200011
10000
開設 2004.Aplil.9


所沢飛行場の誕生と初飛行


明治時代に日本の陸軍、海軍が初めて研究した航空機は空気より軽い気体の上昇力を利用した軽気球でした。
したがって日本における最初の公的な航空機研究機関である「「臨時軍用気球研究会」が明治42年(1909年)7月31日付官報
で公布された勅令第207号(7月30日付)で「臨時軍用気球研究会官制」が発令され、航空機に関する最初の公式機関が設立されました。「臨時軍用気球研究会」では飛行機を飛ばす本格的飛行場が必要になり、適地を求めて各地を調査し、検討の結果所沢が選出されました。

明治44年(1911年)4月1日にわが国最初の飛行場として所沢飛行場(正式には「「臨時軍用気球研究会所沢試験場」が開設されました。
同年4月5日に徳川大尉の操縦するアンリ・ファルマン1910年型機が初飛行に成功しました。

高度10メートル、距離800メートルを1分20秒で飛行したのが所沢飛行場での最初の飛行です。

明治44年6月
所沢飛行場で地上滑走中のアンリ・ファルマン機




 髭爺の思い出話

私の生家は飛行場への道(飛行機新道の入り口)でしたので子供の頃は朝夕の起床、消灯ラツパが聞こえ、
飛行機のエンジンの音を聴きながら過ごしていました。

日本の最初の飛行場が出来、毎日沢山の見物人が押し掛け賑わっていたそうです。

私の両親も初めて飛行機が飛んだ日にゴザを持って飛行場に行きその雄姿を見たそうです。

加藤隼戦闘機隊の加藤氏も近所に下宿していたそうです。
うちの借家にも兵隊さんが沢山住んでいました。

姉達の話では
陸軍少年飛行学校の生徒が毎日真っ白い体操着姿で飛行学校から飛行機新道を上がり旧町へと
隊列行進をする勇姿が見られたそうです。

夜間飛行訓練の時は対照灯(サーチライト)が夜空を明るく灯し綺麗だったそうです。

町も飛行場で働く人たちや軍人さん達で賑わっていました。

戦時中はロッキードやグラマンが家の前の半鐘塔スレスレに飛行場に
機銃掃射を浴びせて行くのを防空壕から恐る恐る頭を出して見ていました。

ロッキード グラマン


 
操縦士の姿も良く見えていました。
家の前を担架に乗せられた負傷者が度々病院へ運ばれて行きました。

我が家の壁にも柱を突き抜けて機銃掃射の流れ弾が壁に突き刺さっていたこともありました。

戦後間もない頃は飛行船の格納庫の骨組だけが残っていました。
終戦後破壊された飛行機の風防ガラスを取りに行き、こすっては甘い香りを楽しんだり、
ローソク変わりに燃やしたりしたのを思い出します。

現在は一部米軍基地が残っていますが、素晴らしい公園(航空公園)に生まれ代わっています。






所沢飛行場から飛び立ち所沢の空を駆け巡った数々の飛行機を紹介します。


写真提供:喜多川写真館


撮影者の喜夛川秀男さんは、私の生家のご近所でしたので、我家の家族の写真や
私の幼少時代の記念写真は全て彼が撮影してくれました。

日本凧式気球 明治33年 アンリファルマン1910年型 明治43年
ハンヌグランデ1910型機 明治43年 奈良原式一号飛行機 明治43年
会式一号 明治44年 ライト型 明治44年
ブレリオ11−2ビス型機 明治44年 ニューポールNG 大正2年
モーリスファルマン4型機 大正4年 磯部式ルンブラー・タウベ型飛行機 大正4年
カプロニCa40 大正5年 グレアム・ホワイト10大型飛行機 機上作業練習機
尾崎式曾我号トラクター 大正6年 スパッド11A2型偵察機 大正8年
甲式一型練習機(ニューポール81E2) アンリオHD32E2練習機
ソッピース3型 パップ型戦闘機 大正8年 ブレゲー式旧式14B2軽爆撃機 大正8年
アプロ504K練習機 大正8年 3型滑走練習機 大正8年
丙式一型戦闘機 スパット1301 大正9年 ジーメス・シュケットD.W戦闘機 大正9年
中島式五型練習機 大正9年 丙式2型戦闘機 スパットエルプモン2002 大正10年
甲式3型練習機 ニューポール2401型 丁式二型爆撃機 ファルマンF−60 大正10年
甲式U型練習機 ニューポールB3E2 大正10年 戌式一型練習機 コードロンG4 大正10年
海軍シュレックF.B.A 17HT2 水陸両用飛行艇 丁式1型爆撃機(F−50)大型爆撃機 大正10年
校式2型試作戦闘機 大正11年 ユンカース JF6 大正11年
雄飛号 大正4年 乙式一型練習機
モラヌ・ソルニエA1練習機 大正11年 乙式一型練習機 アンリオHD14E2 大正12年
ドボアチーヌD7型練習機 大正13年 ドボアチーヌD1C1戦闘機 大正13年
ブレーゲ19B2 大正14年 校式A−3型遠距離偵察機(試作機)
八七式軽爆撃機(三菱2MB1) 大正14年 アンリオHD−19−E2 大正14年
サルムソン2A2 大正15年 フォッカーCv6通信機 大正15年
フォッカーC5E型 デンマーク訪日機 大正15年 ライアン NYPー2長距離通信機 昭和2年
88式2型偵察機 昭和2年 スモリクS−16型機 チェコ訪日機 昭和2年
九一式一型戦闘機  昭和3年 海軍アストラトウレAT2号飛行船 大正11年
乙式一型偵察機 昭和4年 フォッカーF.7b旅客機 昭和4年
石川島R−5試作練習機 昭和4年 川崎ドルニエメルクール病院機 昭和7年
93式T型重爆撃機 昭和8年 93式単発軽爆撃機 昭和8年
95式11型練習機 昭和8年 92式戦闘機 昭和9年
中島式九四式偵察機乙型 昭和9年 三菱雁型通信機神風号 昭和10年
ブライマリン型 初級滑空機 昭和11年 飛行研究所長距離機 昭和12年
ジェルバC 19MK4型オートジャイロ 昭和7年





故郷所沢の思い出、情報ら何でも書き込んで下さい。
ご意見、ご感想をお聞かせ下さい。

【著作権をお持ちの方へ】
 このページは、個人の趣味で非営利で作成しております。
もし不都合がありましたら、大変お手数ですがメールにて
連絡をお願いします。
このホームペイジに使用している画像データー等の著作権は、全てそれぞれの原著者に帰属します。
商用目的での二次的利用などは制限されています。ご注意下さい。