水・無くてはならないもの
 
 
 
 
 
「水」は私たちにとって身近な存在であり、また無くてはならないものです。
わたしたち人間の体は、約65パーセントは水で構成されていて、その内の約
20パーセントが失われると、死亡してしまうと言われます。体の大半をしめ、
体の働きに欠かすことのできない水は、その質、摂取する量によって、当然、
健康に大きな影響をあたえます。
ここでは、どんな水が身体に良くて、美味しいのか、どんな飲み方をするのが
良いのか等、「水」に関する癒しをご紹介していきます。
 
 

●ミネラルの豊富な水
 
水は、流れ出る水源地によって、成分の大きく異なったものになります。そして、
水の中に含まれる成分「ミネラル」を多く含む水が流れ出る地域には、そうでない
地域と比べて長寿者が多いことが分かっています。
 
ミネラルとは、カルシウム、マグネシウムを始め、ナトリウム、鉄、マンガンなど、
水中に溶けている金属類の総量のことです。これらの成分は、微量ではあっても身体に
どうしても必要なもので、不足すると、様々な障害を引き起こします。そして、特に
カルシウムの摂取と長寿には大きな関わりがあります。カルシウムは、身体には
なくてはならないもので、不足すると、身体は骨から溶かし出してでも使います。
 
この時、脳はカルシウムを溶かし出す命令を出すわけですが、お年寄りになると、
一旦この命令を出すと、それが上手く止まらない場合が多くなるのです。そうすると、
カルシウムはどんどん骨から溶け出し、血管壁に付着して、動脈硬化を引き起し、
心筋梗塞や脳卒中を起こしやすくしてしまうのです。カルシウムの溶け出した骨は、
もちろん非常に脆くなってしまいます。
硬度の高い水を飲む地域の人たちは、心筋梗塞、脳卒中になる確率がとても低いのです。
 

●ミネラルウォーター
 
ナチュラル・ミネラルウォーターは、水道水のような滅菌・成分調節をされていない
天然の水で、自然のミネラルが含まれた水です。けれど、ミネラルウォーターにも、
ミネラルを多く含む「硬水」と、少ししか含まない「軟水」とがあります。
1リットル中、100mg以上のミネラルを含む水を「硬水」、100mg以下の
ミネラルを含む水を「軟水」としています。健康を考えるなら、もちろん硬水の方が
良いのですが、硬水はかたく、しつこい味がし、軟水は淡白な味で飲みやすく感じます。
味だけでしたら、硬度が100(mg/リットル)くらいの水が、まろやかで美味しいようです。
 
市販のミネラルウォーターの硬度を紹介した表がありましたので、引用させて頂きます。
ご参考までに。
〇硬度50以下の超軟水 ・和風のだし、お茶、コーヒーに向いている
ROベビーウォーター(硬度2)  ラムローサ(硬度7.5)
屋久島縄文水(硬度10)     南アルプスの天然水(硬度30)
三国山脈谷川の水(硬度43)   天然名水出羽山々の水(硬度46.3)
〇硬度50〜100の軟水 ・炊飯、調理用
ボルヴィック(硬度50)     六甲のおいしい水(硬度83)
富士ミネラルウォーター(硬度87.6)
〇硬度170前後の硬水 ・ウイスキーの水割、洋風だし
ハイランドスプリング(硬度175)バルヴェール(硬度176.5)
〇硬度300の硬水 ・食欲増進の効果があるので、食前酒の代わりに
エビアン(硬度297.5)     ペリエ(硬度364.5)
〇硬度600を超える超硬水 ・スポーツ後のミネラル補給にお薦め
ヴィッテル(硬度649)     アポリナリス(硬度691.2)
サンペレグリノ(硬度733.6)  トニースタイナー(硬度969.5)
〇硬度1500究め付け ・ダイエットや便秘解消に効果ありとか
コントレックス(硬度1503.5)
 

●アルカリイオン水
 
硬水の良い点は「体に必要なミネラルを多く含む」という点と、もう一つ、水に溶けた
ミネラルは「体への吸収がとても良い」という点にあります。市販の錠剤タイプの
サプリメントでは、吸収率が悪く、なかなか体に成分を取り入れることが
出来ないそうです。水に溶けたミネラルは、体への吸収が良いのですが、それをさらに
吸収しやすく工夫した水が「アルカリイオン水」です。
 
「アルカリイオン水」とは、水を電気分解して、陰極側に集った
“アルカリ度の高い水”のことです。この「アルカリ度の高い水」は、普通の水では
溶けにくいカルシウムやマグネシウムを溶かし込むことができ、さらに、その
カルシウムやマグネシウムも、人の体に、きわめて吸収されやすくなるのです。
そして、アルカリイオン水は、体の体液をアルカリ性の状態にしてくれます。
人間の体は、調子の良い時・休息が十分で元気な時はアルカリ性で、過労の時・
調子が悪い時は酸性で、老化を進めてしまいます。体液の状態は、食べ物の影響で
すぐに変化します。アルカリ性の食物を多くとると老化防止になります。
 
☆ご参考までに
 酸性食品:糖類・肉類
アルカリ性食品:野菜・果物(特に酸っぱいレモン・ミカン)海藻
 

●水飲み健康法
 
人間の体は、水分を10パーセント失っただけで危険な状況に陥ります。いつも体に
十分な水分を補給してやることは、体にとても大切な事です。毎日たくさんの水を
飲む「水飲み健康法」には、血液をサラサラにする、便秘解消、美肌、イライラの
解消等に効果があるそうです。〇方法は、1日2〜3リットルの水を飲む。
一度にたくさん飲まず、2・3口づつ、何度も飲みます。難点は、トイレが近くなる
ことですが、体の老廃物が出て、体の中までキレイに洗い流される感じになります。
 
〇1日に2〜3リットルはちょっと大変で出来ない、そんな方には、朝の目覚めの水が
お勧めです。目覚めの一杯は、朝、濃くなっている血液を正常にもどし、体調を整え、
胃を刺激して、食欲の増進にも効果があります。また、目覚めの一杯は、便秘の解消にもよく使われています。起きてすぐ、冷たい水をコップに2・3杯飲みます。すると、
胃が刺激されて、腸も蠕動運動を始めるのです。胃腸が弱い方は、ぬるめの水に
してください。
 
〇水を飲んでタバコをやめる、という禁煙法があります。
「シュミレット博士の『水を飲んでたばこを五日間でやめる方法』」として紹介されて
います。この方法は、タバコを吸いたくなったら、水を飲んで、タバコを吸いたいと
いう衝動を鎮静し、抑制するのだそうです。まず、朝は早起きしてコップ一杯の水を
飲み、シャワーを浴びて全身マッサージをする。朝食は果物と野菜ジュースだけ。
あとは、タバコの替わりに水を飲みます。この方法で、9割近い人が禁煙に成功
したのだそうです。禁煙で苦しいのは、ニコチンの禁断症状ですが、この方法では、
水によって、ニコチンの毒性を薄め、排出を早める事ができるため、禁断症状を
和らげることができるのです。
 

●水道水を美味しく飲むには
 
上記の水飲み健康法は、実行するなら、やはり良い水を使いたいものです。
一番良いのはミネラルウォーター、アルカリイオン水、または、浄水した水ですが、
お金をかけずに、自宅の水道水を、美味しく安全な水に変えることも出来ます。
その方法のいくつかをご紹介します。
 
〇煮沸
 水道水特有のにおいを取り、塩素を飛ばすことができます。容器のふたを外して、
 最低3分間煮たてます。さらに夏は5分、冬は10分ほど沸かすと、完全ににおいが
 消えます。
 
〇放置
 広口の容器に水を入れ、ふたをしないで約12時間放置します。それだけで、塩素が
 飛んで、臭みが消えます。
 
〇木炭
 1リットルの水に対して、こぶし大の木炭1個をガーゼにくるんで、
 約7時間浸しておきます。木炭が臭気を吸着してくれます。木炭は、
 時々日に干せば何度でも使えます。

☆水はもともと、私たちの生活にとても馴染みのあるものです。健康法として
取り入れるのも、抵抗なく楽に出来るかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
ロビーへ戻る