ランカウイ島旅日記
99/9/25(土)〜10/1(金)

 

4. パンタイ・チェナン、パンタイ・テンガー

5日めの9/29(水)、ホテルを出てタクシーでパンタイ・チェナン、パンタイ・テンガーの2つのビーチに行ってみました。
タクシーの料金は行きも帰りも18RM。帰りの運ちゃんは料金表のようなものを見ていたので、この島では決まっているのかも知れません。

行きのタクシーの運ちゃんが、途中で「外を見ろ」というようなジェスチャーをしたので見てみると、何とおじさんと猿がバイクに2人乗りしていました!猿は後ろでいっちょまえの格好で座っていて、おかしかったです。
一瞬の出来事だったので写真がとれず、非常に残念です)

 

絵葉書に most popular beach in Langkawi とあった、パンタイ・チェナンでおろしてもらいました。
さっそく海岸へ出てみましたが、がらんとしていて人影がない・・・。
私達の休息にかかせない寝椅子を探して砂浜をずっと歩いたのですが、全然みあたらないので、メインストリートへ戻りました。

 

しばらく歩くと岬のようなのがあり、それをすぎるとパンタイ・テンガーの表示。この岬を境にビーチの名前がかわるのかな。
通りから砂浜が見えてきたので、出てみました。こちらのビーチのほうが人が多いです。といっても、ホテルのビーチとは比べ物にならないくらい少ないのですが。日本人は皆無です。

やっと寝椅子を見つけたので、ここに落ち着くことにしました。
ミルキーはさっそく読書、チェルシーは朝から昼寝。

そして、時々海に入って泳ぎました。
ホテルのビーチに比べ、波が高く、海が深かったです。

それから、ここにもやっぱり謎の「チクッ」がいました。


寝椅子で読書するミルキー

 

 

そのうち午後2時も過ぎお腹も空いたので、ここをひきあげレストランを求めてパンタイ・チェナンへ戻りました。
海が見える所がいいね、と話しながら砂浜を歩いてみつけた所に適当に入りました。

SANDYという名のレストラン。

まずビールを注文すると、アルコールはないとのこと。残念ですが、ミルキーはコーラ、チェルシーはスイカジュースを注文しました。

メニューを見ると、基本の料理は5RM、それに卵焼きやソーセージなど(最高3RM)を付け合せるようでした。ミルキーはナシゴレン(5RM)、チェルシーはミーゴレンスペシャル(8RM)を注文しました。


SANDYで

適当に入ったのに大正解!
ホテルの食事もおいしいのですが、このレストランのは、現地の人が食べてるのってこういう味なんだろうなぁと思われるような、おいしいだけじゃなく、マレーシアに来ているんだ!って実感できる、そんな感じでした。
この旅行で一番安く、一番おいしかったのはここの料理でした。(スイカジュースもおいしかったよ)

 

食後、飲めなかったビールを求めさまよい歩いて、ビアガーデンを見つけて入って飲みました。
気がつくと午後4時を過ぎていたので、タクシーでホテルへ戻りました。
マレーシアを満喫したような、楽しい1日でした。

 

ランカウイ島まで | ホテルで | パヤ島ツアーに参加 | 食事 | 帰国、旅を終えて


ある休日の過ごしかた TOP | HOME