南浦地名研究所

〜ぼうずの小部屋・地名編〜



こちらは地名や合併など興味があることを研究発表するページです。

Counter

−最近気になる地名。
<ブログはじめました。>2005.8.1
南浦地名研究所〜気になる地名
<メーリングリストはじめました。>2003.7.21
※上のブログの内容の一部を配信します。
FreeML  メールアドレス
 


-最近の地名エッセイ。

2005年5月12日(木)
◎つくばみらい市

これも冗談の市名ではない。
筑波郡伊奈町と谷和原村の合併にあたり、合併協議会が決めた新市名である。
ところが住民の意見をきいたところ、賛成は3件、反対は134件だったという。
これでも協議会は「何をやっても反対は起きる」とこの名前で進めるらしい。
5月14日から19日まで住民説明会が行われるそうだが、これだけの反対を説得できるだろうか。
なんでも「つくばみらい」反対派の集会に町は公民館を使わせなかったらしい。
波乱の予感がする。

ちなみにこの「つくばみらい市」の最終候補は以下であったそうである。
みらい市
みらい平市
小貝市
南つくば市
南筑波市
筑波みらい市

なぜ「みらい」という名前が多いかというと今年の8月、この新市を通る鉄道「つくばエクスプレス」が開通。
新市に「みらい平」という駅ができるからである。
この「つくばエクスプレス」では開通と同時に沿線開発が行われ、新しい駅を中心に新しい町が造成される。
その新しい町の名前が「みらい平・いちさと」。
その名前を意識し、従来属していた筑波郡の「つくば」+「みらい」という名前をあわせたように思われる。
しかし新しい市は「みらい平」だけで構成されるわけではない。
現在、「みらい平」に住む人はいない。
こんな現実感のない名前が受け入れられるだろうか。


2004年2月9日(水)
似た市町村名
このたびの”平成の合併”で指摘されているのが、同じ県内に、近隣に似た地名が増えているということである。
たとえば山梨県。
いままであった県庁所在地の甲府市に加え、2004年9月に「甲斐市」が合併して誕生、続いて「甲州市」(2005年11月)が合併してできる。これで混乱し
ないほうがおかしい。この3つが隣り合ってるというのも問題である。
山梨県には「南アルプス市」や「北杜市」など、やや命名に疑問を抱かせる市名が目立つ。

また次に指摘されているのが静岡県。
2004年4月に合併して誕生した「伊豆市」の隣りに2005年4月、「伊豆の国市」ができる。
伊豆という名前が知られた地名を生かしたことだろうが、「伊豆の国」市とはいかがのものか。
伊豆の国にある伊豆の国市。

また茨城県も似た地名が多い。
数年前に合併したひたちなか市であるが、これだけでも日立市と那珂町が隣にあり、まぎらわしい。
しかも今度那珂町も合併して那珂市となった。
これを全部ひらがなで書くとひたちなかし、ひたちし、なかし。
さらに日立市の左には合併して大きくなった常陸太田市、その横には常陸大宮市ができた。
さらにはやや離れているが「常陸野市」もできそうだった。しかしこちらは合併の話が流れた。
かくして茨城県では旧国名「ひたち」が人気がある。会社の名前にもなっているほどであるから。

また府県境をまたいでにた名前も見られる。。
兵庫県には2004年11月に丹波市が誕生。
京都府側では京丹波町と南丹市ができる。

その他、方角が付いて似た名前としては
新潟県魚沼市と南魚沼市。
静岡県東伊豆町、南伊豆町、西伊豆町
兵庫県淡路市と南あわじ市
福井県越前町と南越前町
などがある。


−ちょっと地名を調べてみました。

■韓国地名研究
■ソウル地名研究
■行政地名研究
合併情報&合併地名研究
■各種地名研究−
駅名
店名
姓氏
橋名
マンション名
団地名
その他地名
風俗店名
東京の地名




−今後のプラン

■研究計画
地名研究計画
合併研究計画
合併事例研究 (準備中)
道州制研究 (準備中)
韓国合併研究 (準備中)
■リンク集 (準備中)



-思いつくままに書いてみました。


■エッセイ
地名エッセイ2004
地名エッセイ2003
地名エッセイ1999
ちょっと気になる地名メモ
(〜2005.7)



−所員プロフィール

-掲示板



MailBoxあたまに戻る




※すべての文章の権利はぼうずに属します
Bouz Co. 「南浦地名研究所」