塔1997年1月1日

今回は, 「ものみの塔」誌1997年1月1日号に絞り論考します。

3頁「ハレルヤ!この言葉はキリスト教世界のほとんどの教会員に知られています。日曜礼拝のときに大声でこの言葉を叫ぶ人たちもいます。しかし, その言葉の本当の意味を知っている人がどれほどいるでしょうか。実際のところ, それは『ヤハを賛美せよ』という意味のヘブライ語です。エホバという名を持たれる創造者を歓喜して力強くほめたたえる言葉です。

6頁「エホバ。これは神の輝かしい名です。」

訂正:エホバは, 宇宙の創造者の名前ではありません。

1「エホバという発音は, テトラグラマトンの YHVHまたはYHWHにアドナイ(主)の 母音を付加して復元したものである」。 『フンクとワグナルによる百科事典』第15巻第24頁。

3頁「ヤハ(エホバ)は, 広大な宇宙を創造し, また支えておられる方です。(詩編 147:4,5; 148:3-6)神は, 地球上の生物の生存を可能にする生態系を編み出されました。(詩編 147:8, 9; 148:7-10)」。

ノート:イエス・キリストは広大な宇宙の創造者であり保持者です。 コロサイ 1:16-17「なぜなら万物は御子にあって造られたからです。天にあるもの, 地にあるもの, 見えるもの, また見えないもの, 王座も主権も支配も権威も, すべて御子によって造られたのです。万物は, 御子によって造られ, 御子のために造られたのです。御子は万物よりも先に存在し, 万物は御子にあって成り立っています」。

5頁「わたしたちが神のご意志を行うなら, 神は『今の命・・の約束』を果たしてくださいます。もちろん, この事物の体制においては, 神は貧しい人を裕福にしたり, 病気の人を健康にしたりはされません。」

訂正:ヤコブ 5:14-15「あなた方の内に病気の人がいますか。その人は教会の長老を招き, 主のみ名によってオリーブ油を塗って祈ってもらいなさい。信仰による祈りは, 病む人を回復させます。主はその人を立たせて下さいます。また, もしその人が罪を犯していたなら, その罪は赦されます。」

5頁「それでも神は, ご自分に仕える人たちがどんな外的状況のもとでも喜びや満足感を見いだせるよう, 彼らにご自分の霊をお与えになります。確かに『今の命』においてさえ, 病気の人, 虐げられている人, 貧しい人も神を賛美する理由を持つことができます。」

ノート:イエス・キリストは真のクリスチャンに聖霊を遣わされます。

ヨハネ 15:26「わたしが父のもとから遣わす助け主, すなわち父から出る真理の御霊が来るとき, その御霊がわたしについてあかしします。」

5頁「そのようにして, 現在のこの事物の体制が過ぎ去った後, すべての創造物が『ハレルヤ!』, 『あなた方はヤハを賛美せよ!』と叫ぶとき, あなたもそこにおられますように。−詩編112:1; 135:1。」

ノート:イエス・キリストを忘れてはいけません。

黙示録 5:13「また私は天と地と, 地の下と海の上のあらゆる造られたもの, およびその中にある生き物がこう言うのを聞いた。『御座にすわる方と, 小羊とに賛美と誉れと栄光と力が永遠にあるように』」。

6頁「この言葉により, ヤハ, エホバは, イスラエルがバビロンの捕らわれから解放される約200年前に, ご自分の預言者を通して, ご自分が彼らの強大な救い主であることを保証しておられました。」

ノート:イザヤはイエス・キリストについて力ある神とも預言しています。

イザヤ 9:6「ひとりのみどりごが, 私たちのために生まれる。ひとりの男の子が, 私たちに与えられる。主権はその肩にあり, その名は『不思議な助言者, 力ある神, 永遠の父, 平和の君』と呼ばれる」。

6頁「その捕らわれの状態は, 西暦前607年から537年まで続くことになっていました。」

訂正:捕囚は, B.C.586年のエルサレム陥落に始まりました。

B.C.586年エルサレム陥落の年代を特定する粘土板は数多く存在します。バビロニア地方だけでなく, エジプトの粘土板も一致します。

    10頁「14 幾千人もの悔い改めたユダヤ人−そして後には異邦人−が, 群れを成してそのクリスチャン会衆に集まり, 地に対する神の来るべき王国支配についての良いたよりを宣明する業に加わりました。」

訂正:クリスチャン会衆は, イエス・キリストの良きたよりを宣明しました。

使徒 8:5-6「ピリポはサマリヤの町に下って行き, 人々にキリストを宣べ伝えた。群衆は, ピリポの話を聞き, その行っていたしるしを見て, みなそろって彼の語ることに耳を傾けた。」

使徒 8:5「そのひとりフィリポは, サマリヤ市に下り, 人々にキリストを宣べ伝えた。」新世界訳

10頁「およそ30年後, 使徒パウロは, 良いたよりが『天下の全被造物の中で』宣べ伝えられた, と言明することができました。」

ノート:良いたよりは, イエス・キリストです。

コロサイ 1:27-28「神は聖徒たちに, この奥義が異邦人のあいだにあってどのように栄光に富んだものであるかを, 知らせたいと思われたのです。この奥義とは, あなた方の中に おられるキリスト, 栄光の望みのことです。私たちは, このキリストを宣べ伝え, 知恵を尽くして, あらゆる人を戒め, あらゆる人を教えています。それは, すべての人を, キリストにある成人として立たせるためなのです」。

10頁「しかし, 使徒たちの死後すぐに大規模な背教が始まり, 真理の光が消え始めました。純粋なキリスト教は, 異教の教えや哲学に基づくキリスト教世界の分派主義に覆い隠されてしまいました。−使徒 20:29, 30」

訂正:真のキリスト教は, 使徒以来, 地に継続的に存在しています。

エペソ 3:20-21「どうか, 私たちのうちに働く力によって, 私たちの願うところ, 思うところすべてを超えて豊かに施すことのできる方に, 教会によりまたキリスト・イエスにより栄光が世々にわたって, とこしえまでありますようにアーメン」

10頁「その年に, 地のメシアなる王としての『法的権利』を持つ方であるキリスト・イエスが天で即位されることにより, 七つの象徴的な『時』(2,520年にわたる獣のような人間の支配)が終わったのです。」

訂正:イエス・キリストは, 1914年に即位されたのではありません。

マタイ 28:18「イエスは, 近づいて来て, 彼らにこう言われた。『わたしは天においても地においてもいっさいの権威が与えられています。』」

ヘブル 8:1-2「以上述べたことの要点はこうです。すなわち, 私たちの大祭司は天におられる大能者の御座の右に着座された方であり, 人間が設けたのではなく, 主が設けられた真実の幕屋である聖所で仕えておられる方です。」

10頁「今日エホバの証人として知られているそれらの聖書研究生たちは, 特に1919年以来, やがて到来する王国についての良いたよりを全地に広める業に精力的に携わってきました。」

訂正:イエス・キリストが良きたよりです。

コリント第一 15:1-5。「 兄弟たち。私は今, あなたがたに福音を知らせましょう。これは, 私があなたがたに宣べ伝えたもので, あなたがたが受け入れ, また, それによって立っている福音です。 また, もしあなたがたがよく考えもしないで信じたのでないなら, 私の宣べ伝えたこの福音のことばをしっかりと保っていれば, この福音によって救われるのです。私があなたがたに最も大切なこととして伝えたのは, 私も受けたことであって, 次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに, 私たちの罪のために死なれたこと, また, 葬られたこと, また, 聖書に従って三日目によみがえられたこと, また, ケパに現われ, それから十二弟子に現われたことです」。

10頁「1935年, 米国ワシントン特別区で開かれた画期的な大会で, 啓示7章9節から17節の『大群衆』は14万4,000人の『後』に認知されているグループであり, このグループのために定められているのは楽園となる地上での永遠の命である, ということが知らされました。」

訂正:すべての真のクリスチャンは, 同じ希望を持ちます。

ローマ 2:11「神にえこひいきなどないからです」。

10-11頁「14万4,000人の中に『召され, 選ばれた』人の人の数は次第に減少してゆく一方, 『ほかの羊』の『大群衆』の人数が非常な勢いで増加しはじめました。」

訂正:イエス・キリストは「一つの群れ」となることを語られました。

ヨハネ 10:16「わたしにはまた, この囲いに属さないほかの羊があります。わたしはそれをも導かなければなりません。彼らはわたしの声に聞き従い, 一つの群れ, ひとりの牧者となるのです」。

11頁「この『大群衆』は今, 神の崇拝の家の地上の中庭で『神聖な奉仕をささげて』います。−啓示 7:9, 15。」

訂正:「大群衆」は, 天国の神の御座の前で神聖な奉仕をささげます。

黙示録 7:9-10「その後, 私は見た。見よ。あらゆる国民, 部族, 国語のうちからだれにも数えきれぬほどの大ぜいの群衆が, 白い衣を着, しゅろの枝を手に持って, 御座と小羊との前に立っていた。彼らは, 大声で叫んで言った」。

12頁「『聖霊を持っている人は当然, 神の業が伴っていないなら, それだけでは死んでいるのです。と述べています』。ヤコブ2章17節は, 『信仰も業が伴っていないなら, それだけでは死んでいるのです』と述べています」。

訂正:良い働きを, 私達に内に働かれるのは, 神です。

ピリピ 2:13「神は, みこころのままに, あなたがたのうちに働いて志を立てさせ, 事を 行わせて下さるのです」。

12頁「『エホバの証人』はエホバの霊の助けを得て, 強い信仰を培ってきました。 それでエホバは, 証人たちを義にかなった業-主として, 『王国のこの良いたよりを, あらゆる国民に対する証しのために, 人の住む全地で宣べ伝える』業−に専心させることに より, 『ご自分の家を栄光で満たして』こられました。」

訂正:ものみの塔聖書冊子協会は, 偽りの福音を携え宣べ伝えているので神に呪われています。

コリント第一 1:23-24「しかし, 私たちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えるのです。ユダヤ人にとってはつまずき, 異邦人にとっては愚かでしょうが, しかし, ユダヤ人であってもギリシヤ人であっても, 召された者にとっては, キリストは神の力, 神の知恵なのです」。

ガラテヤ 1:8「しかし, 私たちであろうと, 天の御使いであろうと, もし私たちが宣べ伝えた福音に反することをあなたがたに宣べ伝えるなら, その者はのろわれるべきです」。

13頁「人類の, 神を信じないこの世代は今にも滅びに陥りそうな状態にあるのですから, わたしたちは, とこしえの命という貴重な希望を投げ捨ててまで, 以前のように世の気晴らしという『泥の中で転げ回(り)』たいと決して思わないはずです」。

ノート:神と人の関係に於いて救いの状況を「組織が認定する」時, 人々は不安な状況に陥ります。

ヨハネ第一 5:13「私が神の御子の名を信じているあなたがたに対してこれらのことを書いたのは, あなたが永遠のいのちを持っていることを, あなたがたによく分からせるためです」。

ヨハネ第一 5:13「・・・あなたがたが永遠の命を持っていることを知らせるためです。」 新世界訳

13頁「それと同時にエホバは, 油注がれたキリストの忠実で思慮深い奴隷級に, 彼らの主人であるキリストの家の者たちのために, 『時に応じた[霊的な]食物』を備える務めを与えてこられました。(マタイ 24:45-47)メシアであるこの王は今, 天のその王座から全地にわたる驚嘆すべき霊的給食プログラムを指導しておられます。」

訂正:父は聖霊を通して, 子であるイエス・キリストの名によって導きを与えられます。 ヨハネ 14:26「しかし, 助け主, すなわち, 父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は, あなたがたにすべてのことを教え, また, わたしがあなたがたに話したすべてのことを 思い起こさせて下さいます」。

22頁「聖書の預言的な音信のすべては, 王としてまた祭司である贖い主としてのキリストというエホバの備えに焦点を合わせています。」

ノート:これはイエス・キリストが神の「忠実な証人」であったという理由です。

ヨハネ 8:18「わたしが自分の証人であり, またわたしを遣わした父が, 私についてあかしされます」。

ヨハネ 14:6-7「 わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと, ともにおられるためにです。その方は, 真理の御霊です。世はその方を受け入れることができません。世はその方を見もせず, 知りもしないからです。しかし, あなたがたはその方を知っています。その方はあなたがたとともに住み, あなたがたのうちにおられるからです」。

ヨハネ 16:33「わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは, あなたがたがわたしにあって平安を持つためです。あなたがたは, 世にあっては患難があります。しかし, 勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」。

文責:F

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。どの様な方法であれ, 無断転載を 一切禁止します。Copyright (C) 1998 by Ikerumizunokai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission of the publisher.