2002.8.28.2004.10.2


市内を流れる唯一の川・東川に架かる橋をご紹介します。

東川は県立狭山自然公園の狭山湖近くの自然一杯の水源から、小川のような小さな流れから流れています。

以前は生活用水が流れ汚れていましたが、最近はきれいになってきました。

開 明 橋 

主要地方川越所沢線・峰の坂に架かる橋で新光寺入り口にあります。




橋の近くに峰のまんじゅうと呼ばれた美味しい饅頭屋さんが最近までありましたが
残念なことに店は閉められています。又一つ名物が消えてしまいました。

新 生 橋


 

旧市役所庁舎南入り口にある橋


琴 平 橋

 

旧市役所庁舎東側の道路にある。もと文化会館前に金比羅社があったのでこの名がつきました。
昭和26年12月竣工


境 橋

薬王寺門前にある橋、

もと上町と中町の間にあったのでこの名がつきました。
大正15年7月竣工
、昭和37年3月竣工もと寿町と浦町の境にあったのでこの名がつきました。





三 浦 橋

コンセルタワーの横を入った通称・海老屋横丁を入った所にある橋、


昔は橋を渡ると華やかな遊郭が何軒も立ち並ぶ花柳界が広がっていました。
橋際には名残の「三好亭」が建っています。




井 筒 橋

御幸町と寿町の境(秋田街道)にある橋、

昔、突き当たりに裁判所が出来た時に秋田さんが土地を提供して造られた秋田新道に架かっています。
秋田新道を開いた秋田家の屋号・井筒からこの橋の名がつきました。







鳥 居 橋



御幸町横宿通りにある橋、大通りの坂の稲荷の参道だったのでこの名がつきました。
もとここに鳥居が立っていた様です。大正13年10月竣工
飛行機新道が出来るまでは富岡の方達はこの橋を渡り町へやってきました。



旭 橋




      


御幸町飛行機新道に架かる橋、戦前は橋の欄干にガス燈が取り付けられていました、
戦時中に供出されてしまいました。
旧町の一番東側にあるのでこの名がつきました。
正面のガードは西武線、
以前、ガードをくぐり左側の道際に階段があり、御幸町駅がありました。



東川の源流部から、柳瀬川との合流点までご案内します。