サカつく'04 前編。
7/1>>>


オーナーになる訳ですよ。僕なんかは。


先日発売された「Jリーグプロサッカークラブを作ろう04」にハマってます。
まぁ知らない人に説明しときますとシュミレーションゲームでして
Jリーグに参入する新しいチームのオーナーとなり
選手の雇用や資金繰りをして世界一のチームを目指すのです。
コツさえ掴めばジダンやロナウド、アンリといった選手も獲得出来るとゆう
シミュレーション好きな上にサッカー好きとゆう僕にはうってつけ。
もう発売日に買ってやりまくってますね。サカってますよハイ。
最近のJリーグと言えばマリノスがジュビロを押し退け
常勝と言う名の王道を歩んでいます。3期連続優勝とゆう記録つきで。
来年からは1stステージ2ndステージとゆう概念が消滅する為
恐らく3期連続優勝とゆう記録はこの先破られることはないでしょう。
その栄光の記録の影に我が北海道が誇るコンサドーレ札幌も
13連敗中とゆう名のボロ橋を叩いて渡っております。命綱なしで。
まぁ地元チームがそんな状況ですから、せめてゲームの中だけでも
強いチームを作って北海道を盛り上げたいじゃないですか。
ゲームってそうゆうもんでしょ。抑圧された欲求を解き放つモノでしょ。
あと5年もしたら僕も27のいい大人です。周りの友人達も結婚することでしょう。
でも僕は家族も作らずにときメモとかやってると思うんですよ多分。
「詩織タン萌えーにへぇにへへぇ」って画面に向かって語りかけてるんです。
恐らく頭もハゲあがり腹も出て、電車では痴漢容疑で捕まり
挙句の果てにゃ発作的に人を刺し殺待て待て明るいハズの未来待て
お前その5年間に一体何があったんだよ。もっと心の優しいハゲ目指せよ。
って誰がハゲじゃボケッ!! 誰の許可得てハゲちらかしとんねん!!


みたいな感じで我がチーム『釧路チェンバース』が発足致しました。続く。





サカつく'04 後編。
7/3>>>


アブラモビッチ的オーナーな訳ですよ。僕なんかは。


とりあえず我がチェンバースの総資産が150億円突破しました。
まぁ僕の郵便貯金よりちょっと多いくらいですけどね。
億って文字が多いくらい。将来の夢が路上生活以外ならなんでもOKって次元。

まぁここまでくるには数々の苦労がありましたよ。
チームを強くしようとして有能な選手を引き抜きまくってたら
選手に払う金が無くなって途方に暮れた時もあった。
でもそんな時支援団体が5千万円の援助をしてくれるイベントが起きてさ
…もう本当これには感動したよ、目頭が熱くなった。
やっぱり困った時には人の親切が心に染み入るね。
ちなみにネットで攻略サイトとか調べたみたら
そのイベントって年に2度まで起きるみたいだったから
5千万で選手雇ってまた寄付してもらったけどさ。
まぁなんだかんだ言っても結局は人情よりもゼニだよね。
もっと絞り取っても罰当たらねぇだろってチケット代高くしたし。

今でこそそんな悪徳オーナーぶりを発揮してるものの
やっぱ序盤は金銭面でかなり苦労するんですよ。
しかも今回は史上稀にみる難易度で易々と勝てないんだこれが。
15戦して2勝12敗1分ってどうゆうことだと。
コンサドーレに取って代わるチーム目指してるのに
今シーズンのコンサとほぼ同じ状況ですよ。
しかも2勝のうち1勝は相手が2人退場なってくれたからだし。
んでこのままじゃまずいと思い最初の選手補強をしたんです。
攻略掲示板でも「困ったらコイツを獲得しろ」って言われてる選手で
FWの東条って奴なんですよ。年齢も21歳とまだまだ伸び盛り。
しかし、ここでふと僕は思いました。閃いたね。
コイツはやがてチェンバースを背負って立つエースになるハズ、
とゆうことは今ここで弱小チームの一員として戦わせるよりも
海外留学させて才能を磨いた方が後々のことを考えても有益だと。

ってことで東条を海外留学させることにしたんです。
まぁ序盤は7つくらい留学地があるんですが金も本当に無いので
ここは体を鍛えさせようと思い、アフリカへ1年行かせました。
もうそれからのチームときたらヒドかったよ。
試合も連敗続きで、最下位争いの常連になってたし
選手からも「オレの給料は割にあわない、もっとくれ」と不満が続出。
多分観客もファイターズ戦と間違って来ちゃったんだと思うよ。
あれ新庄どこ?みたいな。神無月に速攻でアポとってみたいな。
でもそんな苦労も東条が帰ってきたら報われる、
アフリカ仕込みの強靭なフィジカルでガンガン点を取ってくれる
そう信じつつどうにかギリギリでやりくりしてました。

あと半年で東条が帰ってくる。今頃インパラを追いかけてるかな。

あと3ヶ月で帰ってくる。そろそろチーターを仕留めてる頃かな。

あと1ヶ月で帰ってくる。獅子を倒して現地部族に認めてもらったかな。

あと3週間。2週間。1週間。いよいよ東条帰ってきた!!


行く前と能力変わってねぇ


お前この1年何してたんだよ!! ほとんど能力バーが伸びてねぇじゃん!!
「ただいま。しばらくは羽根を伸ばしたいですね」とかほざくのよ。
いやいや羽根伸ばすとかじゃなくてまずその唇に入った皿を出せと
まじでシャレにならん状況ですよ。コイツに全てを賭けてたのに。
オレの予想だけどあれだな、留学期間全てをマサイ語の習得に費やしたね。
違う違う、語学留学させた訳じゃないんだって。サッカー留学だから。
もしくは300メートル先からインパラを見つける方法ね。
そういや「目が良くなりました」みたいなこと言ってた気がする。
あとはあれだな、一応FWだからそれの勉強もしなきゃまずいと気付いて
「相手選手(動物)に臭いでバレないよう風下から近付く方法」とか習ったね。
これはもうアフリカ特有のテクニックですよ。生きてく為の知恵。
日韓W杯初戦でフランスがアフリカのセネガルに負けたけど
このテクニックにフランスが対応しきれてなかったもん。
そうか能力の数値は増えてないけどそんな特技を取得してたんだ。
そうとわかりゃ2年目の優勝は貰ったぜーと思ってたら
コンサドーレ戦の札幌ドームって密閉型で風の流れないから大失敗。
相手選手に「クサッ…あ、居た!!」とかすぐ気付かれてたもん。
いやお前風呂入れと。いつまでアフリカ気分だと。

まぁそんなこんなである程度経営も軌道に乗rあ、東条は即解雇ですよ。
とりあえず経営に余裕が出てくると他の事にも目がいくようになります。
代表的なものとして「美人秘書」ってのがありますな。
これはサカつくの伝統的なものでして、秘書を好みで選べるんです。
そしてこれまた伝統的な儀式として「誕生日イベント」があります。
資金が数十億くらいになると秘書の誕生日に発生するんですが
「あつかましいですけど…プレゼント下さい♪」って言ってきて
「Aぬいぐるみ・Bバッグ・C置き物」みたいな選択肢が出てくるんです。
まぁ普段お世話になってることだし何か買ってあげようじゃないかと。
どうせ買うんなら喜んでもらえる物をと思い色々悩む訳ですな。
あー迷うなぁ、この置き物もなかなかセンスがいいし、
しかし女性と言ったらやっぱバッグが喜ばれるのかなぁ、
んーでもやっぱこのぬいぐるみにしよっと2億円の。ええぇぇぇ!!
いやいやいやお前あつかましいにも程があんだろと。
これがアホみたいに高いんですよ、2億円のぬいぐるみて。
いくら資産が数十億あるからと言って限度ってもんがあるでしょ
そんな法外な値段の物買えるか馬鹿野郎と。今回だけだよ本当。





進化論。
7/9>>>


太古の浪漫に浸る訳ですよ。僕なんかは。


えーっとですね今日は物凄い真面目で為になる話を書きます。
知的なMrだけを見たかったら後半部分は読まなくてよし
さて皆さんは『全海洋蒸発』とゆう言葉をご存知でしょうか。
読んで字のごとく全ての海が蒸発するとゆう現象のことです。
果たしてそんな状況があるのかと思う方もいるでしょうが
過去地球は8度に渡って全海洋蒸発に見舞われています。
その原因が隕石。それも半端な大きさじゃありません。
直径400km級の隕石が少なくとも8回地球に衝突したそうです。
もちろんそれは何万年、何億年前の話。
恐竜はおろか魚すらいなかった頃の話。
現存する隕石跡地として世界的に有名なアリゾナ隕石口ですら
たかだか直径数十メートルの隕石衝突と言われてます。
数十メートルクラスでこれだけの威力を持つ隕石、
400kmなんてとてもじゃないが想像がつきません。

時速7万kmで近付くそれは一瞬にして大気圏を突破し
地表に衝突した瞬間、地球は地獄と化すそうです。
それが海に落ちた場合、高さ数千メートル規模の津波が起き
更にもっと恐ろしい『地殻津波』とゆう現象が起きます。
これは衝突の威力に耐え切れず地面がごっそりめくれ上がり
その現象が音速以上の速さで次々に広がっていきます。
地殻津波の高さたるやなんと200km以上。
高さ200kmの地面が音速で襲ってくるんですよ。
そしてその後にこの隕石衝突における天災の主役
『岩石蒸気』とゆうものが地球の内部から噴出します。

石とゆうのはある温度を超えると水と同じように沸騰するのです。
表面が泡立ち熱でそれらが気化すると岩石蒸気として噴出される。
衝突地点の温度がおよそ6000度、これは太陽の表面温度に匹敵する程の温度。
その熱で岩石が全て蒸気と化し、たった一日で地球全体に広がり
およそ1500度の熱風が地球を覆い植物は一瞬にして根絶やされ
海の水位も毎分5cmとゆう速度で下がり続けるそうです。
そしてこの現象は丸々一年間続きました。
地上から雪はおろか海そのものが消えたそうです。
これにより生物はその都度滅びたと言われていたのです。
しかし最近ではその考えも改められる傾向にありまして、
地中深くそれも地下3000m以上の所に生息していた生物がいたら
この大熱波をも凌げたとゆう研究結果が出てるんです。
そしてその研究結果を裏付けるように
金採掘の為に掘られた穴の3000m地点から微生物が発見されました。
この微生物のDNAには地中で役に立たない肺遺伝子を備えた者も多く
恐らく太古の昔に地表から地中へ移ったと考えられています。

やがて岩石蒸気も無くなり蒸発した海も雨となって降り始め
徐々に地球は昔の姿を取り戻しつつありました。
なんとこの雨、その後2000年間に渡って降り続けたそうです。
海も元々の水位を取り戻した頃、生命の神秘が始まりました。
地中深くに移住して絶滅を免れた者達が海へ進出し始めたのです。
海は生命の母とゆう言葉に代表されるように
ここで様々な形へと生物は進化を始めました。
やがてそれらは魚となり、地上へ移り、知能を持ち
今ではこうやってクソサイトを製作するまでn黙っとけ!!

でも地中から海へ住処を移した最初の微生物って偉大だよ。
最初の一匹、こいつ居なかったら今の僕ら無いもの。
本当英雄ですよね。みんなで賞賛の声を浴びせましょうよ。
その英雄、まぁぶっちゃけ僕の祖父なんですけど。
ひぃひぃひぃひぃひぃひぃひぃ…ひぃひぃひぃ爺ちゃん。
ウチの家系図の一番上に「ばくてりあ之助」って名前あるから。
んでその息子が「てぃらのさう郎」うわぁ一気に進化したなぁ。
ほら僕の一族って根っからの冒険家ってゆうかさ
そうゆうバイキング家業の血を脈々と受け継いでる訳よ。
いくら小さい小さい微生物時代のオレとは言え
そこに海があったら泳がずにはいられなかったと思うのよ。
そこに山があったから登っただけなんだもの。
まぁこれ僕の祖父が言った言葉なんだけどね。

もう常に時代の最先端を突っ走ってたと思うよ。
河原で遊んでて尖った石とか見つけたら
「あれ?これでマンモスとか狩れんじゃね?」って最初に思い付き、
リンゴが木から落ちるのを見て「もしか地球丸くね?」と気付き、
チャイムを鳴らしてからエサを与える作業を犬に一定期間続けると
チャイム鳴る度に犬ってシッポ振るんじゃねぇかなぁ?
どう思う?親友のパブロフぅと友人に打ち明けたり、
空を飛ぶ鳥を見て「上昇気流掴む翼あれば飛べるな、あとエンジン」
みたいな感じで全部知ってたと思うよ。縄文時代に。
そうやって子々孫々と生命のバトンを受け継いできてる訳ですよ。
幕末の世に生きた先祖に見せてやりてぇなぁ、
こうやってクソサイトを製作してるオレの晴れ姿黙っとけ!!(使い回し)





女神現る。
7/12>>>


一人の女性と出会う訳ですよ。僕なんかは。


昨日はお休みとゆうこともあり一日中家にいたんです。
まぁお休みじゃなくてもほとんど家の中にいるんだけどさ。
暇さえあったら即テレビゲームですよ。不健康四段。
バァちゃんも「ファミコンばっかやって、目悪くするよ」じゃなく、
「プレステ2ばっかやって」と正しく注意するくらいやってるな。
きっとこのままゲーム地獄から抜け出せず、現実とゲームの区別がつかなくなり
そのウチ発作的に人とか刺し殺s待て待て待ていやでもあるかもな、うんある

そんな時、唐突に家のチャイムが鳴り響きました。
まぁこれも「ゲームの中で鳴ったのかな?」と錯覚するくらい重病です。
詩織タンが画面から抜け出て本当に家に来てくれたのかと思ったもん。
そりゃ大事件だと思い早速お洒落して(バンダナと上下ジーンズ)玄関行ってみたら
なんと本当に立ってるじゃないですか。女性が。
さてどんなご用でしょうか的な対応をしたんだけど
どうやら話聞いてみると宗教関係の人らしいんですよ。
当然あーなんかヤダなぁって空気が流れます。

とゆうのは過去にも同じような人が聖書配ってますとか言って来たことあって、
その時に「キリストが幾人の人をお救いになられたか知っておられますか」的な、
いきなりクイズを出題されましてね。ヒント頂戴ヒントみたいな。
オレって基本的に内向的ですからこの手の人が苦手でして。
セールスも断るタイミングわからなくてバァちゃんに対応してもらってるし。
こりゃまた面倒くせぇの来たなぁと思ってその女性の顔を見た瞬間でした。
なんて言うんでしょう、僕のハートにビビビッと電気が走りましたね。
ウルトラマンなら「3分と言わず僕と80年居て下さい」って設定無視するくらい。
もう僕のカラータイマーもピコピコ点滅しっぱなしですよ。
モデルのようにスラっと伸びた足、ホソっとしたウエストに長めの黒髪。
顔立ちはどことなく小倉優子を彷彿とさせる幼い感じ。
それでいて井川遥のようなフェロモン唇を装備するとゆう反則技。
胸もEカップは堅いな。第二ボタンまで外さないと法律で罪になるクラスですよ。
想像しろって方が難しいよね。でも想像して下さい。想像しました?
じゃ今のを一回スッパリ忘れて山田花子を想像して下さいそうその顔





物凄い恥ずかしい。
7/17>>>


コンビニへ出掛ける訳ですよ。僕なんかは。


コンビニへ行く為にゲームを中断しまして。もういいよゲームの話。
最近お前の口からサッカーとゲームと酒と女の話以外聞いたことねぇよ。
なんかたまには、あれだ、こんな洋服買いましたとかさ、
面白いサイトがあるとかそうゆう情報も提供してこうよ。
君の私生活ってゲームの話しか出てこないんだもの。筆舌にしがたいよ。
そうだなぁ、あ、そうだオレの誕生日8月5日にはなんと
ウイニングイレブン8が発売されます。もちろんゲームの話ですよ。
お勧めのサイトかぁ、まぁ華の都パリは面白いよね。
中でもボディコンクエスト2が最高ですよ。
これは是非読んでもらいたい。数年前の作品にもかかわらず今読んでも面白い。
最高のクソゲーを最高の駄文で紹介してくれてます。
あ、その文章はネタバレを含んでますんで注意して下さいね、
これから新品で買おうって人が大多数を占めると思いますし。
まぁこないだ結構文リンしてくれたからヨイショしとかないと。

あと「よしぴー」ことヨシクンのホームページもいいね。味がある。
もうこのサイトは本当大人気。多分一日で100万人くらい来てる。
「初期のお面の面影ねぇじゃん」とゆう異名は伊達じゃないですよ。
絵日記界に一石を投じたと言っても過言じゃない。んで投げっぱなし。
こちらのサイトにも常日頃、恵みを受けてますんで。ヨイショ。
僕だってたまにはこうゆう外付き合いもやっていきますよ。

で話は戻ってコンビニに行きました。ゲームを中断して(デジャヴ)
すると肉マンBOXってゆうの?あのガラスケースの事ね、
それが新しくなってたんです。多分買い換えたんでしょうな?
いや思うんだけど、買い換えるにしたって時期を考えろと。
これから夏真っ盛りだってのに何も肉マンBOXを新調せんでも。
全く何考えてんだあのコンビニは。まぁ名前は出せませんけどね。
ヒントは「すぐ♪そこ♪オブリガード♪」みたいなCMやってる店ですよ。
ポルトガル語でありがとうって意味ね。これを英語にするとなんとなく。
まぁ実は僕ってポルトガル語ベラベラなんですけど。
親友のジョシュとも電話ではポルトガル語を駆使してます。
ペラペーラですよ。「ペラペーラ・ペラペーラ・ボナセーラ」みたいな。
そうそうイタリア語も若干まじりつつね。今日は小ネタいっぱい挟むな。

んで肉マンBOXも新調したことだし、折角だから買ってやろうと。
例のごとく美人店員の持田さんに心の中でこんにちわと言いつつ
「肉マンひとつ下さい」って言おうとした、その時です。
レジの横に安っぽい手書きの紙がありまして、
見てみると「大好評中華マン」って書いてあるじゃないですか。
ははぁん、肉マンBOXを新調したから新作キャンペーン中だなと。
じゃ肉マンはやめてその中華マンってのをひとつくれぇ!!

店員「はい、どちらになさいますか?」

オレ「あ、中華マンを」

店員「…ですからどちらになさいますか?」

オレ「…え、いや…中華マンを」

ってゆうやりとりが2〜3回続いた所で店員が申し訳なさそうに
「…えっと"中華マン"は肉マンとかあんマンの総称なんですけど…」

え。物凄い初耳だし。物凄い恥ずかしいし。え。当分この店行けねぇし。
中華マンって文字見た瞬間に春雨とタケノコと椎茸が頭に広がったし。
いやでもアレは店側の落ち度でしょ?オレ絶対悪くねぇって。
「お弁当の方温めますか中華マンは総称ですよ」みたいに
勘違いしてそうな奴には常日頃からこっそり教えとくべきでしょ。
もしくはメニューに無いとしても店の材料で作るのがプロってもんでしょ。
持田「キャッ!! 指切っちゃった…」
オレ「ああっバイ菌が入っちゃう、チュゥゥゥ」
持田「…てへ♪」
オレ「ん?あ、ウソだったのか?コイツぅ♪」
みたいな流れがあって当然でしょ。
この脚本をギャルゲーの製作スタッフが読む事を願うでしょ。





矛盾。
7/18>>>


友人「エディマーフィのモノマネ覚えたんよ」

オレ「へぇ、やってやって」

友人「『おっめ何見てんだドチキショウっ、玉蹴り上げっぞっ、あん?』」

オレ「あぁースゲェ似てる似てる、ははは」

友人「な?な?似てんべ? エディマーフィって尻上がりで喋んだよな」


日本のテレビではね。





I am a liar。
7/21>>>


実は本職がFBI職員な訳ですよ。僕なんかは。


これよりニリュホス閲覧者の皆様にとっておきの話があります。
時に皆様はウソ発見器とゆうのをご存知でしょうか?
指にサックをはめて汗や脈拍から真偽を確かめるアレです。
しかしこれは機械なので本当に正しい情報なのかどうか如何わしいもの、
そうなってくるとやはり頼りになるは人間のチカラ。
経験や勘に裏付けされた推理に頼るしか方法はないのです。
そしてFBIでその仕事を任されてるのが誰であろう僕なんですよ。
本当今まで騙しててゴメンなさい。FBI道産子支部に勤務してます。
普段は気ままに鮭の稚魚を放流したり、イクラを醤油につけたりマリモを育成したりと
のんびりやってるんですが、いざ事件が起きたらすぐさま現場へ直行ですよ。

ところが先日、オレの相棒のジョージが強盗犯との銃撃戦により殉職しました。
「ヘイMr…ユー特製の…ジンギスカン…食べたかったネ…ぐふぅ」とゆう言葉を残して。
アイツが目を閉じるまでオレは何もしてやれなかった。ただただ悔いだけが残ります。
…ジンギスカン食わしてやりたかったよ、ただオレあんま好きじゃねぇんだアレ。
まぁくよくよしてもしょうがないとゆうことで新たな相棒を見つけようと。
線香あげに行ったついでに奥さんを可愛がってやったから安らかに成仏してくれと。
とゆうことで皆様の中から優秀な人材を選ぼうって話なんですよ今日は。
しかしそう簡単に誰でもFBI職員になれるわけじゃない。
さっきも言ったとおり様々な経験や勘も必要になってくるでしょう。
とゆうことで今から皆さんの洞察力をチェックします。厳正な審査ですよ。
僕がこれから一度だけウソをつくんで、それを見破って下さい。
これはFBIの入隊審査でも必ず行われるテストで類稀な頭のキレが必要です。
あ、オレがFBI職員なんですみたいな話はウソです。それはカウントされません。
じゃぁ今から僕が一度だけつくウソを見破って下さいよ。

いやぁそれにしてもあれだな、今日サッカー日本代表の試合あったね?
確かスコアが1対0で日本の勝利だったかな?オマーン代表を破ったよね。
しかし近年の日本サッカーの成長ときたら目を見張るものがありますな。
海外でプレーする選手も珍しくなくなってきたし、10年前では考えられなかったよ。
そしてついこの間も筑波大に通う平山相太(19)にスペインの名門クラブ
バレンシアからオファーがあったとか無いとか。まぁ正式な話じゃないようですけど。
バレンシアと言えば日本の女性をトリコにするサッカー界きっての二枚目
アルゼンチン代表MFパブロ・アイマールが所属することでもお馴染みですが、
実はこのバレンシアにはミスタって選手がいるんですよ。偶然にも僕と同じ名前。
これウソみたいですけど本当ですよ。またまたそんなこと言ってMrとお思いでしょうが、
もし疑うのであれば是非コチラをご覧になって下さい。
同じくアルゼンチンが世界に誇るストライカー・サビオラと
一対一の等価トレード話まで出る程素晴らしい選手なんです。
昨節もスペインリーグで得点をあげまくり、同じ名前を持つ僕としても実に誇らしい。
ミスタ選手、本当頑張って欲しいよね。まぁ生き別れた兄なんですけど。





ハリー出会い系にハマる(前話2/25)
7/23>>>




私の名前はハリー。殺しのライセンスを持つ男。

闇の世界に生きる国籍不明の「掃除屋」だ。

無数のパスポートを操り世界を股にかけ暗躍している。

「女を手の平で回す男」と言えばこの業界で知らぬ者はいない。

時として女は武器となり、そして足手まといともなる。

女の扱いに長けぬ者は決してこの業界で生き残っていけないのだ。


私は先ほど悪い夢を見た。黒服の男達に追われる夢。

この仕事を始めてからとゆうもの、心が休まる時など一瞬たりとてない。

常にアンテナを張り巡らせて追っ手の気配を探っている。

しかし私にも心の休まり処とゆうものがある。そう女だ。

こんな寝苦しい夜は出会い系サイトの女にメールを打つのが良いだろう。

それも極上の女。大和撫子とも言うべき和風でお淑やかな女性である。

どれ、ひとつ女心をくすぐるメールでも書いてみるか。


カタカタ…


カタタタ…


カタカタカタ…ッピ



-----------------------------------------------

件名:ちわーっス♪

はっじめましてー、じぶん針井って言いまーす(≧∇≦)/
つっても魔法使える方のハリーじゃないからね(爆)
てか最近ずーっと一人ぼっちで寂しいっス(T∇T)
甘えさせてくれる年上の女性が好みでーっす♪
もし良かったらお返事下さい、24時間営業で待ってまーっス♪

PS.土日・祝日はお休みだよ。って冗談だっつの(笑)

-----------------------------------------------




私の名前はハリー。

ネットではかなりハジケてる男。





ハリー出会い系にハマる(舞台裏編)
7/25>>> えーと、丸まんまパクられてますが。しかも無許可。




私の名前は上山菫(カミヤマ スミレ)42歳。沈黙の男だ。

こんな風貌も手伝ってであろう、私の行く先々に重い空気が漂う。

しかし私はれっきとした刑事、デカである。

飼い猫のクラリスと趣味のガーデニングを心の休まり所とし

こうして20年もの間、警官としての職務を全うしてきた。

「仏のガミさん」とゆうのはちょっとした通り名である。


そして現在、私は長い刑事人生の中で最大級の任務に就いている。

ようやく前回(2月)より約半年ぶりの手掛かりを掴んだ。

なんとあの殺し屋ハリーが最近出会い系サイトにハマっているとゆうのだ。

私の師とも言えるインターポールの銭形刑事が唯一取り逃がしたホシ。

何を隠そう私も過去2度に渡り、あと一歩のところで捕り逃している。

これ以上の失態は部下の手前決してあってはならないこと。

とゆうことで私は罠を張った。それも緻密な計算に裏付けされた完璧な罠を。

ハリーが出入りしているとゆう情報のあった出会い系サイトに

私が女性の名前で登録をし、ハリーがまんまと接触してくるのを待っていたのだ。

あれから一週間が経った、しかしハリーからのメールが送られてくる気配は一向にない。

とゆうか部下からのメールすら一切入ってこない。一体どうなっている。

私の片腕である部下のヤスには、いの一番にメールアドレスを教えたハズだ。

ウチの娘は家に帰ってくると携帯電話ばかりをカチカチいじっている。

何をしてるのかと聞くとセンターに問い合わせをしているのだとゆう。

他にすることはないのかと毎晩怒鳴っていたのだが、今まさに私がその状態だ。

情けない、まさか私がそんな状態になろうとは。

これでは娘を叱る資格など無いではないか。

そんな父親になっては死んだ春子に顔向けが出来ない。



と、その時だった



ピリリリリリリリ…



やった。

ついにやった。

私の携帯電話に記念すべき一通目のメールが届いたのだ。

私は歓喜した。

私は一人じゃない。

携帯から流れる着信音がそう教えてくれていた。

しかしよく見るとメールアドレスに「harry」の一文が含まれているではないか。

ハリー? はて、確かヤスのメールアドレスの最初は「yasu」だったハズ。

ははぁん、これが噂に聞く迷惑メールとゆうやつだな。

下手に足を踏み入れると法外な料金を請求されるらしい。

このインターポール日本支部長・上山菫を罠にかけようなんぞ十年早いわ。

早速メールを削除するとこだった、ハリーじゃんこれハリーからじゃん危ねぇ!!

突如舞い込んだ唯一無二の手掛かりを指先ひとつで失おうとしていた、

現代文明の利器とはなんと恐ろしいものよ。


しかしいざメールが届いてみたものの、一体どうしたらいい。

私が女に成りきってメールの返事を書けばいいのだろうが

生涯硬派で馴らした私にそんな器用なことが出来るのだろうか。

しかもあの用心深いハリーがおいそれと罠に掛かるとも思えない。

最高の女に成りきる必要がある。

最高の女…



…そう、若い頃の吉永小百合である。

今でもその美貌を失っていない彼女、私も若い頃は心を奪われたものだ。

「サユリスト」なる言葉まで生まれたが、アレは私の一派が作り出した言葉。

あの頃の吉永小百合に惚れない男なぞいるハズがないのだ。

しかもそれでいて現代風な一面も持たせてみてはどうだろう。ふふふ。

騒ぐ、騒ぐぞガミよ、内に秘めたる刑事魂が今まさに燃え滾っているのを感じる。

これが武者震いとゆうやつなんですね、銭形さん。

そして私は指先を走らせた。一心不乱に走らせたのだ。



カタカタカタ…

カタカタッピ…


…っと、こんな感じで

もうちょっとナウい感じの方が

うぅむ、絵文字とゆう機能も使ってみるか

…はぁと…と。

…ふふふ…うふふふ…




私の名前は上山菫。

ネカマが快感になってきた男。そして…




…一方その頃




ブルルルルルルル…

っむ、私の携帯がメールが届いた事を振動で伝えている。

そう一流の殺し屋は常日頃携帯をマナーモードにしていなければならない。

前回(半年前)FBI本部内で着うたが流れ出したのは大失態である。

先程私が打ったメールに早速女から返事が返ってきたのだ。

どれどれ…



------------------------------------------------

件名: Re:ちわーっス♪

初めましてハリーさん、メールありがとうございます。
私は東京都内に住むスミレとゆうOLです。
ハリーさんは年上の女性がお好みなんですね、私で大丈夫かしら。
えっと私は若い頃の吉永小百合に似てるとよく言われます。
週末の夜にはデスコに通ったりしてます。
カラオケは八代亜紀の「舟歌」がお気に入りです。
結婚を前提にお付き合い下さい。はぁと。

PS.「24時間営業」面白かったです。

-------------------------------------------------





私の名前はハリー。

サユリストな男。


次回遂に二人が遭遇!? いよいよ山場を迎えたハリーとガミ!!
作者自身、書き始めて中盤あたりでゴノレゴに酷似してると気付いたこの話、
過去のペースを考えると恐らく半年後くらいになるであろう次回をお楽しみに!!