食事について

 

栄養素のバランスを保った上で、全体の摂取エネルギーを低く抑えることが基本。

<栄養素>

生命を維持し、成長や健康な体作りのために必要な物質のこと。主に糖質、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルに分けられる。これらとともに重要視されているのが第6の栄養素ともいわれる食物繊維。

  主な働き 供給源 欠乏症
ビタミンA 皮膚・粘膜の強化、新陳代謝活性化、
眼病予防
レバー、バター、チーズ、緑黄色野菜、卵黄、海藻 夜盲症、皮膚乾燥症
ビタミンD カルシウムの吸収を助ける 鰯、鰹、鰻、レバー、バター、チーズ、干し椎茸 くる病、骨軟化症
ビタミンE 老化防止 米・小麦の胚芽、緑黄色野菜、レバー、豆類 赤血球溶血、黄疸、不妊症
ビタミンB1 神経の鎮静、疲労回復、糖質の代謝促進 豚肉、レバー、卵黄、卵、米・小麦の胚芽 脚気、神経炎、便秘
ビタミンB2 皮膚・粘膜の成長促進 レバー、卵黄、緑黄色野菜、納豆 口内炎、口唇炎
ビタミンB6 皮膚炎・貧血を防ぐ、成長促進 レバー、豆類、魚類、牛乳、葉菜 皮膚炎、貧血、けいれん
ビタミンB12 貧血を防ぐ レバー、肉類、チーズ、魚介類 貧血、神経障害、舌炎
ビタミンC 皮膚の健康を保つ、シミ・ソバカスを防ぐ 緑黄色野菜、イチゴ、柿、ミカン、レモン 壊血病、皮下出血
  主な働き 供給源 欠乏症
カルシウム 骨・歯の成分、血液の凝固に関係、神経の鎮静 牛乳、乳製品、穀類、豆類、肉類、魚類 歯・骨がもろくなる、神経過敏
ナトリウム 体液の酸塩基平衡のバランス維持 食塩 食欲不振、成長促進の減退
血液中のヘモグロビンの主成分 レバー、卵、緑黄色野菜、貝類 貧血
カリウム 細胞内の浸透圧を一定に保つ 豆類、野菜類、果物 成長障害、性的成熟の遅れ
リン 骨・歯の成分、代謝を助ける 豆類、卵黄、肉類、野菜類 骨・歯がもろくなる
ヨード 甲状腺ホルモンの成分 海藻類、野菜類 甲状腺肥大、
甲状腺の機能低下
マグネシウム 筋肉の刺激感受性を高める、
神経の刺激感受性の抑制
小麦胚芽、ほうれん草 筋肉のけいれん、神経過敏

 

<食事の摂り方>

 

戻る