岩手県の方言(県中部地方ところにより県南地方)

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行(ん)
岩手弁
標準語
解説、用例
偉大なる名古屋弁
あたる 病気になる 腹と頭の病気しか使わない。「頭あたった」(頭痛がする)
あねさん 主婦 年齢が若い奥さん。親しくなければ使わない。
あのなはん あのねえ 県南では「あのなーね」。目上には使わない。 あのよう
あめる 腐りかける 腐る寸前の酸っぱくなった状態 ねぐさる
あばえ さよなら あばよ。親しい間柄の別れの挨拶
あべ 行きましょう 「まず、あべじゃ」 いこまい(か)
あも お化け あっ蒙古より。転じて恐ろしいものこと。玉山村では使う。
いかいかづい ちくちくする 服のタッグとかセーターの首の辺りがちくちくする時に使う
いだましい 勿体無い。
惜しい。
「いたわしい」とも言う。宮城県、福島県でも使う。
いっくれ いい加減、無責任 「いっくれに返事して、頭さくる」(いい加減に返事をして、頭に来る) だだくさ
いつだり 何時でも 何時でもいい、好きにすればというニュアンス
いじくされ 意地悪 意地が腐ると意地悪になる。
いずい 窮屈、ちくちくする 「このセーターいずい」(このセーターは窮屈だ)
いる ある(存在) 動物の存在ではなく、物の存在を表わす
「傘がいた」「TVのリモコンいた」
うそまげる 嘘をつく 「またうそまげる」(また嘘をついて)
うるげる ふやける ふやかすは「うるがす」。福島県でも使う。
えらしぐね かわいげのない かわいくない。許せない、けしからんの意味
おえる 生える 「草おえてきた」(草が生えてきた)
おがる 育つ 福島県、宮城県でも使う しとなる
おげれんせ お帰りなさい 「じゃじゃもいねから、おげれんせ」(もう誰もいないから、家に帰りなさい)
「おげれってくだんせ」(お帰り下さい。ささっと帰れの遠回しの表現)
おごこ 漬物 香物の訛り? とくに大根の漬物を指す
おしぇる 捕まえる 押さえる?
おしょす 恥ずかしい 笑止?「なんたらおしょすいこと」(まあ恥ずかしい)
おすずかに お気をつけて 「おすずかに、おぎゃありらんせ」(お気をつけてお帰りください)
おっかがる もたれかかる 寄りかかるの訛り?
おっかね 恐い 「おっかおっかね」(私の妻は恐い) おそがい
おっける 転ぶ 「おっくりかえった」(転んでしまった)
おっつける 押し付ける、人のせいにする 「アイロンに手をおっつけて、やけどした」
おっほ ふくろう 鳴き声から
おでぁもず 代金 「おでぁもずもらった」(代金を支払ってもらった)
おでれんせ お出かけ下さい 行く、来いの丁寧語?
おどろいた 目を覚ます(起きる) 起こすは「おどろかす」
おなごぶりいいひと 美人 女振りの良い人だから美人 べっぴん
おはよがんす おはようございます がんすとは、ございますの訛り。丁寧語
おばんでがんす こんばんは 東北南部は、「おばんです」を使う。
おひなりあんしたか もうお目覚めでいらっしゃいますか 「お昼成りましたか」の敬語
おべたふり 知ったかぶり 「おべたふりばりして、知らねくせに」
おへれんせ お入り下さい 入るの丁寧語?
おもさげね 申し訳ありません。
有り難うございます。
「なんたら、おもさげねこど」 きがずつねゃあがね
およる お休みになる 「おひる」の反対語。お夜より。あまり聞かない。
おんじ 次男(長男以外の息子) 「うちのはおんじだから」(うちの夫は長男ではないから)
書かさらない 書くことができない 「〜さらない」という表現は多い 書けんがね
かせる 食わせる 「バナナかしぇておけ」(バナナでも食べさせておけ)
かだる 参加する、加わる 「鬼ごっこにかだる」(鬼ごっこに加わる)
「言う」の意味でも「かだる」を使うが、アクセントが違うらしい。
かっちゃぐ 引っ掻く、掻く 「さされたとこ、かっちゃいだからだ」(虫に刺されたところを掻いたのでそんな風になった)
がっつめがす がつがつと 「めしがっつめがす」(ご飯をガツガツとうるさく食べる)
がっつり がたんと(激しく) 「がっつりぶつかる」(激しくぶつかる)
かっとす 追い越す 追いつくは「かっつぐ」
がっぱり たくさん(量が多い) 「がっぱりとる」(たくさん取る)
かでば 台所 お勝手場?
かでる (子供の)世話をする 「まごかで」(孫の世話)
がふがふす 大き過ぎる 「服、がふがふす」(この服大き過ぎる)
かまどけす 破産する 竈をひっくり返すより。
竈を分けると分家する、竈を建てるは独立すること。
かまる 嗅ぐ 「匂いかまる」(匂いをかぐ)
からこしゃくな こましゃくれた 「からこしゃくなわらし」(なんてこまっしゃくれた子供だこと)
きぼっこ こけし 福島県では「きぼこ」
きもやげる 苛々する 肝焼ける?「あんたみてっと、きもやげる」
ぐすめぐ 不平を言う 愚図愚図言うより
くまらける こんがらがる 「糸がくまらげた」(糸がからまった)
「たごまる」も似た意味で使う
くらえる 叱られる 「母親にくらえった」
くわる (穴を)ふさぐ 「耳くわった」(耳が詰まった)
けね 弱い、役に立たない 「あんたもけねな」(あなたも弱いですね)(この役立たず)
こくら 薄暗い 「こくらまっくらなとこにたごまって」(こんな薄暗いところに固まってなにしてんの)
ごしゃぐ 怒る 後世焼く?「ごせっぱらやける。」(後世腹焼く)も使う。 ごがわく
ごった らしい(推量) 「きんにゃきたごっだ」(昨日、来たらしい)
こどだ 大変だ 「それはこどだ」(それは大変) えりゃこったなも
こんびり 軽食 小昼?午前10時、午後3時の軽食
ごんぼほる くだまく、駄々こねる 牛蒡掘ると、どうしてくだまくのか、わかんね
・岩手県の方言先頭へ あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行(ん) ・先頭へ戻る

・坊っちゃん(岩手バージョン)

ホームへ

ご意見、情報はこちらまでお願いします。hidesaka@geocities.co.jp