盆栽町の歴史
盆栽町の誕生
 現在の盆栽町は、大正13年に東京本郷周辺に住む盆栽業者達が、関東大震災の教訓から盆栽の培養に適した土地、新鮮な空気と水を求めて、当時荒地で、昼尚暗いような寂しい山林を切り開き、道路を作り土地を区画して全国の盆栽業者に呼びかけて入植したのが始まりです。当初土地の地主さん等のご理解とご協力も今日の発展の力になっています。正式には北足立郡大砂土村土呂及び西本郷でしたが盆栽愛好家や業者が多く住んだことから誰言うとなく「大宮盆栽村」郵便物も昭和の初めには大宮町在盆栽村の○○○○で届きました。
 盆栽村を開拓した先人達の先見性から、現在の道路幅も当時造られたそのままで、ほぼ碁盤の目状に造られ、道の両側には桜の木が植えられ花見時には桜の花のトンネルができ、大宮公園の桜とともに名所と讃えられましたが、残念なことに戦時中に燃料として大部分が伐られてしまいました。
 日本の伝承芸術である盆栽は、戦前から多くの愛好家が盆栽村を訪れました。盆栽の普及は盆栽村の発展につながり、戦前は30数軒の業者を数えたほどです。業者だけでなく盆栽村に住む人たちも多かれ少なかれ盆栽を持って(当時の盆栽村の内規による)親しみました。
 第二次世界大戦という不幸な時期を乗り越えて、戦後は次第に盆栽村の人口も増えて、市制がしかれた昭和15年に大砂土村も大宮市に併合、ややあってから字土呂及び西本郷は世界にも例の少ない行政上の「盆栽町」という町名に生まれ変わりました。

                  平成8年 日下部 昭三氏の「盆栽町の誕生」から抜粋
盆栽村の歴史(大宮市発行の「大宮のむかしといま」より抜粋)
 明治末から大正にかけて菊人形の名所として知られた、東京の団子坂を中心にその周辺には多くの植木職人、盆栽師が住んでいた。この人々は対象12年の関東大震災の苦い経験もあって、盆栽の培養に必要なより広い土地、新鮮な水と空気を求めていた。そこで、清水利太郎、加藤留吉、蔵石篤夫、鈴木重太郎、西村勝蔵等が話合い、対象13年の初めに土地の地主と交渉した結果、同年7月に土地の賃貸契約が取り交わされた。まず大工職人の日下部金一郎がこの地に移り住み、家屋の建設にとりかかった。こうして、大正14年4月に清水利太郎(清大園)、5月に蔵石篤夫(薫風園)、8月に内海源之亟(蔓青園)、米津梅太郎(好石園)、石田新次郎(古松園)、有賀仙吉(雲樹園)らが移り住み、盆栽村発展に尽力した。
 当時の盆栽村に住む条件として、@盆栽を10鉢以上持つこと。A門戸を開放すること。B二階建ては建てないこと。C垣根は生垣とすること。などがあった。
 以上が「大宮市のむかしといま」からの抜粋である。現在では、盆栽園が若干少なくなったといえども、脈々と引き継がれて経営してきたところが多い。世界でも盆栽ファンは多く、観光ルートとして見学にくる外国人の姿も見られる。また、盆栽園で研修している海外の青年もいる。今では、道路もほとんど舗装され、雑木林も住宅開発によりなくなり、昔の面影はさすがに少なくなっている。しかし、緑に囲まれ、閑静で気持ちの良い環境である。
            
写真提供 緑風園のオーナより