ある休日の過ごしかた・・・  99/10/30(土)のばあい

 

朝起きたら曇っていたのですがだんだん晴れてきて、せっかくの秋の日、ミルキーとチェルシーは大町の青木湖一周ウォーキングへでかけました。

11時半頃車で出発し、まず青木湖の隣、中綱湖の近くにあるそば屋「がんこそば省介」でお昼にしました。
ここは、チェルシーがネットサーフィンの途中見つけたページにのっていたそば屋です。

ミルキーがざる大盛り、チェルシーが特選もりを注文しました。こちらでは、普通のそばは県内産のそば粉を、特選は自家農園のそば粉を使っているとか。どちらも新そばでした。

つゆは少し辛めかも。でもかえってそのほうが少ししかつけないので
そばの味がよく感じられる気がしました。
さすが新そば。香りが新鮮で、のどごしがすっきり。
2人で少し交換して食べました。
特選もりそばは本当においしいと思いました。
ざるの方は、そば粉が違うからか、のりがかかってるからなのか、
そばの風味はもりの方が強くおいしい感じがしました。


 

ざる(奥),特選もり(手前)

 

お腹もいっぱいになったところで、さっそく青木湖一周ウォーキング開始。
西岸に車を止め、歩き始めました。

西岸を南北に通っている道は、松本が起点の千国街道。この道を通って日本海の塩や海産物を山国である信州へ運んだことより、別名「塩の道」と呼ばれます。「敵に塩を送る」という故事は、この街道のことだそうです。

 

青木湖周辺は紅葉が本当にきれい。まわりの山全体が赤・黄に色づいていて、それが深い青色の湖にとても映えていました。
      
      

 

東岸は国道148号ですが、さらに東側に新しい道路が出来たので、この旧道はほとんど車が通らずのんびり歩けました。湖の西側の山の後方に、雲の切れ間から雪をかぶった北アルプスを見ることもできました。
今日は、天気が少し曇っていたのと逆光で、うまく写真がとれなかったのが残念です。
景色を楽しみながら一周6.7kmを2時間20分で完歩。さすがに疲れました。

東岸のR148(旧道)

後方に北アルプス

絶景ポイントだったのに・・・

 

歩きつかれた体を癒しに、大町温泉郷の「湯けむり屋敷・薬師の湯」へ行きました。
こちらの温泉は旧館と新館に分かれていて、旧館(体験風呂の館)は多種類の温泉を体験でき、新館(アルプス自然浴の館)は眺めの良い露天風呂ときれいな内湯。旧館の内容を知らないチェルシーは新館のみ、ミルキーは両方に入浴しました。
旧館の男湯には、単純泉、食塩泉、硫黄泉、重層泉(熱くて入れず)、箱蒸し、寝湯、打たせ湯があり、こんなにいろいろ体験できとても楽しいお風呂でした。両方を体験したミルキーは、硫黄泉が気に入りました。
新館はきれいで、露天風呂のまわりに植えられている木は紅葉しているし、山も見えました。
それにしてもミルキーったら、なかなか出てこないと思ったら両方入っていたなんて、くやし〜!

湯けむり屋敷・薬師の湯 (tel:0261-23-2834)

泉質: 単純温泉
営業時間: 4:00〜21:00(4/25〜10/31)、8:00〜21:00(11/1〜4/24)、年中無休
料金: 大人500円、小学生まで300円
備品: ボディーシャンプー、リンスインシャンプー、ドライヤー



ある休日の過ごしかた TOPへ