2001.8.27 





北野天神社春の大祭
(天神様)

戦前までは、北野をはじめとして近隣近在から参詣人が集まり、
境内にはサーカスや見世物小屋もかけられ、
参詣人の肩が触れ合う程の賑わいでした。

三月二十一日は一番マチと呼ばれ、
翌々日の二十五日の祭礼は二番マチと呼ばれいます。
祭礼の規模は一番マチの方が盛大で、
二番マチではかっては神楽を奉納するのが恒例でした。


3月21日(一番マチ)に行なわれる学問の神様北野天神の大祭には
近隣の村々、村山、東大和の人々も丘陵を越えて参拝に来ていました。

フージと言う青や赤の色紙を三角形に折りたたみ願い事書き木綿糸で結び封をして持ってゆき梅の枝に結び奉納していました。
又、「奉納北野天神天満宮」と半紙5,6枚に朝露で書いた習字を
旗の様に長い篠竹にぶら下げ、
竹の先には梅の花か樫の葉のついた枝がついていました。
この旗を詰め所に持って行くと役員の方からお守りとお札が貰えました。
こうしたフージや旗の奉納は戦前までは盛んに見られました。

昔は子供達は皆正月には書初めをして神棚に
吊るしたものでした。


この様な習慣は残してゆきたいですね。


馬のまち 初水天宮
七夕祭り 山車祭り
北野天神春の大祭

次のペイジ
柳瀬川・大谷たんぼ・釣りの思い出





我が家にやって来る野鳥達をご紹介します。




航空公園で出会える野鳥を紹介しています。
 戦前所沢飛行場にあった懐かしい飛行機の写真をご紹介します。

ご意見、ご感想をお聞かせ下さい。

【著作権をお持ちの方へ】
 このページは、個人の趣味で非営利で作成しております。
もし不都合がありましたら、大変お手数ですがメールにて
連絡をお願いします。
このホームペイジに使用している画像データー等の著作権は、全てそれぞれの原著者に帰属します。
商用目的での二次的利用などは制限されています。ご注意下さい。