礼拝メッセージ
6月23日


《今週のみことば》

*** 招詞 ***

主題聖句:エペソ4:22から24
「その教えとは、あなたがたの以前の生活について言うならば、
人を欺く情欲によって滅びていく古い人を脱ぎ捨てるべきこと。
また、 あなた方が、心の霊によって、新しくされ、
真理に基づく義と聖をもって神にかたどり造りだされた、
新しい人を着るべきことでした。」

【本日6/23のメッセージ・・「古い人を脱ぎ捨て、新しい人を着る」】

聖書箇所:コリント第二4:7

★古い人を脱ぎ捨てる
古い人とは神の命から遠く離れて、
空しい心で歩んでいた人のこと。
人を欺く情欲に従って、自分の肉の思いのまま、
肉と心の望むまま を歩いていた姿のこと。
ヨハネ4章のサマリヤの女性のように
罪の泥沼の中から、
イエスの命に触れて古い人を脱ぎ捨てる。

★新しい人を着ること。
キリストに結びつくこと。
キリストとの生きた交わり、人格的な交わりも持つこと。

コリント第二5:17
「だからキリストと結ばれる人はだれでも、
新しく創造された者なのです。
古いものは過ぎ去り新しいものが生じた。」

キリストとの人格的交わり、
霊的結合は夫婦関係にたとえられている。
クリスチャンとは「キリストに似たもの」の意。

エペソ5:31
「それ故、人はその父と母を離れてその妻と結ばれ、
二人は一体となるのである。この神秘は偉大です。
わたしは キリストと教会とについて述べているのです。」

★新しい人の生き方
1)悪魔に機会を与えない
・・・・苦々しい感情を持ち続け続けることは
悪魔に機会を与えていることです。

エペソ4:26,27
「怒っても罪を犯しては成りません。
日が暮れるまで憤ったままでいてはなりません。
悪魔に機会を与えないようにしなさい。」

エペソ4:31
「無慈悲、憤り、怒り、叫び、そしりなどを
いっさいの悪意とともに、みな捨て去りなさい。」
苦々しい思いを抱き続けることは
サタンの攻撃に足場を与えてしまうものであるから、
悪魔に機会を与えないように怒りは継続させないこと。

2)神の聖霊を悲しませるな。

聖霊様はご人格をもっておられ、
聖霊による喜びや悲しみをもって、
私たちの心に神の思い、御心を示してくださる。
悪い言葉(腐敗したことば)は、
神の聖霊を悲しませ、交わりを破壊するものです。

エペソ4:29
「悪い言葉をいっさい口から出してはなりません。
ただ、必要なとき、人の徳を養うのに役立つ言葉を話し、
聞く人に 恵みを与えなさい。神の聖霊を悲しませてはなりません。」

マタイ12:35
「良い人は良い蔵から良いものを出し、
悪い人は悪い蔵から悪いものを出すのです。」

3)互いに赦しあいなさい
・・・・親切・優しさの具体的な現れが赦しです。

エペソ4:32
「お互いに親切にし、心の優しい人となり、
神がキリストにおいてあなたがたを赦してくださったように、
互いに赦し 合いなさい。」

マルコ10:43
「人の子が来たのも仕えられるためではなく、
かえって仕えるためであり、
また多くの人の購いの代価として、
自分の いのちを与えるためなのです。」