夜行列車の中にて


これは現役時代でもまだ未知なる領域だったので前々から興味があった。
特に下北半島の地図中には荒野の雰囲気が漂い、秘境フェチの私としては
是非とも行ってみたいと思っていたのであった。
 もう一つはGWに実行出来なかったなかしょう氏とのペアランを実現する目的もあり
双方が一致したため今回にいたった。

 最初、福江島という五島列島が候補にあげられていたがフェリーが里帰り客に
ほとんど貸きり状態になるらしくもはや満席状態であった。
 なんか2ヶ月前から予約が殺到するとのことだ........
 急遽、北東北になったわけだが.......
 でも私としましてはそっちの方がよかったりする。

 なかしょう氏とは大阪駅で待ち合わせすることになっていた。
 その日会社が残業で遅かったが夜行列車は夜遅くなので問題はなかった。
 しかし、なかしょう氏に会ったのはまさしく出発寸前だった......
そのときは残業で間に合わなかったのかと思った程でしたね。
 その間、私はコンビニ等で夜飯を購入したりしていました。

 夜行『きたぐに』はブルートレインとさほどかわらず、私はA寝台を購入して
いたもののBとさほどかわらない様子だった。
 Bは横向けだったようだが............
 ちなみに私は以前、もうすこし早い出発の『日本海』を購入していたが
突然の会社の用事で急遽変更となったわけだ。
 学生時代のように行き当たりばったりでは通用しなくなっている。
なんか学生時代の無駄な時間を今と足して2で割って欲しい〜なんて
思ったりするが.......

 夜行列車の中での話題はけっこういろいろあったが、黒いす氏の7連休(?)活用法について。
 2人でかなり勿体無いと言っていた。実家に帰るのと歪氏の家にホームスティ
していたらしいとのメールが。世間一般ではそれが普通だと思うのですがチャリダーとしては
相当心もとないですね。チームでもチャリダー魂(?)が残っているのは私と
なかしょうさんだけかもしれない....
 チームの中でS氏は現役時代から何のためにチャリ部入ったのかわからんくらい
だったので仕方ないにしろ黒いす氏や歪氏も今となってはツーリングのツの字もないくらい。
う〜ん一般社会に入って夢見る青春の世代を忘れてしまうのは同志としても
なんとなく悲しい気分。
 で、S氏のチャリ部に入った理由なんてのもなかしょうさんと話したわけだが
結局、本人のみぞ知るというところか.....
 S氏の人物像は(99信州合宿エピソード)にも記述されているので見ていただきたい。

 望み薄だが、今後のツアー計画にこれらの人物を呼べたら良いなぁと思ってます。
年末予定の第一回南西諸島ツアー(仮名)にポタリング(レンタサイクル)の形で
参加して欲しいなぁなんて思ったりするが難しいでしょうねぇ.....
 一応、誘ってはみます(汗

 さて話は脱線しましたが本題に戻って....
そんな感じで話が進んだと思います。けっこう夜遅くまで話しこんでいたためか
あたりは静かになってました。途中、なかしょう氏が秋田方面への切符を購入して
いなかったため車掌から購入していましたが。
 で、こんな夜遅くに話しこんで良いのかというと、実はちょうど休憩場所みたいな
スペースがあって寝台と隔離されてるんですよ。これは重宝しました。

 北東北への主なスポットは十和田湖と恐山です。
さて、どんな怪しいところか探索してみようと思います。
夜行列車はまず新潟へ........

NEXT


Home