ランカウイ島旅日記
99/9/25(土)〜10/1(金)

 

5. 食事

マレーシアにはマレー系、インド系、中国系の人達が住んでいるためか、料理もいろいろです。

よく食べたのは、サテ(鶏か牛の串焼。甘いピーナツソースにつけて食べる)、ナシゴレン(焼き飯)、ミーゴレン(焼そば)、ナシアヤム(マレー風チキンライス)、ラクサ(魚のすり身入り辛いスープ麺)、ミーシアム(焼ビーフン)などなど。
どれもくせがなく、辛い(>_<)ということも特になく、とてもおいしかったです。

ビールはたいてい Tiger か Anchor を飲みました。もちろん昼も夜も!

 

もともと朝食付きのツアーでした。それからホテルのまわりには何もなく、交通手段もタクシーだけで外に出るのが面倒だったこともあり、毎夕食と、ホテルにいた日の昼食は中のレストランで食べました。

朝食はバイキングだったので、毎日あれこれ試して朝からもりもり食べていました。

私達が気に入ってよく食べたのが、その場で焼いてくれるロティ(インド風パン)、マレー風平たい麺の焼そば(名前忘れました)、果物(スイカ、パイナップル。スターフルーツやパパイヤは甘くなくおいしくなかった)、マンゴージュースです。オムレツやワッフルも焼きたてで、それはそれはおいしかった!

ロティやワッフルなど、日によって焼く担当の人が違って、それによってすごくおいしかったりそうでもなかったり。今日はあの人だ!と見たらすぐ前に陣取って、作ってもらったりしました。


朝食のレストランで

ラクサ(奥)とサテ(手前)

2日めの夕食
ナシアヤム(奥左)、春巻(奥右)、
ミーゴレン(手前)

4日目の夕食
魚蒸焼(真中)、チキングリル(右)、
つけあわせのサラダ、ライス

 

パンタイ・チェナンの”SANDY”で食べた、ナシゴレン、ミーゴレンスペシャル。

この旅行で一番安く、美味しくて、いちばん印象に残っています。


ミーゴレンスペシャル(手前)、
ナシゴレン(奥)、スイカジュース(右)

 

ランカウイ島までホテルでパヤ島ツアーに参加パンタイ・チェナン、パンタイ・テンガー | 帰国、旅を終えて


ある休日の過ごしかた TOP | HOME