ある休日の過ごし方

小諸 布引観音・あぐりの湯
(平成13年9月24日)

 

振替休日の今日、小諸市の「布引観音」へ行ってまいりました。

千曲川沿いに絶壁となってそそり立つ布引山に建っています。
ミルキーはかつてウォーキングの会で来たことがありますが、チェルシーは初めてです。

参道の入口から観音堂までは20分ほど坂道を登らなければなりません。
下から見上げるとまるで京都の清水寺のようです。

 

 

 

善光寺穴途中、善光寺へ通じるという洞穴「善光寺穴」なんていうのもありました。
かつて善光寺で火事があった時、ここから煙がでたそうです。(長野-小諸間は約60km!)

 

 

 

牛に化身して強欲なお婆さんを善光寺に連れていって心を改めさせたという、「牛にひかれて善光寺参り」の観音様です。坂道はかなりきつく、たどりついた時はかなりバテバテ。断崖絶壁に建っていて、下を見ると足がすくむような感じでした。そして天井が低いので頭上注意(チェルシーは頭をぶつけました)。でもながめは抜群!


岩場にへばりつくようにして建つお堂

お堂へ行くにはこんな岩のトンネルをくぐる

 

あぐりの湯こもろ以前この辺りを歩いていて、日帰り温泉施設らしきものを見かけたのだ・・・というミルキーをたよりに車でしばらく走ると、高台に「あぐりの湯こもろ」を発見。
まだ新しい施設でどこもきれい、露天風呂は広々としていて浅間山と小諸市街が一望できて眺め抜群。食堂もなかなかおいしくてよいところでした。ただとても人気があるらしく、休憩室は160畳もあるというのにほぼ満杯状態。ちょっと寝転がって一休みできるくらいだといいなあと思いました。

 

 

あぐりの湯こもろ

小諸市大字大久保字中山1145-1 (tel 0267-24-4126)
営業時間: 10:00-21:00
入浴料: 大人500円、小人300円
休館日: 毎月第2・第4火曜
泉質: ナトリウム塩化物泉
効能: リウマチ性疾患、創傷、婦人病、慢性湿疹、更年期障害等

 


ある休日の過ごし方TOP