トラウマパンクEX


wacのはしゃぎ過ぎ譜面


まずはじめに。


釈迦EXではこんな感じの同時押し連続地帯がそれはもうたーくさんでてきます。よって、まず「このレベルの同時押しが見きれる+押せる」のが釈迦EXをクリアするための最低条件となります。要するに「ここが押せません」って人には釈迦EXはまだ早いってことです。同時押し多め+詰まり系の譜面、メロパンEXとかパワフォ6EXとかが良いでしょうか、そのへんから練習してください。

そして次に。
釈迦EXのクリアを目指すならEXステージよりノーマルステージ選択が楽です。ノーマルステージならば、釈迦EX最大の難所である序盤の滝を超えた後のゲージが0でも、その後さえしっかり叩くことができればクリア可能です(総BAD50台でもクリアは十分可能)。

となると釈迦EXをクリアするために問題となってくるのは
・序盤の滝でなるべくゲージを残す(残ればクリアが非常に楽)
・滝の後の譜面をとりこぼさない
この2点となります。特に2つ目が重要ですね。

次にミラーの有無ですが、右利きの人はミラーをかけた方が良いのではないかと思われます。理由は以下。
・上図のような同時押しが正規譜面だと左に寄る→左手の力(筋力or指の持続力)が弱いと同時押し地帯でポロポロBADが出てしまう
・最後の白緑連打地帯も正規譜面だと左に寄る→BADでやすい

ミラーをかけると当然デメリットもあるわけでして(滝の後での細かい動きが要求される箇所がミラーをかけると左に寄ってしまう)一概に「右利きは絶対ミラー!」というわけでもなさそうです。左手の持続力はあるけど細かい動きは超苦手、という人なら正規譜面でも良いかと思います。

ですが、私の場合はミラーをかけることで始めて釈迦EXがクリアできましたし、そもそも右利きの多くの人は左手の持久力がネックなのではないかと思います。よってここの攻略ではミラーをかけるのを前提に攻略していきたいと思います(以後出てくる譜面は全てミラーをかけたものです)。

フレーズ39滝前の難所:青連打部分(一周目最初の「どろろの脳髄♪」後)


最初に述べたような同時押し連打の譜面を基調として、より細かいオブジェが所々に配置される譜面がポツポツとでてくるのが釈迦EXの特徴であり、またクリアを難しくする要因となっているわけですが、ここもそんな箇所の代表的なところ。ここでは中央の青連打に意識を置くとよいでしょう。最初の2個は左の黄と同時押し気味に、残り5個は左手での超連打で。

フレーズ43トラウマ最大の滝:ミエルカボケ(一周目2回目の「どろろの脳髄♪」後)


ここを超えた後のゲージが残っているかどうかが釈迦EXクリアの大きな鍵となるわけです。が。ミエネーヨコンナノ。まあコツとしては「同時押し連打ゾーンだと思いとれるオブジェはきっちりとる」って所でしょうか。




その際赤ボタンを基点にして同時押しの認識をしていくとBADは4〜5で済むはずです(上図の赤線で区切った箇所を同時押しとみなす)・・・理論上は。つーかここが全部押せりゃ苦労しませんって。

フレーズ59ちょっとした復習(後半4回目の「シャララシャカシャカ♪」)


右上の赤い丸で囲んだ部分は譜面的に右手だけで押さないといけない所です。つまり「特殊な同時押し」のパターンになります。具体的には「ポップン攻略論」の方で。右利きの人ならなるべく落としたくないところ。

フレーズ7071左手が若干辛い箇所(後半1回目の「どろろの脳髄♪」後)


左に若干細かい部分が出てきますが、気合で乗りきりたい。あんみつ気味にいくのも良いかも。このあたりはBAD1〜2で抜けたいところ。

フレーズ7475左手が結構辛い箇所(後半2回目の「どろろの脳髄♪」後)


同時押し部分で左手が左右に振られ、かつ最後に123の高速階段がくる辛い箇所。高速階段はまた気合の入ったあんみつ(笑)で乗りきるとして、同時押しの箇所だけはNOBADでいきたい。

フレーズ8081ラストの右手破壊地帯(サビ最後「どろろの脳髄♪」)


これだけ右の白緑連打が詰まっていると、左右分割して譜面認識するしかないでしょう。ただ右はあんみつ(同時押し)気味に押すことも可能です。左部分は重点的に意識を置いてとりこぼさないように。最後の「どーろーろーのーのーずー♪」で右の緑と白を押す回数が16回。この個数と押すタイミングは覚えておきましょう。

さーいーごーにー。
釈迦EXの難易度「LV42」を見ただけでやる気が無くなる人が多いかもしれませんが、もの凄い細かい動きを要求されるわけでもないので、クリアするだけなら意外となんとかなるものです。とにかく基本的な同時押し部分でいかにBADを出さないか。これが肝心だと思います。

(03/6/14)



譜面攻略に戻る