戸畑区小学校記録協議会


秋真っ盛り。 長女、三女とも公私に渡って多忙の様子。早朝から夜更けまで毎日超フル回転で羨ましい程良く働いています。

お母さんは大きな展覧会が、あるようで作品作りに四苦八苦、懸命に頑張っていますが家中が墨の色と臭いで充満しています。

私は悠々自適の生活と言えば体裁良く聞こえますが、どこからか誰からか誘いはないかと油断なくアンテナを張り巡らしている今日この頃です。

先日は友人の、お孫さんが学校代表として100M競争に出場すると聞いて、いそいそとJRとバスを乗り継いで戸畑にある鞘谷競技場まで出かけました。広い競技場の青い芝をゆったりした気分で眺め双眼鏡でお孫さんの姿を追いました。

同伴したお母さんも我が事のように嬉々として私もね、子どもの頃は何時も1番しかなった事がなかったんよ、早かったんよと昔を思い出した様子に私は素直にウンウン頷いて何度も首を縦に振って、相槌を打ってあげました。

帰りは道草をして戸畑駅に寄りましたが、すっかり様変わりしているのに驚きました。以前よく立ち寄ったオデン屋をキョロキョロして探していると、お母さんに駅そのものが移動して昔の駅は、もう無いよと時代遅れを指摘されガックリ。しまった飲み損なったと無茶苦茶損をした気分になりましたが、それでも何故か心はスカットさわやかでした。

父からの手紙に戻る