甲子[きのえね]
(江古田)



蔵構えの店内で素朴な蕎麦で、ほっとくつろぐ。


練馬区は全体的にそうだけども、江古田あたりは本当に「住んでいる」人が多くて、その分生活密着型の店がたくさんひしめく。都心の「通っている」人達の街とはやはり趣が異なる。この「甲子」もそんな感じの店で、外観こそ土蔵を意識したわくわくするような作りであるが、一歩中に入れば、優しげな、食事を家族で楽しめそうな雰囲気がある。それでいって騒がしいわけではない。蔵特有の厚い壁で外界から隔絶され、ちょっと薄暗くしてあって古い木材をふんだんに使った昔の小学校風の店内は、静かに別時間が流れる場所です。さらに、愛想の良い女将さんと厨房の楽しげな雰囲気がまた良いんです。
ところで、なんで「甲子」なんでしょうね。干支の一番最初の年に開業したとか? あるいは甲子園ファンとか?(笑)
蕎麦は「もりそば(重ね)」で600円。追加300円。天蕎麦もリーズナブルで1500円くらい。まぁ安めです。が、それ以上に安いのが酒の肴。蕎麦味噌100円に、冷奴350円、揚げだし豆腐600円というから、結構安い居酒屋的値段ですね。ものに工夫はないものの、これぞ王道、という感じでそれぞれ出てきます。例えば味噌と冷奴(とお通し)でビールのんで、蕎麦食べて1400円。こりゃぁ、嬉しいです。
で、「もりそば」は、薄め幅広(4mmくらい)に切った平麺で、なめらかにつながっているので、まことのど越しが良い。味もまぁまぁ。田舎のとても蕎麦打ちが旨いおばあちゃんに打ってもらった感じの蕎麦である。つゆは濃く辛目であるが落ち着いている。
サイフ的にも味的にも、心から安心してくつろげる店である。また機会があったら和みに行こう。
(2000/5)


03-3991-0338
練馬区栄町6-10
12:00〜15:00, 17:30〜20:00(金休)

[蕎麦店リストへ戻る]



2000/5 ちゃぶち