パスタの部屋

2003年12月7日更新        パスタの部屋(2)へ行く
エビのクリームスパゲティ、これは手抜き料理なんです。
昨夜のオカズである「帆立入りのクリームシチュー」が残っていたので、これでスパゲティを作ろうと思い、炒めたバナメイエビを足しただけです。
エビとニンニクを炒めて出た汁を加え、しあげにナンプラーを使っています。
ナンプラーは魚臭みがあるのですが、できた料理では臭みは全く感じませんでした。ナンプラーは醤油より塩分が多いのですが、使う量を加減すればいいです。
真ん中に乗っている緑色のは、菜の花のおしたしです。これがけっこう合いました。手抜き料理の割には、美味しかった。時間の無い人におすすめの料理です。
上の「エビのクリームスパゲティ」は、嫁さんと私の昼食用に作ったものです。
そして、この「エビのチリソーススパゲティ」は、同じ日の夕食に、子供達のために作りました。
実は、これも手抜き料理で、既製品の「エビチリソース」を使ったのです。
簡単に言えば、「エビチリソース」にスパゲティを混ぜただけ。(^_^;)
一応、ニンニクと唐辛子、ナンプラーは使っています。
子供達は、粉チーズを振りかけて食べており、「美味しい」と言っていました。
スパゲティを作るとき、仕上げに醤油を使っていたのですが、ナンプラーを入手してからはナンプラーを使ってますが、違和感は有りませんね。
カキとキノコのスパゲティ(すべて、量は適当です。)
  • 材料
    • スパゲティ、カキ(むいたもの)、マッシュルーム、エリンギ、ブナピー、乾燥ニンニク、鷹の爪、刻み海苔、塩こしょう、醤油、オリーブオイル、粉チーズ
  • 作り方
    1. キノコ類は適当な大きさに切り、乾燥ニンニク、鷹の爪(刻む)と一緒にオリーブオイルで炒め、塩こしょうで味を調える。この段階では、少し濃いめの味つけでも良い。
    2. カキはオリーブオイルで炒め、塩こしょうしておく。
    3. 茹でたスパゲティとカキ、キノコ類を一緒にフライパンに入れ、混ぜ合わせる程度にさっと炒め、醤油で味を調える。
    4. 熱いうちに皿に盛り、刻み海苔を振りかけていただく。
    5. 好みにより、粉チーズをかけてもいいが、その場合は、少し薄味に仕上げたほうがいいと思う。
  • なお、カキは生食用を使い、火の通しを浅めにしたほうが美味しいでしょう。岡山産の生食用カキを使いましたが、けっこう大きめで美味しかったですよ。
    いろんなキノコが売られていますので、違ったキノコを使うのも楽しいですね。ブナピーというのは、ブナシメジの白い奴で、新種のようです。珍しいので使ってみました。
カキとアスパラガスのクリームスープスパゲティ(すべて、量は適当です。)
  • 材料
    • スパゲティ、カキ(むいたもの)、タマネギ、アスパラガス、クリームシチューの素、牛乳、塩こしょう、ローリエ、オリーブオイル
  • 作り方
    1. 適量の水を沸騰させ、カキを茹でる。
    2. カキに軽く火が通れば、湯から揚げ、茹で汁に牛乳を加え、適量のクリームシチューの素を加えて焦げないようにかき混ぜながらとろみが出るまで火を通す。適量の塩こしょうを加え、味を調える。
    3. タマネギはスライス、アスパラガスは茹でて2センチ程度に切り、ローレルとともに炒め、塩こしょうし、クリームスープに入れる。
    4. 茹でたカキもクリームスープに入れ、再度あたためる。味見し、薄いようなら塩こしょうを加える。
    5. クリームスープに茹でたスパゲティを入れ、少しあたためれば完成です。深めのお皿に、スープと共にスパゲティを入れ、いただきましょう。こちらも、好みで粉チーズをかけてもいいと思います。
  • 今回、茹でたあつあつのスパゲティをクリームスープに入れたのですが、このことによって味が薄くなってしまいました。スパゲティを炒めて入れた方が美味しいかもしれません。
「カツオとスパゲティのジェノベーゼソース和え」

・スパゲティ 150gぐらいかな?
・カツオ刺身 8分の1身
・ホーレンソー
・たまご
・ゆでた大豆(COOP)
・サンプルのジェノベーゼソース(バジル)

残りモンばっかりで作ったんだけど、けっこう食えたよ。
「スパとカツオのポン酢和え」

カツオ適量、オニオン半分をスライス、葱少々。
ポン酢少々、そーめんのだし少々、ニンニク、生姜、オリーブ油少々。(ポン酢を利かせること。)
以上を混ぜ合わせて、15分ほどおき、味をなじませる。
茹で上げたスパゲティにのせる。
食べるときは、ダシがスパゲティにからむように、よくかきまぜる。

全く、実験的料理だったのですが、まあまあ食べられました。
「和風うなぎスパゲティ」です。

共同購入で買った櫃まぶし用の刻みウナギ(川口水産ブランド)をそのまま使いました。
要するに「櫃まぶし」のご飯が、スパゲティに代わっただけなんです。ところが、これが美味かったですね。
変に凝った作り方をせんでも、十分おいしく食べられます。
あ、一応、もみのりと粉チーズも使っています。
これを食べた後、既製品のソースを使った「スパゲティカルボナーラ」をちょっと食べたのですが、「うなぎスパゲティ」のほうが美味しいと思いました。
マカロニで作った「ウナギとキノコのペペロンチーノ風味」
  • 材料は、ウナギ蒲焼き1/3尾、オニオン小1個、エリンギ中1本、スライスマッシュルーム缶小1個、にんにく、塩こしょう、オリーブ油、ナンプラー、ペペロンチーノソース(メーカー不明)、マカロニ200g
  • オニオンはスライス、エリンギも長さを揃えてスライスし、マッシュルームとともにオリーブ油で炒める。味つけは、ニンニク多めと塩胡椒少量。
  • 鰻蒲焼は短冊切りにしておく。
  • マカロニを茹でる。
  • アツアツのマカロニと炒めた野菜類を一緒にフライパンで炒める。有る程度炒まったら、鰻蒲焼を入れ、さっと火をとおしできあがり。
違和感があるかなと思ったんですが、そうでもなかった。けっこう、食べられましたよ。
今回、スパゲティがなかったんで、「野菜マカロニ」で作りましたが、これは邪道。本来なら、スパゲティで作るべきだと思います。
「ウナギのトマトソーススパゲティ」
  • 材料(2人前)は、スパゲティ300g、白焼き鰻1尾分、オニオン角切り小1個、エリンギ角切り中1本、トマトソース缶1缶、バター、塩胡椒、にんにく少々、固形コンソメ1個
  • 白焼き鰻は短冊に切り、バターで炒める。オニオンとエリンギもバターで炒める。
  • 約300gの水にコンソメを入れ、火を通す。そこにトマトソースを入れ、さらに火を通す。炒めた野菜と鰻を入れ、弱火で煮る。
  • ゆでたてのスパゲティにソースをかけ、あつあつをいただく。
これも、けっこう美味しいですが、ソースの味つけが決めてですね。
「ツナマカロニ」です。

説明を書くのを後にしたら、どんな作り方をしたのか忘れてしまった。

材料は・・・・・・
マカロニ、オニオン、ブナシメジ、ツナフレーク、モミノリ、オリーブ油、ニンニク、ペペロンチーノソース(既製品)、塩こしょう。
たぶん、隠し味にナンプラー数滴を落としているはず・・・
これはおまけ・・・というより、失敗作。

「サラダマカロニとベーコンのマヨネーズ和え」

ほんとは野菜も入れるべきなんですけどね。
「たらこそーめん」

パスタ用のたらこソースを、そうめんに使ってみました。
これもいけます。


2003年6月28日制作
「そうめんペペロンチーノ」

材料
・昨日の残り物のソーメン
・オニオンスライス(今回はレッドオニオンでした。)
・エリンギの柵切り1本分
・エノキの佃煮2分の1ビン
・ニンニク少々、塩胡椒、オリーブ油、ナンプラー数滴
・ペペロンチーノソース(既製品)
・きざみのり適量

けっこう美味しかったです。
嫁さんも「美味しい」と言って食べていました。


2003年6月29日制作
「ジェノベーゼそうめん」

昨日の残り物のソーメン
昨日の残り物のチンゲンサイ
オニオン半分、ブナシメジ半パック
にんにく、オリーブ油、塩、醤油
サンプルのジェノベーゼソース(バジル)

実際に食べるときは、粉チーズ、もみ海苔をトッピングに使った。味は、まあまあ。

ソーメンはスパゲティと違って、フライパンでやっても具が混ざりにくい。

こういう料理を作るには、既成概念から離れて考えられる自由さを持つ必要があります。
「ツナと野菜のクリームスパゲティ」

オニオン小2個、マッシュルーム缶1個
キャベツ適量、にんにく少量、ツナ缶適量
クリームソース、月桂樹の葉、塩胡椒、オリーブ油
粉チーズ。

初めて、キャベツを入れて作ってみましたが、違和感はありませんでした。美味かったですよ。
「野菜スパゲティ」

オニオン、エリンギ、しいたけ、マイタケ
アスパラガス、キャベツ、ニンニク、刻み海苔
塩胡椒、オリーブ油、赤とうがらし、ナンプラー
ペペロンチーノソース(既製品)


2003年7月20日制作
「ツナとアスパラのスパゲティ」

冷凍アスパラ適量、オニオン大1個、マッシュルーム缶1個、ピーマン少々、ツナ缶2個、ニンニク、塩胡椒、オリーブ油、ペペロンチーノソース(既製品)、

2人前だけど、具が多すぎた。(^_^;)
まあ、野菜が多いのはいいとしよう。

2003年9月21日制作
「サーモンとウインナーと野菜のマカロニグラタン」

マカロニ、アキサケ、ウインナ、オニオン、人参、ブナシメジ
ブロッコリー、とろけるチーズ

2003年10月12日制作
「サーモンと野菜のスパゲティ」

秋鮭約100g、オオカミウオ約100g
オニオン大1個、エリンギ大1本、ピーマン2個、ニンニク、
塩胡椒、オリーブ油、ペペロンチーノソース(既製品)
ナンプラー数滴、粉チーズ

オオカミウオ(白身魚)は余分なので、普通はサーモンだけでいいと思います。

2003年11月2日制作
「いかごろマカロニ」

冷凍スルメイカ、スルメイカの肝臓、マカロニ、ニンニク
オリーブ油、醤油、粉チーズ

2003年11月23日制作
「いかごろマカロニ野菜入り」

冷凍スルメイカ、スルメイカの肝臓、キャベツ、玉ねぎ
マカロニ、ニンニク、オリーブ油、醤油、粉チーズ

見た感じ、マカロニ入りの野菜炒めやねーー(^_^;)

2003年11月23日制作
「ギンナンとアスパラとツナのスパゲティ」

缶詰のツナ(醤油味)、冷凍アスパラ、ゆでギンナン
オニオン、にんにく、醤油、 ナンプラー数滴、粉チーズ
オリーブ油

見た感じ、けっこう彩りはいいですね。
味付けは、ツナ缶の醤油味が主体で、ナンプラーも醤油も
少ししか使っていません。
まあまあ、美味しかったです。

2003年12月7日制作
パスタの部屋(2)へ行く

プロフィール  メール

fishmlホームページ  湖南アルプスの麓から
お魚情報館  うなぎ情報館

Copyright(C) Jun.7,2003 by Toshio Yabe. All rights reserved