顔見世





絵画は故峯岸正雄さん著・「むかしのところざわ百景」より


私の生家の右隣の田中辰二郎さん(寛永2年生まれ)は明治25年ごろ所沢下宿稲荷坂際に俥屋くるまや)を始めた草分けでした。
数台の人力車を置き若い車夫を抱え、電話、電燈、鉄道のないころに町の人々の足となって大いに貢献しました。
明治の「埼玉職業便覧」にはここが「人力停車場」と記されています。

当時の人力は車が木製で外側を鉄で囲んだもので、凸凹の砂利道、坂道(当時は急勾配が多かった)を引いて走るのには相当の体力が必要でした。

やがて車も硬質のゴムのものが造られました高価でしたので新旧両方の車を置いていた様です。

お客が「今日は遠出するので木ではなく、ゴムの方で行ってくれ」と注文したそうです。
タイヤが出来で空気の入ったハイカラな金属製の乗り心地の良い人力車は明治も過ぎたころでした。
人力車場のお客は主として町内の商家、料理屋、宿屋、医者等々に年間契約しておき、必要に応じて小僧、女中、書生等が頼みにくると車夫は車を引いてお客の家へと直行しました。
明治28年に川越鉄道(現西武線)が敷かれ所沢停車場前に間もなく「待合茶屋」が出来ましたが「俥宿」が出来たのはかなり後の事でした。

明治43年に飛行場が出来ると町には外から多様な人々の往来も増え技術者、役人、軍人達のお客も多くなり、この頃から町には他にも俥屋が増えてきました。

正月になると華やかな年始参りが多忙で”きれいどこ”の客は車夫に祝儀をはずんでいたそうです。

また、物日に芝居がかかると初日だけ俥屋を多数集めて、役者、太夫、座長等を乗せて豪華に町内をゆっくり練り歩き「顔見世」が行なわれていました。
往来の人達は勿論、家の中の人も飛び出しては太鼓の音に、座頭の口上に足を止めて役者に見とれて人力の周りは黒山の人でして。
田中さんは大正4年に65歳で亡くなられましたが、二代目の田中浦吉さんが後を継ぎ昭和の初期まで俥屋稼業に励んでいました。
年に一度は警察署に車を引いてゆき厳しい安全検査も行なわれいました。

現在ここは「うどん屋くるみ」さんになっています。
2001.OCT.13.