KR250


1987年3月、高校卒業と同時に購入しました。
Z400GP、GPz400F、RZ250と迷いましたが、
大学生ということもあって車検の無い250に決定。
最初は扱い辛くすぐにカブらせてしまって僕にはとても
乗りこなせないバイクでした。


KR250はレーサーレプリカ全盛の頃、他メーカーに対抗して
カワサキが出した2サイクル250のバイクです。
シリンダーのレイアウトが前後に配置されるタンデムツインという
独特なエンジン、リアショックはエンジンの真下。
マフラーは右側に二本出し、キャブも右側に露出していました。

隣はコーセーくんのCBR。バイクに乗るのが楽しくて楽しくてとにかく
よく出かけていました。(今でもバイクに乗るのは大好き)
パワーバンドが7000回転から9000回転くらいという、
とんでも無い性質のエンジンでした。初めてその加速を味わった時は
振り落とされるかと思いました。脳味噌がずれるって感じ。
最近では全然見かけませんが、実家の納屋に眠ってます。


●事故してしまいましたぁぁぁ。(反省)

KR250にも慣れてきて、パワーバンドを使いながら、
タイヤもそれなりに使えるようになってきた頃、
1987年9月17日。ついに事故しちゃいました。
左のブラインドコーナーをオーバーラン。対向車の保冷トラックに
正面衝突!・・・・。実は僕はそのときの事故の記憶がまったく
ありません。気がついたらICU(集中治療室)のベッドの上。。
ぼんやりしながらも「事故したんだ〜」と分かりました。
原因はスピードの出しすぎ。
左足股関節脱臼、左足のすねを粉砕&開放骨折。左足のひざを15針、
かかとを20針程度縫ってありました。。それと、左手の薬指が
動きませんでした。記憶が無いのでバイクがどういう状態かも
分かりませんでした。
当時お世話になった先輩、友人、病院の先生、看護婦さんには、
とても感謝してます。また心配をかけた両親、家族,
大家さん、対向車の運転手にも
ご迷惑おかけしました。
写真は退院するまで捨てないでとお願いしてあった事故後の状態の
KR250です。ほら、あんまり壊れてないでしょ。
事故の記憶が無い僕は、なんとか修理してもう1回乗りたいと
思うようになりました。


●復活!KR250

エンジンがかかる状態に修理して、バックステップの
壊れた部品を注文し、組みつけて乗れる状態まで復活させましたが、
すでに廃車してあったので、コーセーくんのCBRと一緒に
鹿児島までトラックで運びました。
しかーし。当時49歳の父がKRを見事復活させて自分で乗って
いたのでした。。ちょっと驚いたな。
僕はもう1度両親にお願いし、またKRに乗って帰ってきました。
でも、「ここであそんでは、いけません」


←もどる
TOPへ戻る