宮古島ツーリング旅行記
海を行く・観る・潜る....
行程:宮古島:保良川ビーチ(シーカヤック・シュノーケル)→東平安名崎→吉野海岸→新城海岸

全国自転車ツーリング旅行HP『CharyTime』南西諸島宮古諸島[宮古島来間島伊良部島池間島多良間島]

宮古島

3日目つづき
昼飯がまだだったので、宮古そばでも食べようと古謝本店というところのうやきそばを頂く。素朴ながらいろんな具財が入りそばといえどもボリュームがありました。3枚肉がなかなか美味でしたね。ここから東平安名崎とかイムリャーマリンガーデンとか行く計画もありましたが、けっこうばててたので市街散策に専念することにしました。規模から言うと石垣と同じくらいかなぁという印象。この辺は田舎っぽさはまったくないです。適当に散策した後、宿にチェックインする。

ちなみに明日、ボラガービーチパークにてエコツアーを行う予定です。シーカヤックとか洞窟体験などが出来るということで興味がありました。それに相方と参加しますのでこの日に合流しました。

今晩は郷土居酒屋にて宴会(?)を行う予定だったのですでに前日に予約をしておきました。あぱら樹ってとこですが、料理が豊富なのと日曜定休の店が多く消去法で決まった感じ。メニューですが、イカすみチャンプルーやゴーヤー系の他、刺身とか頂いたがどれも1品の量が多く、あまり多くは食べられなかったように思う。まあまあ楽しめたんですが胃がついていかなかったといったところでしょうか。あとはコンビニにて適当に買出しして戻る。

海ぶどう・島魚・ヤギ刺しイカ墨チャンプルー・島どうふ
●居酒屋あぱら樹の夕食



4日目
この日は新規一転してエコツアーに参加する日である。昼は鍾乳洞ツアーで晩は海ほたるツアーとハードスケジュールになる。予定だった。朝食に電話がかかる。波が強く洞窟は入れないとのこと。ただ全面中止ではなくカヤックは行い、変わりにシュノーケルを行うとのことだ。シュノーケルにも興味があったのでそのまま参加の意思を次げた。タクシーにてボラガービーチに向かうことにする。

保良川ビーチ
●保良川ビーチ


ボラガービーチは貸切ビーチみたいな感じでツアー専用という感じでした。であるから穴場ビーチ的に使用出来るのかなと思います。私は一番早く来たようで、事務所のベンチにて書類を記入する。しばらくすると送迎の客も来た様で慌しくなってきた。初めて団体ツアーに参加しているなあと実感しましたね。。ウェットスーツに着替えるが、今度は前後ろを間違わないように注意した(笑が・・・チャックが壊れてる。。四苦八苦したが諦めて新しいのに変えてもらった。

さてここから少し離れたビーチに移動する。このビーチも貸切の場所なのだろうか。他に観光客はいない。すでにテントサイトが準備されシュノーケル一式も準備されていた。各自それを取り付けるわけであるが、2班に分かれる様子で、私は先にカヤックをする側になった。さて完全にエコツアーの内容で、20隻くらいのカヤックが海原を駆ける。しっかしこの天気でアウトなんてちょっと痛い話ですね。ただそれを補える程、海の景色はよく南国らしいブルーに広がっていた。カヤックは初めてであったが、まあ適当でもなんとかなる感じです。とにかく漕いだら進みますし、ただ調子に乗りすぎるとフライングして他のカヤックや岩にぶつかったりしてしまいます。そういうわけでビーチの最奥の岩場にまでゆく、心地良いですね。洞窟もこの辺にあるのだろうか。この辺のごつごつした景観も良かった。ここからカヤックでもとの場所に戻る。途中、はぐれそうになったりするので意識しつつ走行してましたね。

次は交代で我々がシュノーケル側になります。このビーチ、なかなか良かったです。深さ2,3mの空間に所狭しとサンゴ礁と魚が舞い貴重な体験でした。以前、溺れた(?)←オーストラリア旅行レポート参照のでちょっと不安もあったんですがまるでなんともなかったです。おそらく前のは完全な不良品だったと思います。多少は慣れてなかったというのはありますけど、完全にゴーグルから水が漏れてましたから・・あまりにもスムーズに行くのでついつい夢中になり、すもぐりなども慣行したりしました。(あまり潜れてませんでしたけど)。途中でライフジャケットは邪魔だなあと思う始末。知らず知らずのうちに沖に出そうになり注意される程でした。海で背丈より深い場所に行くのって抵抗があったんですが、ことのほかシュノーケルというものはそれを忘れさせますね。深い場所程、世界観の広がりがすごいんで、今自分がいる状況というのを忘れてしまいます。また、海が透明なのとゴーグルで下まで観えるのが要因ですね。何も見えないと何があるかわからないので恐怖感が増すんでしょう。夢中だったんでギリギリまで楽しんでました。

さて、ここから元のボラガービーチまで順番に送迎を受ける。昼飯を頂きましたがイカすみ焼きそばでした。何気に郷土料理でしたね。深みがあるシーフードな味で病み付きになりそうでお代わりしましたし。。


●灯台(東平安名崎)


ここからは自転車にて東平安名崎方面へと向かう。ボラガーを観る複線として計算はしてました。これが効率が良いですから・・・東平安名崎はどこからどこまでか良くわからなかった。灯台付近がそれなのか、それとも半島一帯がそうなのか良くわからない。ただこの一帯の景色は美しかった。草原に囲まれてその向こうに海岸線を望むことが出来る。灯台には登りませんでした。ありふれているししんどいから(^^;なんというかこういう有名どころで慌しくではなくどっかひっそりとした離島の名もなき灯台で一人ただずんでいるってのが一番旅情を感じるんですよ。


●東平安名崎


ここから北上し吉野海岸へ。さすがに宮古一の観光地だけあって随分とにぎやかです。売店も多いですし・・・ただしサンゴ礁の海は綺麗でしたね。この日はすでにボラガーで満足していたのでシュノーケルとかしませんでしたけど、実際に観て見たい内容でした。軽く海を眺めて後にする(あまり落ち着かないんですわ)次に新城海岸ですが、こちらも同じく観光地化されていて売店が並んでました。こういうとこでシュノーケルすると安全は安全でしょうね。



吉野海岸吉野海岸
新城海岸新城海岸
●吉野海岸・新城海岸

この日は晩にもエコツアーを予約しているのでそれまでに戻らないといけない。市街地方面へ向かうとする。ただ、宮古島温泉が気になっていたので立ち寄ることにした。日本最南端の温泉は西表島温泉ですが、公共の銭湯ということになるとここが最南端かなと思います。けっこうツアーとかで疲れてましたしゆったり出来ました。ところで、この辺でツアー会社から電話がかかってきて風の影響でやらんとのこと。別に沖に出るわけでもないのにちょっと腑に落ちなく拍子抜けした感じでしたね。これだったら台風シーズンなんて殆ど無理じゃないですかね・・・

これでいっきに気が抜けたのか随分とだらだらしてました。夕方頃に平良市街に到着したものの買い物タイムでお土産など見ながらずっと散策しておりました。ある程度買い物が終わった後はコンビニにて地元料理を購入してホテルに持ち帰りプチ宴会(?)海ホタルは楽しみにしていただけに残念でしたね。
全国自転車ツーリング旅行HP『CharyTime』

スポンサードリンク