これが世界標準


to 福井の常識

初心者の君へ

何かと馬鹿にされがちな地方の言葉。しかし、考えてみると東京の言葉だって むかーしは地方の方言。アメリカ英語だって昔はマイナー方言だったんだから、 福井弁がいつの日か日本の標準語になる日が来るかもしれないし、世界の人 が福井弁を日本語として喋ってるかもしれない。日本語が国連の公用語とな った場合、福井弁での公式レポートが出るかもしれない。
「ゴラン高原でひって対立おこっつんたってー(ゴラン高原でひどい対立が 起こってしまいました)。」うーん、クール。
そんな日を夢見て、さ、勉強しましょか。


名詞 動詞 形容詞 接頭語 接尾語 感動詞 意味不明 その他



名詞

あっぱ

−うんこ

−こんな言葉私も載せたくはありませんよ。でもね、順番で並べるとこれ くらいしか・・・。
この「あっぱ」という言葉、風の噂で聞いたところによると
青森弁で「お母さん」という意味ら しい。
その後の未確認情報によると、
「ママ」という 意味だとも・・・。
それがほんとならひどい話である。
EX.「俺のあっぱ今日ひって臭かったってぇー」
(私のうんこは今日凄く臭かったです。)
(私のママは・・・ひどすぎる。)

おちょきん

−正座

−EX.「あぐらかいてぇんとちゃんとおちょきんしなろぉ」
(あぐらかいてないでちゃんと正座しなさいよ)
注:この言い方は親の世代の口調。

逆チャン・逆・反対

−反対のチャンネル

−反対のチャンネル?はい。福井には民放が二局しかないので、 片方の民放を見ているときは、もう一方が「逆チャンネル」になるわけです。 それを短くして「逆チャン」な訳だ。
「逆」や「反対」はもっと簡単にした言い方。分かっていないと 「反対見ようぜ」といわれてもわかんないだろうな。
詳しくは福井の常識
「逆チャンする」で動詞にもなる。
EX.「今逆チャン何やってるんや?」
(今もう一方の民放では何をやっているの?)

かぜねつ

口内炎

−知らなかった。「かぜねつ」が方言だったとは。あまりに当たり前のよう に使いすぎていて、てっきり標準語かと・・・。だぁーれも分かってくれん かった。福井の人なら、分かるよね?

けつべた・けつぺた

−おしり

−EX.「あいつのけつっぺた蹴っ飛ばしたれ。」
(あいつのケツを蹴っ飛ばしてやれ)

けっぺ・どんけ・どんけつ

−ビリ・ケツ・一番さいご

−EX.「俺、走るのおせぇでいっつもけっぺのほうなんやっちゃ。」
(俺は走るのが遅いからいつもビリの方なんだよ)

ごえんさん

−お寺の住職

−EX.「今日ごえんさん来なるでの。」
(今日住職さんが来られるからね。)
注:これも親の世代の口調。

ざいご

−田舎・田舎者

−EX.「あんなざいごくせぇ〜のあかんわ。」
(あんな田舎くさいのはだめです)
「あれざいごやで何も分からんのやっちゃ。」
(あいつは田舎者だからなにもわからないんだよ)
注:この言葉自体が親の世代のもの。

99.2.4. きのぴーさん(19歳、男性、学生)
−ざいごは山形で通じた。

ざりぴん・ざっぴん

−ザリガニ

−私は昔、近所の川で水槽に「つるつるいっぱい」になる くらいザリガニを乱獲し(もちろん手づかみ)、その全てを窒息死させた 経験があります。
それ以来、その川ではザリガニがほとんど捕れなくなってしまいました。 みなさん、命は大切に。

じゃみじゃみ

−テレビの砂嵐

−あの砂嵐の状態を的確に表現していうと思う。時々画面が乱れた程度の時にも使う。 形容詞としてもこのまま使用可。
EX.「おぇ〜、テレビじゃみじゃみんなっつんだが。」
(あー、テレビの画面が乱れてしまったじゃないか)

どっすん便所

−ぼっとん便所

−福井人のウンコとかけて、横綱相撲ととく。その心は、全国のみなさんは 「ぼっとん」なのに福井人は「どっすん」だから・・・。にしても、「ぼっ とん」とは何とも気合いの入ったウンコである。ウンコのしすぎで地震が起 きなければよいが・・・。でも、この単語もあまりに普通に使っているので、 方言だとは思っていない人も多いのでは?
EX.「オレんちいまだにどっすん便所なんやっちゃ〜」
(オレの家はいまだにぼっとん便所なんだよ〜。)
参考単語:「アッパ車」=「下水処理車」

はいめ・はえめ

−蠅(はえ)

−何で「め」なのかは知りませんが、 別に怒ってる訳じゃありません。普通に使います。 ただし、世代はちょっと上。

動詞

えがむ

−ゆがむ

−EX.「おぇー、あの柱えがんでるんでねぇんけ。」
(おい、あの柱ゆがんでいるんじゃないのか)

えん

−いない

−何でか極めて奇妙な活用をする福井弁の「いる」。なぜ否定は「えん」 なのか、全くもって分からない。
「今日うち誰もえんのやっちゃ。」
(今日うちには誰もいないんだって)

がぼる

−雪に足が深くはまる

−EX.「あそこ下ドブやったでがぼっつんたって。」
(あそこは下がドブだったから雪に足が深くはまってしまいました。)

かやす

−ひっくり返す

−EX.「鏡かやしてもてぇ、ひってことなっつんたんやって。」
(鏡をひっくり返してしまって、えらいことになってしまいました)
注:結構親の世代の言葉かも。

こさえる

−作る

−結構上の世代の言葉。
EX.「あの子自分で服こさえてんやと。」
(あの子は自分で服を作っているんだって。)
「おにぎりこさえといたでの。」
(おにぎり作っておいたからね。)

しかえる

−取り替える・着替える

−EX.「服びしょびしょやでちょっとしかえてくるわ。」
(服がびしょびしょだからちょっと着替えてきます)

じじむ

−にじむ

−これは福井じゃなくても使ってるところあるのでは?
EX.「おぇー、水かけんなま。じじんずんたげぇ。」
(おい、水なんかかけるな。にじんじゃったじゃないか)

ちっくりさす

−刺す・突き刺す

−普通は「ちっくり」なイメージの時にしか使わない。この「ちっくり」 が分かるようになったら一人前である。つま楊枝でリンゴをつつくときな どはまさに「ちっくり」である。ただし、最近あんまり使わなくなった。

ちゃまる

−捕まる

−標準語だと思ってたのに通じなかった。
EX.「スピード違反で警察にちゃまっつんたって。」
(スピード違反で警察に捕まっちゃったよ)

なげる

−捨てる

−もちろん普通の「投げる」という意味でも使われる。
EX.「あ、それ投げといて」
(あ、それ捨てておいて)

よしかかる

−寄りかかる

−EX.「壁によしかかったまま寝つんたんやって。」
(壁によりかかったまま寝てしまったんだよ)

形容詞


いっけえ

−でっかい・おおきな

−けっこう上の世代の言葉かな。
EX.「俺、彼女んちでひっていっけぇ〜屁ぇこいつんたんやって。」
(おれ、彼女の家ですごくでっかい屁をこいちゃったんだよ。)

おぞい・おぜぇ

−ボロい・ださい・古い・質の悪い

−普通上記4つの意味を一挙にまとめて言い尽くす、ちょっと便利な言葉。 たまーに人に対して使う人がいるが、あまり丁寧とはいえない。
EX.「何やあのおっぜぇー車。」
(何だい、あのぼろくてださくて古くて質の悪い車は)

おもっしぇえ

−変な、ワケの分からない、とんちんかんな

−もちろん普通のおもしろいという意味もある。 「何やそれ、おもっしぇえーの。」
(何だいそれは、変だよ)
「ほんなおもっしぇこと言わんと、はよやんねって。」
(そんなとんちんかんなこと言ってないで、早くやりなさいって。)
注:親父しか使わない

くどい

−???

よく分からないのだが、どうも関西で使う「くどい」と福井で使う「くどい」 の意味は違う。あまりに身近な言葉すぎてよく分からない。

98.7.18 ふくずみさん(20歳、女性、学生)
−「くどい」は味が濃すぎたりするときにつかう「くどい」でしょうか。

98.4.30 高柳みついさん(33歳、女性、グラフィックデザイナー)
−「くどい」は私の考えでは、塩辛いという意味だと思いますよ。

しなぁ〜

−こっそりと

−「しなり」ともいう。
EX.「おえっ!んなしなぁ〜っと寄ってくんなま。びびったげ。」
(うわっ!そんなこっそりと寄ってこないでくれ。びびったじゃないか。)

だら

−なまけた

−怠け者と言う意味で名詞にこのまま使用可。「だわ」とか「だわもん」 とかいうかたちで使う人もいるようだ。
EX.「あんたほんっとにだらなのぉ」
(あなたは本当に怠け者だな)

ちゃがちゃが

−散らかった様子

−英語のmessという言葉がぴったりではなかろうか。
EX.「あんた部屋ちゃがちゃがやがの。ちゃんとかたづけねや!」
(あなた部屋が散らかってるじゃないの。ちゃんと片付けなさいよ!)

つるつるいっぱい

−ぎりぎりいっぱい・水がコップに一杯たまっているさま

−表面張力が働いているくらいに水がいっぱいな様子。表面張力を 「つるつる」、砂嵐を「じゃみじゃみ」と表現する福井人のイマジネーション には感服。

てきない、てきねぇ

−(病気などで)つらい

−作者自身はあまりなじみのない言葉だが、かなりコモンな福井弁。 年齢の高い層がよく使う。
EX.「ばあちゃんてきねぇんやって。ちょっと静かにしといてんでの。」
(おばあちゃんは体が辛いのよ。ちょっと静かにしていてちょうだい)

のくとい・のくてぇ

−愚かな・頭の悪い・間抜けな・回転の鈍い・あほ・馬鹿

−「おぞい」同様、上記の意味を一気に吐き出す、ある意味恐ろしい言葉。 「(水が)ぬるい」が語源らしい。あほや馬鹿と違い、形容詞としか使え ない。
かつて、テレビ朝日の「探偵ナイトスクープ」で「アホ・バカ分布図」が 作成されたとき、福井は「のくとい」圏に属してしまったくらい。 ちなみに、福井ではアホもバカもほぼ同等の意味合いと強さで使用されま す。
EX.「おめえのくてぇんやっちゃ、あほ!」
(お前は愚かで頭が悪くて間抜けで回転が鈍くてあほで馬鹿だ、あほ!)

ひって・ひってもんに・ちっかっぺ・ちゃらっぺ

−強調

−「ちっかっぺ」「ちゃらっぺ」は子供がよく使う。「ひって」「ひっても んに」は「ひどく」「ひどいくらいに」が語源と思われる。実際に、 「ひって」は「ひどい」の意味でも使われる。「ちっかっぺ」は「力一杯」 だと思う。でも「ちゃらっぺ」って・・・。
EX.「おめぇの屁ひってくせぇんやっちゃ!」
(お前の屁は凄く臭いんだよ!)
「おぇー、あの車ちゃらっぺかっけぇげ!」
(おぉ、あの車は凄くかっこいいじゃないか!)
「サンダーバードひってもんにはええんにゃわ。」
(特急サンダーバードはものすごく速いんですよ)

接頭語

のぉのぉ

−ねえねえ、なぁなぁ

外人さんが聞くと「No!No!」といっているように聞こえると思う。 でも、ただの呼びかけの言葉。
EX.「のぉのぉ、お母さんしらんか?」
(ねぇねぇ、お母さん(どこにいるか)知らない?)

ほんでぇ〜、んでぇ〜

−それで


接尾語

・・・が、・・・げ

・・・じゃないか、・・・だよ

−「が」はおとなしめの言い方で、主に女性が、あるいはあんまり親しくな い人に対して使う。「げ」はもっぱら男性の親しい間柄で頻繁に使用される。 関西弁の「・・・やんか」「・・・やんけ」と似ているかも。ただし濁点付 きなため、関西弁と違って女性が「げ」を使うと極度に下品なイメージを持 たれる。
「げ」のあとに「や」をつけると、ちょっと批判っぽく、大変強い意味にな る。
EX.「ほやで前からゆってたが」
(だから前から言ってたじゃないか/せやから前からゆうてたやんか)
「あいつあほやげ!」
(あいつはあほだよ!/あいつあほやんけ!)
「ほやでゆってたげや!」
(だから言ってただろ!/せやからゆうてたやろが!)

・・・しつんた、・・・してんた

・・・してしまった/・・・しちゃった

−関西弁の「・・・してもうた」あたりが語源かな。「・・・してもた」 という表現も頻繁に使われる。「つ」が「づ」と濁るときがあるが、 それは下記の要領で、標準語と同じ変化の仕方。
EX.「おえ〜!あっぱ踏んづんたげ!」
(うわっ!ウンコ踏んじゃった!)

・・・じゃ

・・・だよ

−全く意味を異にする2つの意味があるこの言葉。一つ目はやや強めの断 定。
EX.「あいっつはおもっしぇんじゃ。」
(あいつは面白いんだよ。)

・・・では?・・・・じゃないの?

こちらは、慣用的に使われる表現。「・・・じゃないの?」の「ないの?」 を抜いてしまっただけの表現。語尾が上がればこちらの意味。
EX.「あいつ来んのじゃ?」
(あいつは来ないのでは?)

・・・しよっせ/・・・しよっさ

・・・しようよ

微妙に「・・・しよっせ」のほうが強い意味を持つ。しかし、あくまで微妙 に。
EX.「ほんな、駅前で5時に待ち合わせしよっせ。」
(じゃあ駅前で5時に待ち合わせしようよ。)

・・・しなる

・・・しはる

−標準語では言い表せないので、取りあえず関西弁で。
年寄りしか使わない。
EX.「今日ごえんさん来なるでの。」
(今日、お寺の住職さんが来られるからね。)

・・・してんで(の)

・・・してちょうだい

−年寄りか、よほど方言のきつい人でないと使わない。少なくともうちの 両親は使わない。もちろん僕も使わない。
EX.「ちょっとこれお母さんに届けといてんでくれんか?」
(ちょっとこれお母さんに届けておいてもらえないかな?)
「もうちょっとくらいゆっくり休んでってんでの。」
(もうちょっとくらいゆっくり休んでいってちょうだいよ)

・・・しね

・・・しなさい

−間違いやすいのでお気を付けを。何がって?EX.を見れば分かります。
EX.「はよしねって!」−決して死ねといってるわけではないんです。
(はやくしなさいって)という意味。

・・・ま

−命令形につく接尾語

−命令形について、不満・苛立ち・催促の意味を持って命令を強調する。
EX.「はよしねま!」(早くしろよ、もう!/はよ死ね!)

・・・やっちゃ

・・・とにかく接尾語

−もうわかりません。「うる星やつら」のラムちゃんの使い方とは一線を 画する事だけは確か。
EX.「おもっしぇことばっか言ってんでねぇんやっちゃ。っくてぇーの。」
(訳の分からないことばかり言ってるんじゃないぞ、馬鹿が)
注:「っくてぇ」は「のくとい・のくてぇ」の口語的表現。

・・・やざぁ

・・・なんだよ

−女性が使う接尾語。
EX.「あの子今東京に一人暮らししてるんやざぁ。」
(あの子は今東京に下宿をしているんだよ)

意味不明

じゃんけんもってのヨーロッパ/あらま

−じゃんけんぽん/あいこでしょ

−小学生を中心とした低年齢層に特に多く用いられる。独特のイント ネーションが再現できないところが残念。
使ってる本人が理解不能な「ヨーロッパ」。なぜアメリカでもアジアでも なく、「ヨーロッパ」なのかも分からない。でもみんな使ってる。 ごく自然に。こんな県、福井だけでしょう。
「あらま」は「あらま、いっしょになっちゃったわね」くらいの意味だと思う。 何度もあいこが続くと、略されて「ま」だけが延々と続けられる。 これは「あいこでしょ」が「しょ」に略されちゃうのと一緒でしょう。
「ま、ま、ま、ま、ま・・・・」書いてみると結構怖い。

感動詞

おぇ〜

−実はこれも意味不明

−別に気持ち悪くて吐いているわけじゃぁない。純粋に感動詞。
喜怒哀楽、ビックリなど、全ての感情を表せる、これまた便利な言葉。
とにかく何か心に動きが起こったら、「おぇ〜」と言おう。
呼びかけにも使える。
−EX.
(喜)「おぇ〜、宝くじ当たったって!!」
(おぉ!宝くじ当たったよ!)
(怒)「おぇ〜、何してんやっちゃ、おめぇ!!」
(おい、何してるんだ、お前!!)
(哀)「おぇ〜、うちの犬しんずんたって。」
(あぁ、うちの犬が死んじゃったよ。)
(楽)「おぇ〜、もう、ひっておもっしぇえっちゃ!」
(うーん、もう最高に面白いよ!!)
(ビックリ)「おぇ〜!ビビらすなっちゃ!」
(うわっ!ビビらせるなよ!)
(呼びかけ)「おぇ〜、はよ来いま!」
(おぃ!早く来いよ!)

その他

だんね

−結構です・いいです

たぶん形容詞に含まれるんだろうけど、ちょっと自信がないのでその他に 組み込んでみた。
−EX.「肩でも揉むか?」「いや、だんね、だんね。」
(かたでももむ? いや、いいよ、いいよ)
「これ食べてもいいか?」「うん、だんねよ。」
(これたべてもいい? うん、いいよ)
注:年寄りしか使わない。うちの両親も使わんもん。

ほや

−そう

−これのバリエーションは数知れない。「ほやほや」「ほやって」「ほやの」 (同意)、「ほやっ(たっ)け?」(そうだっ(たっ)け?)、「ほやけ どの」(反意)など。福井弁においては、「そ」が「ほ」に、断定の「だ」が 「や」に置き換わることが非常に多い。



Mail to Shinya
to 福井の常識
to top page