、粉はネット中探して、100グラム70円のを見つけた。程ほどの味なら良しとする事にして注文してみた。予想外の旨さだった。こういうサイトに限って、ウェブの奥深くに埋もれていて、余程根気よく探さないと見つからない。yahooなどでは、絶対とらい 無理だ。審査基準と言うのは、いったいどう言うものなんだ。と、文句言いたくなる。本題から外れました。今度 正確なURL書きますから、コーヒー好きの人は、見てみて下さい。<p> まだまだ、書きたい事たくさん有りますが、時間切れです。それでは、これからも、宜しくお願い致します。

- 01/09/08 20:24:39

コメント:
こんにちは、yokoです。

ご旅行中かしら?8月17日から自動リンク集が更新されていないみたい。
お元気でいらっしゃればいいんだけれど。
たまにはお声をお聞かせください。

- 01/09/08 07:48:47

コメント:
んにちは、○○です



- 01/06/15 12:55:00

コメント:

ご無沙汰しております。いをり です。

こちらの文章のかなり初期のものに 『生の豚肉』 という話題がありましたね。私も大いに感じるところがあったのですが、つい先ほど、実際に豚につく具体的な寄生虫の名前を知ってしまいました。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/ETC/EISEI/shokuhin/know/k11-5/10.html
トリヒナ、日本名では旋毛虫というんだそうです。

「発熱、筋肉痛、眼窩周囲の浮腫」を起こす、とありますね。
「腹痛、下痢」? 「時に呼吸困難」? 「重症の場合は……死亡することもある」だって?
うひゃあ、旋毛虫のやろう、ヒヨコみたいな名前のくせに危ないじゃないか。「筋肉内幼虫は低温にかなり強い」とか書いてあるし。

動物の体内で育つ寄生虫って、衛生管理では根絶は難しいみたいですし。生肉食べたさに豚を無菌飼育、てのもなあ。
なんだか残念ですが、やっぱり豚は火を通して食べることにします。



- 01/04/25 05:02:07

コメント:
1
はおそらく私です。
かみんぐあうと!
ごめんなさい。

- 01/02/27 22:45:11

コメント:
吉田 です

くろ さん、はじめまして。ご感想をくださいまして、ありがとうございます。どうかご遠慮なく、思ったことをおっしゃってください。どんなに厳しいことを言われても、わたしはありがたく受け取ります。一晩泣けば、元気になれます。

『メリークリスマス』を気に入ってもらえて、うれしく思います。じつは、わたし自身はあれが苦手で、読み返すと冷汗がでます。道を歩いているときに知らずに鼻歌を歌っていて、いつの間にか後ろを歩いていたほかのひとに聞かれたような気分になるのです。こんな性格だから、ふだん文章を出すときは、いろいろといじくってしまうんですね。

すこし前から考えをかえて、シンプルな文章を書くようにつとめていました。するとふしぎなことに、文章なんかなくてもいいやと無欲な ( と言えるのかどうか ) こころもちになってしまいました。シンプルすぎます。

吉田 順 / yoshida jun

- 01/02/26 01:08:20

コメント:
はじめまして、くろともうします。
どこを読んでも前口上が多くて、なにかむずかしいページなのかなあとおもってこれまで本文を読んだことがなかったんですが(正直に書け、というお言葉におもいきってしたがってます)、「メリークリスマス」をいま読んでみて、すごく良かったです。なんでいままで読まなかったんだろう、とこうかいしてます。これからちょっとずつ読んでいきます。
でもたしかに、おもしろくなかったら、正直に「おもしろくない」って書いてもらいたいとわたしもおもいます。なかなかむずかしいことだとおもうけど。

- 01/02/19 19:38:55

コメント:
吉田 です

恐縮です、yoko さん。でもほんとうのところは、きつい現実を聞こえのよい言葉でまぎらしているだけです。詩をつづるひとの気持ちがちょっとだけわかります。

吉田 順 / yoshida jun

- 01/02/17 16:10:22

コメント:
yokoです。

『海の底』から『森の中』

美しい比喩ですね。

- 01/02/15 12:48:55

コメント:
吉田 です

こんにちは、yoko さん。お心遣いをうれしく思います。

わたくしのほうは海の冷たさに耐える季節はすぎたのですが、こんどは森に迷ったような気分です。木々のはざまから外の灯は見えているのに、どうやってたどればよいのやら。2001 年も 1/8 がすぎたと言うのに。

1/8 と言えば、Fellini 監督の "8 1/2" はおもしろかったなあ。わたしもひたすら温泉のお湯をのみながらひっそりとまったりとする生活をしたいな。

吉田 順 / yoshida jun

- 01/02/03 06:25:10

コメント:
お久しぶりです。yokoです。
まさか、この寒いのに、海底にもぐっておいでではないでしょうね。スパゲッティゆでてますか?ふきそうじしてますか?

- 00/12/29 19:49:58

コメント:
吉田 です

こんにちは、たつの さん。私はあやうくまた、海の底へ沈んでしまうところでした。拙文をお読みいただき、感謝です。

料理を教えるだなんてほどくわしいわけではないのですが、気に入っている料理でしたら、ザワークラウトがあります。有名な料理ですからすでにごぞんじかも知れませんが、せっかくなので紹介いたします。

もともとは醗酵させる料理のようですが、わたしの作り方は -- ほかの料理とおなじく -- いたって単純です。一口大にキャベツをきざみます。深めのなべに放り込んで、酢をたっぷりとかけます。10 分ほど煮ます。なべのふたを開けると、酢のいい香で台所が満たされます。クミンシードをつぶして、全体にまぶします。以上、おしまい。あたたかいうちに食べても、冷蔵庫でつめたくしてから食べてもおいしい料理です。もっとも、すっぱいものが苦手なひとにはつらいかも知れません。大切なひとにごちそうをなさる場合は、事前にご確認ください。

応用はいろいろとききます。まずは、酢の選択が大切ですね。甘味のつよいりんご酢でもいいし、さっぱりした白のワインヴィネガーでもいいですね。クミンのかわりにキャラウェイでもいいでしょうし、クローブもまったりとしていいかな。まだ試したことはないのですが、ケイパーをいれても良さそうな気がします。

キャベツだけでもおいしいのですが、ほかのものといっしょに煮たほうが多彩な味になります。発祥の地 ( ほんとかな? ) のドイツに敬意を表してソーセージといっしょに煮る。あるいはカリッといためたベーコンと。酢の味が濃くなりますから、なるべく小さめに切ったものをひかえめに入れるほうがいいと思います。トマトを入れてもおいしいかもなあ。

…。…。…。

あっと。あやうく妄想にはまるところでした。ともあれ、よければおためしください。それでは、よいお年を。来年もみなさまにとってしあわせな一年でありますように。

吉田 順 / yoshida jun

- 00/12/26 00:24:35

コメント:
 お久しぶりです。たつのです。
 今回の文章すごく好きです。いや、最近自炊をするようになったので
吉田さんの前の文章とか読み返していたりしたとこなので、特に嬉しか
ったのですけれど。
 もしよろしければ自炊初心者のために、また常備菜の紹介などをして
頂けると嬉しいです。では。

- 00/12/25 12:37:46

コメント:
そういうわけで、吉田 です

いやはや、竜宮城から帰ってきたような気分です。世は 20 世紀をなつかしむ時期なんですね、今世紀最後のクリスマスなんですね。取り残されたような気分でいっぱいです。じじいになっても構わないから、あたしゃ玉手箱が欲しいだよ。

『ふぁっきんくっきん』に『メリークリスマス』を載せました。本文でもばらしてますけど、酔ったいきおいで書いただけのひどい文章です。これはちょっとないよなあ。ただの日記じゃん。むだに長いし。今朝になってまともな頭で読み返して、顔から火が出る思いをしました。こっそりと削除して、こんなものはなかったことにしようと画策したのですが、削除する手間がめんどうになって、そのまま放置することにしました。まあいいや。これよりましな文章が書けるわけでもないし。偉大なるシャーロック・ホームズが短篇「ブルーカーバンクル」で述べたように、クリスマスは罪を赦す季節でありますし。

( こんなに間が空いてしまうと挨拶がもつ本来の役割をもはや果たしていない気がするのですが ) こんにちは、AragonDons さん。とんだごぶさたで、たいへん失礼をいたしました。わたくし思うのですが、眠いときは眠らなくてはだめです。ええ、そうですとも。さいきん、徹夜をなんどか体験したのですが、あれはあきらかに効率が悪い。職場の雰囲気にさからえずに徹夜をつきあったのですが、だめです、いけません、主体性をもって、おいらは寝るといったら寝るんだいと宣言する勇気が必要です。

チーズのほうは、うまく処理なさいましたか?わたしもくわしいわけではないのですが、未体験の食材をつかうときは、加工の度合を徐々に変えていくと楽しい実験になるのではないでしょうか。まずは生でかじってみる。つぎは削って、風味をつけるのにつかう。パスタとかサラダとか。あるいはドレッシングにまぜたり。大量に加熱してみる。パンにのせたり、ピッツァにのせたり。スープにまぜたり。考えているうちに食いたくなってきました。つけあわせも重要で、肉にからめるなら、牛肉か鶏肉か、豚肉か。たいりょうにからめるか、わずかにふるか。野菜だったらどうか。ああ、妄想がふくらむ。

パラメータを思いつくままに列挙すると、こうなります。

これらの値をてきとうにいじって料理をすれば、多種多様な料理が眼前にひろがります。あたらしい料理ができる可能性は無限ですね。問題は、失敗する可能性も無限にあるということなんですが、そこはそれ、経験を積むということでひとつ。

吉田 順 / yoshida jun

- 00/11/05 16:51:00

コメント:
AragonDonsです、お久しぶりです。

秋に限らず、昔は(今も?)昼過ぎから眠くなり、入院1年目のころは院生室のソファでゴロンと一休みするのが日課でした。3年目になるとなかなかそんな時間もなくなって、忙しくなったのとタフになったのかなって思います(笑)
まぁまともに職に就けば、寝ずにちゃんとやるだろう・・・とは思っていますが、どうなることやら(^^;;;。

ところで全然話は変わりますが、昔ここでチーズの扱いについて書かれていましたよね。先月水戸の調査に行った際、森林公園でヤギのチーズ(シューブルチーズ?)100gを買ったのですが、まだ使っていません。私が思いついたのは、パスタの上にチーズを削って使うことくらいだったのですが、他に素人料理で作れるものって何かあるでしょうか?ご教示いただければ幸いです。

御忙しいでしょうが、今後も新作を期待しております。ではまた。

- 00/10/23 20:27:02

コメント:
吉田 です

『ふぁっきんくっきん』に『秋の夜長に』を載せました。まあ、その。なんと申しましょうか。ふぁくをはじめた頃にくらべて、いまの私は IQ ( Intelligence Quotient ) が 20 くらい下がってんじゃないのかと思われます。でも大丈夫です。減った分は私生活に割り振ってますから。

吉田 順 / yoshida jun

- 00/10/21 12:45:39

コメント:


- 00/09/11 22:28:50

コメント:
吉田 です

こんにちは、yoko さん。ご意見をくださって、ありがとうございます。えらそうだなんて、とんでもありません。私はおそろしく鈍いので、はっきりとおっしゃってもらえるほうが助かります。

yoko さんのは、平等にされる側を見た意見ですね。どうも私には管理する側しか考えない傾向があって、いけません。yoko さんの視点は貴重です。すぐれた人をすなおに尊敬し、自分も自分のしたいことをすればいい、という解釈でよろしいでしょうか。才能に嫉妬して、ひきずり落としたりとか、たいしたことじゃないと否定したりとかしても仕方ない、と。うん、ご意見は絶対にただしいと思います。

で、私のわるいくせは、こっから先を考えます。yoko さんの意見はただしいとして、ではどうすればいいか。子供はほめて育てなさいと人は言いますが、他者をほめることを子供に教えなさいと指導すればいいのかな。でも現実には、お子様界には悪口やいじめがある。子供だけじゃない、大人の世界にだってある。専門家やプロを軽視するとかね。悪口を言いなさいと指導されたわけでもないのに、ろくな結果にならないとわかっているのに、なぜこれらの行為が繰り返されるのか。なにか動機があるのか。あるとして、それを取り除けないか。もしくは役立つ方向に利用できないか。

今回、お話を聞けたことで、材料がふたつ得られました。管理する側として、平等のお題目だけでは役に立たない。管理される側として、平等は求めていない。これらを基に、もっとほかに考えられないかな。たとえば、管理される側は、平等以外のなにを求めているんだろう。

吉田 順 / yoshida jun

- 00/09/08 08:44:26

コメント:
こんにちは。yokoです。

平等についてちょっと物申してみたくなりました。

私は人は『平等』なんて求めないんじゃないかと常々思っています。例えばハヤオ君が一位であるためにはカメオ君の存在は絶対必要であるわけだし。その意味で充分カメオ君もかけっこで役だっていると私は思う。卑下するということではなくて、表裏一体というか、だから足が遅くてもなんにも気にすることはない。モテナイとか、もひとつ頭脳にひらめきがないとか、なんとかかんとか、全部あんまり気にすることはないんじゃないか。これは、ひらきなおるということでは全然ない。開き直る態度っていうのはそもそも非常に気にしているからそうなるわけだし。色んなことを気にしなくなって自由になると、おのずと輝くべき部分が目立って、そこのところでハヤオ君になって、それは沢山のカメオ君の存在によって成り立っているという、非常に謙虚な気持ちになれるんじゃないだろうか。 すんません。なんか、いつもえらそうで。では、また。

- 00/09/07 22:00:37

コメント:
吉田 です

こんにちは、AragonDons さん。ご感想をくださり、ありがとうございます。

平等って、むずかしいことですよね。いえ、平等にするのは簡単なんです。むずかしいのは、なにを平等にするか決めることなんですよね。

むかし、かけっこの結果に順位をつけるのは差別になるから、かけっこをした子供のすべてを一位にするって幼稚園の話を聞いたことがあります。客観的には平等ですけど、がんばって走って一着になった ハヤオ くん ( 仮名 ) からすれば、努力が無視されたことで不平等に感じるでしょうね。努力に応じた報酬を得られるように賞品を差別化するのも、逆の平等と言えます。

わたしは、このふたつを「結果の平等」「プロセスの平等」と呼び分けてます。みんな一位ってのは、結果の平等。成果に応じた報酬が、プロセスの平等。

結果の平等が崩壊するのは、AragonDons さんがご指摘なさったとおりですね。成果の善し悪しを無視しようってんですから、そりゃ、参加プレイヤーは手を抜きますわな。

余談ですけど、結果の平等を尊ぶ人ほど、雪印を非難して、不買運動を応援するんじゃないかな。プロセスより結果を重視するなら、今回の食中毒事件を結果として見て、雪印がこれから良くなるプロセスを想像することなどしないでしょうから。

じゃあプロセスの平等が万能かと言うと、そうとも言えない。だってプロセスの平等って、外部から手を出さないことを意味するんですよね。足の遅い カメタ くん ( 仮名 ) がどべになろうが、弱小企業がつぶれようが、えこひいきはしない。これがプロセスの平等ですけど、ちょっとねえ。動物の喧嘩といっしょじゃん。

そんなわけで私は、「平等」っていう考え方は、じつはなんの効果もないんじゃないかなと考えてます。なんとも寒々しい結論で、なんか見落としてんじゃないかと考えているのですが、まだ見つかりません。

わたしの好みでは、ハヤオ くんには足の速さを今後も活かしてほしいし、カメタ くんにはまともなトレーニングを受けるか、あるいはほかのもっと向いている分野を見つけるかするといいなあと願います。ここに「平等」の概念をもってきても、効果的な対策は出てこないんじゃないかなあ。

---

また長くなってしまいました。ところで牛乳リサイクルのほうですが、これは AragonDons さんのおっしゃるように、材料を隠してたことが雪印の失敗ですね。そりゃまあ、「この製品は再生牛乳を使用しています」ってすなおに書いたら潔癖な消費者は買わないでしょうけど、そこを買わせるのが企業努力だよなあ。カビチーズだって、納豆だって、失敗から生まれた製品じゃないか。黙ってるって作戦じゃあ、ばれたときのダメージがでかいぞ。

チャットのほうは、夜に出現できます。AragonDons さんは何時頃にアクセスなさっているのでしょうか?会えるといいですね。

吉田 順 / yoshida jun

- 00/09/06 02:53:48

コメント:
AragonDonsです、こんにちは。新作読ませていただきました。

まず「フェアプレイ」について。経済・社会でそれを追求したのが社会主義ですよね。歴史的に見てそれが崩壊した結果からもわかるように、建前としての"平等”の追求が無理なことは間違いないでしょう。とすると大事なのは、"義務的なフェアプレイ(平等性)"か、あるいは"精神的なフェアプレイ(良心)"なのでしょうか。実力主義で強者の歯止めをかける意味でお役所は前者の役を担っているのでしょう。すべてに後者が通じればいいのですが、世の中そんなに甘くないですしね。でもおいしいと評判になるトマト生産農家でもわかるように、"良心"は必ず後で理解されますから、やっぱり大事だなぁと思います。

雪印の新作もロング・ショート両方読みました。雪印の販売再開理由については初耳でした、全くの同感です。
再利用について吉田さんは賛成されていましたが、私はどうかなぁと思います。なんか騙した感じがするので。黙っているよりも、堂々と"再利用生乳利用!"と書いて、加工品の価格を下げれば、買う消費者もいるんじゃないかなぁと思うのですが(そんなに品質が変わるのかしら?)。
不買運動についても、吉田さんと同感ですね"二度と買うもんか!"と騒ぎ立てるより、今まで頑張っていた牛乳配達屋さんの苦悩を思いやる気持ちが欲しいですね。結局一番苦しむのは末端の人達ですから。
あ、脱脂のこと調べてませんでした。また今度・・・

いつも長くて、しかも私ばかり書いていてスミマセン。次は某所のチャットでお話できたらと思います。では。

- 00/08/21 21:34:11

コメント:
吉田 です

『ふぁっきんくっきん』に『この先、雪崩注意』を載せました。やばい製品から消費者をまもる防壁を作ってほしいとの願いをこめて、このようなタイトルをつけました。と言うのはこじつけで、たまたま思いついただけです。

ロングバージョンについて。私は文章をまとめるのがほんとうにへたで、今回はとりわけ散漫になりましたから、思い切って、前半をぜんぶ削除しました。でもつい、もったいなくって、あのような形でのせてしまいました。すみません。貧乏症なんです。

それにしても、核実験への抗議としてフランスワインをいまだに飲まずにいる人っていらっしゃるのだろうか。

吉田 順 / yoshida jun

過去のお言葉
逸脱への助走