「牧のうどん」とは?

牧のうどんの店名の由来は、福岡県糸島郡前原町加布里(現 前原市)の「牧」 にある
うどん屋と言うことから命名されたと聞いております 。++のぶ(関東在住)さん談++

また,このサイトを見て,牧のうどんはそんなにおいしくないですなど,
わざわざ書いてくださる勘違いさんがいますが,
このサイトは,牧のうどんが,どのうどんよりもうまいんだぞと宣伝しているわけではなく,
牧のうどんが好きな人が,牧のうどんについて語るという趣旨ですので,
そこのところ,よろしくおねがいします。どこがうまいまずいじゃなくてマターリいきましょう。

牧のうどん
といえば、その家庭的な味はもちろんのこと、とにかく注文したらすぐ来る早ワザがすごい。しかも、軟めん・中めん・堅めんとめんの堅さも選べて、さらにスープ・ネギはお代わり自由と嬉しいことづくしです。
いつものうどんに好みの具を追加できるミックスうどん。組み合わせは自由自在。新しい味を試してみたいとき、ちょっと冒険してみたいときにもってこいです。写真は肉キムチうどん(740円)。肉の甘さと、キムチの辛さが不思議とマッチします。

牧ちゃんは、そばもあります。でも、そばはあんまり出ません。お客さんの9割方はうどんの方を頼みます。写真は大ぶりな姿えびの天ぷらが2匹も入った、えび天そば(530円)。そばは注文してから茹で始めるので、いつも茹でたてのものが楽しめます。

写真は大学時代の親友カズ君が馬鹿の一つ覚えのように注文していたごぼう天うどんです。私も影響され、具の追加で頼んでいました。 赤鉛筆で正の字を書いて注文。一番下にある「オ」・「テ」・「カ」が何のことか分かる人は、マニアです。ちなみにネギは取り放題です。野菜高値なんか関係ありません。お金のないときは、素うどん(かけうどんのこと)にたっぷりネギを入れてネギうどんにしていました。おばちゃんがよく、スープの御代わりをついでくれたなぁ…






資料提供/釜揚げ牧のうどんキャナルシティ店他