私のゲストブックです

依田 忠克 - 04/02/06 23:43:56
ホームページアドレス:http://www.geocities.jp/singetsu123/index.htm
電子メールアドレス:singetsu123@yahoo.co.jp

コメント:
はじめまして依田といいます。 羽鳥先生のゲストブックに書きこみさせて頂きます。 インターネットで聞くことの出来るBBN聖書放送に牧師の書斎という番組がありまして、いつもその番組に感謝しています。 そこに出てくる先生も羽鳥純二先生と言っていましたので、もしかしたらこのページの羽鳥先生と同じ方ではないかと思い、さっそく書きこみした次第です。 もし違っていましたらご容赦ください。

平野 - 03/08/04 20:37:07

コメント:
ゲストブックに書き込みをするテストです。

羽鳥純二 - 03/07/15 04:45:25
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/HeartLannd-Apricot/2239
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
何だか判りませんが、交信中の相手が、東北大大学院メディア言語学研究所教授でしたので。

平野好道 - 03/07/04 21:18:43

コメント:
羽鳥先生の書き込みの一部が文字化けしているのはおかしいですね。 社名や商品名と看做されたというのは疑問ですが。

羽鳥純二 - 03/06/14 07:42:33
電子メールアドレス:junji@sd.starcat,ne..jp

コメント:
美比古は教授でした。

- 03/06/14 07:36:08
電子メールアドレス:junji@sd..starcat

コメント:


羽鳥純二 - 03/06/12 16:08:53
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
文字化けの原因は、私の書き込みが、社名、商品名と見做され、広告として、入力を拒否されたと思います。

羽鳥純二 - 03/06/12 13:25:02
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
読めなかった所の続き 井ケ鼎里茶と言うのを買ってきましたが、これは番町の茶屋、勿論貴方も知っているでしようが、会長が、つまり元社長は同級生。そんな訳でもないでしょうが、同病相憐れむ心臓病。高校時代に皆で、彼の家にクラシックのレコードを聞きに行くと(戦時中はこれはとても贅沢な、スリルに富む娯楽)彼は私だけには一服のお茶を持て成して呉れました。そして最後にはその頃入手できない、茶筅を譲って呉れました。それを使って、ふんどし姿で茶を立てて、友人に『お前、命がけで心を休めようと、頑張っているんだなと呆れ返られましたっけ 私の家族は、正にグローバル。韓国籍が二家族(一つは日本、もう一つはアメリカ。これは在米コリアン教会の牧師)米国籍も一つ。これは英国に住んで中国人に伝道しています。これも信仰ゆえの喜びかな。 兎に角、話し合いたいですね。私は、かなり前にローザンヌで第一回世界伝道会議と言うので、無神論者への伝道と言うテーマで分科会の奉仕をしました。その時の最初の言葉が『日本には本当の無神論者は居ない。いるのは無関心論者だけだ。』でした。もし貴方が無神論者だったら話してみたい物です。              純二

羽鳥純二 - 03/06/12 07:27:51
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne/jp/

コメント:
私の書き込み読めませんね。またいつか書き込みます。純二

羽鳥純二 - 03/06/12 07:17:46
ホームページアドレス:http://www.geocities.co/jp/HeartLand-Apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
足立先生と言うべきでしょうか。お互い『先生と、呼ばれるほどの馬鹿の世界に住んでいますから。尤も、私の信じている聖書には『先生と呼ばれるな』と記されていますが。ですから、私を可愛がってくれたマカルパインと言う宣教師はブラザー・ジュンジとしか言いませんでした。尤も,その言葉を訳してくれる、菅内師(姉と書くべきなのですが)は人の前では、『純二先生』と通訳していました。でも、実際は私たちはファーストネームでの付き合いでしたが。 私信となっていますから、個人的の事を書きますが、貴方は、家内のつまり貴方の伯母さんの敏子と親しく話し合ったことはなかったですね。貴方が御先祖様について関心があるように、私たちのこどもも御先祖様の事を知りたいかと思って、長男が、六年生になった時、自由研究の材料として、群馬県史と山形県史を図書館から借り出して、読ませました。群馬県史には五万石騒動の所に羽鳥権平の名が出ていました。山形県史には江戸時代の所に、庄内藩の財政を救った酒田の町人と言うより、大地主から取り上げられた本間三郎四郎光丘と言う名が出ています。『本間様には及びもないが、せめてなりたや殿様に』と歌われ、現在も、酒田の防風林のあった所の公園に光ヶ丘の名が残り、本間博物館とか言う物、山居倉庫は現在も米の貯蔵庫として用いられて観光資源ともなっている本間家の孫が旧姓荒井敏子、つまり羽鳥敏子貴方の伯母さんです。彼女と結婚した時は私は無給の太平洋放送協会と言う団体の副支配人でした。私は、収入のない得体の知れぬ男に大切な娘を嫁がせた、両親を尊敬しています。そして、私の息子は二人とも牧師。でも貴方が東北大で美学を教えているのは、面白いですね。西沢名誉学長を始め東北大には沢山の友人がいます。昨日も内に女性たちの誰かが『井ケ邸戮里茶を買って来ました。そこの会長は数少ない実業家になった友人の一人。そして同病相哀れむ友人の一人です。彼の内に行って戦時中で中々聞けぬクラシックのレコードを皆が楽しんでいるのに、私には一服の茶を振舞ってくれ、その頃手に入らなかった茶筅を贈ってくれたのも彼でした。私は戦後の荒廃の中でふんどし一丁でお茶を立ててました。小学校以来の友人に『羽鳥、お前の茶は、心を静めようとする気迫だけの茶だな』と呆れられながら。そんな私も喜寿。悟り済ますどころか、世を憂い、ブッシュやら小泉やらに腹を立てて、体の毒だと娘たちに言われている毎日。医者よりは、家内・娘の用意してくれる健康食に心臓・癌と言う二大死亡原因に勝利している毎日。何とか人様と神様の役に立てればと願っている老人。話し合えればなーと祈っています。スイスのローザンヌで『無神論者への伝道』と言うテーマで話した事もありますし。その時の原稿でも送りますか。しかし、その出だしは日本には『本当の無神論者は殆どいない、居るのは無関心論者だけだと言う物ですが。貴方もその一人と思いますよ。貴方が、自分の絶対音感の不足と戦ったように髪の存在そのものと戦った事がありますか。自分の中の罪とは。話し合いますか。羽鳥。足立の血が流れてたら、きっと、この問題にぶつかる筈ですよ。                  羽鳥純

足立 美比古 - 03/06/10 17:51:25
ホームページアドレス:http://ha2.seikyou.ne.jp/home/a-files/adachi
電子メールアドレス:a-files@ma2.seikyou.ne.jp

コメント:
私信:純二叔父さん、お久し振りです。無神論者の美比古です。いつかお会いしたいと思いつつ、東北大に移ってからは色々と忙しくなって、いまだに果たすことができません。この間は千葉にいる明叔父さんにお会いすることができました。下の姉がお世話になっている関係から改めてご挨拶に伺わせていただきました。近頃は妙にご先祖様のことが気になっているのですが(歳のせいでしょうか)、偶然にも姪の陽子から叔父さんのURLを教えてもらい、母方(羽鳥)のご先祖様のことを詳しく知ることができました。父方(足立)のご先祖様は(柳田民族学によると)まともな本百姓ではなく、どうやら聖(ひじり)系統の遊行者だったように思われます。そこで、叔父さんが音楽嫌いだったことを書かれたHPの文章を読ませていただき、亡くなった父が音楽好きだったことを想い出し、思わずニンマリとしてしまいました(同じ東京でも父は根っからの音楽好きでした)。さて、今年は神の恵みか、単なる偶然のせいか、どうやら11月あたりに野暮用で名古屋に行くことができそうです。詳しいことはいずれその話が具体化した際にでもご連絡させていただきますが、その節には是非そちらに伺わせていただきたいと思っております。どうか宜しくお願い致します。それでは、奥様にもどうか宜しくお伝え下さい。 匆々 美比古

羽鳥純二 - 03/06/06 10:12:53
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
質問は、質問の所をクリックして下さい。  羽鳥

- 03/06/05 20:21:36
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
現在、何処でも奉仕していません。今週末には家内と一緒に御奉仕に参りますが。近くの教会の聖会です。家内も奉仕をします。牧師先生が迎えに来て下さいます。

羽鳥純二 - 03/06/05 20:10:57
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
ゲストページに書き込んであります。

yassy - 03/06/02 20:59:27
電子メールアドレス:yassy@pop06.odn.ne.jp

コメント:
はじめまして。 私はクリスチャンです。 しかし今はどこの教会にもいっていません。(悲) 10年くらい前に私が愛媛県にいたとき、羽鳥純二先生のメッセージを短波ラジオで聴いていました。 大変学びになりました。 特に当時は学びに飢えていましたので・・・ お伺いしたいのですが、先生は今どこで牧会をしておられるのですか。 もしよろしければ、一度礼拝にお伺いしたいと思っているのですが。 よろしくお願いします。

羽鳥純二 - 03/05/28 05:42:58
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/heartLand-Apricot/223
電子メールアドレス:junji@sd.start.ne.jp

コメント:
『行け。わたしはおまえを遣わそう。』03/5/28

羽鳥純二 - 03/05/26 22:35:31
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Apriot/2234/
電子メールアドレス:junji@sd.staecat.ne.jp

コメント:
ハレルヤ 語り合いましょう。主の恵み、主の力、主の愛、主の栄光を。  主の民、主の家族、主の兄弟姉妹よ!  今日が救いの日、今日が恵みの日だから。

羽鳥純二 - 03/05/26 22:35:28
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Apriot/2234/
電子メールアドレス:junji@sd.staecat.ne.jp

コメント:
ハレルヤ 語り合いましょう。主の恵み、主の力、主の愛、主の栄光を。  主の民、主の家族、主の兄弟姉妹よ!  今日が救いの日、今日が恵みの日だから。

羽鳥純二 - 03/05/26 06:53:29
ホームページアドレス:http://www.geocites.co..jp/HeartLand-Apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd/starcat.ne.jp

コメント:
質問・意見、何でも結構、自由に書き込んで下さい.待ってます。

羽鳥純二 - 03/05/26 06:53:23
ホームページアドレス:http://www.geocites.co..jp/HeartLand-Apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd/starcat.ne.jp

コメント:
質問・意見、何でも結構、自由に書き込んで下さい.待ってます。

羽鳥純二 - 03/05/26 06:53:29
ホームページアドレス:http://www.geocites.co..jp/HeartLand-Apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd/starcat.ne.jp

コメント:
質問・意見、何でも結構、自由に書き込んで下さい.待ってます。

羽鳥純二 - 03/05/26 06:53:17
ホームページアドレス:http://www.geocites.co..jp/HeartLand-Apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd/starcat.ne.jp

コメント:
質問・意見、何でも結構、自由に書き込んで下さい.待ってます。

羽鳥純二 - 03/05/25 06:38:50
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd.starcai.ne.jp

コメント:
 実は、恥ずかしい話ですが、私は、暫く振りに、自分の著書『キリスト教の中心』を読みました。そしてこれは、講解説教ではない、と気付きました。私がしているのは、ただ、ヨハネ3:16の聖句から七つのテーマを選び出しただけですね。そしてその夫々に就いての実例・例話を集めているだけですね。そう言う意味では、これは、説教集ではなく、証し集ですね。でも、伝道旅行の中で、実際に経験した事、実際の人物の事、例話の中の事は、実際に私が直接に見、聞きした事です。勿論リンカーン、バッセルに会うことは出来ませんが、菅野教授などは、御子息のホーリネス教団横浜教会の菅野牧師から伺った事。また、この本に、出ている仮名の方々は、すべて信仰をお持ちになっており、現在もお世話になっている方、本当の生き証人です。ある方は、私の奉仕した集会で、司会されて、この本を紹介してくださり、『私のことも出てています。皆さんも、家に帰ったら、奥さんの手を握ってみてください。どんなに良くしてくれたか。感謝が沸いてきますよ』と言われました。そう、Iさんです。感謝の事に、この中に出て来られた方は皆信仰を持たれました。Y市の教会に来られた青年の方だけは『この中で信仰が持てないでいるのは貴方だけだよ』とその教会の牧師先生に、この本が出版された時、言われたのです。  これでは、ここで聖書の読み方を学びましょうと言っても、無理ですね。書き込みがないのは当然です。でも私は、この本を書いたのは、失敗だったと思いません。これは説教しようとして、書いた本ではありませんでした。私の父が信仰を持つようになったあの書物山室軍平救世軍中将の『平民の福音』の昭和版を書きたい、そんな大それた希望を持って書きました。勿論あの日本人に衝撃を当たえた名著、私もその何百版かのボロボロになり、色の変わった、この本を持っています。私の『お宝』の一つです。その本と較べる事は出来ません。しかし、この本も証し以外の何ものでもない。それに今日気付きました。それで、私の書きたかった本は、勿論、まだまだ不十分・不完全・不足だらけのものだけれど、希望した方向には向いていたのだと思い、主に栄光を帰します。ハレルヤ、アーメン。

羽鳥純二 - 03/04/19 23:17:11
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
アクセス待っています。何だか孤独を感じます。間違い、主がおられます。主の声だけが聞こえます。感謝。でも人間の声も聞きたい、そんな思いもします。昔からの主にある兄弟と、懐かしく交わった後、余計淋しいですね。

羽鳥純二 - 03/02/13 22:44:09

コメント:
大先生でも、初心者でも、真面目に考えようとしてしている方は、どなたも参加歓迎。勿論東海聖書神学塾など関係なし。論争も、真面目にぶつかってくるのは大歓迎。但しわたしの理解を超える、高等な御理論にはお答えする力がないこともあります。

羽鳥純二 - 03/02/13 22:32:11

コメント:
色々の事情から、このページを開けられないでいました。 『キリスト教の中心は』実は、私が入信した翌年、田舎の聖書学校(私の兄がアメリカから帰って来て、導かれて、重荷を持っていた牧師<この人のメッセージによって、共産党員だった私が信仰を持ったのですが>と協力して始めたのですが。)に入学して、最初の夏休みに、ヨハネ3:16をテキストとして、十のメッセージのアウトラインを造れと言う宿題を出されて、十は出来ないで、八つだけ出来たのを、二年で『もう奉仕に出て行け」と追い出されるようになって、放送伝道・地方の教会を廻っての旅行中に、経験した実際の証しを用いながら、八つの説教として纏めたものです。ですから、何も正式な学びなどしていない信徒が、聖書を自分で読んで、そこから、福音を学んで行ったものです。 ですから、聖書を学ぶと言うことの叩き台、一緒に聖書のメッセージを読んで行く切っ掛けになると思ったのです。神学も釈義も学んでいないで、聖書を引証・コンコルダンスを頼りに読んでいって、後は自分の経験、兄に学んだ説教演習、共産党員時代の、討論・アジテーションの経験などで書き上げたのでしょうか。 ですから誰でも、聖書のメッセージはわかる、だから誰にもわかるように語れると言う極めて、楽観的な考えの産物です。ただ子供の時から文章を書くのは好きでしたが。だから、釈義・神学的の間違いもあるでしょう。ですから、どしどし批判してください。私は、昭和の『平民の福音』を書きたかったのです。山室軍平の。勿論、そんな事は出来ませんでしたが、中学校を出た少年、年を重ねて難しいい理屈はごめんだというおばあさんも読んでくれる、そう言う本を書きたいと思いました。でも間違ったこと、分かり易くても、間違っていることは、書きたくなかった。だから、どんな意見でも聞かせてください教えてください。26刷で廃版になったのですから、現在には価値がなくなったのでしょう。何処が悪いか知りたいとも思います。兎に角どんな意見でも聞かせてください。真面目にお聞きしたいです。

羽鳥純二 - 03/02/13 22:32:05

コメント:
色々の事情から、このページを開けられないでいました。 『キリスト教の中心は』実は、私が入信した翌年、田舎の聖書学校(私の兄がアメリカから帰って来て、導かれて、重荷を持っていた牧師<この人のメッセージによって、共産党員だった私が信仰を持ったのですが>と協力して始めたのですが。)に入学して、最初の夏休みに、ヨハネ3:16をテキストとして、十のメッセージのアウトラインを造れと言う宿題を出されて、十は出来ないで、八つだけ出来たのを、二年で『もう奉仕に出て行け」と追い出されるようになって、放送伝道・地方の教会を廻っての旅行中に、経験した実際の証しを用いながら、八つの説教として纏めたものです。ですから、何も正式な学びなどしていない信徒が、聖書を自分で読んで、そこから、福音を学んで行ったものです。 ですから、聖書を学ぶと言うことの叩き台、一緒に聖書のメッセージを読んで行く切っ掛けになると思ったのです。神学も釈義も学んでいないで、聖書を引証・コンコルダンスを頼りに読んでいって、後は自分の経験、兄に学んだ説教演習、共産党員時代の、討論・アジテーションの経験などで書き上げたのでしょうか。 ですから誰でも、聖書のメッセージはわかる、だから誰にもわかるように語れると言う極めて、楽観的な考えの産物です。ただ子供の時から文章を書くのは好きでしたが。だから、釈義・神学的の間違いもあるでしょう。ですから、どしどし批判してください。私は、昭和の『平民の福音』を書きたかったのです。山室軍平の。勿論、そんな事は出来ませんでしたが、中学校を出た少年、年を重ねて難しいい理屈はごめんだというおばあさんも読んでくれる、そう言う本を書きたいと思いました。でも間違ったこと、分かり易くても、間違っていることは、書きたくなかった。だから、どんな意見でも聞かせてください教えてください。26刷で廃版になったのですから、現在には価値がなくなったのでしょう。何処が悪いか知りたいとも思います。兎に角どんな意見でも聞かせてください。真面目にお聞きしたいです。

羽鳥純二 - 02/08/20 06:16:10
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.co.co.jp/HeartLand-apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
 いよいよ始めましよう。私の『聖書の読み方』と言うのは、難しい、原語の知識とか、神学とかの知識が無くても 『聖書語句事典』「コンコルダンス」と言う辞書みたいのもの一つ、そして聖書についている(新改訳聖書には全部ついています)引証、注を使えば、十分、自分で私くらいには読めるという考えで、牧師の責任は教会員の方々、全部が、自分で聖書を読めるようにすると言う事、それが,説教の働きと考えています。その考えが、正しいか、どうか、皆さんと考えて行きたいのです。自由に語り合いましょう。ではスタート!

羽鳥純二 - 02/08/08 08:08:24
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
 中々、準備中の暖簾を下ろせないで済みません。焦っているのは、余命八年となってる、私です。鳴くまで待とうの、三河武士で行きましょう。   実は、江戸っ子そっくりと言われる上州は忠治の後裔の純二です。

羽鳥純二 - 02/08/02 07:40:46
ホームページアドレス:http://www.geocites.co.jp/HeartLand-Apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
自分のHPを暫く振りに開きました。メールを待っていますので。FLで話し合いましょう。実務をなさって下さっている方が、多忙ですので、いろいろ遅れています。お赦しを。                純二

小川 崇 - 02/07/25 22:54:52
ホームページアドレス:http://go.to/kyokai/
電子メールアドレス:nagahama@church.jp

コメント:
羽鳥先生、こんにちは。いつも、神学MLではお世話になり、本当にありがとうございます。先生のページを初めて訪れました。『キリスト教の中心』、素晴らしい作品です。私のホームページから、直接『キリスト教の中心』にリンクしてはいけませんでしょうか。もちろん、別のリンク集の中に先生のTOPページも入れます。MLにも参加したいと思いますので、参加のご承認をよろしくお願いいたします。 あ、もっと書いてもいいですか? すぐにお返事が聞こえないので、勝手に書いてしまいますが、先生の年代の方々には、先生を含めて私が尊敬する人が多いです。

羽鳥純二 - 02/07/11 07:42:38
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd/starcat.ne.jp

コメント:
間もなく、『キリスト教の中心』を読んで、それを切っ掛けとして、ヨハネ3:16を双方向で学び、考える事を始めます。元々伝道書として書かれた、著書ですが、それを聖書を読むという観点で、見直してみる訳ですから、著者としても、何が出るか、期待と不安?が一杯。楽しみ!

羽鳥純二 - 02/06/13 01:14:28
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
『キリスト教の中心』入力ミスもあります。訂正、読みやすくすることも努力します。                 羽鳥 平野

- 02/06/09 16:14:57
ホームページアドレス:http://www.geocites.co.jp/HeartLand-apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
インタラクティブとは対面の、双方的です。 わいわいがやがやと、無責任に口出しすることではありません。 ですから、私はまず話し合う箇所を決めようと呼びかけました。でも反応なし。それで、すでに公開しており、絶版で入手困難な、『キリスト教の中心』を切っ掛けとして、 ヨハネ3:16を読んで見ようと考えたわけです。 私は、まじめに話し合うために、フリーメールと言う形を選びました。『字が小さくて、読みづらくても』来年古希の私が、読めるのなら、我慢して頂きます。 私は、ただ、一人一人に誠実に語り合いたいだけです。  家族からは、朝早くから、夜遅くまで、パソコンに向かっていて、体力を考えろと言われます。 心臓・癌の治療を続けている身で、この位しか出来ません。 ただ、ディスプレイの向こうには、生きた人間がいるのだと言うことを分っていただけるには、すぐ、お答えすることだと考えています。 今日は、礼拝から帰って、まずメールが未着だと言うことは確認して、一休みして、念のためにHPの書き込みを開きました。2,3時間おくれていたら、すみません。 これが精一杯です。昨日は、東京から、息子の一家と、東京から帰って、12時までは、パソコンに向かっていました。 ですから、メールを頂きたいのです。 『牧師の書斎』は、20年近く昔の録音の再放送で、この回が黙示録まで行ったら、終えます。  以上、フリーメールのネットを選んだ理由の説明まで。  なお、私は、二つのフリーネールに参加して、色々教えられています。神学と、半島の南北問題の二つのネットです。                     羽鳥純二                   

匿名希望 - 02/06/09 01:48:30
ホームページアドレス:http://www1.plala.or.jp/umechan/view/10.htm

コメント:
先生、インタラクティブってどういう意味かご存知ですか?上記のサイトによると、「相互方向的」とか「対話的」という意味だそうです。となれば、このページ(サイト)のどこがインタラクティブなんですか?それとも、「聖書の読み方・考え方を話し合うメーリングリスト」がインタラクティブなんでしょうか?メーリングリストは内容が公開されないし、途中参加だと話題について行けない可能性があるので、入りたくないです。 2chや掲示板(BBS)の場で、公開討論みたいなことができたら、外野にいる人もうれしいのですが、それは無理なのでしょうか?

通りすがりのもの - 02/06/09 01:37:11

コメント:
昔、KTWRの「牧師の書斎から」では、お世話になりました。 ホームページについて、 春日井福音キリスト教会のリンクをクリックしても、 Forbiddenと表示されます。 北方キリスト教会はリンクがクリックできません。 「今日の聖書のことば」メールマガジンは、以前から私も受けていますが、ヨッシーさんと羽鳥純二さんはどういうご関係ですか? 「新版 キリスト教の中心」ですが、細かい文字が多いですね。目が痛くなります。もっと読みやすくわかりやすいように分割したりできませんか?それに頭のほう、広告のために文字が読めない部分があります。修正してください。(私の環境はWindows 98+IE5.0です) 日記帳に何もありませんが、いつになったら追加してくださるのですか? 「お読みになって聖書の読み方・考え方を話し合うメーリングリストを始めました。内容については、ここをクリックしてください。」ですが、.docファイルがダウンロードされます。ワードを持っていない人もいるので、テキストにしていただくか、HTML形式にして保存していただけませんでしょうか? このメーリングリストですが、東海聖書神学塾の関係者、卒業者でないと入ることができないのですか?また、求道者、初心者でも入ることができますか? どのような感じで話し合われているか、サンプルはありませんか?

羽鳥純二 - 02/06/07 06:49:34
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
こんなFLで、広報がされているのに驚きました。 コミュニケーション、人生・宗教を見る人は確かにターゲットでしょううね。有難う感謝です。  羽鳥純二

羽鳥純二 - 02/06/03 06:09:51
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
貴方のコメント感謝します。 これから、この場所を使って、聖書研究を続けたいと思います。まず、聖書のどの箇所を学びたいか、ご意見をお聞かせください。それを、ネットで学びましょう。純二

Shinri - 02/05/20 11:38:57
ホームページアドレス:http://ShinriNomachi.tripod.co.jp/
電子メールアドレス:shin@hc-rock.com

コメント:
野町です。 メールありがとうございます。 今週は金曜に金山クリスチャンセンターに行く予定です。

大野敏雄 - 01/09/06 10:59:12
電子メールアドレス:to1349mg@jcom.home.ne.jp

コメント:
「ゆりかごの歌」2.感動しました。長く基督者やってますけど、こういう基本的なこと、どすん、ときます。プリントアウトして配りました。HP最初の頁など、色の付いた字がダブって見えないのは何故でしょう。システムの方詳しくはありませんが。大変な労力を使われていると思います。この形式の発展を心からお祈りします。

大野敏雄 - 01/09/04 17:52:59
電子メールアドレス:to1349mg@jcom.home.ne.jp

コメント:
今PBAから戻り、PBAでこのサイトがあることを知り、ヤフーで検索して辿りつきました。未だ内容を見てませんが、双方向ということに興味感じました。羽鳥先生の牧師の書斎から、何らかの形で聞きたいと願っていました。とりあえずご挨拶。

鴨下直樹 - 01/08/20 23:06:28
ホームページアドレス:http://home.owari.ne.jp/~kochino/
電子メールアドレス:kochino@owari.ne.jp

コメント:
羽鳥先生お元気ですか! このHPが用いられるといいですね! 事後報告ですが、リンクはらせていただきました。

羽鳥純二 - 01/07/15 05:24:14
ホームページアドレス:http://www.geocities.co..jp/HeartLand-Apricot/2239
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
色々、教えられて毎日楽しいです。有難う。

羽鳥純二 - 01/07/15 05:24:40
ホームページアドレス:http://www.geocities.co..jp/HeartLand-Apricot/2239
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp

コメント:
色々、教えられて毎日楽しいです。有難う。

羽鳥純二 - 01/06/29 00:45:42
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Apricot/2239/
電子メールアドレス:junji@sd.starcat.ne.jp.

コメント:
私のゲストブックです。これからよろしく。

野町真理 - 01/06/14 01:11:50
ホームページアドレス:http://ShinriNomachi.tripod.co.jp/
電子メールアドレス:shin@hc-rock.com

コメント:
羽鳥先生へ 野町です。インターネットにつながりましたでしょうか? 今神学塾の鈴木先生に依頼されて神学塾のホームページを試作中です。とりあえず私のHPの中にアップロードしました。のぞいてみて、ご意見、アイディアなどをフィードバックしてください。主にありて。 http://shinrinomachi.tripod.co.jp/ttsgrace.html

野町真理 - 01/05/21 02:59:16
ホームページアドレス:http://ShinriNomachi.tripod.co.jp/
電子メールアドレス:shin@hc-rock.com

コメント:
羽鳥先生へ 神学塾教職コースを2年前に卒業した野町です。 先生もホームページを開設なさったのですね。 私のホームページとぜひ相互リンクさせてください。 主にありて 野町 真理

臼井 信博 - 01/04/07 08:33:23
ホームページアドレス:http://www3.ocn.ne.jp/~fyuji/
電子メールアドレス:kitagata@nyc.odn.ne.jp

コメント:
北方の臼井です。 綺麗なHPが出来上がりつつありますね。

私のホームページへ|