GO TopPageRankingSurfingGuestBookChat
ThemeSearchSendformBBS
E-mail
GO HeartLand-Gaien

正直正太夫死す

今年今月今夜、星江東に殞つ、雲昏く雨暗し、たづぬれば我親愛なる正直正太夫の、沽はんかな家禽伯、ひよつくり鶴と化しけるなり、あゝ痛ましの殿が身や、薤露を歌はんか、蒿里を唱へんか、題目か念佛か、神樂がお好きでトットやくたいなる最期を遂げられたること、重々惜しき限なり、況んや誰あつて碑する者なく、空く肝癪玉を呑んで、骨を日暮里に燒かるゝに於てをや、魂魄さまよふ所、遺憾盡くるなからん、仰ぎ願はくは佳人才子、其花に濺ぎ其月に喞つの涙を分けて、これに手向けの水心、聊か弔ひ給はらば、渠も兎角は武士の果、七世の後に於て、豈魚心の無しとせんや。
我之れを何かに聞く、勁松は歳寒に彰れ、貞臣は國危に見ると、宜なり正太夫、文壇亂れて糊細工の大家多く、附燒小説世を惑はすの日、疾風迅雷我無洒落に出で來り、一喝一棒大いに其邊を騒がせり、是れ誠に勁松なり、是れ誠に貞臣なり、されども窃かに渠が兜の裡を窺へば、學淺く識狭し、内に玲瓏の機智なく、外に花藻の文章なく、つまりがタヾの野郎なり、多寡がひとりの子僧なり、腕強きにあらず、刃鋭きにあらず、七縦八横薙廻りたりと見ゆるも、實は目指せる大家諸氏の、思つたよりも沈毅にましまし、豎子何かあらんと目もくれ給はねばなり、其無名菌の名を辱うしたるが如きは、ソリャあんまりな間違のみ、はやまり過たる鑑定のみ、さるにても頃ろ文壇聲なく色なく、醉へるが如く眠れるが如し、正太夫敵手なきに倦きて、猛虎は伏肉を喰はずと稱し、遁れて埴生の小屋にツクネンたり、一日天を仰いで歎じて曰く、俳諧論を誦せんか、新躰詩を學ばんか、寧ろ叡山に登つて腹かッさばかんと、何がしが贈れる善罵劔を撫して五色の息良久しうしたりしが、しんぞ命もと縋る者もなく、アレ寐なんすかと呼ぶ者もなければ、正太夫の目算こゝに齟齬し、忽ち西方に向つて掌を合せ、是れ天地の委形なりと、莊子が夢の餘昧言、溘然永訣を告げたり、奇と謂ふべし。
 逝きぬ、正太夫は逝きぬ、十萬億里の旅の空、鐵道の設未だあらず、死出の山風笠を吹き、三途の川浪舟を囓む、苦艱思ふもあはれなり、右せんか極楽、左せんか地獄、正太夫の堕つる所いづこなるべき、嘗て劔を揮つて人を斬れり、さては地獄ならんか、斬りしは人を助けんが爲なり、さては極樂ならんか、何たる因果ぞ正太夫、死んでの後迄問題となる、南無阿彌陀佛妙法蓮華経。
   明治二十三年八月二十二日の夜、
       鐘と撞木のあひが鳴る時
                    正直正太夫自ら記す
網迫のホームページ