小冊子「三位一体を信ずるべきですか」の引用文献の検証1

今回は、小冊子「三位一体を信ずるべきですか」を検証していきましょう。

ものみの塔聖書冊子協会は、1985年に「あなたは三位一体を信ずるべきですか」
というブロッシュアー(小冊子)を発刊した。以下、「三位一体」と略す。
「三位一体・TRINITY」を理性的に捉えようとするキリスト者等を中心に論点が
絞られている内容である。
 今回は、ものみの塔協会が全文引用しなかった部分を画像を中心に公開して
みたいと考えている。
 まず、はじめに「三位一体」の英語版と邦版の画像は
こちらである。
小冊子「三位一体」の邦版6頁はこう述べる。「エール大学. E・ウォッシュバーン・
ホプキンズはこう断言しました, "三位一体の教理はイエスやパウロには知られて
いなかったようである。・・・彼らはこの教理には何も語っていない"」。
この証拠画像はここである。
慎重な読者の為に英語版も公開しておきましょう。

その内容は、Yale university professor E.Washburn Hopkins affirmed:"To Jesus
and Paul the doctorine of the trinity was apparently unknown;.....the say nothing about
it."---Origin and Evolution of Religion.
さて、ものみの塔が引用しているOrigin and Evolution of Religion (「宗教の起源と進展」)の表紙はこれであり
引用部分はここである。

しかし、大変興味深いことに同頁の336頁の前半にはこう述べている。
The early Church declared that Christ was the Logos and that the Logos was God.
"初期教会はキリストはロゴスでありGod(全能の神)
であると宣言した。"
証拠画像は
尚、ホプキンズ教授は、聖書を誤り無き神のみ言葉とは信じない
クリスチャンであることも付け加えておこう。

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。印刷や電子的な方法によらず 記事や画像の無断転載を一切禁止します。Copyright (C) 2003 by Ikerumizunokai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission.

あなたはこのHPを訪れた番目のお客様です。