競走馬専用運搬車

 福島競馬が開催になると、毎週末にかけて多くの競走馬専用運搬車が競走馬を搬送してきます。美浦トレセンからは常磐道・磐越道・東北道と乗り継ぎ、栗東トレセンからは北陸道・磐越道・東北道のルートを通って福島西インター (夏季開催で函館開催からの直行組は福島飯坂インター)で高速をおります。その後、115号・4号国道を利用して福島競馬場へ到着します。厩舎地区で競走馬を降ろすと、業務用駐車場となっている第7駐車場や外厩舎内駐車場に移動します。

 福島競馬場によく競走馬を搬送してくる運輸会社は7〜8社、多くは日本馬匹と東都運輸の車です。日本馬匹のそれぞれの車には、過去に活躍した競走馬名がつけられています。以前は歴代ダービー優勝馬の名前でしたが、車の数が増えたせいか最近はGT競走の優勝馬名を付けた車も見ることができます。車の塗装色はJRAカラーの白と緑を基調としたもので、側面にはJRAのロゴも描かれています。一方、東都運輸の車輌はイエローベースにネイビーカラー、ボディ後方上半分はシルバーとなかなかのデザインです。他に、中野運送、竹内運送、鷹野運送、東海馬匹、竹中運送 、NITTSUなど各社の車輌をよく見かけます。

 

写真の説明:(左から)厩舎地区から美浦トレセンに向かう競走馬専用運搬車/外厩舎門から公道へ

 

写真の説明:(左から)日本馬匹新旧3世代の競走馬専用運搬車/2010年6月撮影時の車輌群

 

写真の説明:(左から)競走馬専用運搬車後部/第7駐車場に並ぶ競走馬専用運搬車

 

写真の説明:(左から)鷹野運送の車輌カラー(2010年6月撮影)/日本馬匹の車輌にはJRAのロゴ

    

写真の説明:(左から)日本馬匹/東都運輸/竹内運送/中野運送/鷹野運送

    

写真の説明:(左から)東海馬匹輸送/竹中運送/センコー/中央運輸?/関東馬匹運輸

 

写真の説明:(左から) NITTSU/東海馬匹輸送

 

写真の説明:(左から)ピーク時の駐車間距離はごくわずか/新外厩舎地区の一部も駐車場として利用

〔次ページへつづく〕