道東ツアー紀行
地平線まで続く草原....
行程:中標津町→(開陽台)→(8号)→(別海町)→根室市........(63.2km)

3年ぶりの北海道

◆3日で北海道なんてついこないだまで考えもしなかった。 いや、無理じゃないが飛行機を使わなければならなくなるし当然費用の馬鹿にならない。 ここまでお金をかけるとすればパックツアーにするかとかしなければならないが 私にとってそれはNGでしたね。やはり計画にそってすすんで行くのが面白いわけで それを他人に決定されては面白味に欠けますからね。

 学生時代はフェリー等、安価の交通費で補うことも可能であろうが時間のない社会人にとって それが出来るのは極一部の人に限られる。  ところが昨今、北海道へ短い期間で行く人が相次いでいて、私自身も3年半も行っていないこともあって 旅行に駆り立てることになった。ちなみに天気次第と目論んでいたので(雨じゃとても 行く気になれない。というか行かない)航空券は前日購入ということに...ちなみに莫大な資金を要したのは言うまでもない。。  学生時代なら往復12000円ですむものが10倍近くの費用になりますからねぇ....(>< はっきりいってこの経済打撃を打開するのにどのくらいかかるのかわからない。 満足出来るかも不明のまま北海道へ跳んだ。

◆3日を有効に使うために早朝起床。電車に乗って空港へ。。。羽田経由で昼過ぎ中標津到着。 早......ちなみに学生時代ならフェリー乗り場へ向かうころの時間ですよ。。。 北海道に付くのが3日目の朝(最も最近は早いフェリーが出来たようだが...)で18切符で 夜になりますからね(汗。実質走れるのは4日目の朝かな)  そのころにはもうツーリング終了して帰宅中とは....今考えたらある意味すごいですわ。

◆飛行機上空から見た中標津の景色はすごかった。というか地上からでも見晴らしが良いのに 牧場が広々と広がっていて防風林のラインが美しかったです。  中標津空港といえばなかしょう氏とツーリングしたときに何気に通り過ぎたところだったので ちょっとなつかしい感じもしました。

◇牧場のなんともいえない匂いやのんびりした牛、そして草原は北海道にしかない景色だと思う。 これが見たいが為にここに来ている人も少なくはないのではないだろうか?  早速、目的としたのは開陽台。ここは一度も観てないので行こうと思っていた。 空港からさほど離れていないのもその理由であった。



◇ただ予想どおりやや登りになっていて直線道路にもかかわらずバテてましたし。  いや最近ホント体力ヤバいんですよ。特に肥満が気になり始めてますからねぇ...... よく、雑誌などで紹介される北19号ですがそれ程でもなかったですね。いや、悪いというわけでは ないのですが、まわりの道路もまっすぐで綺麗だし、どこも景色が良いですから特に目立った存在と いうわけではないんです。 ◇開陽台もそうなりかねないかなと思ってましたが、なかなかよかったですね。 やはり道中がけっこうな登りで疲れていたのもありまして高台から拝むことが出来ました。  予想したより観光地でしたが、360度の展望が抜群で地平線も拝むことが出来ましたね。 というかサロベツでも地平線を見ましたがこんなに視界の広がる展望はありませんでしたから。  遠くに国後とかも見ることが出来てよかったです。  なんかしばらく眺めていたい景色でしたね〜ただちょっと人が多かったのが気になりましたが....

◇昼食も食べてなかったので開陽台のレストランでカレーでも食べた。 そして牧場の飲むヨーグルトを食べて再出発。そういえば2000年夏ツアーの森林公園のキャンプ場は こっちの開陽台の方が良かったかなぁなんて密かに思ってたりして。  ここからは牧場の風景を楽しみながらたんたんと進む。  途中で中標津市街を通り過ぎたのですがけっこう開けてるんですね〜。2000年のときははたして ここまで開けてたかなと思ったくらいです。  スーパーやコンビニはけっこう普通にある感じでしたからねぇ。  なんか祭り事がされているようで出店とかハッピ姿の子供とかいて賑やかでした。 とあるスーパーでトイレ休憩をした。

別海地方へ

◆そしてまだ行ってない別海に突入。ある意味予想どおりの景色だった。 牧場、サイロ、牧草ロール......牛。ときには鹿の群れなんかも観る事が出来た。 大牧場は緑という風景をそのまま描いた感じ?こういうのが好きな人は行ってみるべきですね。 本当に北海道の理想をそのまま出したという感じです。 一面、緑で地平線まですべて緑です.......圧巻ですね......  途中の脇道に入ると人気はまるでなく、ただ自然の広さに圧倒されるばかりですね。 車も殆どみかけなくなりますし、ある意味この風景を一人占めしているような優越感を感じることが できました。

◆新酪農村という牧場に展望台があるのですが、これもすごい。展望台というより単なる鉄塔ですね.... これは私的マニアック観光地かも.......登るのも恐かった。ほんと鉄塔なんで足下が見えるんですわ。  伊江島タッチュー以来の高所恐怖症が再発しましたね(^^;足が竦む.....  景色は開陽台とさほどかわらないのですが、こっちは人がいない分良いかも..... 人ッ子1人いませんからね〜これが観光地を攻めない理由かもしれませんねぇ。。  なんかいろいろパンフとかで言われているところよりもちょっとズレたところに行った方が ゆったり出来ますから.....
新酪農村

◆ところで時間的余裕はあまりありませんでしたね。というのも3日で決行するあたりかなり 無理がありましたし、体力のダウンとかメンテ不十分により自転車の不具合とかあって 日が暮れそうなころにギリギリ厚床でしたから。  ここまで60Kmくらいでしたが北海道なら可能かと思ってましたしね。  電車はすでに行ってしまった様子で一時間以上待たないといけないようでした。。。  この辺が詰めが甘いといいますか、時刻表抜きで来ましたからね。なんとかなるかなと思ってましたし。 仕方ないので近くの喫茶店みたいなところで晩飯....ビビンバチャーハンでも食べた。あと牧場ヨーグルトを。  そして、日がくれてしまったころに電車で根室へ....9時くらいでしたか。  この電車にチャリダーがいたのですが、話しませんでしたね。。。いや〜これが私の駄目なところかな。 とことん人見知りでして人と会って話すのが超苦手なんですねぇ。。話し掛けられたら話すんですが 今迄、自分から話し掛けたことないですからねぇ.....とことん無愛想に思われてるかも。

夜も遅いのでホテル直行であとはコンビニ徘徊とかでしたね。