ある休日の過ごしかた・・・  平成12年 3/5(日)〜6(月)のばあい

 

ミルキーが急に休みをとれることになりました。チェルシーが前から泊まりたいと思っていたいくつかの旅館のうち、幸運にも、下諏訪温泉の「みなとや旅館」を予約できたので、2人で一泊温泉旅行に出かけました。

3/5(日)

諏訪は、長野県の真ん中くらいにあります。11時過ぎに車で家を出発し、高速長野道の岡谷ICで降りました。めざすは上諏訪のそば屋「登美」、1時頃に到着しました。市街地から少し離れた高台にあり、眺めが良いです。チェルシーは天ざるそば、ミルキーはわかさぎの天ぷらとざるそばを頼みました。天ぷらはとてもおいしかったです。そばは風味・喉越しが良くとても美味なのですが、つゆが甘かったのは残念。値段もちょっと高いかなぁと思いました。

登美(tel 0266-53-2318)
営業 11:00-14:30 17:00-20:00 ざるそば \700 天ざる\1700

食後、お店のすぐ下にある立石公園に寄ってみました。諏訪湖と諏訪市街を一望でき、とても眺めがよかったです。もっと天気がよければ遠くの山も見えてきれいだろうなぁ。

登美の蕎麦
登美のそば
諏訪湖
諏訪湖
諏訪湖のまわりを少し散策して、下諏訪へ行き、諏訪大社下社の春宮へお参りしました。

それから、神社の川の反対側にある、「万治の石仏」というのを見に行きました。川沿いを歩いて行くと、畑の中にいきなり石仏があらわれました。万治とは江戸時代の年号だそうです。神社の門を始めこの石で作ろうとしてたけれど、石工がお告げの夢を見て、この石はやめて別の石で作った・・・とかいう説明板がありました。岡本太郎がこの石仏を見てから注目されるようになったそうです。彫りが深い顔立ちをしていて、とてもかわいらしい石仏で、ミルキーはひどく気に入りました。

諏訪大社下社春宮
諏訪大社下社春宮
万治の石仏
万治の石仏
石仏の横顔
石仏の横顔
夕方4時過ぎ、本日の宿下諏訪温泉のみなとや旅館へチェックインしました。
歴史のある宿でかつての旅篭の1軒。雑誌などでも度々紹介されている有名な旅館で、1度泊まってみたいと思っていたところです。チェルシーは実家にいた頃何度か電話をしたけれどいつも予約で一杯でしたが、今回やっと泊まることができました。部屋は5つ、定員12人、家族でなさっている小さな宿ですが、それだけに行き届いたもてなしが気持ち良かったです。
滞在中、お風呂には3回入りました。庭にある露天風呂1つだけですが、お風呂があいたらすぐ部屋に連絡をくれ、ゆっくりできるので、全然不便ではありません。入り口ののれんに「信玄湯」とありました。お湯は熱め、底には白い玉砂利が敷きつめられ、庭の向こうにナマコ壁の蔵が見える、気持ちが良いお風呂でした。
夕食は、1階のお座敷で。メインは馬の刺身とすき焼き、その他諏訪湖のわかさぎやエビ、山菜、イナゴ・蜂の子などの信州の珍味も出ました。食前に出される手作りの木の実酒もおいしかったです。
数々の有名人も宿泊しているようで、岡本太郎の石碑や、永六輔、小沢昭一の書きつけなどがありました。

みなとや旅館 
1泊2食 1人\18000 チェックイン16時 アウト10時 風呂は庭の露天風呂のみ

みなとや旅館
みなとや旅館
庭園露天風呂
庭園露天風呂
馬刺し
馬刺し

 

3/6(月)へ


ある休日の過ごしかた TOPへ