ランカウイ島旅日記
99/9/25(土)〜10/1(金)

 

2. ホテルで

私達の泊まったホテル「ベルジャヤランカウイ・ビーチ&スパリゾート」は空港から車で20分くらいのブラウ・ベイにあります。全室コテージタイプで広大な敷地の中に点在していて、スイートは何と水上コテージ。

私達はスタンダードコテージに泊まりました。コテージはジャングルの中にうもれているという感じ。
部屋から出たところで、木の上のほうに猿がいるのを見かけたこともありました。
ちなみに、私達の泊まった4122はトイレがとても臭かったです。

ベルジャヤは高い山(名前はわかりません)のふもとにあるためか、午後になると雨がふることが多かったです。

2日め9/26(日)、4日め28(火)、最終日30(木)はホテルの中で過ごしました。

 

透明度はそう高くありませんが、ブラウ・ベイは入り江のようになっているので、とても穏やかで波がほとんどありません。
水泳の得意なミルキーは水を得た魚のように、泳ぎの得意でないチェルシーも結構楽しく泳ぎました(チェルシーは浮かんでただけ・・・)。

ところが、この海には謎の「チクッ」がいたのです。海に入っていると、時々チクッと何かにさされるような、噛まれるような痛みを感じ、でも見てみても何もいないし、その部分も別に何の痕もないのです。何だったのかなぁ。

砂浜にある日よけはパラソルのように軟弱なものでなく萱葺き屋根のしっかりしたもので、その下にいると本当に涼しくて、南国にいることを忘れるくらいでした。ここでミルキーは読書三昧、チェルシーは昼寝三昧・・・。

でも、2日めの夕方はどこからともなく犬が現れ、私達が寝ていた椅子によじ登ってきてしまい、すっかりのっとられて、情けなくも私達は退散したのでした。憎たらしいやつらめ!

砂浜にはビーチレストランもあり、私達はよくお昼をそこで食べました。オープンエアでビーチを見下ろせてとても気持ちが良く、ここのビールが一番おいしく感じました。


ホテルのビーチ


ビーチから見た水上コテージ


チェルシーお昼寝中

犬に追い出されてしまった

ビーチレストラン

 

メインプールと、他に小さいのが2つあります。メインのプールは深さが3段階。一番深いところは150cmあるので、身長153cmのチェルシーはおぼれそうでした。

また、メインプールの中にプールバーがありました。水の中にある椅子にすわって飲んだり食べたりできる、楽しいところです。
でも、プールの水がとても冷たくて、入ってビールを飲めるほどカーッと暑いお天気と、飲みたいタイミングとがなかなか合わず、残念ながら結局、最終日のお昼1度だけしか行けませんでした。


メインプールとロビー棟(後方)

メインプールで

ご覧の通り、山のふもとにあるのです

プールバーでビールを飲むミルキー

 

名前に入っている通り、このホテルにはスパ(といっても温泉ではない)があります。竹林の中にあり、なぜか和風。
ジャグジー・サウナ、別料金でマッサージなどのサービスを受けられます。

私達は最終日の9/30(木)、オリエンタルフット&ハンドマッサージというのをやってもらいました(男女別・1人70RM)。
裸にバスタオルをまいた姿でマッサージルームに通され、横になり、オリジンズのピースオブマインドのようないい香りのクリームで、手足をマッサージしてもらいました。


ジャグジー

日本のつぼ押しとは違って、筋を強い力でぐりぐり押す感じで、痛いけど気持ちよく、とてもリラックスできました。全部で1時間くらい。
そのあとリラクゼーションルームという、寝心地のいい寝椅子がある暗い部屋で30分くらい寝ました(好きなだけくつろいでいいみたいです)。

マッサージのあと、ジャグジーに入りました。ジャグジーは外にあって、水温は38℃。水着を着ているけど露天風呂に入ってるようで、くつろげました。

 

ランカウイ島まで | パヤ島ツアーに参加 | パンタイ・チェナン、パンタイ・テンガー | 食事 | 帰国、旅を終えて


ある休日の過ごしかた TOP | HOME