アパートでラブを飼うときに




日本へすぐに送ることができなかったため、
急遽、2ヶ月程ラブをアパートで飼うことになりました。
アメリカのアパートは広いとはいえ、
何でもかじってしまうので柵に入れておくことになりました。

まず、台所などにひいてあるリノリウムの敷物(183x284cm)を
DIYで18ドルで手に入れ、それを風通しの良い窓際にひきました。

その上にプラスチック製の柵で囲いました。柵は1枚が幅76cm で
高さが63cmのフレーム6枚で囲うようになっていました。
広げると1.5m四方くらいの床面積となり広さは十分でした。

生後8週だったサンディは、最初の2日はその中で遊んでいました。
3日目に柵をよじ登って、脱走して、玄関の靴で遊んでいました。
サンディにとって柵を登るのはわけないようで、
上にビニル製の通気性の良いネットをかけ、フレームに固定しました。

その2日後にはそのビニルとフレームの間をすり抜けて再度脱走。
柱をかじっていました。
その翌日フレームをリノリウムの敷物の端までから押して、
敷物をど真ん中から引き裂き、ボロボロにかじってしまい
使い物にならなくなってしまいました。

現在は幅61cm、高さ107cmのフレームが10枚の組み合わせで
床面積130cm x 180cmの柵を作り、その手前に柵が動かないように
重しをおいております。



   
ホームへ 98年3月
生後数日
3月22日
生後1週間
3月29日
生後2週間
4月5日
生後3週間
4月12日
生後4週間



   
4月19日
生後5週間
4月25日の写真
生後6週間
ブリーダ訪問時
5月12日
生後8週間
家に来る
5/12-6/12
生後8-13週
6/13-7/5
生後13-16週
April 25
puppyの両親(4/25)
訪問時撮影)


小犬を米国より輸入するときの注意点

ラブラドール・レトリバー関連リンク(米国)
このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ


ジオシティーズの入り口へ このコミュニティの入り口へ ご近所を訪問する