太忠岳
遠方の岩場を目指す実施日:2012.5

===========全国自転車旅行記「CharyTime」===========

屋久島オンパレード その5「太忠岳」

太忠岳は考えてはなかったのですが、当初計画していた益救参道がアクセス時間ともにかなり無理のある計画と 判断した為、急遽、安房からアクセス出来る太忠岳に変えたというところです。また、この後、宮之浦岳といった ハードなプランがある為、体力的にも苦しいと判断しました。 まあ屋久杉を楽しむなら別の場所でも良いだろうという判断もありましたし・・・ 前回来たことのあるヤクスギランドからスタートする。ヤクスギランドは朝9時ぐらいの便があるので帰りの夕方の便に 間に合わせるという形で計画しました。 ヤクスギランドの千年杉やらおなじみの杉を通りつつ150分コースへゆきそのまま太忠岳分岐まで・・・ このあたりからは小花山と言われる箇所で手つかずの原生林が残っている数少ない場所らしい。 確かにこのあたりの雰囲気は一味違った雰囲気で巨木がいきどうどうとしていた。













小花山


なかなか登りもハードであったがモッチョム岳に比べれば問題のないレベルだったと思う。 標高が上がるにつれ岩がごろごろしてきてロープ場など難所がちらほら出てきたのであるが・・・ 木も少なくなるので日差しがちょっときつかったですね。。。 途中で昼弁当を食べました。相変わらず自然の中で食べるお弁当は格別です。昨日は縄文杉で頂いたのですが 普通のおにぎり弁当が変身しますもんね・・・これはハマるかもしれない・・・・ 太忠岳に関しては頂上付近はロープ場などが多くハードな印象だった。 ただ、これまでのハードな山でも難所がいくらかあったので特に問題なく対処出来たと思う。




太忠岳尾根


しかしながら最後の岩場は殆ど直角をよじ登るような感じだったので怖かったですね。 さっと登れる人もいますがいかんせん高所が苦手なんですよ・・・・ 頂上の岩場は人が何人かいましたがけっこう人が乗れそうな雰囲気・・・ ただし絶壁なんで正直落ち着けない・・・微妙に斜めに落ち込んでるし・・・・ ここからしばし屋久島の原生林を眺めた。安房からヤクスギランド入口方面までよく見渡せましたね。 入口から天柱石が見えましたが今度はこちらからヤクスギランドを眺めるというのは面白い感じです。




天柱石



釈迦杉


下来た道を帰るのも一苦労・・・この山まだ難易度が低い(?)とはいえ普段登っている里山とは違って 完全な登山ですししかも連チャンとなるとかなりキツいなあと感じます。疲労の蓄積もすごい。 時間があれば150分コースを周ってくる予定もあったが時間がなく前回も行ったことがあるので 荒川橋方面へ行程を取りそのままヤクスギランドへ合流して戻った。 始発便でのアクセスで帰りの便に間に合うことが出来た。

ヤクスギランド入口より天柱石




















(その6:宮之浦岳) 屋久島コースリスト



===========全国自転車旅行記「CharyTime」===========