2002.7.142008,4,16




東町一番地の交差点から浦和方面に坂を上がると西武線の上に陸橋が架かっています。
この橋は名を七世橋と呼び昭和16年に旭町のはずれにあった陸軍病院(現・市民医療センター)があり、
急病、急患、負傷した軍人を急いで搬送する為に踏み切りが障害になり軍の命令で道が出来、陸橋が架けられました。
一刻でも早く病院に運び、再起の為に治療し、七度生まれ変わり国に尽くす、いわゆる「七生報国」の言葉から名づけられました。
この七生端が出来ると新道が開通し旭町は南北に分断され町内の様子も大きく変わってゆきました。


マップから他の場所へリンクしています。








故郷所沢の思い出、情報ら何でも書き込んで下さい。
写真もOKです。


ご意見、ご感想をお聞かせ下さい。

【著作権をお持ちの方へ】
 このページは、個人の趣味で非営利で作成しております。
もし不都合がありましたら、大変お手数ですがメールにて
連絡をお願いします。
このホームペイジに使用している画像データー等の著作権は、全てそれぞれの原著者に帰属します。
商用目的での二次的利用などは制限されています。ご注意下さい。